毛 玉取り。 【徹底比較】毛玉取りのおすすめ人気ランキング25選

正しい毛玉の取り方って?プロが教えるテクとおすすめアイテム

毛 玉取り

100均毛玉取り器比較 会社名 商品名 駆動様式 仕組み 色 ダイソー 『くるくる毛玉取り』 電池 シェーバー 切り取る 青 黄 桃 セリア キャンドゥ 『らくらく毛玉とれ~る』 手動 軽石状 ヤスリ 絡め取る 黒 キャンドゥ 毛玉取りブラシ 手動 ブラシ 掻き取る 木目 ダイソー Daiso の電動毛玉取り器『くるくる毛玉取り』 ダイソーの毛玉取り器 『くるくる毛玉取り』はとても評判がいい製品です。 私もダイソーで見つけて購入し、愛用しています。 単三乾電池を2本別途購入しなければいけませんが、100円で電動の毛玉取り器が買えるのは驚きです! 色は ブルー、イエロー、ピンクと3色あります。 もう少し大きい写真も貼っておきますね。 口コミで評判が高い理由と意外な効能 この製品は口コミですごく評判がいいのですが、その一つに 耐久性というか 寿命が長いことが挙げられます。 普通は、「どうせすぐ壊れても100円だからいいか」とか軽い気持ちで購入される人が多いかと思います。 ですが実際使ってみると、毛玉が思ったより取れるし、使っていると何だか楽しい^^ 暇つぶしや ストレス解消にも最適なんです^^; そして見た目が貧弱そうにも見えるのですが、実際「 3年以上使っていたけど、とうとう壊れたので再度購入!」という様な口コミが多いことにビックリします! 意外にも 『くるくる毛玉取り』は超コスパが良いオススメ商品だったんです。 楽天にもそっくりの毛玉取りが売っていた! 楽天にもダイソーの『くるくる毛玉取り』そっくりの毛玉取り器が売っていました。 これを書いている時点で、 34件のレビュー、口コミが書かれていたのですが、評判が高く 総合評価4. 09です。 口コミの中には、ダイソーで購入して数年愛用していたが、壊れたのでダイソーを探しているが売り切れで買えない。 そんな時楽天で売っていたから10個購入する人とかがいますね。 現在2017年9月10月は、しっかり在庫がある様ですが、他にもまとめ買いしている人がいたので品切れで困った経験がある人がたくさんいるのかもしれませんね! そういう感じでまとめ買いをする人がいるから、売り切れが続出するのだとは思いますが・・・^^; ダイソーの『くるくる毛玉取り』を使ってみた! 中に入っているのは、こんな感じす。 小さな ハケが付いていますが、これが意外と役立ちます。 早速バラしてみました^^; 電池が付いていないので、別に購入します。 今回単三電池が2本必要ですが、100均で4本100円で売っていますね^^ 今回は、部屋用のスウェットに出来ら毛玉を取ってみます。 やっていると楽しいので、他の場所の毛玉も取ってしまいました。 多分このスウェットに出来た毛玉の半分以上は取ったと思うのですが、毛玉取り器の容器にこんなに毛玉が溜まりました^^ 出して見ると、ほらスゴイでしょ! 内部に毛玉の細かいゴミが溜まったりするのですが、それを取るのに付属のハケがちょうどいいです^^ ダイソーさん、 GOOD JOB! です! この『らくらく毛玉とれ~る』は電動式と違って手動で力の加減が出来るので、穴を開けてしまったりという心配が無さそうでいいかなと最初思いました。 ですが、実際使ってみるとイメージどおりに毛玉が取れて行きませんでした。 そして反対に、網目の部分に生地が接触すると繊維にヤスリを掛けることになり、繊維を削り取ってしまいます^^; 個人的には、あまりおすすめではありません、セリアさんすみません!あとキャンドゥさんも。 ですが、楽天の口コミでは評判がいいですよ。 楽天でも100円で売っている! なんとセリアやキャンドゥでも売っている『らくらく毛玉とれ~る』が 楽天でも売っています。 近くに100均が無い地方の方や、忙しい方はこちらで購入してもいいですね^^160円送料がかかりますが、交通費と思えば問題なしかな。 50件の口コミと総合評価が 4. セリアのところで紹介した 『らくらく毛玉とれ〜る』ともう一つ 『毛玉取りブラシ』です。 今回は、新宿のPEPEに入っているキャンドゥの大型店舗での購入ですので、どこにでもあるとは限りません。 そう言えば、セリアの店員さんに尋ねたところセリアでは電動のものは取り扱っていませんということでした。 『毛玉取りブラシ』の方だけ、レビューしますね。 先ず空けてみます、こんな感じです。 ブラシの毛は、 100%豚毛です。 また、スウェットの毛玉を取ってみます。 最初はこんな感じです、毛玉が一杯で恥ずかしいですね^^; 使ってみましたが、こちらもなかなか全部取りきれません。 そして取れた毛玉は、ブラシで撒き散らされてしまいます。 下に 新聞紙かレジャーシートでも置いた方が良かったです^^; 取った毛玉は、飛び散るだけでなくブラシにもくっついているので、それが再び生地に付着するのがもどかしい。 下の写真を見てください、 豚毛も一杯抜けてしまいますね~ 私の技術では使いこなせなかったので、結局『くるくる毛玉取り』で取りました。 やはり、個人的には『くるくる毛玉取り』がおすすめです^^ 100均毛玉取り器の各商品のメリット、デメリット 上で紹介した3商品のメリット・デメリットをまとめておきます。 もちろん私が使ってみた感想なので、人によって感じ方に違いはあるかと思います。 『くるくる毛玉取り』 <メリット>楽、楽しい、しっかり全部毛玉を取り除ける。 結構、長持ちする。 <デメリット>強く押し当てると、生地も高速の羽根でスライスされてしまう。 『らくらく毛玉とれ〜る』 <メリット>う~ん、アイデアは好きです。 触り心地はいい^^; <デメリット>毛玉だけ取るのが難しい。 網目状のヤスリが生地の繊維を掻きとってしまいそう。 『毛玉取りブラシ』 <メリット>生地の繊維へのダメージの危険は少ない。 <デメリット>毛玉を全部取るのは難しい。 毛玉が飛び散り、ブラシの豚毛が抜ける。 100均毛玉取り器は売り場は、どのコーナー?売り切れも当たり前? わたしは始めて毛玉取り器を見たときは 9月の初旬だったんです。 これから秋冬もの衣類とかが使われ始める時期で、ダイソーでは大きい通路沿いの場所に 注目コーナーみたいな感じで置いてありました。 まだシーズンはこれからということで、3色全部、個数もたくさんありました^^ ただネット上の口コミを読むと品切れで置いていなかったという書き込みが多々あります。 在庫は無いだけで、店員さんに聞けば取り寄せてもらえるかと思います。 問屋にも在庫がなければ駄目ですけどねー それ以外に時期、そしてキャンドゥの場合は 靴下とか、制服などジャケットの埃を取るエチケットブラシと並んでいる 衣類のコーナーで売っていることが多かったです^^ 毛玉が出来やすい衣類、その他生活用品一覧 購入したら早速使いたいはずですので、毛玉取り器が活躍するものを列挙しておきます^^; セーター カットソー 靴下 毛布 フリースジャケット 他にもあったら是非下のコメント欄で教えてください。 あとがき オススメは、ダイソーで売っている 『くるくる毛玉取り』! 最初ダイソーで『くるくる毛玉取り』を見たとき「何だ、これは?」と非常に興味を持ちました。 9月になると、秋、冬物のシーズン到来です。 セーター、毛布など毛玉が出来やすい生活用品が必需品ですね。 そんな中、100均では毛玉取り器が目立つところ 大きな通路沿い に置いてあったんです^^ 毛玉取りというと、昔からブラシのものしか知らなかった私は興味本位ですぐ購入し試しました^^; 皆さんも騙されたと思って一度使ってみてください!100円ですしね。 そして出来ましたらコメント欄より感想を頂けたら大喜びします^^ 返信しますね! 他にもこんな記事を書いているので、良かったら読んでいってくださいね!.

次の

毛玉取りの方法6選!ごっそり取れるやり方と注意点まで

毛 玉取り

衣類の生地は摩擦が起きると繊維の先端が「毛羽(けば)」になります。 その毛羽が束になり、絡み合うことで毛玉ができるのです。 つまり、毛玉は洗濯をしたり何度も着用したり、普通に歩いているときの摩擦でも起こるということなんです。 同じニット類でも素材によって、毛玉ができやすいものとそうでないものがあります。 毛玉ケアをするときはここも見落とさずにチェックしましょう。 基本的にニット類は自宅で洗濯せずにクリーニングのプロにお任せしましょう。 どうしても自宅で洗濯するときは、ニットを裏返して、ぴったり入るサイズの洗濯ネットを使用します。 洗濯機なら「ドライコース」を使って、手洗いでも短時間で済ませましょう。 リネットの「プレミアム仕上げ」なら、毛玉取り・毛取りなどのケアを行い、リファイン加工をすることで毛玉ができにくくなります。 近藤さんからのアドバイス: ニットを裏返してネットに入れることで、表面の摩擦が起きづらくなります。 衣類より大きい洗濯ネットを使用すると、洗浄中にネットのなかで衣類が動くので、生地同士が擦れて毛玉ができる可能性があります。 また、洗濯機の普通コースは強い回転で洗浄するためNG。 「ドライコース」などの弱い回転で洗濯した方が、摩擦の力が弱く毛玉は起きにくくなります。 連続で着用しない その日に着たいニットが毛玉だらけだったり、クリーニングに出している時間がなかったりすると、どうしても自分で毛玉取りをしたくなるもの。 基本的にはプロにお任せするのが一番ですが、自分で毛玉取りをするときは「毛玉取り機」や「毛玉取りブラシ」がおすすめです。 ちなみに、リネットでは一定時間内でのサービスとしてですが、毛玉取りを無料で行っております。 【ビフォー】ニットの毛玉 【アフター】ニットの毛玉 【ビフォー】コートの毛玉 【アフター】コートの毛玉 宅配クリーニングのリネットなら、24時間ネットで受付ができ自宅から出ずにクリーニングが完結するので、時間・労力がかからない上に自分の生活リズムに合わせてクリーニングを活用できます。 こちらの記事は、宅配クリーニングを初めて利用した際の体験談で、衣類のビフォーアフター写真や、宅配クリーニングの申し込み~完了までの流れなどを紹介しています。 宅配クリーニングを利用されたことのない方は、イメージが沸きやすいと思いますので是非こちらの体験談を参考にしてみてください。 毛玉取りブラシを使ったほうがいい衣類は?毛玉取り機を使ったほうがいい衣類は? 毛玉取りブラシをつかう場合 1. 毛玉がある箇所を片手で押さえて機械をあてる 2. くるくると優しく回しながら毛玉を取り除く 適した毛玉取り機を選び、カッターの高さ設定は厳密に行いましょう。 毛玉がキレイに取れなかったり、洋服に穴が開いてしまうことがあるので注意してください。 近藤さんからのアドバイス: 毛玉をつまんで引っ張って取ろうとしたり、強い力を加えたりすると生地が傷みます。 毛玉がない部分に毛玉取り機やブラシをかけることも、衣類を傷める原因になります。 どちらも毛玉だけを取るように意識しましょう。 自宅での頻繁な毛玉取りはおすすめできないので、できるだけプロにおまかせしましょう。 また、最近毛玉取りにハサミやカミソリ、スポンジを使う人もいるようですが、それはNGです。 ハサミやカミソリは、衣類そのものを破損する恐れがあります。 スポンジはザラザラした部分でニットを擦ると、余計に毛羽だたせてしまう可能性があるのでおすすめできません。 毛玉取りブラシと毛玉取り機のどちらを使えばいいか迷ったときは、ニットの毛羽の状態に合わせましょう。 毛玉取り機を使うと元々の毛羽もカットしてしまう恐れがあります。 カッターの高さを調節できる毛玉取り機でも、高さがうまく合わずに毛羽ごと取ってしまうことがあるのでおすすめできません。 毛羽だっていないニットに強い力でブラシをかけると、かえって毛羽だつ恐れがあります。 網目の大きなニットをブラシにかけると、引っかかり網目を大きくしてしまうことも。 毛玉が広範囲についてしまった場合も「毛玉取り機」を使うのがおすすめです。 毛玉防止&毛玉取りなら「プレミアム仕上げ」へ 毛玉取りはできるだけしない方がいいけど、毛玉を見つけるとついつい取りたくなるもの。 おうちでは毛玉防止のお手入れをして、毛玉取りはプロにお任せするのが一番です。 もし、おうちで簡単に毛玉防止のお手入れをしたいなら「毛玉防止スプレー」を使うのがおすすめ。 毛玉防止スプレーは、毛玉の原因でもある静電気を防ぐ効果があるので、毛玉ができにくくなります。 ストッキングなどの「静電気防止スプレー」でも代用可能です。 プロにお任せするなら、リネットの「プレミアム仕上げ」がおすすめ。 クリーニングの洗浄と仕上げに加えて、毛玉取り、毛取りなどのケアを行い、リファイン加工をすることで毛玉ができにくくなるんです。 洗浄がシャンプーだとするとリファイン加工はトリートメント。 シャンプーだけだとゴワゴワしてからみやすくなりますが、トリートメントをすることでニットの繊維の表面が滑らかになり、毛羽がからみにくくなるため、毛羽だちと毛玉を防ぎます。 プレミアム仕上げなら通常の4倍の仕上げ剤を使っているため、摩擦の原因になる静電気を抑える効果も。 毛玉防止にはもちろん、衣類に新品の風合いと着心地も取り戻してくれます。 おすすめの毛玉取りアイテム 浅草アートブラシ社「かんたん毛玉取りブラシ・スタンダード」 繊維の方向に沿って軽くなでるだけで毛玉が取れる毛玉取りブラシ。 大切な衣類を守るために、特殊加工されたとがりのない猪毛が使用されています。 また、ミリ単位の段差がついているので、取りにくい毛玉も逃がしません。 力を入れずにブラッシングができる形状なので、過剰なブラッシングも防ぐことができます。 TESCOM「毛玉クリーナー(KD900)」 衣類の生地が傷むのを防いで、ふんわりと仕上げてくれる「風合いガード」機能がついた毛玉取り機。 カッターと生地の間の高さが低・中・高の3段階に分かれていて、毛足を残す長さを選ぶことができます。 大切なニットのときは「高」に切り替えるなど、衣類によって使い分けができる毛玉取り機です。 まとめ 見つけるとつい取りたくなる毛玉ですが、毛玉取りは衣類の寿命を縮めることにつながります。 大切な洋服や高価な衣類の毛玉取りは、プロにお任せするのがベスト。 これからは毛玉取りではなく毛玉を作らないケアを習慣にして、大切な衣類を守っていきましょう。

次の

毛玉の取り方、教えます!正しくラクにキレイに

毛 玉取り

出典: 手動タイプは、ブラシやカミソリのようなタイプがあり、洋服を撫でるようにし毛玉を取ります。 広範囲の場合は時間がかかりますが、電源を使用しないので手軽に使用することができます。 力の加減もしやすいため、洋服の種類も問わず使用でき、生地を傷めづらいです。 広範囲なら電動タイプ ACアダプタタイプ ACアダプタタイプはコンセントから直接電源を取るタイプです。 コンセントが無いと使えませんが、電池タイプに比べてハイパワーなのが特徴です。 毛玉を取りたい衣類が多いときなどにおすすめです。 本体充電タイプ 充電タイプは、ACアダプタを使って充電するタイプです。 充電しておけば、いつでも使うことができます。 充電時間や容量は商品によって異なるため使用する頻度に合わせて選びましょう。 電池タイプ.

次の