灯油 余っ たら。 余った古い灯油は使える?捨てる?少量でも無料の捨て方処分方法

余った灯油トイレに流すと罰金!?ホームセンターで回収してもらう方法を紹介!

灯油 余っ たら

そろそろ暖かくなってきて暖房器具を片付ける準備なんて考えていませんか?筆者の自宅は石油ファンヒーターを使っているのでやっぱり灯油の扱いはいつも気を付けてはいるんです。 でも石油ファンヒーターを片付ける時にいつも悩むんですよ。 というのも季節の変わり目だから暖かい日もあれば寒い日もあるし、朝晩の気温差も激しい季節は特に。 ファンヒーターに入れる灯油の量だった、り購入する灯油の量だったりとすべては灯油を余らせたくないという気持ちが強く、悩んでおります。 で、毎年ゴールデンウィークまでには片付けるのですが、どうしても灯油って余ってしまいます。 きれいにちょうど使い切るってことはなかなか難しいです。 そのため11月まで保管しておくのか、処分するのかその時に決めますが、正直筆者はズボラな性格なのであと半年もすれば使うじゃない?とお気軽な気持ちでおりました。 でも調べていたらそんなズボラなことをしていると危険だということがわかってきました。 灯油の性質 では石油ファンヒーターを片付けることを例にとって説明しましょう。 シーズンオフの石油ファンヒーターの中に灯油が残っていると故障の原因になります。 次のオンシーズンにいざ使おうとして故障していたら寒くて仕方ありません。 それと一酸化酸素中毒になる恐れもありますからこちらも注意すべき点です。 石油ファンヒーターに灯油が残ってしまったら まずタンクの中に灯油がたくさん入っていたら灯油の入っていたポリタンクに移しましょう。 いつもの灯油ポンプを逆にしてタンクから吸い上げてポリタンクへ入れます。 またファンヒーターの中にも灯油って残っています。 それは100均で売っている小さめの先が細いポンプがあるのでそちらを使います。 チューって吸ってまたポリタンクに移します。 結構見た目よりはファンヒーターの中って灯油って残っているので数回くりかえします。 この時にゴム手袋をすると手に臭いが移りません。 灯油専用のゴム手袋を1つ用意しておくと灯油を入れる時にも便利です。 ただしこの作業をしていると周りにこぼれてしまう可能性があるので筆者は屋外で行います。 少量なら気にならないので。 その他にはとにかくそれが面倒なら計画的に灯油を使います。 そしてファンヒーターの空焚きをして灯油がなくなって運転が停止するまで待ちましょう。 ついでなので火事にならないように工夫して洗濯物を乾かすというのもひとつの手だと思います。 無事、空になって停止したら少し置いて収納しましょう。 空焚きする際には必ず換気することをお忘れなく。 余った灯油の保管方法 灯油はポリタンクの中に入れておきますよね。 ポリタンクは室内の直射日光を避けて涼しい場所に保管しておくのが一番なんですが・・・ 室内に入れておくと灯油って臭いますよね。 どうも気になります。 なので屋外に保管しておく場合は直射日光を避け、雨風から守れるところがいいです。 筆者の家もポリタンクをむき出しのままでなく灯油ケースに収納して日がげで雨風がなるべく当たらない場所に保管しています。 正しい処分の方法 広い家なら保管場所には問題ありませんが、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる方は灯油の保管場所って困りますよね。 それに共同で使う廊下や玄関付近は盗まれる危県もあるし、ましてや撒かれて放火される危険だってあります。 そんな時は処分してもらいましょう。 ガソリンスタンドで処理をしてもらう ガソリンを入れに行ったついでにそのガソリンスタンドに聞いてみたことがありました。 店によってかもしれませんがそのスタンドは快く処分していただきましたよ。 ダメもとで聞いてみてくださいね。 灯油販売店で処理してもらう 灯油は重いので配達してもらうこともあるはず。 その時はしっかり領収書をとっておいて配達先に確認をとって処分してもらいましょう。 またホームセンターで購入した灯油もその店でひきとってもらえることもありますよ。 確認をとってみましょう• 不用品回収業者に処理してもらう 忙しくて処分ができない、灯油が重くて大変という方は「不用品回収業者」に引き取ってもらうことをおすすめします。 不用品回収業者は危険物を取り扱うことも多く、サービスのよい業者を選べば回収してもらえることもあります。 もちろんお金はかかりますが、電話で確認する際にどの位の金額で処分できるのかを予め聞いておくといいと思います。 電話1本で取りにきてくれるなんて便利ですよね。 ・間違った灯油の処理方法 ・川に捨てる ・土のばらまいてしまう ・新聞紙に染み込ませて可燃ごみに出す ・容器ごと山奥にすてる ・ペットボトル等に入れて家庭ごみと一緒に出す 上記のような処理は絶対してはいけません。 筆者が住んでいる所は田舎なので時々山にポリタンクをみかけますがとても残念な気持ちになります。 みなさん、くれぐれも注意しましょうね。 まとめ 石油ファンヒーターや石油ストーブってなんだか懐かしい香りがして、子供の頃を思い出します。 石油ストーブの上にやかんを乗せてお湯が沸いている光景を思い出しますね。 ただやはり灯油の処理が面倒なので今はエアコンの家庭が多いかもしれません。 でも石油ファンヒーターは立ち上がりが早く、部屋の温度を一気に暖めてくれるので我が家では最初、石油ファンヒーターで部屋を暖めて、室温維持のためにエアコンを使う方法で冬を過ごしています。 それにとても寒い真冬はやはり灯油の方が威力を発揮するので寒冷地域ではやはり灯油は必需品ですよね。 なのでしっかり灯油の性質を知って、なるべくなら理想は使い切ることがおすすめです。 でもどうしても余ってしまうようなら正しい処理方法で涼しい場所に保管。 次のシーズンには先に使いましょう。 また給湯が灯油の方なら給湯用灯油タンクに入れて普段の生活に使ってしまい、石油ファンヒーターを使うシーズンが来たら新しい灯油を使うってこともできますね。 とういうか以前の我が家はこのようにしていましたよ。 安全に快適に生活していくためにしっかりとルールを守りましょうね。

次の

ストーブの灯油が余ったら使い切るかそのままか残りの処分方法

灯油 余っ たら

そろそろ暖かくなってきて暖房器具を片付ける準備なんて考えていませんか?筆者の自宅は石油ファンヒーターを使っているのでやっぱり灯油の扱いはいつも気を付けてはいるんです。 でも石油ファンヒーターを片付ける時にいつも悩むんですよ。 というのも季節の変わり目だから暖かい日もあれば寒い日もあるし、朝晩の気温差も激しい季節は特に。 ファンヒーターに入れる灯油の量だった、り購入する灯油の量だったりとすべては灯油を余らせたくないという気持ちが強く、悩んでおります。 で、毎年ゴールデンウィークまでには片付けるのですが、どうしても灯油って余ってしまいます。 きれいにちょうど使い切るってことはなかなか難しいです。 そのため11月まで保管しておくのか、処分するのかその時に決めますが、正直筆者はズボラな性格なのであと半年もすれば使うじゃない?とお気軽な気持ちでおりました。 でも調べていたらそんなズボラなことをしていると危険だということがわかってきました。 灯油の性質 では石油ファンヒーターを片付けることを例にとって説明しましょう。 シーズンオフの石油ファンヒーターの中に灯油が残っていると故障の原因になります。 次のオンシーズンにいざ使おうとして故障していたら寒くて仕方ありません。 それと一酸化酸素中毒になる恐れもありますからこちらも注意すべき点です。 石油ファンヒーターに灯油が残ってしまったら まずタンクの中に灯油がたくさん入っていたら灯油の入っていたポリタンクに移しましょう。 いつもの灯油ポンプを逆にしてタンクから吸い上げてポリタンクへ入れます。 またファンヒーターの中にも灯油って残っています。 それは100均で売っている小さめの先が細いポンプがあるのでそちらを使います。 チューって吸ってまたポリタンクに移します。 結構見た目よりはファンヒーターの中って灯油って残っているので数回くりかえします。 この時にゴム手袋をすると手に臭いが移りません。 灯油専用のゴム手袋を1つ用意しておくと灯油を入れる時にも便利です。 ただしこの作業をしていると周りにこぼれてしまう可能性があるので筆者は屋外で行います。 少量なら気にならないので。 その他にはとにかくそれが面倒なら計画的に灯油を使います。 そしてファンヒーターの空焚きをして灯油がなくなって運転が停止するまで待ちましょう。 ついでなので火事にならないように工夫して洗濯物を乾かすというのもひとつの手だと思います。 無事、空になって停止したら少し置いて収納しましょう。 空焚きする際には必ず換気することをお忘れなく。 余った灯油の保管方法 灯油はポリタンクの中に入れておきますよね。 ポリタンクは室内の直射日光を避けて涼しい場所に保管しておくのが一番なんですが・・・ 室内に入れておくと灯油って臭いますよね。 どうも気になります。 なので屋外に保管しておく場合は直射日光を避け、雨風から守れるところがいいです。 筆者の家もポリタンクをむき出しのままでなく灯油ケースに収納して日がげで雨風がなるべく当たらない場所に保管しています。 正しい処分の方法 広い家なら保管場所には問題ありませんが、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる方は灯油の保管場所って困りますよね。 それに共同で使う廊下や玄関付近は盗まれる危県もあるし、ましてや撒かれて放火される危険だってあります。 そんな時は処分してもらいましょう。 ガソリンスタンドで処理をしてもらう ガソリンを入れに行ったついでにそのガソリンスタンドに聞いてみたことがありました。 店によってかもしれませんがそのスタンドは快く処分していただきましたよ。 ダメもとで聞いてみてくださいね。 灯油販売店で処理してもらう 灯油は重いので配達してもらうこともあるはず。 その時はしっかり領収書をとっておいて配達先に確認をとって処分してもらいましょう。 またホームセンターで購入した灯油もその店でひきとってもらえることもありますよ。 確認をとってみましょう• 不用品回収業者に処理してもらう 忙しくて処分ができない、灯油が重くて大変という方は「不用品回収業者」に引き取ってもらうことをおすすめします。 不用品回収業者は危険物を取り扱うことも多く、サービスのよい業者を選べば回収してもらえることもあります。 もちろんお金はかかりますが、電話で確認する際にどの位の金額で処分できるのかを予め聞いておくといいと思います。 電話1本で取りにきてくれるなんて便利ですよね。 ・間違った灯油の処理方法 ・川に捨てる ・土のばらまいてしまう ・新聞紙に染み込ませて可燃ごみに出す ・容器ごと山奥にすてる ・ペットボトル等に入れて家庭ごみと一緒に出す 上記のような処理は絶対してはいけません。 筆者が住んでいる所は田舎なので時々山にポリタンクをみかけますがとても残念な気持ちになります。 みなさん、くれぐれも注意しましょうね。 まとめ 石油ファンヒーターや石油ストーブってなんだか懐かしい香りがして、子供の頃を思い出します。 石油ストーブの上にやかんを乗せてお湯が沸いている光景を思い出しますね。 ただやはり灯油の処理が面倒なので今はエアコンの家庭が多いかもしれません。 でも石油ファンヒーターは立ち上がりが早く、部屋の温度を一気に暖めてくれるので我が家では最初、石油ファンヒーターで部屋を暖めて、室温維持のためにエアコンを使う方法で冬を過ごしています。 それにとても寒い真冬はやはり灯油の方が威力を発揮するので寒冷地域ではやはり灯油は必需品ですよね。 なのでしっかり灯油の性質を知って、なるべくなら理想は使い切ることがおすすめです。 でもどうしても余ってしまうようなら正しい処理方法で涼しい場所に保管。 次のシーズンには先に使いましょう。 また給湯が灯油の方なら給湯用灯油タンクに入れて普段の生活に使ってしまい、石油ファンヒーターを使うシーズンが来たら新しい灯油を使うってこともできますね。 とういうか以前の我が家はこのようにしていましたよ。 安全に快適に生活していくためにしっかりとルールを守りましょうね。

次の

灯油の正しい保管方法は?消費期間や余った灯油の処分方法も紹介!|アルファトランク 公式ブログ

灯油 余っ たら

キャンプに使う燃料は、色々ありますよね。 呼び方含めて一般的に出回っているアウトドア用の燃料としては「灯油・白灯油・ガソリン・ホワイトガソリン」の4つです。 この他にもガスやパラフィンオイル、アルコールがあるのですが、そちらは別記事で紹介します。 この記事では、灯油・白灯油・ガソリン・ホワイトガソリンの違いや、保管方法・運び方、運用のしやすさなどについて解説していきたいとお思います。 結論から言うと、 灯油と白灯油は同じもので、 ガソリンとホワイトガソリンは別物。 つまり、灯油(白灯油)・ガソリン・ホワイトガソリンの3種類と言うことができます。 保管や持ち運びは灯油のほうが安心ですが、運用はガソリンのほうが楽です。 あと、 ケロシンは灯油系、ガソリン系はケロシンではないということも覚えておきましょう。 たまにケロシンストーブ(バーナー)とか言いながらガソリンストーブ紹介している記事とかもあるので注意してください。 それではさっそく詳しく見ていきましょう。 灯油と白灯油は同じもの 現在日本で流通している灯油は、ガソリンスタンドやホームセンターで売っているものを含めすべて白灯油です。 なので、キャンプ用品に「燃料:白灯油」などと書かれていてもガソリンスタンドの灯油を使って問題有りません。 1号灯油(白灯油)と2号灯油(茶灯油)の違い 1号灯油(白灯油)と2号灯油(茶灯油)は精製度の違いにより区別されていて、精製度の高い灯油を1号灯油(白灯油)、精製度に低い灯油を2号灯油(茶灯油)と分類していました。 2号灯油(茶灯油)は主に発電なのに利用されていましたが、純度が低いために煙や悪臭が出ることから最近では生産も流通もしていません。 日本で手に入る灯油はすべて白灯油 ですから、現在日本で手に入る灯油はすべて白灯油(1号灯油)ということになります。 むしろ、2号灯油(茶灯油)は手にい入れたくてもなかなか手に入らない超レア灯油ということになるでしょう。 ですから、キャンプ用品で 燃料が「白灯油」や「灯油」と指定されているものはガソリンスタンドで買える灯油でいいのです。 ケロシンは灯油 ケロシンて、結構キャンプ界隈でも耳にする言葉ですよね。 ケロシンランタンとかケロシンストーブとか。 で、 ケロシンは灯油です。 極稀にですが、ケロシンストーブとか言いながら、ガソリンストーブを紹介している記事とかありますが間違いなので注意してください。 多分液体燃料=ケロシンだと勘違いしているんだと思います。 よりススの出づらいアウトドア用の高純度ケロシンもあります。 灯油用のキャンプ用品に使用することができます。 Amazonの情報を掲載しています 後述しますが、 灯油とガソリンを間違えると爆発することもあるので絶対に間違えないでください。 ガソリンとホワイトガソリンは別物 一方で、 ガソリンとホワイトガソリンは別物です。 ホワイトガソリンが指定されているキャンプ用品にガソリンスタンドのレギュラーガソリンを入れるとうまく燃焼しなかったりギアを壊したりする可能性があるので注意が必要です。 ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの違い 一言でいうと「ホワイトガソリンに別の物質を混ぜて車を動かすのに適した燃料にした」ものがレギュラーガソリンです。 レギュラーガソリンは燃焼力や発する熱量はホワイトガソリンとほとんど同じなのですが、高圧縮に耐えられるように添加物が加えられています。 ホワイトガソリン用のキャンプ用品にレギュラーガソリンを使用すると、ススが目詰まりを起こしたりして故障の原因となります。 アウトドア用のホワイトガソリンはコールマンが有名です。 Amazonの情報を掲載しています ガソリンとホワイトガソリンの違いをもうちょっとマニアック掘り下げると、オクタン価の違による性質の違いです。 実際のオクタン価はこんな感じ。 ホワイトガソリン レビュラー ハイオク オクタン価 50-55 89 96 んで、なにが違うかというと、ザックリですが燃えにくさが違います。 オクタン価が高いほど燃えにくいです。 なので、高圧縮に耐えることができるため自動車エンジンなどの内燃機関でより大きなパワーを生むことができます。 とりあえず結論を言うと、 ホワイトガソリン用のギアにレギュラーやハイオクを使うことはできません。 ホワイトガソリンが余っても流用したらダメ もしキャンプでホワイトガソリンが余ってしまっても、ガソリンだからといって車に入れたりするのはやめましょう。 違法です。 そして車が壊れる原因になります。 前述の通り、ホワイトガソリンの方がレギュラーガソリンに比べて燃えやすいので、エンジンのシリンダー内で圧縮している最中に自然発火してノッキング現象を起こす可能性があります。 灯油とガソリンは絶対に間違えてはいけない これは、ほとんどの方は知っていると思いますが、灯油とガソリンは絶対に間違えてはいけません。 なんで間違えいちゃいけないかというと、 灯油に比べてガソリンはめちゃくちゃ燃えやすくて危ないからです。 正確に言うと、灯油よりガソリンのほうが揮発性が高く簡単に引火します。 ちょっと詳しく説明しますね。 ガソリンの方が灯油に比べ桁違いに引火点が低い 引火点とは、燃料が気化して空気と混ざり、マッチの火を近づけた時に燃え始める温度のことです。 あとはガソリンは静電気などで簡単に引火します。 セルフのガソリンスタンドに静電気除去パッドがあるのはこのためです。 灯油もめちゃくちゃ燃えやすいので火を近づけないでください。 燃料の保管と持ち運び方法 灯油とガソリンでは保管方法や持ち運び方も異なります。 不用意に持ち運んだり保管したりすると違法となり、万が一火災や事故が起きた時に重い責任を負うので注意が必要です。 保管方法 ガソリンと灯油では保管方法が若干違います。 場合によっては法に触れることもあるので最低限の知識を身に着けておきましょう。 ホワイトガソリンの保管方法 ガソリンは消防法の基準をクリアしたガソリン携行缶やガソリン対応のフューエルボトルで保管する必要があります。 ポリタンクでガソリンを保管するのは違法です。 なぜかというとポリタンクは電気を通さないために、タンク内部に静電気がたまり放電の際に引火・爆発する可能性があるからです。 間違ってもペットボトルなどでは保管しないでください。 違法な上に容器が変形してガソリンそのものが漏れたり、そうでなくても気化したガソリンが漏れる可能性があります。 ホワイトガソリンも同じです。 Amazonの情報を掲載しています 買ってきた時に入っている容器での保管であれば問題有りませんが、同じ場所に40L以上保管する場合は規制があります。 まぁアウトドア用の場合そんなに大量に保管することはないと思うのですが念の為注意しましょう。 キャンプ用品のタンクに入れっぱなしでも劣化したりはしませんが、念の為抜き取って保管用の容器に移し替えるほうが安全です。 保管場所は冷暗所です。 灯油(白灯油)の保管方法 灯油はおなじみの灯油保管用のポリタンクで保管することができます。 アパートやマンションでは保管場所がなくてベランダに保管しているケースも多いと思いますが、紫外線による劣化や万が一の発火対策のためにベランダでの保管は避け、冷暗所で保管するようにしてください。 また、こちらもペットボトルなどで保管するのは避けましょう。 Amazonの情報を掲載しています こちらの製品は、灯油、レギュラーガソリン、ホワイトガソリン全てに対応しています。 ただ、引火点の違いから灯油系燃料とガソリン系燃料で点火のスキームが変わってきます。 でも、全部使えるってすごいですよね! 燃料によるアウトドア用品の使い勝手の違い ここまで読むと、なんとなく灯油よりガソリンが危険なように感じますが(実際危険ですが)メリットも大きいです。 一言でいうと、上述の引火点の違いから簡単にランプやバーナーに火を付けることができます。 どういうことかというと、灯油燃料のバーナーや加圧式のランタンの場合あらかじめ予熱しないと灯油が気化してくれないので、液体のままの燃料が噴出しギアが炎上するというよなこともあります。 ペトロマックスのHK500が火だるまになるという話は有名ですが、予熱が足りないことが原因になる場合が多いです。 これは加圧式灯油ランタンです。 灯油がしっかり気化するために内部の温度を上げるための予熱バナーがついています。 もちろん、加圧式ガソリンランタンも炎上しますが加圧式灯油ランタンに比べればその運用のしやすさは比較になりません。 ガソリンランタンはそもそも予熱が必要ないので、予熱するための機構もなくシンプルな作りです。 まとめ 白灯油と灯油は同じものです。 ガソリンとホワイトガソリンは違いがあるが保管や持ち運び方法は同じです。 それぞれ専用のキャンプ用品で使う必要がありますが、全ての燃料に対応しているものもありましたね。 ちなみに私は灯油系のキャンプ用品しか持っていません。 なんとなく安心感があるのと、予熱機構がかっこよかったりするので笑 これは個人の意見ですが、キャンプ用品を揃えるときに灯油系で行くなら全部灯油系、ガソリン系で行くなら全部ガゾリン系にしたほうが事故やギアの故障につながりづらいかなと思います。 まぁ、匂いと色でわかりますが酔っていたりして万が一間違えたりしたら取り返しがつかなくなってしまいますからね。 みなさんも、安全面と使い勝手をうまくバランスさせてキャンプ用品を選ぶようにしてくださいね。

次の