護衛艦 きりしま。 きりしま (護衛艦)

きりさめ (護衛艦)

護衛艦 きりしま

日米合同演習ANNUALEX2008に参加中の「きりさめ」 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 母港 所属 第8護衛隊 艦歴 発注 起工 進水 就役 要目 4,400 6,100トン 151m 最大幅 17. 4m 深さ 10. 9m 5. の4番艦。 艦名は「」に由来する。 なお、艦艇名としては通して初の命名である。 艦歴 [ ] 「きりさめ」は、に基づく平成6年度計画4,400トン型護衛艦2233号艦として、で1996年4月3日に起工され、1997年8月21日に進水、1999年3月18日に就役し、第6護衛隊に編入されに配備された。 、 RIMPAC に参加した。 、に基づく情報収集任務により、護衛艦「」、補給艦「」と共にに派遣、まで任務に従事し、に帰国した。 、テロ対策特別措置法に基づき、補給艦「」と共にインド洋に派遣。 まで任務に従事し、に帰国した。 、に基づき、補給艦「ときわ」と共にに派遣。 同年、根拠法である「テロ対策特別措置法」が延長されず期限切れにより失効のため撤収し、に佐世保に帰港した。 、護衛隊改編により第7護衛隊に編入された。 、として護衛艦「」と共にソマリア沖・アデン湾を目指して佐世保から出航し 、任務間は合計32回290隻を護衛してに佐世保に帰港した。 、編成替えにより第8護衛隊に編入された。 12月19日から23日までを親善訪問する。 護衛艦の訪中は2008年6月の入港以来2度目となり、青島出港後はと親善訓練を実施する。 12月20日、第14次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾に向けて佐世保から出航し 、任務を終え6月7日に佐世保に帰港した。 、第26次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾に向けて佐世保から出航した。 なお、第26次水上部隊から派遣される護衛艦が1隻となった。 4月まで任務に従事し、その帰国途上の、の「」(旧護衛艦「」)と親善訓練を実施し 、、佐世保に帰港した。 11月24日から29日にかけて及び西方海空域において「」、「アステリクス」とともに日加共同訓練「KAEDEX 2018」を実施した。 5月10日、として方面に向けて佐世保基地から出港する。 現在、定係港は佐世保である。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 1 福永宗義 1999. 18 - 2000. 9 きりさめ艤装員長 佐世保基地業務隊補充部付 2 碇山武男 2000. 10 - 2002. 21 第4海上訓練指導隊船務科長 教官 兼 研究部員 3 米倉緑朗 2002. 22 - 2003. 19 横須賀戦術訓練装置運用隊 副長 兼 運用科長 4 久保田 守 2003. 20 - 2004. 30 横須賀システム通信隊司令 事務局第3幕僚室勤務 5 西嶌 聖 2004. 1 - 2006. 19 防大25期 艦長 6 福原祐二 2006. 20 - 2009. 2 艦長 指揮通信開発隊システム第2科長 7 水谷宗和 2009. 3 - 2011. 13 司令部幕僚 艦長 8 加藤一郎 2011. 14 - 2012. 28 防衛部 第3幕僚室長 兼 第5幕僚室長 司令部 9 加世田孝行 2012. 1 - 2013. 26 防大30期 電子情報隊研究指導科長 海上自衛隊第1術科学校 10 平川 崇 2013. 27 - 2014. 14 防大36期 司令部 副長 11 横田和司 2014. 15 - 2016. 28 防大41期 司令部 総務部総務課 2016. 1 1等海佐昇任 12 江畑泰孝 2016. 29 - 2017. 18 防大43期 第2護衛隊群司令部 海上幕僚監部総務部総務課 13 池﨑裕之 2017. 19 - 2018. 30 海上幕僚監部指揮通信情報部 指揮通信課 統合幕僚監部防衛計画部計画課 14 伊藤雅彦 2018. 1 - 2019. 00 護衛艦隊司令部 兼 自衛艦隊司令部 15 白石 豪 2019. 0- その他 [ ] 同名の・海上自衛隊の艦船はないが、5番艦「」以降は次級の、、、、も含め、すべて旧海軍由来の艦名となったため、本艦は2015年10月1日現在において、護衛艦としては、旧海軍に由来しない艦名がつけられた最後の艦となっている。 脚注 [ ]• 朝雲新聞 [ ]2010年12月9日• 2013年2月1日, at the. PDF文書• 山口銀行 [ ] PDF文書• 中国網 2011年12月27日 PDF文書• 朝雲新聞 [ ]2012年12月20日• 2017年5月29日. の2017年6月2日時点におけるアーカイブ。 2017年6月3日閲覧。 参考文献 [ ]• 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)• 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

きりさめ (護衛艦)

護衛艦 きりしま

Advertisement 横須賀を母港にするDDG-174「きりしま」の見学記録です。 横須賀や首都圏のイベントで公開される機会が多い艦の1つですね。 DDG-174 こんごう型2番艦「きりしま」。 名は九州南部の霧島連山に由来。 金剛型戦艦4番艦「霧島」に続き、この名を冠す艦は2隻目。 イージス艦=ハイテクのイメージがありますが、船体そのものは1995年就役なので20年以上の艦齢を重ねているベテラン護衛艦です。 日本を某国のミサイルから守るMDシステムに対応した艦の一つでもあります。 まず船首に向かうとそびえているのは、54口径127mm単装速射砲、オート・メララ127mm砲です。 76mmと比べて、やはりインパクトが凄い。 続けて、こちら。 「蓋」です。 蓋は蓋でもMK. 41 VLSの蓋。 この中にSM-2やらアスロック、更には弾道ミサイル迎撃用のSM-3迎撃ミサイルなどが入っています。 (一度、パカッて開けてみたい・・・(怒られる)) 手前が蓋1個なのに対して、その奥が蓋3つになってますが、これはミサイル再装填用の小型クレーンだそうです。 ただ最近では「洋上で再装填する機会、ほとんど無いよね、スペース無駄だよね」ということで付いていない艦が多いとか。 わざわざ、専用の解説看板まで用意されています。 ちなみにSPY-1Dフェーズドアレイレーダーは、非常に細かいレーダー素子の集合体です。 イメージとしてはトンボの目みたいな感じでしょうか。 大体、これ1面で4300個くらいのレーダー素子がズラーっと並んでいます。 フェーズドアレイレーダーって何という話は、数千文字使っても説明出来るかどうかというくらいなので、筆者の精神力に余裕のある時に… 艦尾に向かう際に、一部室内(?)を通ると 梯子やら木材やら、なんともリアリティあふれる道具の数々が。 恐らく木材は、浸水時の応急防水補修用ですね。 艦に穴が開いて浸水した際には、木材を「突っ張り棒」にして、水圧に対抗するそうです。 フライトデッキを1段高くするため、艦尾に向かって傾斜がついています。 俗に「オランダ坂」と呼ばれる、海自護衛艦の名物的な構造です。 最後に艦尾で自衛艦旗を。 なお左下に写っているのは潜水艦「やえしお」です。 何かとニュースでも聞く機会の多い「イージス艦」の一隻。 是非一度、足を運んでみては。

次の

海上自衛隊 護衛艦「きりしま」「さざなみ」見学記録 ①

護衛艦 きりしま

Advertisement 横須賀を母港にするDDG-174「きりしま」の見学記録です。 横須賀や首都圏のイベントで公開される機会が多い艦の1つですね。 DDG-174 こんごう型2番艦「きりしま」。 名は九州南部の霧島連山に由来。 金剛型戦艦4番艦「霧島」に続き、この名を冠す艦は2隻目。 イージス艦=ハイテクのイメージがありますが、船体そのものは1995年就役なので20年以上の艦齢を重ねているベテラン護衛艦です。 日本を某国のミサイルから守るMDシステムに対応した艦の一つでもあります。 まず船首に向かうとそびえているのは、54口径127mm単装速射砲、オート・メララ127mm砲です。 76mmと比べて、やはりインパクトが凄い。 続けて、こちら。 「蓋」です。 蓋は蓋でもMK. 41 VLSの蓋。 この中にSM-2やらアスロック、更には弾道ミサイル迎撃用のSM-3迎撃ミサイルなどが入っています。 (一度、パカッて開けてみたい・・・(怒られる)) 手前が蓋1個なのに対して、その奥が蓋3つになってますが、これはミサイル再装填用の小型クレーンだそうです。 ただ最近では「洋上で再装填する機会、ほとんど無いよね、スペース無駄だよね」ということで付いていない艦が多いとか。 わざわざ、専用の解説看板まで用意されています。 ちなみにSPY-1Dフェーズドアレイレーダーは、非常に細かいレーダー素子の集合体です。 イメージとしてはトンボの目みたいな感じでしょうか。 大体、これ1面で4300個くらいのレーダー素子がズラーっと並んでいます。 フェーズドアレイレーダーって何という話は、数千文字使っても説明出来るかどうかというくらいなので、筆者の精神力に余裕のある時に… 艦尾に向かう際に、一部室内(?)を通ると 梯子やら木材やら、なんともリアリティあふれる道具の数々が。 恐らく木材は、浸水時の応急防水補修用ですね。 艦に穴が開いて浸水した際には、木材を「突っ張り棒」にして、水圧に対抗するそうです。 フライトデッキを1段高くするため、艦尾に向かって傾斜がついています。 俗に「オランダ坂」と呼ばれる、海自護衛艦の名物的な構造です。 最後に艦尾で自衛艦旗を。 なお左下に写っているのは潜水艦「やえしお」です。 何かとニュースでも聞く機会の多い「イージス艦」の一隻。 是非一度、足を運んでみては。

次の