スマホ ストレージ 減らす。 iPhoneの容量不足時に空きストレージを増やす方法 全まとめ

スマホ本体の内部ストレージからデータをSDカードに移動する方法

スマホ ストレージ 減らす

スマホの使用に伴い、スマホ本体のストレージ容量が足りなくなる可能性があります。 その結果、アプリの動作がカクカクして、メールの受信もできなくなります。 その状況を解決するために、スマホ本体の内部ストレージから写真や動画などのデータをSDカードに移動することは一つの方法です。 スマホの内部ストレージからデータをSDカードに移動したい時、スマホに搭載される設定機能を利用してください。 androidスマホのおすすめ記事: アンドロイド設定でデータを本体からSDカードに移動 ステップ1. Androidスマホのホーム画面で「設定」アイコンをタップして表示された項目の中に「ストレージ」をタップします。 ステップ2. 「ストレージ」の画面で「SDカードへデータ転送」を選択します。 こうやって、スマホは自動的に本体のストレージに保存されている画像、動画、音楽の各々の項目数と占有している容量を計算して画面で表示します。 SDカード上の空き容量も同時に表示されます。 ステップ3. SDカードで十分な空き容量があることを確認してください。 その後、画像、動画、音楽三種類のデータから転送したいタイプのチェックを入れ、「転送」をタップします。 転送が完了するまでお待ちください。 ステップ4. 転送が完了したら、「SDカードへデータ転送」を再びタップすると、現在スマホ本体のデータ容量が計算されます。 結果から見ると、先ほどチェックを入れた項目がほとんど内部ストレージに残らなくなり、SDカードの空き容量も減りました。 注意:スマホ本体がいつも十分な容量を持つことを確保するために、データをSDカードに転送する必要があるかどうかを時々確認してください。 ファイル管理アプリを利用してデータをSDカードに移動 上記の方法はAndroid 5. 0以降のバージョンで使いできますが、Android4. 4以前のバージョンはSDカードへの書き込み制限があるので、その方法を使用できません。 こういう場合、「File Commander」、「ESファイルエクスプローラー」などのアプリを使用してSDカードへの書き込み制限を回避することができます。 下記は「File Commander(ファイルコマンダー)」を使用してデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動する手順を紹介します。 ステップ1. 無料でスマホに「File Commander」アプリをダウンロードして、アプリを開きます。 ステップ2. 「内部ストレージ」と「SDカード」がホーム画面で表示されます。 「内部ストレージ」という項目を選択します。 移動したいファイル或いはフォルダを見つけてそれを長押しして選択し、画面の頂部の (切り取り)または (コピー)をタップします。 一般的に、カメラアプリで撮影した画像と動画は「DCIM」フォルダに保存されます。 ネットからダウンロードした画像は主に「Download」フォルダで見つけることができます。 ステップ3. 画面の左上をタップして、メニューから「SDカード」を選択します。 ファイル移動先のフォルダを選択し、右上のアイコンをタップしてデータを貼り付けます。 こうすれば、移動が完了します。 データを移動した後、ファイルの保存場所を忘れてファイルを探したい場合、アプリの検索機能を通じてファイルの名前で検索することができます。 もし、名前も忘れた場合はアプリホーム画面にある「写真」、「ミュージック」、「ビデオ」、「ダウンロード」四つのタイプのボタンを通じて手動でファイルを探してください。 それぞれのボタンをタップすると、保存されている対応フォルダがリストで表示されます。 このアプリを使用してデータを内部ストレージからSDカードに移動できるほか、逆に、データをSDカードからスマホ本体の内部ストレージに移動することも可能です。 ちなみに、Android 5. 0以降のスマホの場合、スマホ自体の「設定」機能を利用する以外、「アストロファイルマネージャー」、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのアプリを使用することもデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動できます。 おまけ:Android向けのデータ転送ソフト データが多くなりすぎてからデータを管理するより、日頃からデータを管理したほうがいいかもしれません。 「 」を使えば、Androidの内部ストレージとSDカードのデータをすべて管理することができます。 「FonePaw Dotrans」なら、便利にAndroidからデータをPCやその他のiPhone・Androidに転送して容量を節約できます。 要らない写真やファイルを削除したりすることもできます。 例えば、「FonePaw Dotrans」は、Androidの中の動画を一括管理することができます。 これらの動画ファイルを追加・PCや他のAndroidデバイスへ転送・削除することは、ほとんど2ステップで可能です。 ステップ1. AndroidとPCを接続します。 ステップ2. 転送や削除も、エクスポートや削除のボタンをクリックするのみ。 「FonePaw Dotrans」を使って、アプリと合わせ技でAndroid内部のデータを管理するのもいい選択肢かと思います。 ぜひ下のダウンロードボタンから試用してみてください。

次の

Twitterのキャッシュ削除方法 スマホの空き容量を増やそう【iPhone/Android】

スマホ ストレージ 減らす

スマホの使用に伴い、スマホ本体のストレージ容量が足りなくなる可能性があります。 その結果、アプリの動作がカクカクして、メールの受信もできなくなります。 その状況を解決するために、スマホ本体の内部ストレージから写真や動画などのデータをSDカードに移動することは一つの方法です。 スマホの内部ストレージからデータをSDカードに移動したい時、スマホに搭載される設定機能を利用してください。 androidスマホのおすすめ記事: アンドロイド設定でデータを本体からSDカードに移動 ステップ1. Androidスマホのホーム画面で「設定」アイコンをタップして表示された項目の中に「ストレージ」をタップします。 ステップ2. 「ストレージ」の画面で「SDカードへデータ転送」を選択します。 こうやって、スマホは自動的に本体のストレージに保存されている画像、動画、音楽の各々の項目数と占有している容量を計算して画面で表示します。 SDカード上の空き容量も同時に表示されます。 ステップ3. SDカードで十分な空き容量があることを確認してください。 その後、画像、動画、音楽三種類のデータから転送したいタイプのチェックを入れ、「転送」をタップします。 転送が完了するまでお待ちください。 ステップ4. 転送が完了したら、「SDカードへデータ転送」を再びタップすると、現在スマホ本体のデータ容量が計算されます。 結果から見ると、先ほどチェックを入れた項目がほとんど内部ストレージに残らなくなり、SDカードの空き容量も減りました。 注意:スマホ本体がいつも十分な容量を持つことを確保するために、データをSDカードに転送する必要があるかどうかを時々確認してください。 ファイル管理アプリを利用してデータをSDカードに移動 上記の方法はAndroid 5. 0以降のバージョンで使いできますが、Android4. 4以前のバージョンはSDカードへの書き込み制限があるので、その方法を使用できません。 こういう場合、「File Commander」、「ESファイルエクスプローラー」などのアプリを使用してSDカードへの書き込み制限を回避することができます。 下記は「File Commander(ファイルコマンダー)」を使用してデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動する手順を紹介します。 ステップ1. 無料でスマホに「File Commander」アプリをダウンロードして、アプリを開きます。 ステップ2. 「内部ストレージ」と「SDカード」がホーム画面で表示されます。 「内部ストレージ」という項目を選択します。 移動したいファイル或いはフォルダを見つけてそれを長押しして選択し、画面の頂部の (切り取り)または (コピー)をタップします。 一般的に、カメラアプリで撮影した画像と動画は「DCIM」フォルダに保存されます。 ネットからダウンロードした画像は主に「Download」フォルダで見つけることができます。 ステップ3. 画面の左上をタップして、メニューから「SDカード」を選択します。 ファイル移動先のフォルダを選択し、右上のアイコンをタップしてデータを貼り付けます。 こうすれば、移動が完了します。 データを移動した後、ファイルの保存場所を忘れてファイルを探したい場合、アプリの検索機能を通じてファイルの名前で検索することができます。 もし、名前も忘れた場合はアプリホーム画面にある「写真」、「ミュージック」、「ビデオ」、「ダウンロード」四つのタイプのボタンを通じて手動でファイルを探してください。 それぞれのボタンをタップすると、保存されている対応フォルダがリストで表示されます。 このアプリを使用してデータを内部ストレージからSDカードに移動できるほか、逆に、データをSDカードからスマホ本体の内部ストレージに移動することも可能です。 ちなみに、Android 5. 0以降のスマホの場合、スマホ自体の「設定」機能を利用する以外、「アストロファイルマネージャー」、「Yahoo! ファイルマネージャー」などのアプリを使用することもデータを本体の内部ストレージからSDカードに移動できます。 おまけ:Android向けのデータ転送ソフト データが多くなりすぎてからデータを管理するより、日頃からデータを管理したほうがいいかもしれません。 「 」を使えば、Androidの内部ストレージとSDカードのデータをすべて管理することができます。 「FonePaw Dotrans」なら、便利にAndroidからデータをPCやその他のiPhone・Androidに転送して容量を節約できます。 要らない写真やファイルを削除したりすることもできます。 例えば、「FonePaw Dotrans」は、Androidの中の動画を一括管理することができます。 これらの動画ファイルを追加・PCや他のAndroidデバイスへ転送・削除することは、ほとんど2ステップで可能です。 ステップ1. AndroidとPCを接続します。 ステップ2. 転送や削除も、エクスポートや削除のボタンをクリックするのみ。 「FonePaw Dotrans」を使って、アプリと合わせ技でAndroid内部のデータを管理するのもいい選択肢かと思います。 ぜひ下のダウンロードボタンから試用してみてください。

次の

Androidスマホの内部ストレージ容量を空ける方法、保存先を基本的にSDカードに設定する方法

スマホ ストレージ 減らす

もくじ• そもそもAndroidスマホにおけるストレージとは? Androidスマホにおけるストレージとは、アプリや写真などの情報を保存しておく場所を意味します。 ちなみにAndroidスマホでは、• Androidスマホ内に保存できる内部ストレージ。 AndroidスマホにセットしたSDカードなどに保存できる外部ストレージ。 インターネット上のサーバに保存できるオンラインストレージ。 以上の三つのストレージを用途に合わせて利用することができます。 Androidスマホにおけるストレージの詳細については、こちらの記事をどうぞ。 使用しているストレージの容量が満杯になってしまうとどうなる? Androidスマホでは、使用している内部ストレージが満杯になってしまうと、• 新たにアプリをインストールできない。 撮影した写真や動画を保存できない。 漫画や映画などのコンテンツをダウンロードできない。 Androidスマホ自体の動作が遅くなってしまう。 などのデメリットが生じてしまいます。 ハッキリ言って、使用しているストレージの容量が満杯になってしまうとデメリットしかありません。 使用しているストレージの容量が満杯になる前に、あらかじめ容量を減らすようにしましょう。 まずは使用しているストレージの容量がどのくらいなのか現状を把握するべき 使用しているストレージの容量を減らす前に、まずは使用しているストレージの容量がどのくらいなのか現状を把握すべきです。 使用しているストレージの容量がどの程度なのかがわかれば、どのくらいの容量を減らせばいいのかがハッキリします。 Androidスマホで使用しているストレージの容量を確認するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「ストレージ」をタップします。 「ストレージ」の画面が表示され、この画面でAndroidスマホで使用しているストレージの容量を確認することができます。 このぐらいであれば、ストレージの容量に十分余裕があり、使用しているストレージの容量を減らす必要はありません。 逆に、使用しているストレージの容量が満杯、もしくは満杯に近い場合は、使用しているストレージの容量をできるだけ減らすようにすべきです。 使用しているストレージの容量を減らす方法 ここでは、使用しているストレージの容量を効率的に減らす方法をまとめて解説します。 使っていないアプリをアンインストール(削除)する 全く使っていないアプリについては、無駄以外の何物でもありません。 さっさとアンインストールしましょう。 Androidスマホでアプリをアンインストールするには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。 「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。 「アプリ情報」の画面が開き、「Androidスマホ内にインストールされているアプリの一覧」が表示されるので、「アンインストールしたいアプリ」をタップします。 (ここでは、例としてブラウザアプリの「Firefox」をアンインストールしてみます) 「Firefoxのアプリ情報」の画面が表示されるので、「アンインストール」をタップします。 「アンインストール」をタップすると、上記のように「このアプリをアンインストールしますか?」という「メニュー」が表示されるので、「OK」をタップします。 これで、アプリがアンインストールされました。 ちなみに、Androidスマホのホーム画面にアプリのアイコンが設置してある場合は、ホーム画面からアンインストールすることができます。 Androidスマホのホーム画面からアプリをアンインストールするには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「アンインストールしたいアプリ」をロングタップします。 (ここでは、例としてブラウザアプリの「Firefox」をアンインストールしてみます) 上記のように、画面右上に「アンインストール」と表示されるまで、「アンインストールしたいアプリ」をロングタップを続けます。 (途中で、アプリのアイコンから吹き出しが表示されますが、構わずロングタップを続けてください) 画面右上に「アンインストール」と表示されたら、「アンインストールしたいアプリ」を「アンインストール」のところまでドラッグします。 (ここで画面左上に「削除」と表示されますが、これは「ホーム」画面上のアプリのアイコンを削除するものです。 アプリ自体をアンインストールするものではありませんので注意してください) 「アンインストールしたいアプリ」を「アンインストール」のところまでドラッグして指を離すと、上記のように「このアプリをアンインストールしますか?」という「メニュー」が表示されるので、「OK」をタップします。 これで、アプリがアンインストールされました。 使っているアプリのキャッシュを削除する 使っていないアプリのアンインストールに続いて、使っているアプリについてもキャッシュを削除しておくべきです。 アプリはキャッシュデータを保存することで、次回以降、より素早く利用できるようになっています。 例えば、ブラウザアプリなどでは、閲覧したウェブページの画像データなどを保存しておき、再度同じウェブページを閲覧する際に素早く表示してくれるようになっています。 より素早くアプリを利用できるという点では便利なキャッシュですが、削除しても全く問題ありません。 アプリのキャッシュを削除すると、またゼロの状態からアプリがキャッシュデータを保存することになるだけです。 インターネット上からキャッシュデータをダウンロードして保存するわけですが、4Gの高速通信が普及した現在では、あまり気にする必要はないレベルです。 Androidスマホでアプリのキャッシュを削除するには、 「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。 「アプリと通知」の画面が表示されるので、「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。 「アプリ情報」の画面が表示されるので、「キャッシュを削除したいアプリ」をタップします。 (ここでは、例として「Google Chrome」のキャッシュを削除してみます) 「Google Chromeのアプリ情報」の画面が表示されるので、「ストレージとキャッシュ」をタップします。 「Google Chromeのストレージ」画面が表示されるので、「キャッシュを削除」をタップします。 「キャッシュを削除」をタップすると、上記のようにアプリのキャッシュが削除されます。 撮影した写真と動画については容量無制限のGoogleフォトを利用する 数多くのAndroidスマホで標準の写真アプリとして利用されているGoogleフォトですが、オンラインストレージとして、撮影した写真や動画を容量無制限で保存しておくことが可能です。 (容量無制限で保存できるのは、写真が最大16メガピクセル、動画が最大1080p の HD までとなっており、それ以上のサイズは自動的に縮小されて保存されます) Googleフォトで写真や動画をバックアップするように設定し、Androidスマホの内部ストレージに保存してある写真や動画は削除しましょう。 Googleフォトで写真や動画をバックアップするには、 「フォト」をタップします。 「Googleフォト」が開くので、画面左上にある「メニューアイコン」をタップします。 「メニューアイコン」をタップすると、「Googleフォトのメニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。 「Googleフォトの設定」画面が表示されるので、「バックアップと同期」をタップします。 「バックアップと同期」の画面が表示されるので、「バックアップと同期」の項目の右側にある「スイッチ」をタップします。 「スイッチ」をタップすると、上記のような画面に切り替わり、Googleフォトで写真や動画が自動的にバックアップされるようになります。 Googleフォトで写真や動画をバックアップされるように設定すると、Wi-Fi接続時に撮影した写真や動画が自動的にバックアップされます。 (Wi-Fi接続時に撮影した写真や動画がバックアップされる点に注意してください) 撮影した写真や動画がバックアップされたのを確認した後に、Androidスマホの内部ストレージに保存してある写真や動画を削除します。 Androidスマホの内部ストレージに保存してある写真や動画を削除するには、 「バックアップと同期」の画面の左上にある「戻るアイコン」をタップして、元のページへ戻ります。 「Googleフォトの設定」画面へ戻るので、「デバイスの空き容量の確保」をタップします。 「デバイスの空き容量の確保」をタップすると、「空き容量を〇〇〇MB増やす」という「メニュー」が表示されるので、「空き容量を〇〇〇MB増やす」をタップします。 これで、Androidスマホの内部ストレージに保存してある写真や動画を削除されました。 (当然ながら、削除された写真や動画はGoogleフォトにバックアップされているので、いつでもGoogleフォトから閲覧することができます) 漫画や映画などのコンテンツを削除する 読み終わった漫画や視聴し終わった映画などのコンテンツは、さっさと削除しましょう。 「またこの漫画を読みたくなるかもしれない」といった懸念がある場合は、利用しているサービス内容を確認してみてください。 数多くの電子書籍サービスでは、一度購入した書籍(漫画を含む)については、無料で何度でもダウンロードができるようになっています。 今どき、再ダウンロードするたびにお金がかかるような遅れた電子書籍サービスは、さっさと他の電子書籍サービスに乗り換えましょう。 まとめ この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、使用しているストレージの容量を減らす方法を詳しく解説してみました。 使用しているストレージの容量を減らす方法は多くありますが、この記事を参考にして、自分のやりやすい方法で減らしてみてください。 また、使用しているストレージの容量が常に満杯に近いという人は、定期的に使用しているストレージの容量をチェックして、容量を減らすことをおすすめします。 関連記事•

次の