伊勢 湾 海運 コロナ。 伊勢湾海運<9359>のフィスコ二期業績予想(FISCO 株・企業報)

従業員への感染なし、伊勢湾海運が通常業務復帰

伊勢 湾 海運 コロナ

決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 現預金等 7,494 6,558 7,126 7,316 8,863 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 8,759 8,590 9,405 8,870 8,893 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - - - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 73 52 45 44 37 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 26,311 27,867 26,601 28,832 27,445 総資産 資産合計。 42,637 43,067 43,177 45,062 45,238 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 9,423 9,802 10,076 11,130 11,049 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 2,169 2,942 2,240 1,541 826 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 31,045 30,323 30,861 32,391 33,363 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 9,234 8,893 8,744 8,611 8,412 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - - - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 38 37 35 41 54 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 27,649 27,445 27,838 27,903 27,775 総資産 資産合計。 44,746 45,238 45,845 45,781 45,607 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 6,882 11,049 7,442 7,128 6,891 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 4,771 826 4,637 4,547 4,405 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 33,093 33,363 33,766 34,106 34,311 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 37,200 36,677 33,597 36,690 39,868 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 10,076 9,899 9,716 9,755 9,051 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,926 2,410 2,158 2,944 3,773 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -1,557 -3,504 -225 -1,663 -400 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 1,397 448 -1,253 -1,048 -1,752 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - 1,871 - 1,540 - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - -66 - -398 - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - -1,009 - -745 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,517位 1,412位 1,579位 1,370位 1,187位 総資産 資産合計。 1,471位 1,486位 1,540位 1,546位 1,570位 現預金等 1,330位 1,495位 1,514位 1,557位 1,451位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 1,206位 1,234位 1,272位 1,297位 1,291位 現預金等増減 764位 2,869位 1,311位 1,812位 710位 831位 決算年月日 2015年3月31日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 従業員数(単独) 763人 736人 725人 721人 724人 従業員数(連結) 1,231人 1,215人 1,236人 1,202人 1,204人 平均年齢(単独) 40. 4歳 40. 4歳 40. 5歳 41歳 41. 5歳 平均勤続年数(単独) 16年 16. 7年 16. 9年 17. 4年 17. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

伊勢湾海運 有価証券報告書 第97期(平成31年4月1日-令和2年3月31日) 2020年06月26日提出

伊勢 湾 海運 コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者の人数をめぐって、中国政府の発表を疑問視する声が後を絶たない。 大紀元は2月4日、湖北省の複数の火葬場を取材したところ、火葬場の処理量は平常時の4倍から5倍だという。 電話取材を受けたある火葬場の幹部によると、旧正月に入る前から無休で働いており、「身も心も持たない」ほど忙しいと述べた。 「昨日(3日)127人の遺体が運ばれてきた。 116人を火葬した。 死亡証明書の『死因』に『新型肺炎』と書いてあるのは8件、『新型肺炎の疑い』が48件だった」 同幹部の話によると、今までは朝6時から火葬に入り、昼ごろに作業は終了していた。 今は火葬炉が1日中、稼働している。 この火葬場に18台の火葬炉があるが、正常に稼働しているのは11台。 1人の遺体の焼却時間は50分ほどだという。 また、遺体搬送車が不足しているため、輸送能力が限られている。 今まで1台の車に1人の遺体を積んでいたが、今は2人を積んでいる。 それでも間に合わないため、バンの椅子を撤去し、7、8人を運搬している。 この火葬場には9台の遺体搬送車がある。 「今、運んできた遺体の数と処理量は、通常の4倍から5倍だ」と同幹部は言う。 武漢市の新洲火葬場も取材した。 取材に応じた職員は9台の火葬炉が24時間稼働していると答えた。 漢口火葬場は、20台の火葬炉が絶え間なく稼働していると大紀元の取材に答えた。 武漢市には現在、8カ所の火葬場がある。 冒頭の火葬場幹部によると、多くの遺体は病院からではなく、死亡者の自宅から運ばれてきたという。 「ちょっと計算してみたところ、38%が病院から、61%が自宅から運ばれてきた」 中国当局は新型肺炎感染患者の遺体取り扱いに関する通達で、自宅で死亡し死因がはっきりしない場合、感染者と接触した経歴があれば、一律に「感染疑い」として処理するよう指示している。 中国政府が発表した死者数は、感染を確定した患者の死亡者数であり、感染疑いのままで死亡した人を含んでいない。 (取材・王有法、何堅/翻訳編集・李沐恩) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

伊勢湾海運<9359>のフィスコ二期業績予想(FISCO 株・企業報)

伊勢 湾 海運 コロナ

2月20日、デンマークの海運大手マースクは、新型コロナウイルスの感染拡大が、今年の業績の重しになるとの見通しを示した。 写真は中国・天津の港で撮影されたマースクのコンテナ。 コンテナ海運業界は、すでに貿易戦争や世界経済の鈍化で打撃を受けている。 同社は、春節休暇の延長で中国の工場が操業停止となっているため、今年は低調なスタートになると予想。 この日発表した第4・四半期決算は利益が予想を下回った。 ソレン・スコウ最高経営責任者(CEO)は、第2・四半期の回復を引き続き楽観していると表明した。 同社は「2020年の見通しは、中国での新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている。 新型ウイルスにより、2020年の視界が大幅に悪化した」と述べた。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の