剣 盾 乱数 調整。 剣盾での乱数調整のやり方。

【ポケモン剣盾】ソードシールド 色違い乱数調整(マックスレイドバトル星3~星5)徹底解説

剣 盾 乱数 調整

初回レポート• レイドからみんなでを選択してホームから日付を変える(1回目)• レイド画面に戻ってやめるを選択する• レイドからみんなでを選択してホームから日付を変える(2回目)• レイド画面に戻ってやめるを選択する• レイドからみんなでを選択してホームから日付を変える(3回目)• レイド画面に戻ってやめるを選択する• レイドを見て目当てのポケモンか確認する• 目当てのポケモンだったらセーブしてレイドバトルをして捕まえる• 個体値を調べてソフトをリセットする 間違ってるのは 9番です。 目当てのポケモンでもセーブしません。 セーブしたら個体値がOKでも乱数調整を進められなくなります。 乱数調整は「 セーブ時点から同日数進めた場合にどんな個体値のポケモンがでる可能性があるのか」で調べるのでセーブ時点を変えてはならないのです。

次の

【ポケモン剣盾】「レイド式乱数調整」で手に入れた色違いポケモンって一般的に悪いこと?自分が気にしすぎているだけなのか…?

剣 盾 乱数 調整

ポケットモンスターソード・シールドのイベントレイド乱数調整 色違い乱数・個体値乱数 のやり方を初心者向けに書いておきます。 分かりやすさ重視のため厳密には異なる点がある可能性があります。 乱数調整の仕組みのイメージ 乱数調整は双六に例えらることが多いです。 今いるマスと近辺のマスの情報から遠くのマスの情報を得て目的のマスに移動する際、最初にいるマスのことを「初期seed」、目標のマスまで何マスか調べるための任意のマスのことを「現在seed」、この移動のことを「消費」と呼ぶことが一般的です。 尚、このブログでは分かりやすさ重視で「初期seed」、「現在seed」をそれぞれ「初期位置」、「現在位置」と表現します。 用意するもの 1-Star Seed Search 以下1sss ねがいのかたまり 20個もあれば十分 やる気と時間 個体値の知識 マスターボール 推奨 1sssは最新版を推奨。 今回は編集当時最新の ver1. イベントレイド柱を出す 今回は新たに追加されたキョダイマックスストリンガーを 狙います。 確認方法:レイドを覗いてイベントレイドならOK。 ねがいのかたまりを巣穴に投げてイベントレイド柱を出します。 自然発生のイベントレイド柱が立っているとねがいのかたまりを投げてもでない?らしい ガセの可能性有 ので一応自然発生のイベントレイド柱は全て潰したほうが良いかもしれません。 又、イベントレイド柱はどの巣穴からも出るので余程理由がない限りどこからでもすぐに行けるところが良いでしょう。 イベントレイド例。 イベント開催中のマホミルレイド 2. 特性1と特性2の見分け方は様のサイトで 確認可 上が特性1、下が特性2 画像はポケモン徹底攻略様より。 OKが出る確率は低いので頑張ってください。 どうしても出ないときはツールが最新Verか確認して柱を立て直しましょう。 飴でレベル100まで上げてステータスの欄に入れて計算したほうが楽。 この際努力値を振らないこと。 3回時渡りして4Vが出るレイドを粘ってください。 無事目標のレイドが出たらレイドバトルを行い捕獲します。 個体値などのステータスを確認し入力。 ツールの指示通り4Vのステータスの入力が完了 4. 5匹目の欄も入力し終わったらセーブせずにソフトリセットしてください。 3回ではなく4回!間違えないように注意! 5匹目も終了!これにて準備完了! 5. 初期位置検索 ツールのステータスを埋め終わったら検索を押してください。 GPUを計算に使用すると高速計算可能です。 もしGPUを計算に使用するなら「1つ見つけたら終了」のチェックは外した方がいいです。 GPUを計算に使用しない場合はチェックを外すと計算に数時間かかります。 GPU設定からテストを実行し、テストに成功したら使用可 テストに失敗した場合スレッド数を減らして再度テストを実行すると成功するかもしれません 暫くするとツール画面が変わりリストが出てきますがリストは右上のバツを押してツールのリスト出力画面の Den Seed 0x :に文字列が入っていることを確認してください。 この文字列が初期位置になります。 (リストで言うと消費数0) Den Seedが見つからない場合 ・ステータスややり方を再確認し再計算 ・V箇所再抽選考慮回数の上限を増やして再計算 それでも出ない場合1回時渡りをしてレポートし、3回時渡りからやり直してください。 10回くらいDen Seedが見つからなくても挫けない。 Den Seedが複数見つかった場合 を参照してください Den Seedが正しいかの確認方法 ソフトリセットして柱に話しかけレイドバトルをし、捕獲。 捕まえたポケモンの個体値や性格とリストの一番上の個体値や性格が一致しているか確認する。 一致していれば正しい Den Seed。 色違い目的なら「色違いのみ」にチェックを入れリスト出力をしてください。 6-1A. 例えば6Vが欲しい場合、 「31,31,31,31,31,31」 と入力して検索してください。 目的の個体値が出てこなかったらツールの最大消費数の欄の数字を増やして再度リスト出力。 6-1B. 色違い乱数をしたい 色違い狙い 「色違いのみ」にチェックを入れリスト出力します。 何も出てこなかったらツールの最大消費数の欄の数字を増やして再度リスト出力。 菱形を粘る場合確率が低いので相当数字を増やさないと出てこないかもしれません。 菱形色違いの場合は色違いの欄にちゃんと菱形で出力される。 この場合消費数が40843の時てれや、通常特性のの菱形色違いが出る。 ゴールを設定する 始めにも書いたが乱数調整はよく双六に例えられます。 不便なことにこの双六はゴールを自分で設定して、かつぴったりゴールに重なる必要があります。 今回は消費数2843(2843マス先)で色違いが出るのでこの場所-3の地点(消費数2840)をゴールにします。 6-3. 消費 ゴールに設定した数字の数だけ消費(マスを進める)します。 今回は2840消費です。 消費のやり方にはバグを使用した方法と時渡りをする方法がありますが、バグを使って消費してから時渡りして消費することを推奨します。 以下それぞれについて書きます。 6-3-1. バグを使った消費 メリット ・時間短縮ができる ・大量消費に向いている(1時間に3000~3600消費) デメリット ・Wが入手できない ・ワイルドエリア内で行うとゲームが落ちる可能性がある (ポケモンセンター内推奨) やり方(詳しくは)• オンラインに接続しランマッチを1戦する。 この時の勝敗は関係ないので即降参でもいいです• 現在の日付と時刻から1日進めてOKを押す。 この時ゲームやHOME画面に戻る必要はありません。 このOKを押したタイミングで1消費(1マス進む)ので目的の消費数の回数(ゴールの数字)だけ消費します。 消費しすぎると戻れないので余裕をもって一旦消費をやめることを推奨します。 また、今どのくらい消費したかは確認できます。 (後述) 今回は合計2840日進めるので日付計算サイトやツールを使って何年何月何日まで日付を変えるのか調べます。 私はを使用してます。 今回は2013年1月1日から2020年10月11日まで日付を進める必要がある 消費しすぎると怖いので余裕を見て2020年7月1日まで日付を進める 6-3-2. しっかりと1日ずつ変更してOK、変更してOKを繰り返す必要があります。 6-4. 今どのくらい消費したのか確認(現在位置特定)• ポケモンを捕獲して個体値を特定する• ツールの最大消費数が目的の消費数より十分大きいことを確認してリスト出力• ポケモンがあっているか確認し再度リスト出力して検索• 一回レポートを書いて一回時渡りをしてから1に戻る• ツールの最大消費数を増やして再度リスト出力し検索• 初期位置 Den Seed が間違えている可能性があるためツールの入力画面に戻り「1つ見つけたら終了」のチェックを外し再計算し新たに出てきた別のDen Seedを使ってリスト出力 それでも出てこないなら3回時渡りからやり直し 6-5. ゴールに辿り着いたかの確認方法• 3消費(3回時渡り)したときに色違いがでる• 1回も消費せずにゴールの個体値のポケモンが出る ゴール 消費数2840 の個体値のポケモンが出た いずれかを満たしていればゴールに辿り着いたことになるが 1に関しては確認した方がいいでしょう。 そして現在位置がゴールと同じ(今回は消費数2840)のところでセーブ、つまり3回時渡りをしたら色違いが出る状態でセーブします。 なぜ色違いが出る消費数まで進めずに-3の所で止めるのか 時渡りの仕様で0~2回時渡りしたときのポケモンは固定されてますが3回目以降は固定されておらずランダムです。 今作の乱数調整では個体値や性格、色違い判定などのステータスに関しては乱数調整できますが出現ポケモンに関しては乱数調整ができません。 そのため目的の消費数-3の所で止め、出現ポケモンを粘る必要があります。 逆に言えば-3の所で止めておけばサブロムや他人に手伝ってもらうことでその柱から出るすべてのポケモンの色違いを手に入れることができます。 捕獲 目的のポケモンが出てきたらレイドバトルを始め、色違いであることを確認しましょう。 キラーン! わざと負けるため、ヘドロウェーブやぶんまわすなどを覚えているポケモンを連れて行った方が楽 確認したらわざと負け、レポートを書きましょう。 負けても消費されないのでもう一度挑めば同じ個体と戦うことができます。 逃げられた時もソフトリセットすることで捕まえるまで粘ることが可能です。 複数人で捕獲する場合、倒して捕獲場面に移行したときにソフトリセットすることでゲスト側は捕獲可能に、ホスト側はレイドバトル自体が無かったことにできるので乱獲が可能。 なので日付を跨がないように時間をいじる必要があります。 もし跨いでしまって現在位置がずれてしまった場合、ソフトリセットをして前回プレイしたスイッチの日付に戻せば現在位置も戻ります。 無事捕獲。 お疲れさまでした。 以上、イベントレイド乱数調整の説明でした。 良き乱数調整ライフを!.

次の

ポケモン剣盾イベントレイド乱数調整

剣 盾 乱数 調整

目的のが出る穴に「ねがいのかたまり」で柱を建てる• 3回時渡りをして4回目のを捕獲、の種類・・特性・性格をメモ これをのさいこうの数が同数ではないが出るまでリセットして繰り返す• 上記の手順で得たの情報から「連続した」(後から説明します)を 5つ取得する(パズル)• 5回目、6回目のを捕まえての種類・・特性・性格をメモする• seedが割り出されるのでそれをRaidFinderに入力し、目的の個体のフレーム数-4まで時渡りをする。 目的のフレームから目的の個体が出ることが確認 「連続した」を5つ取得する(パズル) ここで躓くと思うので説明。 は決定用のテーブルが決まっており、そこから5つぐらい連なった数値を取れないと現実的な速度でシード値の割り出しができないらしいので、連続したを5つとる。 例えば、GETしたが 3V:31 31 31 7 1 4 4V:31 31 31 2 31 3 というだったとする。 まずはVの箇所を判定されるので、HP、こうげき、防御が決定用のテーブルから3つ消費される。 そのあと、とくこう、とくぼう、すばやさでテーブルが消費される 数字 ? ? ? 7 1 4 3V H固定 A固定 B固定 7 1 4 4V H固定 A固定 B固定 ? ? ? このようになっていることがわかる。 1Vなら数字の最初が?で済むか、3Vなので2つわからなくなりあと2つ数字を出してやる必要がでる。 V箇所決定の判断は「8で割った数の余り」で判定するらしい。 H:0、A:1、B:2、C:3、D:4、S:5、再計算:6と7 となっているため 数字 ? ? ? 7 1 4 2 3 3V H固定 A固定 B固定 7 1 4 ? ? 4V H固定 A固定 B固定 再計算 A被り D固定 2 3 となり、連続したとして7 1 4 2 3を取得できる。 これが成功パターン。 もちろんだめなパターンもある。 ・そもそも再計算が行われず数字が取得できない。 ・再計算されすぎて連続した数字かわからない。 この2パターンになると1日進めた上で手順をやり直す。 上記2種類は2V、もしくは3Vを確認するだけで計算可能である。 例えば 31-31-31-4-12-8なら4の段階で再計算がおこらないので数値がこれ以上増えることはないためやり直し。 31-31-31-7-6-1なら再計算されすぎるので4Vを捕まえても連続した数値かどうかわからない。 ただ3Vなら2Vを捕まることでも計算できることもあるので、最初はなるべく3Vを捕まえたほうが効率が良い。

次の