サバクトビバッタ日本にくる。 中国に新型コロナ以上の被害!200兆匹バッタが日本に来る!?

サバクトビバッタが日本にくる可能性がないかという話ですが、こ...

サバクトビバッタ日本にくる

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ? サバクトビバッタの現在地は、国際連合食糧農業機関(FAO)のホームページを見ると確認できます。 FAOのホームページで確認できるサバクトビバッタの情報は、2020年5月27日付のもの。 で、最新のサバクトビバッタの現在地は大まかに、 ・ケニア、ソマリア、エチオピアなどを中心とした東アフリカ ・サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東 ・インドの北西部とインドのお隣のパキスタン となっています。 2020年6月2日時点 FAOのホームページには、サバクトビバッタの現在地が示されるデータエクスプローラがありましたので、それぞれの状況を画像で見ていきましょう。 ではまずは、今回の蝗害の発生源となってしまった東アフリカ周辺から。 続いては、サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東。 こちらも全体的にサバクトビバッタが繁殖しているのが分かります。 成虫の集団はイラクやイエメンに集中している感じですね。 成虫の集団は東アフリカほどではありませんが、幼虫の数がかなり多いようです。 駆除が追いつかなければ、これらの幼虫もいずれ成虫として増殖、拡大、分散をしていく可能性があるかもしれません。 最後は中国と隣接するインドとその隣のパキスタンです。 インドの北西部がエグいことになっていますね・・・。 ちょっと見づらいですが、パキスタンにも成虫の集団や幼虫がいるのが確認できます。 ちなみに、2020年5月4日のリスクマップでは、インドにサバクトビバッタ存在は確認されていませんでした。 もしかすると、1ヶ月くらいの間に餌を求めて移動したのかもしれません。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 結論から言いますと、 サバクトビバッタが中国に侵入する確率はほぼないようです。 理由は「広大なヒマラヤ山脈がサバクトビバッタの行く手を阻んでいるから」です。 サバクトビバッタは気温が低くなると飛行できなくなるので、高いヒマラヤ山脈を超えることはまず不可能。 その証拠に中国ではサバクトビバッタの蝗害は歴史上1度もありませんし、 現在も中国に侵入している情報はありません。 突発的な偏西風などで山脈を超える可能性はゼロではないようですが、普通に考えて中国にサバクトビバッタが侵入するのはありえないようです。 中国に入れないのであれば、 サバクトビバッタが日本に来ることもまず考えられません。 「海を渡る可能性もあるのでは?」という声もあるようですが、過去のサバクトビバッタの動きから見てそれも現実的ではないようです。 サバクトビバッタの日本への侵入については別記事にまとめましたので、詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 【サバクトビバッタ】今後の移動経路の位置も 東アフリカからインドまで繁殖と拡散をしてきたサバクトビバッタですが、上述したように中国に侵入することはできません。 ではインドまで来たサバクトビバッタは、今後どこに移動するのか気になりますよね? 実は長年サバクトビバッタを追い続けているFAOは、 サバクトビバッタの今後の移動経路の位置も予想してホームページに記していました。 というわけで、早速FAOが示す今後のサバクトビバッタの移動経路の画像を見てみましょう! まずは、被害が拡大しているインドやパキスタン付近のサバクトビバッタの動きから。 その後は赤色の点線で囲んだあたりで夏の繁殖を迎えるんでは?というのがFAOの今後の見方のようです。 インド。 西からラジャスタンに到着した春の育った未成熟な大人のグループと群れは、州の東部を東に移動し、マディヤプラデーシュ州とマハラシュトラ州の中央州に移動し続けました。 5月26日の時点で、少なくとも1つの群れがボパールの北東に達していた。 これらの動きの多くは、ベンガル湾のサイクロンアンファンからの強い西風と関連していた。 制御操作が進行中です。 7月までラジャスタンでは侵略の連続的な波がいくつか予想され、 インド北部をビハールとオリッサまで東向きに急増し、その後西向きに動き、モンスーンに伴う風の変化でラジャスタンに戻る。 これらの動きは、群れが繁殖し始め、移動性が低下すると停止します。 群れは南 インドに到達する可能性が低い、ネパール、バングラデシュ。 引用: 中国へは入れないにしろインド北部に甚大な被害を与えそうですね・・・。 次は東アフリカ付近のサバクトビバッタの今後の移動経路を見てみましょう。 現在東アフリカのサバクトビバッタは、4月~6月に繁殖している個体や集団がインド、パキスタン方面に移動するようです。 先程の「赤い点線の部分に集結するのでは?」ということのようですね。 で、そのほかにもいよいよ西アフリカの方まで移動して、 アフリカの大部分に被害を及ぼすのではないかと予想しているようです。 東アフリカは、 現在の状況は、東アフリカでは非常に憂慮すべきまま ケニア、 エチオピア、および ソマリアは、食料安全保障や生活に前例のない脅威に直面しています。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。 その後、群れが インドパキスタン国境の両側に沿って夏の繁殖地に移動するだけでなく、 スーダンやおそらく 西アフリカに移動するリスクがあります。 引用: FAOはサバクトビバッタが西アフリカまで行く可能性は少ないとしつつも、繁殖具合によっては 西アフリカも警戒が必要としています。 ちなみに、西アフリカにも砂漠があり元々サバクトビバッタはいるようですね。 2003~2005年には西アフリカでサバクトビバッタの蝗害があったとのこと 一度西アフリカまで移動してしまったら、環境の相性も手伝ってサバクトビバッタがさらに勢いを増す可能性は少なくなさそうです。 【サバクトビバッタ】最新の居場所と今後の動きについてのまとめ 2020年5月27日時点のFAOのデータでは、 東アフリカ、中近東、インド北西部、パキスタンなどがサバクトビバッタの居場所になっているようです。 東アフリカのサバクトビバッタはインド・パキスタン付近へ移動し、 一部は西アフリカまで行くのでは?と予想されています。 あくまで予想なのでこの先さらに勢力を伸ばすのか、落ち着くのかがわかりませんね~。 食用として活用出来ればまだいいのですが、現実的にそれは難しいようです。 日本には来ないとはいえ、地球規模で考えたら相当ヤバいことですよね。 蝗害での食糧不足など、日本人にも出来ることがあるといいのですが・・・。

次の

インドまで到達した4000億匹のバッタ 日本に襲来する可能性も

サバクトビバッタ日本にくる

バッタが生き残っていく本能みたいなものなのかな…。 2020年6月現在、 サバクトビバッタは インドにいます。 今年の頭、コロナのインパクトで忘れてしまってた中東でのバッタ大量発生のニュース。 数兆匹まで増えてそろそろ中国へ襲来するんじゃないかと思ったら 実際はヒマラヤ山脈を越えれないらしい 、中国では別のイナゴが大量発生して食物を食い荒らしてるらしい。 サバクトビバッタは東アフリカからサウジアラビアへ入り、そこからイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦へ広がりました。 本来であれば、バッタが入国すると分かれば、軍を動員してバッタを駆除するそうですが、中東は紛争をしているので、軍をそちらにさけなかったそうです。 Sponsored Links サバクトビバッタは日本にくるの? サバクトビバッタは、群れになるとものすごい跳躍力を発揮すると言われています。 しかし、今回大量発生している サバクトビバッタは日本へはやって来ないのではないかと言われています。 その理由として、サバクトビバッタは寒さに弱く、パキスタンやインドと中国の間にそびえる ヒマラヤ山脈を越えるのが難しいと予想されているからです。 またヒマラヤ山脈は、世界一高いエベレスト山 8,850m をはじめ、7,000mを超える山が100以上もあり、群れになると身体能力が向上するサバクトビバッタでもなかなか難しそうです。 そもそも今回のサバクトビバッタの大量発生は、 大雨が降ったことが理由ではないかと言われています。 大雨が降って餌となる草がたくさん生えると、バッタが大量発生すると言われています。 現在、莫大に人口が増えているアフリカですが、常に食料危機と戦っています。 そのなかでサバクトビバッタ2000億匹が、人間の食物を食べていってるのが問題になっています。 ケニアは食料を食い荒らされ、人間の食物はほぼ全滅。 その場所に食料がなくなったら、バッタは次の国へ行きます。 通常であれば、他国が支援の手を差し伸べますが、現在各国はコロナの影響を受けそれどころではありません。 またバッタ駆除には、農薬を撒くのが一番手っ取り早いですが、農薬は土壌が死んでしまうため、食糧危機の地域では得策ではありません。 日本でも明治時代にバッタの大量発生が問題になったことがありました。 1879年 明治12年 に北海道の十勝平野でトノサマバッタが大量発生し、数年間続いて大きな被害が出ました。 その数年のあいだで、バッタの大群は札幌など石狩地方にまで至りました。 バッタの大群が空を覆い、作物を食い尽くす様子は日食のように太陽が陰り、住民はただ茫然とその惨状を見守るしかなかったそうです…。 想像するだけで恐ろしいですね。 このときバッタは、札幌付近止まりで本州へは入って来ませんでした。 その理由として諸説ありますが、 海を飛び越えられなかったんだろうと言われています。 しかし、今回のバッタは海を渡って来たこともあり警戒されていましたが、生態的にヒマラヤ山脈を越えられないだろうと言われているので、ひとまずは安心できそうですね。 中国側が懸念しているのは、コンテナなどに紛れ込んで侵入するのではと言われているそうです。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。

次の

バッタの大群は今どこ?日本は大丈夫?現在地や今までの経路も確認!|TK HOTLINE

サバクトビバッタ日本にくる

サバクトビバッタは日本に来る? コロナよりサバクトビバッタの方が興味あるので読みます — menbou laxdaikon 現在、大量発生しているサバクトビバッタは、 その数、およそ4000億匹だと言います。 大群の大きさは幅40km、長さ60km、重量80万トンにまで及んでいるとのこと。 問題とされているサバクトビバッタの大きなポイントは、 農作物を食い尽くし、食糧危機を引き起こすという点です。 このサバクトビバッタの恐ろしい点は、• 飛行スピードが速い• 移動距離が長い。 1日に約150キロメートルも行軍する。 毎日、自分の体重分の約2グラムを食べるという。 ということです。 もし、現在の勢力を保てば、1日、最低でも、 約3. 5万人の食料 約100万人の食料説もある を食い荒らすと言われています。 こんなバッタが日本に進軍したら、 ひとたまりもない被害を受けることはすぐに予想できます。 ちなみに、今回のサバクトビバッタの件で、 「東アフリカのバッタの群れがインド・パキスタンに到達」 という情報もあるのですが、パキスタン・インドで発生している群れと、 エチオピアやソマリアなど東アフリカで発生している群れは本当は別モノみたいです。 結論から言うと、サバクトビバッタが日本に来る可能性はとても低いです。 「中国に進軍したらヤバそうじゃない?」と思うかもしれませんが、 そもそもその心配もないということを説明します。 サバクトビバッタが中国に行ける可能性は極めて低い サバクトビバッタのことを書いてたらフォロワーが増えるのはちょっと怖い。 日本が誇る世界のサバクトビバッタ研究の第一人者の本を読んでください。 宣伝じゃなく1銭も私には入りませんが。 — 漆黒 noirsan2 まず大きな理由として、 サバクトビバッタは中国にすら進軍できないということです。 そもそもサバクトビバッタはイラン高原とヒマラヤを越えることができません。 バッタの生態として、高い山は越えられないのです。 寒いし、移動することは出来ても高度を上げるのには向いていなく、 繁殖も気温が低いとできません。 加えて、バッタは気温が22度以上ないと飛翔出来ないという研究もあります。 サバクトビバッタは日本に来ることは不可能と言える 今後のサバクトビバッタ予報 夏に400倍になるかもっていってるのがエグい。 パキスタンようやく落ち着いたと思いきやまた群れが戻って来るのかよ…。 サバクトビバッタは「1日に約150キロメートルも行軍する」という、 驚異的な生態情報がありますが、887キロを飛び続けることはできるのでしょうか? もちろん不可能であり、仮にこの距離を飛ぼうものなら、 6日弱はかかってしまいます。 その間餌を食べることもできなければ休息もありません。 普通に考えて不可能と言えるでしょう。 サバクトビバッタに天敵はいるのか? めっちゃくちゃいい資料あった…ありがとうバッタ博士…! 「サバクトビバッタは22度以上にならないと飛べない」 22度からが戦闘力UP効果範囲内なので、たとえ山岳地帯に突入したとしても気温が低すぎて移動速度ガタ落ちなんだ。 天敵はいるのに、どうしてここまで大量発生してしまうのかと言えば、 繁殖力の高さと状況の変化と言えます。 以下、サバクトビバッタを例に解説された文章です。 いつも乾燥している砂漠ですが、雨季に雨が降ると、バッタのエサとなる草が生えてきます。 バッタは、その先に雨が降っていることの多い季節風に乗って移動し、エサにありつきます。 そして、お腹いっぱいになると卵を産み始めます。 雨は数日しか降らないので、草は1か月ほどで枯れてしまいます。 孵化した幼虫はその前になんとか成虫になるものの、その場では生活できず、新しいエサ場を求めて旅に出ます。 ところが、珍しく大雨が降ると、草が枯れるのが遅くなるため、バッタは旅に出ずに数世代連続して繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に仲間の数が増えます。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 kodomonokagaku. 〈なんで食料農業機構がバッタの群れをモニタリングしているかっていうと、大規模な群れが発生して農作物を食いつくすと、即・飢饉が発生するからです。 そもそもアフリカでは、サバクトビバッタ、トノサマバッタ、 赤いイナゴ、茶色いイナゴが食べられているとのこと。 「全部食べてしまえば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、 現在の大量発生している状況では食べることに害がある可能性があります。 なぜなら、農業被害を引き起こすバッタなので、 政府の統制下や農家の手によって 殺虫剤が散布されている可能性があるのです。 そうなってしまうと、食用にすることで有害になる危険性があります。 なので、「食用で解決」ということは難しいかもしれません。 まとめ サバクトビバッタの生息範囲がアラビア文字に見える、、、 — ヒビの入った黒縁メガネ氏 amashin1 サバクトビバッタは「日本に来るのか」という疑問から、 天敵についてや食用にできるのかを解説していきました。 実はこのバッタ騒動は今始まったものかと思いきや、 もっと前から発生しています。 しかし、今回の大量発生は、 過去最大の規模と言われているのには変わりありません。 日本に来る可能性は極めて少ないですが、 暗いニュースがなくなることを願います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の