中学1年英語単語。 中学生の英単語の覚え方|たった1週間で100単語覚える方法

中学英語の学習。中一の英単語を調べて一覧を作ってみたよ

中学1年英語単語

中一の英単語一覧 早速、中一で習う英単語を調べて一覧を作成しました。 一覧は品詞別にし、単語と意味だけでなく、「書けるか?」や「読めるか?」、そして「意味の理解」の項目を設けました。 これらの項目を設けた理由は、それぞれの英単語をどれくらい覚えているか確かめるためのものです。 名詞 中一で習う英単語の名詞は下記のとおりです。 ううむ。 どうも「January」や「February」などの長い単語が弱いようです。 代名詞は簡単だから全部覚えているだろうと思っていたのですが、その考えは誤りでした。 なんと「ourselves」と「themselves」を覚えた記憶がありません。 多分、子どもの頃は覚えていたのでしょう。 けれども、長い年月によって完全に忘れてしまったのでしょうね。 中一で習う動詞が少ないのは、意外でした。 さすがに少ないので、全部おぼえていました。 ちなみに助動詞の意味の欄は、それだけではなく用途や簡単な内容のメモにしています。 くれぐれも意味だと勘違いしないようお願いします。 一応、形容詞で副詞としての意味を持つものも記載しています。 助動詞と同じく数が少ない冠詞。 全部覚えていました。 助動詞や冠詞と同様、接続詞は数が少ないのですが、「so」の意味を忘れていました。 助動詞や冠詞などと同様、前置詞は数が少ないので、全部覚えていました。 フウ、安心安心。 しかし、中一の英単語の復習にもなったので、たいへん有意義な作業でした。 この一覧は今回だけでなく、今後の英単語の学習にも活用していく予定です。 とにかく中一で習う英単語を把握することができて良かったです。 英語学習のまとめ このように中一の英単語には何があるのか調べてみました。 一覧の作成は、中一の英単語の復習もでき、一石二鳥でよかったです。 しかし、20数年の歳月によって、すっかり忘れている単語が多いことに少々がっかりしました。 次回は、中二の英単語を調べることにします。 以上で今回の 英語学習「中学英語の学習。 中一の英単語を調べて一覧を作ってみたよ」を終わります。 英語学習ブログの他の記事 当ブログでは下記のようなエントリーもございます。 よかったら、お読みくださいませ。 syuhei-asahina.

次の

中学生の英単語の覚え方<<一週間で覚えられます>>

中学1年英語単語

2つ以上のものをあらわす場合(複数形) 名詞があらわしているのが• 2個のりんご• 3匹の猫• 4人の女の子 のように 複数の場合は、aやanはつけずに、 名詞の後ろに『s』をつける。 two apple s• three cat s• four girl s aとtheの使い分け(冠詞) 冠詞とは、名詞につけるa an やtheのこと。 「 a(an)」は 不特定のもの• 「 the」は、 特定のものや人 を指す。 He play s baseball. 3人称単数の主語として一般的なのは、• He(彼)• She(彼女)• It(それ) の3つと、この3つに置き換えられるもの。 Yuki,Ken,My sisterといった 特定の人物(HeやSheに置き換えができる)• The cat,This bookのような 物(Itに置き換えができる) Theyや Yuki and Kenといった主語は3人称だが、単数ではなく 『複数』なので動詞に 『-s』はつかない。 形容詞の基礎 形容詞とは、• delicious apples. ( 美味しいりんご)• cute cats. ( キュートな猫)• pretty girl. ( 可愛い女の子) のように、 ものや人の性質や状態(どのような名詞なのか)を説明する単語のこと。 形容詞を2個以上つけることもできる。 補語になる形容詞の前にaやanはつけない 形容詞には• 名詞を修飾する(上で説明したやつ)• 形容詞だけで主語を説明する の2つの使い方がある。 aやanは名詞につく言葉。 代名詞の基礎 代名詞とは、「人」や「もの」をあらわす単語である 名詞の代わりをしてくれる言葉のこと。 Yukiをsheと言ったり、Kenをheというのがまさに代名詞を使っている状態。 代名詞には、• 主格(主語として使う時の形。 「~は」)• 所有格(所有をあらわす形。 「~の」)• 目的格(目的語として使う時の形「~を」「~に」) の3つの形がある。 人をあらわす代名詞のことを『人称代名詞(にんしょう だいめいし)』と言う。 人称代名詞には、 1語で「~のもの」をあらわす 『所有代名詞』がある。 物や人をさし示すときに使う代名詞を『指示代名詞』と言う。 1人称単数と2人称単数の代名詞(人称代名詞) わたし あなた 主格 I(私は) you(あなたは) 所有格 my(私の) your(あなたの) 目的格 me(私を、私に) you(あなたを、あなたに) 所有代名詞 mine(私のもの) yours(あなたのもの) 1人称複数と2人称複数の代名詞(人称代名詞) わたしたち あなたたち 主格 we(私たちは) you(あなたたちは) 所有格 our(私たちの) your(あなたたちの) 目的格 us(私たちに、私たちを) you(あなたたちに、あなたたちを) 所有代名詞 ours(私たちのもの) yours(あなたたちのもの) 3人称単数の代名詞(人称代名詞) 彼 彼女 それ 主格 he(彼は) she(彼女は) it(それは) 所有格 his(彼の) her(彼女の) its(それの) 目的格 him(彼に、彼を) her(彼女に、彼女を) it(それを) 所有代名詞 his(彼のもの) hers(彼女のもの) — 3人称複数の代名詞(人称代名詞) 彼ら、彼女ら、それら 主格 they(彼らは、彼女らは、それらは) 所有格 their(彼らの、彼女らの、それらの) 目的格 them(彼らを、彼女らを、それらを)(~に) 所有代名詞 theirs(彼らのもの、彼女らのもの) 「これ」と「あれ」(指示代名詞) 近くの物や人 離れたところの物や人 単数 this(これ) that(あれ、それ) 複数 these(これら) those(あれら、それら) 人を紹介 相手の言葉を受けて this(こちら) that(それ) 「この~」と「あの~」(指示代名詞) 名詞の前に置くことで「この~」「これらの~」といった意味になる。 近く 離れたところ 単数の名詞 this(この) that(あの、その) 複数の名詞 these(これらの) those(あれらの、それらの) 副詞の基本的な使い方 副詞とは• 文の最後に置かれることが多いが、often(しばしば)always(いつも)のように 頻度をあらわす副詞は前に置かれる。 I am busy today. (今日、わたしは忙しい) I am always busy. (わたしはいつも忙しい) 副詞には次に説明する前置詞はつかない。 前置詞の基本的な使い方 前置詞(ぜんちし)とは、 名詞の前に置いて使う単語。 前置詞の使い方は日本語の「は」「が」といった言葉で同じでニュアンスが細かく複雑。 使っていくうちに慣れるものなので、何となくイメージさえ感じられればOK! 代表的な前置詞一覧 in 「枠の中」 何かに囲まれているイメージ。 比較的広い場所、範囲の前につける。 ~で、~に 季節や月の前にもつける。 at 「点」 1点を指すイメージ。 比較的狭い場所、範囲の前につける。 ~で、~に 時刻の前にもつける。 on 「接している」 何かにくっついているイメージ。 ~の上に、~に 「~の上に」という意味で使われることが多いが、下でも何でもくっついているならOK 曜日や特定の日時を指す時にも使う。 to 「~に向かって」 方向や到達点、矢印をあらわすイメージ。 到達している。 from 「~から」 出発点、出身、起点をあらわすイメージ。 about 「~について」「概要」 ~について、~に関して、およそ~、約~ with 「結びついている」 ~と、~と一緒に、~を使って、~がセットになっている 「道具を使う」と表現する時にもwithを使う。 under 「~の下に」「~の下の」 何かが位置的に下の方にあるイメージ。 基本的に「真下」 over 「ゆるくカーブを描いて覆っている」「覆いかぶさっている」 何かが位置的に上の方にあるイメージ。 基本的に「真上」 for 「~に向かって」「~のために」「~の間」 目標、方向、時間、期間をあらわす。 向かっているところ of 「切り離せない結びつき」「所有」「所属」「部分」「原因」「理由」 ~の かなり多様な使われ方をする。 by 「近接」「手段・方法」「時間の期限」 ~の近くに、~のそばに、~によって、~で、~までに near 「近く」 ~の近くに、~の近くの after 「~の後で」 before 「~の前に」 below 「~よりも低いところ」 underに似ているが、underと違い、真下でなくて良い。 何かを基準にして、それよりも下にある。 above 「~よりも上のところ」 overに似ているが、overと違い、真上でなくて良い。 何かを基準にして、それよりも上にある。 through 「空間を抜ける」「間を通る」 behind 「何かの後ろ」 ~の後ろに、~の後ろで 否定文と疑問文の作り方 一般動詞の否定文・疑問文 否定文 一般動詞の前に.

次の

中学生の英単語の覚え方|たった1週間で100単語覚える方法

中学1年英語単語

中一の英単語一覧 早速、中一で習う英単語を調べて一覧を作成しました。 一覧は品詞別にし、単語と意味だけでなく、「書けるか?」や「読めるか?」、そして「意味の理解」の項目を設けました。 これらの項目を設けた理由は、それぞれの英単語をどれくらい覚えているか確かめるためのものです。 名詞 中一で習う英単語の名詞は下記のとおりです。 ううむ。 どうも「January」や「February」などの長い単語が弱いようです。 代名詞は簡単だから全部覚えているだろうと思っていたのですが、その考えは誤りでした。 なんと「ourselves」と「themselves」を覚えた記憶がありません。 多分、子どもの頃は覚えていたのでしょう。 けれども、長い年月によって完全に忘れてしまったのでしょうね。 中一で習う動詞が少ないのは、意外でした。 さすがに少ないので、全部おぼえていました。 ちなみに助動詞の意味の欄は、それだけではなく用途や簡単な内容のメモにしています。 くれぐれも意味だと勘違いしないようお願いします。 一応、形容詞で副詞としての意味を持つものも記載しています。 助動詞と同じく数が少ない冠詞。 全部覚えていました。 助動詞や冠詞と同様、接続詞は数が少ないのですが、「so」の意味を忘れていました。 助動詞や冠詞などと同様、前置詞は数が少ないので、全部覚えていました。 フウ、安心安心。 しかし、中一の英単語の復習にもなったので、たいへん有意義な作業でした。 この一覧は今回だけでなく、今後の英単語の学習にも活用していく予定です。 とにかく中一で習う英単語を把握することができて良かったです。 英語学習のまとめ このように中一の英単語には何があるのか調べてみました。 一覧の作成は、中一の英単語の復習もでき、一石二鳥でよかったです。 しかし、20数年の歳月によって、すっかり忘れている単語が多いことに少々がっかりしました。 次回は、中二の英単語を調べることにします。 以上で今回の 英語学習「中学英語の学習。 中一の英単語を調べて一覧を作ってみたよ」を終わります。 英語学習ブログの他の記事 当ブログでは下記のようなエントリーもございます。 よかったら、お読みくださいませ。 syuhei-asahina.

次の