リターン オブ オブ ラディン。 【アナデン】ロード・オブ・マナの進め方と攻略【アナザーエデン】

「Return of the Obra Dinn」感想

リターン オブ オブ ラディン

オブラディン号の帰還とは 舞台は1800年代初頭。 プレイヤーは保険調査官となり、乗員乗客60名が消えたオブラディン号に乗り込み調査を行うゲーム。 依頼人からは手記と懐中時計が渡されており、手記には乗組員名簿と乗組員のスケッチが収められている。 懐中時計は船上の痕跡 残留思念 から、乗組員らの死の瞬間を見ることが出来る不思議な機能が備わっており、死の瞬間の周囲の状況や、直前の周囲の会話などから、その瞬間に登場する乗組員たちの関係性などが推察できる。 懐中時計を使い、様々なシーンで得た情報から「スケッチの人物は名簿上の誰で」「どういう原因で死んだか もしくは生存しているか 」を推理して手記を完成させていく。 と、ざっくりとしたゲームの内容がこんな感じ。 上記PC、Switchの他にPS4やXbox Oneでも発売されてます。 プレイした感想 初見プレイ、攻略等無しで約24時間で全員情報を特定してクリアすることができました。 他サイトも少し除きましたが大体20〜30時間程度がクリア目安になるようです。 出来る限り一気にプレイすることを推奨します!時間が空いてしまうと、その時点まで自分の頭に蓄積されていた情報が飛んでしまうので。。。。 以下、考察です。 閲覧注意。 物語の中心となるのは何と言っても「貝殻」と「箱」です。 不思議な力を持つ箱と貝殻を略奪しようとするもの、箱と貝殻は危険であると唱えるものなど、様々な考えを持つ登場人物が居ましたが、貝殻に呼び寄せられた怪物と貝殻に対しての人々の考えが交錯した結果、オブラディン号を含めて破滅することになります。 章ごとに考察を進めていきます。 この1章と2章のシーンは本編の根幹には何か特別な関係があるシーンでは無い模様です。 ホクセンは恐らく王族の付き人という立ち位置で、倉庫内に保管していた箱と貝殻を警護していたところニコルズに襲撃され倒れていたと思われます。 更に倉庫内では箱の引き出しが開いており貝殻も見えている状態で、ニコルズが箱と貝殻を見ていたところ、たまたま降りてきたバスクア氏に怪我をしたホクセンを目撃されたため、ニコルズはその口封じのためにバクスア氏を刺殺します。 ホクセンがバクスア氏殺害の濡れ衣を着せられ銃殺刑の場面はニコルズも立ち会っているのですが、このシーンでは二等航海士付き司厨手のサミュエル・ギャリガンがニコルズに何かを耳打ちで伝えている様子が見れます。 その後、ニコルズやギャリガンを中心とした6名がフォルモサの王族のリム・ブンランとシア・イトベンを人質に取り、合計8名が箱と貝殻を小舟に乗せてオブラディン号を脱出。 4章へ話が続きます。 箱と貝殻については元々フォルモサの王族が所有していた貨物であり、それにニコルズが目を付けたことで話が動き始めたと考えられます。 ニコルズは乗船前、もしくは乗船後に程無くして箱の存在を知り、中身を確認するためにホクセンを襲撃。 と推測しております。 このシーンの中ではフォルモサの王族の会話として「あの箱は、絶対に海に落としてはダメよ」「魔物が現れたら、お伏せください」という会話が存在します。 フォルモサの王族達は箱と貝殻の力を理解しており、箱と貝殻が魔物を引き寄せることを読み取れます。 この会話の通り海から怪物が現れ、フォルモサの王族であるリム・ブンランを含め、5名が怪物に襲われて命を落とします。 フォルモサの王族達は腕を拘束され身動きを取れない状態でありましたが、もう一人の王族イトベンは怪物に襲われる中で、腕の拘束を解除しギャリガンをナイフで刺殺。 箱の上部を開け腕を入れると、光線?呪い?が怪物へ放たれ、怪物たちは力を弱めます。 箱に腕を入れたイトベンは焼死という扱いで亡くなりました。 ゲーム上は感電死、毒殺でも正しい死因として判定されますが、箱の力で殺されたと考えられます。 この後の取引の章では貝が箱の上部の液体の中から発見されており、この箱に腕を入れるシーンでイトベンは右手に貝を持っており、貝と箱の中身が反応?することで光が発せられたと思われます。 ニコルズについては箱と貝殻、さらに怪物3体を小舟に乗せてオブラディン号へ戻ったところを銃殺されるされることになります。 怪物が出てきた瞬間に至っては頭を抱えてうずくまっている描写があり怪物等の登場も想定していなかったことが推察できます。 怪物を連れ帰ったことについては、単純に怪物自体の珍しさの他に、怪物3体の内2体が貝殻を持っており、貝殻を持ち帰るために連れ帰ったという推測もできます。 次のシーンになりますが、貝殻を取ろうとすると暴れるため、貝殻を取らずにそのまま怪物ごと持ち帰ったと考えられます。 フォルモサの最後の一人であるタン・チョウはここで怪物の棘に殺されることになりますが、「貝殻を守らねば、我々は皆死ぬ!」というセリフを残します。 また、怪物を運ぶシーンで「きれいな貝殻だな。 よく見せろや。 」と言いながら怪物と一緒に運ばれる貝殻に手を伸ばした?トーマス・セフトンは、怪物の尾で強打され死亡します。 この2つの描写からフォルモサの王族たちや怪物たちにとって、貝殻に重要な意味が込められていると考えられます。 多数の乗員が死亡、行方不明となります。 その後は怪物たちの襲撃が止んだことから、収容していた怪物が他の怪物を呼び寄せたと推測できます。 船長は3匹殺さずに2匹を殺し(1匹を残して)船尾倉庫を去るのですが、これは2匹を殺した時点で怪物たちが遠ざかっていったものと思われます。 残された1匹を逃しに来た乗組員たちの会話で「3つめの貝殻…!船長が全部捨てたかと…!」というセリフから怪物が持っていた貝殻は船長が捨てており、そもそも怪物たちは貝殻を捨てられたことへの怒りから、他の巨大カニ、巨大イカを呼び寄せと考えられます。 初めから貝殻を持っていなかった1匹は、すぐそばの箱の中に3つ目の貝殻があることを知っていたため、怪物を呼び寄せることはしていなかった。 3つ目の貝殻は4章でイトベンが右腕ごと箱の中の液体に浸けたもので、フィリップ・ダールが箱から取り出しますが、右腕が溶かされ死亡します。 このオブラディン号の数少ない生存者となります。 脱出後の船に残ったものたちは、船長への不信感や怪物や貝殻のもつ価値から、船を乗っ取りや貝殻の強奪を考えます。 士官候補生のトーマス・ランケが船の乗っ取りを聞いてしまい、ナイフで刺されたことを皮切りに多くの人が死亡。 掌砲手オーラス・ヴィアテルらの乗っ取りを阻止するためとも考えられますが、どちらかというとブレナンたちが貝殻を自分のものにしたかったがためにも見えます。 貝殻をあると信じて船長を襲撃しますが、船長の申告通り既に貝殻は船にはありません。 それでも襲いかかる乗組員を殺すと、船長はひっそりと自害しオブラディン号は滅びました。 まとめ 貝殻と箱 正確には中の液体 に不思議な力があり、フォルモサの人たちはそれを守ろうとしていましたが、貝殻に魅せられ強奪を企てた乗組員たちにより怪物を呼び寄せてしまい、多くの乗組員は死亡しました。 その後も貝殻を宝だと考えて奪おうとする乗組員や、船長への不信感を募らせた乗組員たちが、既に船上にはない貝殻を争い続け、ついに船は滅びました。 フォルモサの人たちは何故あの貝殻を理解した上で宝として持っていたのか、など残っている謎はまだまだありますが、本編から集められる情報は以上でした。 正直自分でもやや苦し紛れなとこもあり、謎の残る考察と思いながら書いています。 また改めて本編をプレイし追記は続けていきます。

次の

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

リターン オブ オブ ラディン

,3 THE D "OBRA DI" B , - 0 s,18 ft ught R. WL - men voy to Ot - e dezvous ut nd Cy. for enqrs or. Return of the Obra Dinn(・・・)とは、に発表されたである。 概要 「 」を世に送り出した ・ポープ率いる「9 L」が。 直後から評価は高く、「The s 8」のアートディレクションを受賞。 同賞にノミネートされていた「」を始めとするを抑えての堂々の受賞となった。 に、、で発売される事が報じられた。 あらすじ 3年、東会社所属の武装商船「 ラ・号」が、・喜望峰への航路の途上において、人の乗員・乗客ごと消息を絶った。 4年後、ラ・号が、ウォールの合に漂着。 船体は方々で破損し、生きている者の姿はなく、に照らされながら浮かぶ様子はさながらのようだった。 方は東会社請課の調官として、職務によって損定書を作成すべく、単身ラ・号へと向かうよう命じられる。 それに先立ち、方の元にはが届けられる。 そこには一冊の手記と「 ・モーテム(死を忘るるなかれ)」と刻まれたがあり、手記の冒頭には「 ラ・号に何があったのかを調し、書き込んだ手記を送って欲しい」という、ある人物からのが添えられていた。 方は甲に転がっていた死体の前に立ち、の蓋を開く。 すると周囲は闇に包まれ、かつてその場で起きた「 死」が、時をえての前に現れた…… システム はで展開。 見えるもの全てはとの1ビットで描かれ、やなど、初期の庭用のに寄せている(設定で色設定を切り替える事が可)。 は手記を手掛かりにラ・号を歩き回り、に反応する「死」の場面を再生・収集する。 開始当初は不足で、登場人物のはぼんやりとしか見えず、名前すら解らない。 しかし状況や、外見などから徐々にが可となり、連鎖反応的に解けてゆく事となる。 中には極めて小さなでしか解けないもある。 極端な話、総当たりやで強引に解決できなくもないが…… 人名とを正しくすると、3件ごとに確定となる。 は本に記録したこれらのを辿りながら、ラ・号に何があったのかを知る事となる。 調を終えてを曖昧にしたまま船を去ると、相には辿り着けない。 手記をさせて初めて相がとなるが…… 全てのはられず、見る者の想像やが大いに事となる。 関連動画 関連項目• - の前作• 外部リンク• - の•

次の

「Return of the Obra Dinn」感想

リターン オブ オブ ラディン

Papers, pleaseの作者が開発したReturn of the Obra Dinnをクリア。 非常に良いゲームだった。 主人公の保険調査官を操作し、船員の消えたオブラディン号を調査するゲーム。 船内にある死体から、その死体の死に際の記憶を見ることが出来て、その記憶から次の記憶へ辿りながら船員全員の安否や死因を探っていく。 絵、音楽、ストーリー、ゲーム性どれを取ってもレベルが高い。 単にレベルが高いだけでなく、互いが互いの魅力を引き出すように設計されているのが素晴らしい。 白黒の2値で描かれた絵は、クトゥルフを基調にしたような1800年代舞台のストーリの雰囲気との相性が非常に良い。 それを場面場面で流れるクラシカルな音楽が非常に盛り上げてくれる。 そのストーリーに浸りながら、船員に何があったかを推測していくのはとても上質な体験だった。 ここまで高いレベルでゲームの個々の要素をまとめ上げられる人は中々いないように思う。 作者の前作のPapers, pleaseも同じく、ゲームの個々の要素を高いレベルでまとめてたな。 ひたすら単純作業繰り返してるうちに、徐々に倫理観が消えて行って、いつのまにか入国審査官になりきってしまったのは思わず自分で笑ってしまった。 Return of the Obra Dinn、ゲームの難易度もちょうどよくて、途中で詰まっても別の人の調査してるうちにふっと問題が解決したりして気持ちが良い。 詰まったら服装とか装飾品をしっかり見ることが大事やね。 ただ、最後2人残った甲板員の正解が分からんかったんだよね。 2択だから、推理外れたら別の方が正解といった感じでクリアしてしまった。 この人らについては、再度プレイして納得いく証拠を探しておきたい。 高いゲーム性のおかげで、魅力的な世界観に浸れるゲームだった。 サントラ出ないかな…… カテゴリー: タグ: , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の