浅香あき恵旦那。 浅香あき恵、子供・旦那のここだけの話。仲良しの秘訣。あの芸人とのエピソード

【浅香あき恵】プロフィール(年齢・映画・ドラマ)

浅香あき恵旦那

* 松浦真也 こんにちは!ギターで様々な問題を解決しようとするが大体失敗する男、をよく演じています、金の卵一個目の松浦真也です。 今回、久々に新座員のオーディションがあるということで、応募される皆さんが知りたいのはやはり、合格するには何をすればいいのか!、ということだと思います。 では、内緒で教えちゃいましょう。 ど素人の僕が、どうやって厳しい審査をくぐり抜けたのか・・・。 では、メモのご用意を。 その年、僕は勤めていた会社をクビになりました。 理由は成績不振、重要な年始の会議にチャック全開で挑み上司に激怒されたなど、多岐に渡ります。 僕は、クビのショックから引き込もってしまいました。 その情けない姿を見かねた姉が、暇やったらこれでもやってこい!と渡してきたのが、新喜劇オーディションの応募用紙でした。 オーディションの当日、普段着で出掛けようとしていた僕は、姉に呼び止められました。 「えげつない人ばっかり来るんやで!キャラ作って行かんかい!」 僕は考え、髪は横分け、スーツにでっかい蝶ネクタイ、ミッフィーを胸ポケに入れ、裸のギターを背中に担ぎ、阪急電車に乗り込みました。 会場に着いたら、みんな普通の格好をしてました。 僕は、頭が真っ白になって、そこからの記憶はなく、気が付くとなぜか合格していました。 では、要点です。 ・チャック全開で会社をクビになる。 ・世話焼きの姉を持つ。 ・横分けスーツに蝶ネクタイ、胸ポケにミッフィー、裸のギターを担いで会場に行く。 以上の点を踏まえれば、合格間違いなしです。 では、皆さん頑張って下さい! * 音羽一憲 みなさんこんにちは!!! 吉本新喜劇の音羽一憲です!! 僕は金の卵2個目のオーディションで新喜劇に入団させてもらいました!! 師匠方や、お兄さん方に美味しいものを食べさせていただき続けて早丸五年。 入団当時、韓流スターのクォン・サンウと言われた僕も、K-1ファイターのチェホンマンを経由し、いよいよサモハンキンポーの域まで達しました。 新喜劇での魅力はやはりチームワークだと思います! チーム全体で一つのお芝居を作り上げて行きます! それはまるで、現代フットボールにおける『オフザボールの動き』に似ているとまで言われています!! 『オフザボールの動き』とはボールの無いところでの選手の動きですよね!! 新喜劇で言う『台詞の無いときのリアクション』です!! 他にも『くさびのプレー』『二列目からの飛び出し』など新喜劇はサッカーに通じる物がたくさんあります! 新喜劇はスポーツなんです!! 今回、オーディションが開催されます!!! みなさん、一緒に汗をかきませんか?? 是非お待ちしています。 ありがとうございました!! * 酒井藍 こんにちは。 吉本新喜劇の酒井藍です。 私は、金の卵3個目オーディションで新喜劇に入って今年で4年が経ちました。 それはそれは、もうあっと言う間でしたー(^v^)。 新喜劇での私の喜びは、師匠方のギャグでコケれる事です。 これはひとしおです。 師匠のギャグによっては、5回くらい連続でコケる事が出来ます!!!!! 立ってコケて立ってコケて立ってコケての繰り返し。 場合によっては息が上がる時もありますが、 新喜劇やってる~という感じで逆にすがすがしい気持ちになります。 今年、久々に新喜劇のオーディションがあります。 皆さんも、一緒にコケませんか!!! 是非新喜劇でお待ちしています。 ありがとうございました。 *桜井雅斗 皆様こんにちは、堺市出身、関西大学卒、 新喜劇二年生の桜井雅斗でございます。 現在僕は、辻本座長の元で『おでかけ花月』の新喜劇に出演させていただいております! このイベントでは、27日からの御堂会館を皮切りに、30日からは神戸オリエンタル劇場、4日から7日までは松下IMPホールにて漫才、落語、新喜劇等をお楽しみいただけます。 そして今回の新喜劇は、茂造爺さんが 大暴れ!着メロあり、仕掛けあり、ダンスあり(?!)、豪華な出演陣で見どころ満載、爆笑必至です!ぜひお越しください!! …ちなみに、最近の僕の『おでかけ』といえば、ドライブ、ショッピング、ライブハウスにいろんな美術館巡りです。 趣味は多いとおでかけも楽しくなりますね! この二週間、皆様はどこにお出かけしますでしょうか? それが『おでかけ花月』なら幸いです!! それでは、新喜劇一同、会場で皆様をお待ちしております!!• 2012年4月17日(火)~4月22日(日)• なんばグランド花月• 「茂造の子守唄はとつぜんに」• スパリゾートで働く茂造じいさん オーナーの子供たちが問題を抱え帰って来る さらに駆け落ちカップルや強盗が現れ大混乱!! 果たして茂造じいさんは解決できるのか!? どうぞお楽しみに• 辻本茂雄• 島田一の介、高井俊彦、西川忠志、伊賀健二、平山昌雄、米良啓太、タックルながい。 、 今別府直之、太田芳伸、佐藤太一郎、信濃岳夫、レイチェル、いちじまだいき、桜井雅斗、 若井みどり、浅香あき恵、未知やすえ、島田珠代、高橋靖子、五十嵐サキ、たかおみゆき、 前田真希、服部ひで子、家門鈴乃• 2012年3月27日(火)~4月7日(土)• 「茂造の恋愛症候群(シンドローム)」• 旅館で働く茂造じいさん その旅館で働く従業員の元彼女が偶然現れる 別れた真相を知った茂造じいさん 果たして二人のよりを戻すことができるのか!? どうぞお楽しみに• 辻本茂雄• 井上竜夫、西川忠志、伊賀健二、平山昌雄、小米良啓太、村上斉範、宮崎高章、タックルながい。 佐藤太一郎、吉田裕、太田芳伸、清水啓之、辰己智之、レイチェル、奥重敦史、いちじまだいき、 桜井雅斗、末成由美、浅香あき恵、島田珠代、高橋靖子、五十嵐サキ、たかおみゆき、前田真希、 金原早苗、家門鈴乃、大端絵里香•

次の

浅香あき恵

浅香あき恵旦那

Index• 浅香あき恵 プロフィール・経歴 【芸名】浅香あき恵(あさか あきえ) 【本名】佐藤秋恵(旧姓:首藤) 【出身】大分県大分市 【生年月日】1956年10月23日 【身長】161 【体重】53 【血液型】O 【出身校】大阪市立天王寺商業高等学校卒 【趣味】ガーデニング・読書・韓流ドラマ観賞 【その他】1976年6月 入社 吉本新喜劇研究生 【事務所】吉本興業 所属 高校2年生の時に大分から大阪に引っ越ししてきたあき恵姉さん。 大阪市立天王寺商業高等学校に在学し、演劇部に所属。 高校卒業後は、一時期東京に出てお笑いではなく様々な女優オーディションに応募していたようです。 そして、大阪に戻り劇団員を目指して再びオーディション生活に。 たまたま近所の喫茶店のマスターから吉本を紹介され、なんば花月の進行役として入る。 それがきっかけで、1976年6月に吉本新喜劇に入団。 デビューした当時は、なんとマドンナとして活動。 そんなあき恵姉さんは、マドンナとして人気を得ていましたが1989年「吉本新喜劇やめよッカナ」時に解雇され退団。 そして新喜劇の男優、島田一の介さんと漫才コンビ結成。 しかし、島田さんとのコンビはあまり長続きせず、数年後に解散。 のち吉本新喜劇に再入団。 入団当初はマドンナ的存在だったのに、いつの間にか「ブサイクきゃら」「汚れ」扱いが定着していく・・。 女性として複雑な心境と思いがちですが、それはもちろん素人考え。 あき恵姉さんは 「笑いを取れるからおいしいです。 ブサイクキャラはプラマイ0ですしね」 と言い切っていた。 そんなあき恵姉さんは、料理が得意で、後輩芸人にふるまうこともあり、後輩思いぶりが伺えます。 子供・旦那のここだけの話 1993年、元新喜劇団員で現在は Wヤング・佐藤武志さんと 結婚しました。 佐藤さんは1973年、その3年後にあき恵姉さんがよしもと芸人になりました。 当時、あき恵姉さんについて佐藤さんはキレイだったと話し、その15年後に結婚。 旦那について 当時、あき恵姉さんは別で恋愛をしていたので佐藤さんはいいお兄ちゃん的な存在だったそうです。 そんな佐藤さんとお付き合いし結婚の決めてとなったのは、人間として好きで性格が好きだったからだそうです。 旦那さんについて、点数をつけるとしたら何点かと尋ねられると 「芸人としての点数は80点で、マイナス20点は控えめ過ぎるところだという。 一方、夫としては95点で、言葉をもうちょっと優しくしてくれたら100点満点。 」 と答えていました。 子供との仲 浅香さんには娘さんがいるそうで、このような記事がありました。 娘とは一緒に買い物に行く仲で、娘の友人とも積極的に会話をするんだそう。 メールには絵文字をふんだんに使い、ネイルにも挑戦するなど若くてエネルギッシュ。 現在は、もう既に社会人としてどこかにお勤めかもしれませんね・・。 きっといい親子関係が築かれているんでしょう。 幸せを絵に書いた家庭で羨ましいですね。 実のところ好きなタイプ 実はあき恵姉さんの好きなタイプは背が高くて細マッチョ系だとか・・・。 レイザーラモンHGが新喜劇に入ってきた時は好きだったそうです。 旦那さんとは全く違うタイプですね・・ 笑 夫婦円満の秘訣 佐藤さんについて、私生活を支える夫として行動が素晴らしいそうです。 あき恵姉さんが忙しかったときに朝ごはんを作ると、あき恵姉さんが喜びそれから朝ごはんは佐藤さんが担当しているんだそうです。 毎朝5時半に起きて浅香あき恵さんのために作っている朝食。 5時半起きなんて主夫の鏡だわ、素敵な旦那さんです! また、あき恵姉さんは旦那さんから高価なプレゼントをたくさんもらっているそうです。 浅香あき恵が部屋から取り出してきたのは、結婚10周年のダイヤモンドの指輪。 佐藤さんからのプレゼントは他にも高価なものが続々。 羨ましい限りです。 あの芸人とのエピソード テレビ『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』であき恵姉さんの素顔を後輩芸人に暴露されていました。 後輩芸人というのは誰のことだったのでしょう・・。 博多大吉さん あき恵姉さんは、当時19歳だった博多大吉さんを連れ回していたんだそうです。 あき恵姉さんいわく大吉さんは「動くアクセサリー」のようの綺麗だったそうです。 番組内であき恵姉さんが、これからもご飯には誘うかもしれないがボディータッチなどはしないと謝罪。 ロザン・菅ちゃん イタリアンバーでの出来事。 ワインを飲むあき恵姉さんは、イケメンの後輩芸人を前にすると気持ち悪い!んだそう(笑) イケメンで有名なロザン菅ちゃんが登場すると「プリティ王子」と呼び、楽しそうにお酌をする。 「見てるだけで心が癒やされる」と発言したり、料理を食べさせてあげていた。 また、ワインの数が増えるにつれさりげなく手を触ったり、近寄る、腕を組むなどしていた。 そしてネイルを見せて女をアピール。 極めつけは食べかけの「いわし」を菅ちゃんがトイレに行った間に交換していた・・・。 酔っていたのかもしれませんが、ある意味怖いですよね〜(笑) まとめ あき恵姉さんは、優しい旦那さんと仲良しの娘さんがいて家族仲がよくて仕事もプライベートも充実しています。 そんなあき恵姉さんは、イケメン好きで「近寄ったり」「触ったり」とやることが度を越していますが、さすが芸人さんって感じがして面白いですね。 これからもどんどん活躍していってほしいです。

次の

吉本新喜劇オフィシャルサイト

浅香あき恵旦那

芸能生活40周年を迎えた吉本新喜劇の女優・浅香あき恵(60)が元気だ。 マドンナとして新喜劇に入団し、恋人役、母親役、ぶさいくキャラなど何でもこなすマルチぶり。 3月25日に開催する記念公演「あき恵ちゃん祭り〜未来に向けてがんばルンバ〜」(大阪・なんばグランド花月)を前に波瀾(はらん)万丈の女優生活、幸せな私生活を振り返った。 浅香 早かったというか、波瀾万丈でした。 いろいろあって。 やっと足が地に着いて踏みしめてやってるという感じで。 会社から漫才を勧められました。 新喜劇を新しく作る上でもう、ポジションがないよ、一から始めるという形しかないよ、と言われて。 会社としては当時、新喜劇が色濃くついた人を排除しようという意味だったんだと思います。 結局、1年半ぐらいやったかな。 でも、いっちゃんの当時の彼女さんがヤキモチ焼いてたみたいで「俺もう、続けられへんねん。 頼むから解散させてくれ。 芸人辞めてもエエから」と言ってきました。 本人はテレビで「あき恵さんが新喜劇に戻るんで(漫才を)やめた」と言ったそうですが(笑い)。 一度、話し合いせなアカンなって。 浅香 1990年1月に漫才を始めて、翌年5月頃に新喜劇に戻りました。 小田真理という名前に改名。 北新地のおかまバーのママの名前で、おだまりピーコさんからですよ(笑い)。 玉手箱を開けた浦島太郎みたいな状態でした。 劇場でやってる最中にロケの仕事でテレビ局へとか。 そこ(劇場)に誰かが代役で出て。 映画に出たり、テレビのロケに行ったり。 自分の居場所がなく、笑いにもついていけず、楽屋にいるのがつらかった。 会社の営業部の女の子の席に座って、電話番してましたもん。 楽屋を避けてました。 とりあえず、辞めさせられなかっただけでもラッキーやと思わないと、って。 卑屈になってたかも。 高校を卒業して、女優になるんだって決めて。 いろいろあって吉本へ入って。 将来は文学座に入ろうと思ってた。 吉本は腰掛けのつもりだったんです。 でも、全国放送のコメディーのレギュラーをもらって。 自分はこれでやっていこうと思いましたね。 好評で、快感で。 卒業文集に「将来は女優になる」と書きました。 島田洋之介・今喜多代師匠や、宮川大助・花子さんら男女コンビをイメージして漫才をしました。 しゃべり方も同じように。 でも、それは漫才コンビを演じる役者をやってるんだなと思えて。 お芝居が好きと。 今後、ブレることはないなと思いました。 「不細工やな」と。 最初はヘコんでたけど、それが受けるようになって「ちょっと、おいしいかな」と思い始めたのかな。 それが定着し、もっとデフォルメして、どんどん化け物扱いされて(笑い)。 浅香 私にとっては、一度新喜劇を離れたり、漫才やったり、戻ってきてからもつらい状況があった。 私生活では93年に結婚、翌94年に子供を産んで。 たぶん、ずっと新喜劇に残ってたら、まだ独身だったと思います。 どうしていいか分からなくなった状態があったから、人に頼ってみようかなとか、違う人生も見てみようかなと思えた。 40歳の時に、雑誌の取材で、これまでいろいろあったことが、私にとっては必要だったんだなって気づかされた。 回り道をしなかったら、今の私はないんだと。 その時に幸せを感じましたね。 若い人たちとしゃべることがいいんですかね。 普通の会社だったらうっとうしがられますが。 年齢差も感じないし。 愛にゃん(福本愛菜)は娘と年も近く、親目線でも、仲間目線でも話してます。 浅香 パパ(漫才コンビ「Wヤング」の佐藤武志)は私に対しては何も言わないけど、外では褒めてくれてるらしいです。 毎日、朝ご飯を作ってくれて、駅まで送り迎えをしてくれて。 パパは先輩で、ドキドキしない相手だった(笑い)。 ドキドキしない人と結婚してエエんやろかって悩みましたよ。 でも、プロポーズされて(若井)みどりさんに相談したら、愛されてる方が楽やでと言われました(笑い)。 娘さんが記念ポスターをデザインしていますね。 浅香 3月に大学卒業予定で、グラフィックデザインの仕事をする会社に就職します。 卒業記念にやってみないかって。 記念公演は60年後の未来の新喜劇の話です。 めだかさんの歌のコーナーとか。 楽しみです。 変化し続けていきたい。 自分が人に迷惑をかけるようになったらリタイアします。 それまでは頑張ります。 吉本新喜劇の座員全員に解散通告。 若手、ベテラン全員を面談してキャスティングすることになった。 高校2年の時に大阪へ転居し、大阪市立天王寺商を卒業。 76年6月に吉本新喜劇に入団し、浅香秋恵の芸名でデビュー。 89年に一時退団し、島田一の介と漫才コンビ「あき恵・一の介」を結成も1年半で解散して吉本新喜劇に再入団。 家族は夫と1女。

次の