ユーチューブ 広告 条件。 YouTuberが解説!YouTubeの収益化の条件と方法とは?│ジブおじ.com

YouTuberが解説!YouTubeの収益化の条件と方法とは?│ジブおじ.com

ユーチューブ 広告 条件

コンテンツの目次• YouTube経由の広告収益は8,000円以上になると受け取れる この記事のタイトルの疑問に対して結論からお伝えすると、YouTube経由で発生した広告収入は8,000円以上になると受け取ることができます。 例えば、1月1日からYouTubeの広告収入が発生し始め、1月31日が終わるまでの間に8,000円以上の報酬が発生していれば受け取りが可能です。 その期間報酬が、7,999円だった場合は報酬を受け取ることはできません。 (詳細は後述しますが、受け取れないだけであって報酬が消滅してしまうわけではありませんので、その点は安心してください) ということで、これからYouTubeで広告収入を稼いでみたい!と考えている方は、まずは毎月8,000円以上の報酬が発生することを最初の目標にしていくのが良いでしょう。 もし、すぐにでも月8,000円以上の報酬を得たい場合には、も参考にしてみると良いでしょう。 Googleアドセンス(YouTubeアドセンス)の支払い基準額 日本在住者の場合、報酬が8,000円以上になるとお金を受け取ることができますが、この基準額は各国で異なります。 Googleアドセンスの公式ヘルプページには、各国の支払い基準額が掲載されています。 日本在住者の場合は、報酬額が1,000円以上になると住所確認が行われ、8,000円以上になると支払いが行われます。 一方で、米ドルで支払いを受け取る場合は、100ドルでの報酬支払いとなっています。 1ドル=110円で計算を行うと、日本円で11,000円なので、日本円で支払いを受け取る場合より、約3,000円多く広告収入を発生させなければ支払いを受け取れない計算になります。 ただ、あくまでも、各国の通貨によって支払い基準額(報酬を受け取れる基準額)が異なるだけであり、我々の場合は日本円で受け取りを行えば問題ありません。 なお、報酬額が1,000円以上発生した場合のPINコードの発行や住所確認の方法については、下記の記事で詳しく解説を行っています。 ちなみに、YouTubeで広告収入を受け取るためには「Googleアドセンス」というGoogleが提供するサービスを利用する必要があります。 GoogleアドセンスのアカウントとYouTubeチャンネルを連携させることで、YouTubeチャンネルに広告が表示されるようになります。 YouTubeでアドセンス報酬を発生させる場合は「YouTubeアドセンス」と呼ぶことも多いです。 このため、以降で「Googleアドセンス」という言葉と「YouTubeアドセンス」という言葉が出てくる場合がありますが、それらは同じものを指している言葉だと思ってください。 月間のアドセンス報酬が8,000円に満たない場合の報酬はどうなるのか? 月々の報酬額が8,000円以上になると銀行口座への振り込みが行われる・・・と聞くと、「月に8,000円以下の広告報酬しか稼げない動画投稿者はずっと報酬を受け取れないの!?」とか、「8,000円に満たない場合の報酬は没収されてしまうの?」と心配になる方もいると思います。 しかし、 せっかく発生した広告報酬が消滅してしまうようなことはないので安心してください。 報酬の支払いは8,000円以上ですが、8,000円に満たない報酬は翌月に繰り越されます。 例えば、1月1日~1月31日の1ヶ月間で、5,000円の報酬が発生したとします。 この場合、月間の報酬が8,000円以下であるため、1月分としての報酬支払いはありませんが、ここで得た5,000円は翌月へ繰り越されます。 続いて、2月1日~2月28日の1ヶ月間で、5,000円の報酬が発生したとすると、5,000円(1月分)+5,000円(2月分)の合計10,000円が2月分の報酬として支払われます。 上記のように、トータルで得た広告収入が8,000円を超えれば、支払いを受け取れる仕組みになっています。 ちなみに、を使えば、月間8,000円と言わず、毎日8,000円の報酬を発生させることも可能になります。 毎月の支払い基準額は引き上げることも可能 ちなみに、Googleアドセンスの報酬支払額である8,000円という基準は引き上げることも可能です。 (私はやったことがありませんが) 基準額を引き上げるメリットは特にないと思うので、一応、そんな機能もある・・・という程度で覚えておくだけで問題ありません。 正直、私も何のための機能なのかは分かっていません・・・。 YouTubeの収益はいつ、どのような形で支払われるのか? YouTubeアドセンス(Googleアドセンス)の報酬支払いは、 月末締めの翌月22~25日前後の支払いです。 報酬受け取りに指定する銀行口座によって支払日は若干前後します。 具体的な日付で説明すると、1月1日~1月31日に発生した報酬が8,000円以上になっていた場合、2月14日前後に報酬金額が確定し、2月22日前後に登録した銀行口座へ振込みがあります。 意外と知られていないことですが、Googleアドセンスの管理画面やYouTubeアナリティクスのレポートにリアルタイムで表示される金額は、実際の支払い金額とは異なります。 リアルタイムのレポートは、無効なクリックなどが含まれている金額になってしまっているからです。 無効なクリックというのは、例えば、間違って2回連続して短期間で同じ広告をクリックしてしまった場合などのケースを指します。 この場合、最初の1回目のクリックでは広告報酬が発生しますが、直後の2回目のクリックでは報酬が発生しない可能性があります。 これに関してはGoogleの裏側のシステムの話なので正確なところは分かりませんが、 不正な広告報酬発生を防ぐシステムが存在するため、リアルタイムレポートの報酬数字と実際の支払い金額は異なります。 ちなみに、報酬の受取先として指定できる銀行口座に関しては、ほぼすべての金融機関が網羅されていると思います。 一般的に知られているメジャーな銀行口座であれば、どこの銀行口座でも指定できるので、自分が使いやすい銀行を指定すれば問題ありません。 そういった方々からよく頂く質問として、「YouTube動画って、1再生されると何円くらいの広告報酬が貰えるの?」という質問があります。 せっかくなので、この質問に対する答えも簡単にお話ししておこうと思います。 あくまでも、目安ではありますが、 YouTubeは1再生あたり0. 1円程度の報酬になると覚えておけば良いでしょう。 もちろん、チャンネルによっては1再生で0. 05円にしかならないチャンネルもありますし、1再生が0. 4円以上になるようなチャンネルも存在します。 なぜ、こんなにも1再生あたりの広告報酬に差が生まれるのか?については、下記の記事で詳しく解説を行っていますので、興味があれば併せて読んでみてください。 あまり難しいことを気にせずに動画投稿をしていきたい場合は、とりあえず、「1再生=0. 1円」と考えておいても問題ありません。 1再生あたり0. 1円を基準と考えて、自分自身のチャンネルの収益が高いのか、低いのかを考えて、改善を行っていくのが良いでしょう。 もし、1再生0. 4円以上にもなるような高収益YouTubeチャンネルを作りたい場合は、を活用してみることをお勧めします。 そもそも何をどうすれば広告収入が発生するのかを解説! 1再生あたり何円~といった話が出たので、そもそもどうすればYouTube動画経由で広告収入が発生するのか?についても、簡単に解説します。 基本的には、貴方がYouTubeにアップロードした動画の再生回数に応じて広告収入が発生します。 視聴者としてYouTube動画を見たことがある方なら分かると思いますが、動画の再生前や再生途中で動画広告が表示されることがあると思います。 あの広告を視聴者が視聴すると、動画投稿者側に報酬が入る仕組みになっています。 また、PCの場合は再生ページの右側にバナー広告が表示されますし、スマホの場合は再生画面の下側に広告のリンクが表示されていると思います。 あれらをクリックして広告主のサイトやアプリダウンロードページにアクセスした場合も、動画投稿者に報酬が入ります。 本来、インターネット上の広告というのはクリックしたユーザーがアクションを起こして初めて報酬が発生します。 (ここで言うアクションとは、商品を購入したり、資料請求を行ったりすることです) しかし、 YouTubeの広告の場合、視聴者に広告を見てもらうだけで報酬が発生しますし、バナー広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生します。 つまり、視聴者側には1円もお金を支払ってもらう必要がなく、動画投稿者側には報酬が発生するのです。 何かを売ったり、商品をお勧めしたりする必要がなく報酬が発生するため、 インターネットビジネス初心者の方にとってもYouTubeアドセンスはお勧めのビジネスです。 実際、私は今まで多くの方々にYouTubeアドセンスでの稼ぎ方をお伝えしてきていますが、ビジネスを全くやった事がなかった方や動画編集を一度もやった事がなかった方でも稼げるようになっている方は非常に多いです。 それくらいYouTubeアドセンスは、ハードルが低いビジネスだと言えます。 もし、貴方がこの記事を読んで、YouTube動画から広告収入を得るビジネスに興味を持ち、 「もっと具体的なやり方を学んでみたい!」と思ったのであれば、下記の無料メール講座も参考にしてみることをお勧めします。 【5分で分かる】YouTubeチャンネルから広告収入を得るための基礎知識• YouTubeで実際に稼げるジャンルの暴露ファイル• チャンネル登録者数・再生回数を激増させる7つの必勝ポイント• 無料メール講座受講者限定のシークレットコンテンツ これらの無料コンテンツを見るだけで「YouTubeで広告収入が得られる仕組みとは」、「1再生で何円の広告報酬がもらえるの?」といった動画投稿初心者の人が感じている疑問が解決します。 さらに、YouTubeの広告収入だけで月収1,000万円を稼ぎ続けている人が、今も実践中の超極秘ノウハウも知ることができます!! もし、貴方がYouTubeから広告収入を得ることに少しでも興味があるのなら、下記の緑色のボタンをクリックして、今すぐ無料プレゼントを受け取ってみてください!.

次の

ユーチューバーの広告収入の仕組み

ユーチューブ 広告 条件

YouTubeから広告収入を得るまでの流れ まず、YouTubeで収入を得るまでの流れを簡単に説明すると 1.YouTubeのに登録する。 2.YouTubeパートナープログラムをGoogleのアカウントでと関連付ける。 Google AdSenseの「お支払い」の項目で銀行口座を登録する。 3.YouTubeに動画を投稿し、過去12か月の総再生時間4000時間以上、チャンネル登録者数1000人以上 に達すると、お申し込みの審査が実施され、動画が規約に遵守しているかどうかが確認される。 遵守されていると判断されれば、動画に広告の掲載が許可される(2018年1月発表の収益化開始基準)。 4.動画内で広告が再生されたり、サイドバーにある広告がクリックされると収益が発生する。 5.収益が8000円以上になった翌月の25日前後に、指定の銀行口座へと振り込まれる。 という流れになる。 YouTubeはというものを提供している。 以下の条件を満たすYouTubeチャンネル登録者であれば誰でも参加が可能となっている。 ・パートナープログラムが住まいの国で実施されている(60カ国が対象。 もちろん日本でも実施されている)。 ・アカウントが以前、収益の受け取りについて、無効になっていない。 ・広告主にとってメリットが大きいコンテンツをアップロードしている。 ・動画コンテンツが利用規約およびコミュニティガイドラインに準拠している。 ・YouTube の著作権教育資料を確認している。 ・所属するマルチチャンネル ネットワークが YouTube パートナープログラムへの参加を禁止していない。 (一部訂正) YouTubeから広告収入を得るにはまずYouTubeパートナープログラムへ登録しなければならない。 YouTubeパートナープログラムへの登録後、Googleのアカウントでと関連付ける。 報酬の管理もGoogle AdSenseでなされ、住所、名前、電話番号等の登録は必須である。 また、YouTubeパートナープログラム登録時には下記のような注意事項が掲載されている。 YouTubeに動画を投稿し、動画の再生回数がチャンネル内の動画トータルで1万回に達すると、お申し込みの審査が実施され、動画が規約に遵守しているかどうかが確認される。 遵守されていると判断されれば、広告の掲載が許可される。 動画内で広告が再生されたり、サイドバーにある広告がクリックされるようになると収益が発生する。 この1再生、1クリックによる報酬額は表示される広告による。 30円から高いものでは1000円以上になることもある。 広告の単価は動画を見ている人が広告をクリックし、商品やサービスを購入したりすることでも上がる。 YouTubeからの収益は日本円の場合、8000円を越えたら月末締めの額で翌月の25日前後に指定の銀行口座へと振り込まれる。 現在は銀行口座以外での受取方法は無い。 もちろん、未成年者でも銀行口座を持っていればお金の受け取りは可能である。 YouTubeの広告の種類 掲載される広告はランダムで表示されるものなどターゲットを絞らないものもあれば、人によって表示される広告が異なる場合もある。 この視聴者に合った広告はYouTubeの親会社Googleのアルゴリズムによって選ばれる。 基本的に、ターゲットを絞った広告であれば、 訪問者に合わせたものが表示される。 動画再生画面においては、下記のような3種類の広告が表示され、 クリックと動画再生で収入が発生していく。 ちなみに、広告の種類によって、動画投稿者が広告を非表示にする事も出来る。 インストリーム広告 インストーム広告とは動画の再生前、もしくは長時間動画では15分後、30分後などにテレビのCMのように流れる広告である。 5秒後に視聴者が広告をスキップ出来るものや、スキップ出来ない15秒程度の広告が流れるまで見なきゃいけないものがある。 動画投稿者(チャンネル所有者)はこの設定を自由に選ぶことが出来る。 インストーム広告は広告を全部視聴した場合や再生画面をクリックして外部のスポンサーサイトへ移動した際に報酬が発生する。 オーバーレイ広告 オーバーレイ広告とはコンテンツの表面を覆うようにして表示される広告で、YouTube動画で言えば下記のような形で表示される広告である。 この広告を設定すると、再生から10秒以上経過した際に表示される。 この広告が動画の視聴者にクリックされると報酬が発生する。 サイドバー広告 サイドバー広告とは、動画右側のサイドバーに表示される広告の事をいう。 この広告はクリックした場合に報酬が発生する。 ただし、先に紹介した広告に2つに比べてクリック率は非常に低くなる。 人気YouTuberの広告収入を調べる方法 YouTubeからの広告収入は以上のように広告の 1.クリック数 2.完全視聴数 3.1再生あたり、1クリックあたりの単価 によって決まる。 勘違いしている人も多いが、チャンネル登録者数は全く関係ない。 もちろん、チャンネル登録者数で企業案件と呼ばれる動画による宣伝をお願いされやすくなるケースはあるだろう。 しかし、 YouTubeからの広告収入はあくまでも広告のクリック数や完全視聴数及び1再生あたり、1クリックあたりの単価によって決まる。 YouTuberの月収を予想する方法 YouTuberの収入を予想する簡単な計算方法としては、 1再生=0. 1円というものがある。 動画の再生数に0. 1円を掛けて収入を予想する方法だ。 つまり、 1万回再生されれば約1000円の収入が得られるという計算になる。 もちろん、チャンネル内の動画の「総」再生数である。 過去の動画が突然注目され再生数が伸び、莫大な収入を得たYouTuberもいる。 ただ、1再生=0. 1円という計算方法よりも 更に精度の高いYouTuberの収入を調べる方法が出てきている。 それがソーシャルブレイド()を使った調査方法である。 でYouTuberの収入を調べる方法としては 1.へ訪問する 2.中央の検索スペースもしくは右上のタグで「YouTube」を選択し、収入を調べたいYouTuberのユーザーネームをスペースへ入力する。 ヒカル氏のチャンネルのURLを入力し検索をかけると下記のような画面が出てくる。 このうち予想月収は「ESTIMATED MONTHLY EARNINGS」の部分になる。 8Kから最大429. Kは1000倍を意味するので、26800ドルから429400ドルを意味する。 26800ドルは1ドル110円で計算すると294. 8万円 429400ドルは1ドル110円で計算すると4723. 4万円 つまり、 ヒカル氏の予想月収はミニマム月300万円からマックス4700万円程度となる。 何人かの人気YouTuberがこのサイトを使って調べてみたところ、 マックス・最大(ヒカル氏の場合は4723. 4万円の部分)の半分ぐらいが実際の収入だったとのことだ。 従って、ヒカル氏の予想月収は4723. 4万円の半分、 月2362万円程度となるだろう。 年収にすると2. 8億円となる。 1円という単純な計算よりも予想月収が近い。 人気YouTuberの広告「以外」の収入 YouTubeにはこうした広告収入以外にも投げ銭システムに似た「 Super Chat(スーパーチャット)」、月額で課金されるファンクラブのようなシステム「 スポンサー機能」がある。 投げ銭ではライブ配信中に最大で1人5万円までお金を贈与することが出来る。 スポンサー機能はチャンネル運営者が予め決めた金額を会員から毎月貰うことが出来る。 他にも、人気YouTuberになれば、スポンサー企業等が付き、YouTube「外」からの報酬も別で得ることが出来る。 企業案件は報酬が非公開なので、この辺の報酬を予測は難しい。 ただ、1本数百万円と呼ばれる「ステマ動画」で商品やサービスを紹介する動画を投稿し、YouTube単体の収入以上を稼いでる人もいるのは確かだ。 YouTube広告の単価について YouTubeの広告にかんして、仕組みを知らない人がほとんどだろう。 ソーシャルブレイド(SocialBlade. com)による予想月収もあくまで目安になる。 YouTubeの収入は 1.クリック数 2.完全視聴数 はもちろん、 3.表示される広告の単価 が異なるため、 正確な報酬は本人しか知り得ない。 10分以上の動画では、多くのインストーム広告を差し込むことが出来る。 動画の再生時間が長くなれば当然滞在時間も増えるため、表示回数だけでなく、広告のクリック率も上がっていく。 もちろん、視聴者にクリックを促すような動画での発言や記載は禁止されており、そのような発言は規約違反でチャンネル閉鎖の要因となる。 広告は1クリック30円のものから1クリックで1000円以上になることもある。 表示される広告は動画の内容よりも視聴者によって大きく違ってくる。 お金持ちの人がたくさん見る動画の場合、クリック単価が高めの広告が表示される。 これはもちろん、日本国内だけではない。 地域と言語も再生数あたりの広告単価に影響 YouTubeでは日本語と英語といった多言語で動画の投稿を行う人も多い。 動画を英語で配信もしくは英語字幕をつければ、世界中の多くの人に興味を持ってもらう事が出来る。 日本語とは比べ物にならないぐらいのアクセスを集める事も出来るかもしれない。 しかし、 英語動画で多くの再生回数を集めても、日本に住んでいる日本人向けの広告の方が単価が高いケースが殆どである。 広告の単価は、購買力の違いから、住んでいる国と言語によって大きく異なっている。 例えば、日本の場合YouTubeでも表示されるGoogle AdSenseの広告単価は1クリック50円というのが普通である。 しかし、発展途上国ではここまで高額な金額で広告を出す企業はいない。 英語といえど、アメリカからフィリピンまで国によって大きくその購買力は異なっているだろう。 金持ちの国であるルクセンブルグの人がルクセンブルクで見てくれれば、広告の単価はもっと高くなる。 動画は日本語でも良いが、一例としては、ルクセンブルグ人等広告単価の高い国の人が興味を持ってくれるような内容の動画というのも狙い目かもしれない。 ただ、ルクセンブルクの人口は少ないので、需要が少ない(再生回数はそこまで伸びない)という欠点がある。 インターネットエクスプローラーやGoogle Chromeといったプラウザでは言語設定が出来る。 ここで設定された言語によっても広告は変わる。 動画を見ている人が、どこの国からアクセスしているかもわかるため、地域とプラウザの言語で表示する広告をその人の好みに合わせて表示しているのである。 ちなみに、自分がタイにいる時に出て来た日本語の広告は日本人向けのタイにある飲食店の広告が多かった。 日本人でかつタイにいる人への広告はやはり限りがあるようだ。 こうしたケースの場合は広告の単価が低くなる。 基本的に、海外にいる日本人向けの広告は数も少なくなるので、単価は低くなるだろう。 YouTubeの収入まとめ この記事ではYouTubeで収入を得ることに興味のある人、人気YouTuberの収入が気になる人に向けて、 YouTubeから広告収入を得るまでの具体的な流れからYouTubeにおける広告の種類、YouTuberの収入を調べる方法、YouTube広告の単価について詳しく解説していった。 人気YouTuberのように月数百万円、数千万円稼ぐことは難しい。 しかし、 単価の高い広告が表示されるような質の高いユーザーを集めることに集中すれば、小遣い程度の収入を得ることは難しくないかと思う。 YouTubeで稼ぐことを考えた場合知っておくべきことを知りたい人は下記記事も必読である。 下記記事ではYouTube広告による稼ぎ方の他に、「 Super Chat(スーパーチャット)」と「 スポンサー機能」による方法も紹介している。 アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

YouTubeのチャンネルメンバーシップとは?メリットや注意点/参加YouTuber/特典/参加条件/収益の取り分/ファンの反応も

ユーチューブ 広告 条件

2018年2月20日から、YouTubeのパートナープログラムの資格内容が変更されることが、YouTubeから発表されました。 その変更内容は、驚きの内容でした。 チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間• チャンネル登録者が 1,000 人 この条件を満たすことで、プログラムに参加できるかどうかが初めて審査される、のです。 この内容は、YouTubeで収益を得たい人にとっては、ショッキングな内容でした。 もうYouTubeでは稼げない? もうYouTubeは終わり? そんな悲観する声も聞こえます。 でも、今回のYouTubeの変更は、未来型の考えでは、むしろ大歓迎!!な内容です。 どのあたりが歓迎なのか、ということをお伝えしていきます。 2018年2月20日に収益化条件が変更になりました! 2018年1月17日にYouTube Creatorsからメールがありました。 YouTubeで広告収入を得るための条件が変更になった、とのお知らせでした。 条件とは、• チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間• チャンネル登録者が 1,000 人 この条件を満たすことで、プログラムに参加できるかどうかが審査される、のです。 この内容は、YouTubeで収益を得たい人にとっては、ショッキングな内容でした。 今まで、収益を得ていたチャンネルも、この条件を満たしていないチャンネルは、2月20日以降は、収益化ができなくなる、ということです。 YouTube側は、30日の猶予期間をつけてくれました。 詳しく知りたい方は、YouTubeクリエイターブログをご覧ください。 こちらは、2017年4月16日に、YouTube パートナー プログラムにて、設定された条件でした。 こちらでも、厳しくなった、と言われていました。 なぜなら、2017年4月16日以前は、アドセンスを取得していれば、すぐに収益化、というものが出来ていたのです。 誰でも簡単に今すぐ始められて、 誰でもネットから収益を得ることが出来る そんな気軽なところも、YouTubeの魅力の一つでした。 スマホの普及もあって、テレビよりも身近に感じられる存在になっていきました。 なぜ、厳しい条件になったのか? YouTube上には、今でも、質の低いコピペ動画、違法の動画、暴力的な動画、というものがあふれています。 簡単に、気軽に始められる、というのがYouTubeの良さでしたが 簡単に稼げますよ!!と謳った教材も多く出回り、ある意味無法地帯と化していたのです。 そこでYouTubeは、削除祭り、一斉BAN、と一般的に言われるものを行なって、違法のチャンネルを削除していくことを積極的に行うようになります。 それでも、はっきり言って、違法のチャンネルは減りません。 イタチごっこのようなものです。 オリジナルの動画をコツコツと作っている側からしたら、迷惑極まりない状況でした。 今回のYouTubeの決断は、クリエイターの保護のため 今回のYouTubeの方針を読むと、「クリエイターの保護のため」の条件ということが良くわかります。 12 月に YouTube CEO の Susan から言及があったように、YouTube は、2017 年にコミュニティに影響を及ぼした問題に対処し、 アイデアとオリジナリティあふれる世界中のクリエイターが悪意のあるユーザーから被害を受けることなく YouTube で活躍できるようにするため、YouTube パートナー プログラムを変更いたします。 このたびの主な変更点は収益化の要件を厳格化することです。 これにより、YouTube をよりよいプラットフォームにするために貢献したクリエイターに報い続けるとともに、悪意のあるユーザーがスパムやなりすまし、その他の悪い行いをする人々によって YouTube のエコシステムに損害を与えたり、クリエイターに便乗したりすることができないようにします。 2017年は厳しい年だったにもかかわらず、YouTubeで活躍される方は増えているのです。 5 ドル未満、というデータがあります。 多くの方は稼げていない、という現実なのです。 だからこそ、 YouTubeは、本気で頑張る大切なお客さんであるクリエイターを保護するために、あえて、厳しい条件を出したのです。 制限をかけることで、YouTubeにはこれからは、さらに質の良いクリエイターさんが集まって、より良いコンテンツが発信されていく媒体になっていくことが予想されます。 未来型の考えにとって、歓迎の理由とは すぐに楽に簡単に稼ぎたい!! YouTubeなら私にも簡単に稼げるかも!! そんな風にすぐに収益を求める人は減っていく、と思われます。 「自分が稼ぎたい」というそれだけ動画や、コンテンツとしての価値がないものは、消えていくでしょう。 動画も想いが大切なんです。 誰に何を伝えたいのか 誰のためにどんなお仕事をしていきたいのか 「自分が稼ぎたい」のではなく 「お客さんのために」自分が楽しんで作っていく動画が求められていきます。 それは、ものすごいクオリティーの高い動画を作る、ということではなく、 あなたのなんとなく好き、な想い あなたのなんとなく伝えたい、想い こういう動画を届けることが大切です。 長期的な視点を持つことが大事• チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間• チャンネル登録者が 1,000 人 確かにこの条件は厳しいかもしれません。 だからこそ、長期的な視点をもつことが大事です。 時間がかかる、ということは覚悟してください。 でも、マーケティングを学んで、コツコツと続けていけば、決して無理な数字ではないのです。 私自身のオリジナルクッキー動画は、今も再生され続けていますし チャンネル登録を促したことはないですが、チャンネル登録者も増え続けています。 68万回再生 2783人 (2018年1月現在) あなたのやりたいことをお仕事にしていくために 私自身は、ユーチューバーでいたいわけではないです。 あなたにも、ユーチューバーを目指して欲しいわけではないです。 文章と写真だけでは伝わらない想いを届けることが出来るのです。 なので、誤解を恐れずに言えば、 YouTubeで収益化が出来る、出来ない、というのは、あまり重要ではありません。 ブログとYouTubeとの連動は最強です。 ブログからのお客さんだけではなく YouTubeからもお客さんにいらして頂くことが出来ます。 ブログとYouTubeをリンクすることで、あなたのファンが更に増えていくのです。 お客さんの期待に応えるコンテンツをコツコツと作り続けていくことこそ、あなたのお仕事が飛躍していく素敵な道なのです。 今回のYouTubeの収益化条件の変更は、オリジナル動画を作っている私達にとっては、とても嬉しい改革をなっていきます。 猫かぶりで、八方美人で、 人の顔色伺うことと、気配を消すことが得意です! 子供の頃から、いつも自信がなくて、不安がいっぱいで、落ち込んでばかりでした。 だけど、一度きりの人生です。 好きなことを仕事にしたい! 好きなことをして、生きていきたい! 私にだって、生きている意味があるはず。 そう思って、ネットビジネスを始めたものの、 10年間全く稼ぐことが出来ませんでした。 そんな私でも、とある変な先生に出会ったことがきっかけで、人生が変わりました。 自分のやりたいが見つかって、 好きなことで生きていけるようになったんです。 だから、今度は、私があなたのやりたいを見つけますよ!! あなたには魅力がいっぱいあるんです。 「私になんて、なにもありません。

次の