カスミソウ。 カスミソウ(霞草)の育て方

カスミソウ 新・花と緑の詳しい図鑑

カスミソウ

カスミソウのデータ 花色: 学名: Gypsophila 別名:ジプソフィラ、宿根カスミソウ 科名:ナデシコ科 分類:秋まき一年草・常緑多年草 原産地:中央アジア、地中海沿岸〜ヨーロッパ 大きさ:背丈15〜120cm 横幅20〜50cm 主な見所:花(5〜8月) カスミソウの特徴 カスミソウといえば背丈が高い切花用のパニクラータ(宿根カスミソウ)を思い浮かべますが、ガーデン用には一年草で中型のエレガンスがよく出回っています。 他に小型のムラリスやレペンスも見かけます。 いずれも高温多湿に弱い繊細な花ですが、雨を避ければ比較的丈夫に育ちます。 各種の紹介は下記参照のこと• 難易度: 〜 雨を避けられれば育てやすい。 エレガンスはやや丈夫で星2つ• 日照量: 日当たりの良い場所を好みます• 水分量: 〜 乾燥気味の環境を好みます• 耐寒性: 耐寒性は強いです カスミソウの育て方 日当たりと水はけ、風通しがよいことが条件です。 雨や湿気に弱く、さらに高温になると枯れやすくなります。 できれば雨を避けてやれば株も丈夫に育ち、花も長持ちします。 パニクラータやエレガンスは長雨で傷む前に早めに切花で取ってしまう手もあります。 中性〜弱アルカリ性土壌を好み、酸性土を極端に嫌うので、植え付けの際に苦土石灰などで中和しておきます• 管理:放任で育ちます。 綺麗に咲かせたい場合は雨を避けます。 高性種は花茎が上がってきたら支柱を立てます。 あまり高くしたくない場合は摘心して枝数を増やします。 特にパニクラータは摘心したほうが倒伏しないので行った方がいいでしょう• 肥料:開花中に液肥を与える程度。 多肥の必要はありません• 病害虫:立ち枯れないように水はけをよくします• タネから:基本的には直まきで育てます。 箱まきやポットまきの場合は移植に弱いので早めに定植します。 発芽、育苗とも比較的楽です カスミソウのアレンジ 洋風の庭に向きます。 自然風の庭にも使えますがポイントとして用いるのがよいでしょう。 エレガンスは比較的丈夫なので花壇に使えます。 引き立て役としてはもちろん大輪種なら主役としても使えます。 パニクラータはとても倒れやすく切花用に単植で植えたほうがよいです。 矮性のムラリスは寄せ植えの前部分が適していますが、乾燥しやすい日当たりのよい場所があれば庭植えも可能です。 切花とは違い合わせるものを慎重に選ばないと存在感がなくなります。 似たような繊細な花や草姿のものと合わず、目立つものや個性の強いもののつなぎとして用いると上手くいきます カスミソウの主な品種 主にパニクラータやエレガンス、ムラリス、レペンスが出回り、その他の種類を見かける機会は少ないです。 別項目にあるカーペットカスミソウもカスミソウの仲間で、まとめて紹介される事が多いです。 paniculata) 地中海沿岸原産。 宿根カスミソウとも呼ばれます。 多年草で苗はほとんど出回らずタネから育てることが多いです。 花は切花でおなじみの白花で一重と八重があります。 高性で1m以上になります。 矮性品種もありますが出回る量は少ないです。 高温多湿に弱く暖地で育てるのはやや難しい 「ブリストルフェアリー」 パニクラータ系の有名品種。 切花でよく用いられます。 elegans) 中央アジア〜ヨーロッパ原産。 一年草で、苗でも出回っています。 花は1.5〜2cm程度でやや大きく、背丈は50〜80cm程度と中型で扱いやすいです。 花色は白のほか桃色種もあります。 カスミソウの仲間では比較的育てやすい種で暖地でもよく見かけます 「コベントガーデンマーケット」 エレガンス系の有名品種。 大輪種で、切花にするとよく目立ちます。 muralis) 中央アジア〜ヨーロッパ原産。 一年草で小型種。 花が小さくやわらかい印象。 葉は目立たない線状で茎も細めです。 repens) ヨーロッパ原産。 多年草で小型種。 這うように広がります。 高山に自生するため高温多湿に弱く暖地での栽培は難しいです。 日当たりと乾燥を好みます カスミソウの個人的な印象 オススメ度:55% 切花での万能さに比べ、高温多湿に弱いため暖地の園芸では使いにくい印象があります。 生花店で出回りにくいエレガンスを切花向きに育てると、普通の宿根カスミソウとは違う変わったフラワーアレンジが出来ます。 初めてカスミソウを育てるならエレガンスがお勧めです コメント• 繊細な印象を受けますが、パニクラータは北アメリカの寒冷地では侵略的な外来種とされるほど広がっているそうです 仲間の花•

次の

カスミソウとは

カスミソウ

開花期 6~7月 耐寒性• 草丈 20~30cm 花径 約1cm 用途• 生育分類 ナデシコ科ギプソフィラ属 一年草 原産国:ヨーロッパ 株間 20cm以上 主な病気と害虫 窒素肥料の多用、密植による風とおしの悪さ、深植えによるムレ、頻繁な水やりによる過湿などのような管理では生育も悪く立ち枯れも出やすいので注意します。 春の気温の上昇とともにアブラムシ、高温乾燥によるハダニの予防をします。 寒さに比較的強いので暖かい地域では秋まきにします。 低日照、低温条件下において、よりコンパクトな草姿となることがあります。 タネまき~植え付け 寒い地域では葉桜のころ、暖かい地域ではススキの穂が出るころがタネまきの適期です。 タネは好光性で非常に細かいので、ピートバンにごく薄くバラまきにして、タネが流れないように底面給水、または霧吹きで行います。 苗がそろい、込み合うところは間引きます。 本葉が2~3枚になったころ、肥沃で水はけのよい清潔な用土を入れた小鉢に植え替えます。 小鉢での水やりもやや乾かしぎみにします。 植えつけは1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約30g(約1握り)、苦土石灰100gほどをすき込み、株間は約30cmでやや浅植えにします。 コンテナでも肥沃な用土に赤玉土の小粒を30%と腐葉土を20%ほど混ぜて水はけをよくします。 管理ポイント 暖かい地域の秋まきで、日差しが強く残暑が厳しいときは涼しい環境で管理します。 秋の植えつけは厳しい寒さが来る前に終らせます。 霜柱が立つ地域では霜よけをすると安心です。 植えつけは日当たりのよい場所に化成肥料は控えめにして、有機質の完熟堆肥や腐葉土を多用して水はけをよくします。 株間も20cm以上に植えるとこんもりとした草姿になり風とおしもよく、立ち枯れの防止にもなります。 楽しみ方など コンテナでも花壇植えでも株間を十分にとるとこんもりとした半円形の草姿を楽しむことができます。 寄せ植えにすると互いの植物が引き立ち縁どりにすれば花壇全体が引き立ちます。 農林水産省登録品種 ホワイト:品種登録第24468号(登録名:SAKGYP001) 受賞暦 ジプシー ホワイト:フロロセレクト(FS) ジプシー ピンク:オールアメリカセレクションズ(AAS)・フロロセレクト(FS) ジプシー ディープローズ:オールアメリカセレクションズ(AAS)・フロロセレクト(FS)•

次の

宿根カスミソウ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

カスミソウ

開花期 6~7月 耐寒性• 草丈 20~30cm 花径 約1cm 用途• 生育分類 ナデシコ科ギプソフィラ属 一年草 原産国:ヨーロッパ 株間 20cm以上 主な病気と害虫 窒素肥料の多用、密植による風とおしの悪さ、深植えによるムレ、頻繁な水やりによる過湿などのような管理では生育も悪く立ち枯れも出やすいので注意します。 春の気温の上昇とともにアブラムシ、高温乾燥によるハダニの予防をします。 寒さに比較的強いので暖かい地域では秋まきにします。 低日照、低温条件下において、よりコンパクトな草姿となることがあります。 タネまき~植え付け 寒い地域では葉桜のころ、暖かい地域ではススキの穂が出るころがタネまきの適期です。 タネは好光性で非常に細かいので、ピートバンにごく薄くバラまきにして、タネが流れないように底面給水、または霧吹きで行います。 苗がそろい、込み合うところは間引きます。 本葉が2~3枚になったころ、肥沃で水はけのよい清潔な用土を入れた小鉢に植え替えます。 小鉢での水やりもやや乾かしぎみにします。 植えつけは1㎡当たり完熟堆肥約5kg、化成肥料約30g(約1握り)、苦土石灰100gほどをすき込み、株間は約30cmでやや浅植えにします。 コンテナでも肥沃な用土に赤玉土の小粒を30%と腐葉土を20%ほど混ぜて水はけをよくします。 管理ポイント 暖かい地域の秋まきで、日差しが強く残暑が厳しいときは涼しい環境で管理します。 秋の植えつけは厳しい寒さが来る前に終らせます。 霜柱が立つ地域では霜よけをすると安心です。 植えつけは日当たりのよい場所に化成肥料は控えめにして、有機質の完熟堆肥や腐葉土を多用して水はけをよくします。 株間も20cm以上に植えるとこんもりとした草姿になり風とおしもよく、立ち枯れの防止にもなります。 楽しみ方など コンテナでも花壇植えでも株間を十分にとるとこんもりとした半円形の草姿を楽しむことができます。 寄せ植えにすると互いの植物が引き立ち縁どりにすれば花壇全体が引き立ちます。 農林水産省登録品種 ホワイト:品種登録第24468号(登録名:SAKGYP001) 受賞暦 ジプシー ホワイト:フロロセレクト(FS) ジプシー ピンク:オールアメリカセレクションズ(AAS)・フロロセレクト(FS) ジプシー ディープローズ:オールアメリカセレクションズ(AAS)・フロロセレクト(FS)•

次の