琉球空手。 沖縄(琉球)空手の流派と特徴とは?中年空手家が徹底解説

空手道

琉球空手

2019. 28 を更新いたしました。 2019. 2 を更新いたしました。 2019. 29 を更新いたしました。 2019. 11 を更新いたしました。 2019. 11 を更新いたしました。 2019. 22 を更新いたしました。 2019. 22 を更新いたしました。 2019. 25 を更新いたしました。 2019. 22 を更新いたしました。 年末年始の お知らせ 忠岡本部:28日(金)まで/稽古始めは7日(月)から 七道センター:22日(土)まで/稽古始めは12日(土)から になります。 2018. 10 を更新いたしました。 2018. 30 を更新いたしました。 2018. 15 を更新いたしました。 2018. 15 を更新いたしました。 2018. 29 を更新いたしました。 2018. 20 を更新いたしました。 2017. 20 を更新いたしました。 2018. 27 を更新いたしました。 2018. 27 を更新いたしました。 2018. 11 を更新いたしました。 2018. 2 を更新いたしました。 2018. 21 を更新いたしました。

次の

清水あいりの空手流派は琉球空手!黒帯で「童貞を殺す空手」が凄いw|LifeNews Media

琉球空手

空手は、もともと琉球王国時代の沖縄本島では、手(ティー)もしくは唐手(トゥーディー)と呼ばれていた。 「手」とは主に琉球固有の拳法を指し、唐手とは中国から伝来した拳法を指していたとされる。 しかし、明治38年(1905年)、空手が沖縄県で学校の体育科に採用された際、糸洲安恒によって唐手表記のまま、読み方が「トゥーディー」から「からて」へ改められ、意味も「手」も含めた琉球拳法一般を指すようになった。 それゆえ、唐手(トゥーディー)と唐手(からて)は、言葉の意味する範囲が違うことに注意する必要がある。 「空手」表記は、沖縄では明治38年から花城長茂が空手空拳の意味で使い始め、本土では昭和4年(1929年)に慶應義塾大学唐手研究会(師範・船越義珍)が般若心経の空の概念を参考にして初めてこれを用い、その後この表記が広まった。 昭和11年(1936年)10月25日、那覇で「空手大家の座談会」(琉球新報主催)が開かれ、この時、唐手を空手に改めることが決まった。 1960年代までは唐手表記も珍しくなかったが、現在では空手の表記が一般化し定着している。 また、1970年代からは、主にフルコンタクト空手の流派において、カラテやKARATEと表記されることも多い。 空手は、琉球王国時代に発祥した武術であるが、空手について書かれた当時の文献は現在まで確認されていない。 それゆえ、今日語られている空手の歴史は、主に明治時代の空手の古老たちが伝え聞いた話に基づいている 空手の起源に関しては諸説あるが、主なものは下記の通りである。 「田舎の舞方」からの発展説 舞方(メーカタ)とは、琉球語で踊りの意味である。 田舎の武術的要素をもった琉球舞踊から、沖縄固有の武術「手(ティー)」が生まれ、空手へと発展したとする説。 安里安恒やその弟子の船越義珍はこの説を唱えている。 久米三十六姓導入説 那覇の久米村(クニンダ)に、1392年、当時の明の福建省から「ビン人三十六姓」と呼ばれる職能集団が移住してきたとされる。 彼らは琉球に先進的な学芸、技能等をもたらしたが、この時、空手の起源となる中国拳法も同時にもたらされたとする説。 ただし当時は中国でも拳法は未発達であったことが知られており、近年ではこの説は疑問視されることも多い。 海洋貿易輸入説 かつて琉球の人々は中国のみならず、広く東南アジアなどの国々とも貿易を行っていた。 これらの地域には、空手や琉球の武器術と類似した武術が存在する。 貿易を通して、これらの国々の武術が伝来しながら、沖縄固有の武術「手」が独自に発展したとする説。 他にも、シマ(沖縄相撲)からの発展説、本土から柔術が伝来した説などがある。 いずれの説も、明治以降の空手家、研究者の唱える説であって、それぞれの説を裏付ける明確な歴史資料が存在するわけではない。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より.

次の

武士マチムラ(琉球空手シリーズ) (集英社文芸単行本)

琉球空手

琉球古武道 賢亮流会 沖縄に数ある古武道組織と区別するため、もと琉球古武道保存振興会 佐敷支部道場の与那嶺幸助先生は、2000年1月1日千年紀を記念し、流派名を賢亮流と命名する。 与那嶺幸助先生の師である、琉球古武道保存振興会(設立1955年)初代会長の平 信賢先生(1897年〜1970年)の「賢」と、二代目会長 赤嶺栄亮先生(1070年〜1999年)の「亮」の各一文字をとり、両先生の名声を未来永劫後世に残す意味を込め「賢亮流」と命名する。 与那嶺幸助先生は、琉球古武道保存振興会在籍時の1999年に赤嶺栄亮先生より、琉球古武道教士8段の段位を授かっており琉球古武道保存振興会時代は要職を務めたが、赤嶺栄亮先生のご子息である三代目 赤嶺 浩先生が、琉球古武道 信武館を立ち上げ独立したため、それまで琉球古武道保存振興会を支えていた与那嶺幸助先生も心新たに独立。 2012年には、その功績と実力を認められ沖縄県空手道連合会より、数少ない琉球古武道範士9段を授かっている。 空手は沖縄空手道協会上地流10段範士である。 剛柔流拳法 沖縄空手3大流派の一つである剛柔流にはいくつかの系統があるが、当会は宮城長順先生と比嘉世幸先生に学び、沖縄剛柔流尚禮会を起こした渡口政吉先生、その技術を継承さ れた久場良男先生の系統に属する。 久場良男先生は鍼灸の技術で培った東洋医学の経験と渡口先生の教えをもとに、自らの 拳を剛柔流拳法とし、流派を超えて武術としての空手を追究する者の集まりとして、沖縄 空手道拳法会を組織。 沖縄市の拳武館道場で指導しながら、国内及び世界各国の支部道場 の指導に飛び回る。 著書 「最後 の伝承 剛柔流拳法1・2 」 他、DVD多数 株 チャンプ• 【お知らせ】 2019年4月27日〜5月2日 インド:ムンバイにて琉球古武道セミナー実施• 沖縄の街を歩けば、たくさんの空手道場をみつけることができます。 聞くところによると沖縄県内で約400件もの道場があるそうです。 この空手の本場沖縄では、多くの道場で空手と琉球古武道を教えています。 こちら本土では空手道場はありますが、琉球古武道を本格的に教えられる道場はそうはありません。 あったとしても、どのような系統でどこまで伝わっているのか… ただ本や映像を見て真似ているだけで、いかにも昔から正当に伝わっているような宣伝をしている道場も残念なことに少なからずあるようです。 琉修会では、私が沖縄の先生から直接指導を受けた本物の琉球古武道の稽古を行います。 空手についは、沖縄3大流派のひとつ剛柔流の稽古を行っています。 同じ剛柔流でもいくつかの流れに分かれてますが当会では、沖縄で継承育まれてきた生粋の沖縄剛柔流空手です。 琉修会での稽古は、競技に勝つための稽古ではありません。 沖縄の伝統文化である空手・琉球古武道の稽古を通し、日本人として礼節の大切さ、心身の健全な育成と何事にも負けない強い心・人を思いやる優しい心を養うことを目的としています。 己に勝つため、人生を生き抜くための稽古と言えるでしょう。 プロフィール 遠藤 毅之 Takeyuki Endo 某空手流派総本部道場で20数年にわたり稽古を行い、総本部師範として後進の指導も努めた。 また、自ら総本部専用のホームページも立ち上げHPでは番頭として運営も行い、この流派のため微力だが全力を尽くした。 在籍中は、宗家に許可を頂き他流派の空手道場数箇所へ通い稽古を行う。 空いている時間はトレーニングジムにも通い、仕事以外はほぼ空手のために時間を使った。 この掛持ち稽古を10年以上続けてきた。 空手・琉球古武道の稽古は他流派を含めると30年以上続けていることになる。 私は元々、琉球古武道を習いたくて空手を始めたが、私が思うような琉球古武道の指導をして頂ける先生に巡り合うことができずにいたが、他流派の稽古を通じ沖縄の先生に出会い、それが縁となり某流派在籍時より今日に至るまで年に数回沖縄へ行き、琉球古武道の指導を受けている。 また、空手も沖縄の剛柔流へ流派を替え沖縄に行った際に指導を受けている。 2017年6月 沖縄空手・琉球古武道に魅せられ、長年お世話になった空手流派を退会。 離れるには理由がありますが、何より沖縄の先生方の空手・古武道に対する探究心と人柄に惚れ込んだのが一番の理由かもしれません。 その後、1年間の未所属期間をおき沖縄空手道拳法会へ入会させて頂きました。 まだまだ修行の身なので、今後も沖縄の先生の元で指導を頂きながら沖縄伝統武道を習得するため研鑽して行きます。 ー空手についてー 私はサラリーマンなので、仕事の都合をみながら主に土・日で稽古を行っています。 私の空手は、主に本土で盛んな4代流派で行っている競技空手ではなく、基本的に昔から伝わる沖縄の空手です。 競技も悪くはありませんが、競技化すると試合に勝つため、見栄えを良くしようと、型を変えて演武してしまうので、分解を行うと本来の意味がまったく違うものになってしまいます。 組手については、競技化すると危ない技は禁手が設けられます。 これは競技化すれは仕方がないことですが、これが落とし穴で、本来の空手として伝えなければならない技の失伝に繋がります。 本来沖縄から伝わった稽古法は、合気道や少林寺拳法と同じように技を技として使えるようになるための型稽古や約束組手、乱取り稽古や鍛錬です。 競技空手では、高段者になると毎週各地で開催される試合で審判を努めなくてはなければなくなり、空手の稽古より審判講習会等に参加しなければならず、自分の空手稽古がままならなくなります。 常々このようなスタイルに疑問をもっていましたが、これからは自分の好きな沖縄流を貫いていこうと思っています。 ー剛柔流空手への思いー 私はもともと糸東系統の道場で空手の稽古をしていました。 糸東系空手は首里手・那覇手・泊系統等沢山の型があります。 私は昔から那覇手の型が好きで試合に出るときには、いつも剛柔系いわゆる那覇手の型で臨んでいました。 私の通っていた道場では首里手系統の練習が多かったことから、私はいつもひとり那覇手の練習をしていました。 そんな日々からいつかは本格的に剛柔流を学びたいと思っていたところ、以前からお世話になっている沖縄空手・古武道の先生を通じ現在の師である沖縄空手道拳法会の久場良男先生と出会い、心新たに剛柔流拳法を学んでいるところです。 ー琉球古武道への思いー 先にも述べましたが、私はもともと琉球古武道がやりたくて空手を始めました。 当時、私の自宅から通える範囲内で琉球古武道を教えている所をいくつか探しその道場にも通いました。 (もちろん私が所属していた空手道場でも指導し始めましたが…)結果はいつも残念に終わりました… ここで多くを語るには、長くなってしまうのでいずれ機会があったらこの続きをお話しましょう。 私の実体験から言いましても、やはり沖縄で伝わる琉球古武道が本物として価値あるものと思います。 私の琉球古武道の師である与那嶺幸助先生は、平 信賢先生と赤嶺栄亮先生に師事し、その高弟として伝えられたことを頑なに守り続けている数少ない伝承者です。 琉球古武道は型の数も多く、演武しても長いので覚えるのは大変です。 また型は挙動数や細かい技がとても多いので、よほど琉球古武道に惚れこまないとすべての型を覚えることはできません。 本来古流として伝わる武道とは地味なものです。 しかし、そこにはキラリと光るいぶし銀の輝きがあります。 空手・琉球古武道を星空で例えれば南十字星の輝きでしょうか… この南十字星も沖縄からでなければ見ることができません。 空手・琉球古武道も天体に光る南十字星と同じ、南の島でその輝きを見ることができます。 私もこの輝きを生涯かけて追い求めて行きたいと思っています。 ご縁があれば、共に沖縄の伝統武道を修得しましょう。 剛柔流拳法・琉球古武道賢亮流 琉修会 主な活動地域は、横浜・藤沢.

次の