ポメラニアン 白 値段。 ポメラニアンの飼い方、性格、値段、毛色

ポメラニアンの値段は見た目で決まる!かわいい白ポメの相場とは

ポメラニアン 白 値段

ポメラニアンの値段について ものには定価があるように、ポメラニアンにも世間的な値段の相場があり、ペットショップやブリーダーで 大体15万円から30万円ほどで売られています。 ただ、ポメラニアンは親犬、毛色、年齢などで値段の上下があり、時には価格相場を大きく外れた金額がつくこともあるようです。 ポメラニアンだけでなく、これは他の犬種でも値段の変動がある事柄なので、知っておいて損はありません。 では、ここではそれらのポメラニアンの値段の違いについて詳しく見てみましょう。 ポメラニアンの親犬(血筋と体重)による値段の違い ブリーダーたちは血筋の良い犬同士を交配して、いっそう血筋の良い子犬をえようとします。 親犬、つまり生まれた子犬の両親の血筋、ショーの受賞歴などでポメラニアンの子犬は、価格が大きく変わります。 さらにどちらか、あるいは両親ともに受賞のポメラニアンだったりすると、数百万円にもなるほどです。 飼い主としては、ショーなどに参加して受賞を狙うなら、当然そのようなエリート・ポメラニアンを子犬から育てたいわけですが、一般のドッグファンなら、「まず健康で毛色の良い子犬をどう探すか」を考えることになります。 ポメラニアンには標準的な体高と体重があり、体重1. 8〜2. 3kg、体高18~22cmの範囲の両親から生まれたポメラニアンの子犬は理想的で、値段も高くなります。 ポメラニアンの毛色による値段の違い ポメラニアンには毛色の違いがあり、それによって価格が違います。 レッドやオレンジなど人気の毛色は価格が上がり、とくに珍しい毛色ほどさらに価格が高くなります。 最近は白やクリーム色の人気が上がっているようで、価格にもはっきり出ています。 ポメラニアンの年齢による値段の違い ポメラニアンの場合、仔犬の値段はその仔犬の両親の値段に比例し、生まれてからの日数に反比例します。 一般的に犬は仔犬の時期が一番値段が高価であり、人気も爆発的にあります。 ポメラニアンの仔犬は他犬種を圧倒するほど可愛らしさがあるので、すぐに飼い主さんが見つかるほどです。 なので、仔犬のポメラニアンは値段が大きくなる可能性が高いんですね。 ポメラニアンしかり、ほかの犬種でも同じですが、生まれてから60日というのが値段の分水嶺(分かれ目)になっています。 30日ほどで売りに出されるオレンジのポメラニアンには40万円近い値を見ることがあり、同じオレンジでも生後90日では15万円を切っています。 ポメラニアンの値段はこう違う それでは、さっそくですがポメラニアンの値段の違いを毛色別、どこで買うかをキーワードに調べてみましょう。 毛色 JKC ジャパン・ケンネル・クラブ によると、ポメラニアンには15種類の毛色があるといいますが、ここでは• オレンジ• ホワイト• ブラック• クリーム• オレンジ・セーブル• ウルフ・セーブル• レッド• ブラック・タン• チョコレート• パーティー・カラー を考えて見ましょう。 オレンジ これはオレンジ・セーブルとともにトップ人気の毛色で価格も高めのようです。 さらに赤みが強いレッドの毛色は、勇敢で快活な印象を与えます。 また、この色はポメラニアン本来の色なので、犬種オリジナルの良いと部分を沢山を受け継いでいると考えられ、そんなところが人気の秘密なんじゃないでしょうか。 もちろん、人気なカラーとして、高値で取引されているようです。 ちなみに、父親が「チャンピオン犬」の場合、その子供の生後30日のメスのポメラニアンが380,000円の値がついていました。 ホワイト 祖先のスピッツの犬種の毛色を受け継いだポメラニアンです。 モフモフ、ふわふわな毛質は、まるで真綿のような感触。 女性を中心に人気を集めています。 また、人気に見合った価格がつくため、お値段も少々高めです。 ちなみに、知人から聞いた話では、「台湾」では「白い色のポメラニアン」が大人気だとか。 それを聞いてから、どことなくアジアンテイストなのかもしれませんね。 また、こんな話も・・・・太らせてしまった結果、「見た目がスピッツにしてしまった!」という失敗談も多いようです。 ちなみに京都のブリーダーで生後40日のオスが258,000円でした。 クリーム この毛色好むポメラニアンファンは、これがペットとして飼われた昔に、この毛色がポメラニアンの定番だったことを知っているのかもしれません。 ホワイトと並んで人気が上昇中ですが、埼玉で35日のオスが191,000円です。 大阪府のセーブルのオス、生後30日、父親がチャンピオンのポメラニアンがブリーダーで218,000円です。 チョコレート レアといえば、チョコレート!この毛色はあまり日本にはいないようですので、売り出されれば高値がつくはずです。 ただ、この毛色は繁殖が困難だということもあって、人気の毛色ながら全体の頭数がへっているようです。 パーティー・カラー レア狙いの飼い主にはパーティがいいと思います。 体毛の40から70%が白いのをパーティといい、オレンジやブラックとホワイトはよく見ますが、レッドセーブルとホワイトとかチョコレートとホワイト、超レアなのがイザベラ(ブルーとチョコレートの中間色)とホワイト。 どれもレアということで値段には高値がつきます。 奈良県で30日のメスのパーティが238,000円で出ています。 ポメラニアンをどこで買うか(ブリーダーかペットショップか) ネット上の情報がなかった時代には、ブリーダーは直に情報を発信できませんでしたから、飼い主との接点はほとんどなく、販売ルートはペットショップ経由でしかありませんでした。 ポメラニアンに限らず、犬のブリーダーは人件費、餌代、飼育施設代の原価に利益をのせてペットショップに販売し、ペットショップは買値に利益をのせて飼い主に売るわけです。 いまは、ブリーダーからの情報がネット上にも溢れ、個人客にも窓口を開いています。 ブリーダーから手渡しで受け取ることも出来るようになっています。 ですから、飼い主は当然ブリーダーから直に買うべきです。 ただ、子犬は長時間の移動は無理ですから、遠距離のブリーダーから直接買い取るときは、輸送の便を充分配慮してください。 さて、ブリーダーとペットショップの価格差は、単に上乗せ利益の差額と決めつけるわけにはいかないようです。 ペットショップのなかには、営業上ブリーダーを専属で持っていて、「直売り」のリスクヘッジをしている場合があります。 専属でなくても、ブリーダーは販売窓口としてペットショップでの「実績」を積んで、その上にペットショップとの価格交渉をするというメカニズムがあります。 つまり、どちらも営業上の「絆」めいたものがあるのが現実です。 それを理解した上でも、なおブリーダーからの直接購入が望ましいのは、子犬の両親の素性なり資質なりが直に分かる利点が大きいからです。 現地で目撃する知識はペットショップのセールストークよりはるかに説得力があります。 実際の価格を見ると、希少種のほかはブリーダーの価格は平均12万台から25万弱のようで、ペットショップは同じような品揃えで40%弱上まわっているようです。 例えば、6月はじめに生まれたクリームのオスのポメラニアンを比較すると、某ペットショップでは288,000円、某ブリーダーでは191,800円です。 参考データに過ぎませんが、価格的傾向ははっきり出ています。 まとめ ポメラニアンを求めるときには、筆者はブリーダーから直に買い求めるようにお勧めしています。 ポメラニアンではありませんが、柴犬の純血種を求めたときは山形県のブリーダーまで出かけて行きました。 輸送の問題を自分の手で解決したかったからです。 これから一緒に生活する犬の「ふるさと」を知っておくことがどれほど大切か、その後の十数年の生活で実感しました。 ブリーダーから直に買うときは輸送の問題を含んで価格を考えましょう。 初めて犬を飼う人にひと言つけ加えます。 ポメラニアンは繊細な犬ですから、毎日の暮らしで病気や事故などで慌てることがあるものです。 そんなときには、価格は多少かさんでも気心の知れた最寄りのペットショップから迎えていれば、たしかに安心感はあります。 その「安心料」としてプラスアルファを支出することには、筆者は反対はしません。 ドッグショーに出すとなるとその血統もとても重要視されます。 一般の家庭で飼う分にはあまり血統は気にしなくても良いのではないかと思います。 体が小さいことも価格が上がる条件ですね。 外見でわかるようにポメラニアンは豊富な毛量を誇ります。 しっかりした被毛を持ち量もたっぷりある子は価格も上がりやすくなります。 またタヌキ顔も好まれやすいです。 生後2~3か月が売れやすいと言われていますが、あまり早くに親元から離すと兄弟犬や母犬との社会性を十分に学べない状態になってしまい、社会に馴染めない可能性も高くなってしまいます。 体力的にも未熟なため免疫力も低く、移動中に病気や体調不良になることも多いです。 最低でも2か月は兄弟犬や母犬の元に置き、十分にスキンシップを取ることができるようになってから迎え入れた方が、精神的にも体力的にも安定すると思われます。 生後4か月を過ぎると超小型犬や小型犬は極端に価格が下がります。 個人的にはこのくらい育っていた方が体もしっかりして安心です。 ポメラニアンは基本的に人が好きなので、育ってしまってからでも十分にしつけがしやすく飼いやすい犬種です。 私もポメラニアンが大好きで、現在の愛犬もポメラニアンです。 また、一番最初に我が家で飼っていた犬もポメラニアンです!家族中でポメラニアンのとりこなのです。 ポメラニアンの良い所はやはりモフモフの毛並みと、とても人懐っこい所です。 ちょっと警戒心のあるポメちゃんもいるようですが、我が家のポメはかなりフレンドリーで来客の人たちにもすぐに飛びついていきます。 そんなに毛も抜けない気がします。 しかし、月に1回はサロンに連れて行ってお手入れしてもらっていますが、最初に飼っていた犬は母親が毛をカットしていたので、私も自分でカットしていこうとは思っています。 我が家のポメはブリーダーさんの所で購入し、約11万円でした。 一番最初に飼っていたポメは10万円くらいだったと思います。 ペットショップへ行くと、ものすごい価格のポメちゃんがいるので驚きますよね!買う前は事前調査をしっかりした方が良いと思います。

次の

ポメラニアンの子犬たち

ポメラニアン 白 値段

ポメラニアンは色によって値段が変わる! ポメラニアンのカラーはなんと 10種類以上 存在します。 カラーの中にはポピュラーなブラウン系 から、あまり見かけることのない チョコレートまで様々です。 比較的容易に見かける種類は繁殖が 容易なため、 値段もリーズナブルに なります。 しかし、珍しいカラーや繁殖が難しい カラーは、 貴重なため値段が高く なります。 また、ショードックなどで良い成績を 残したりした血統の子は、その子供で あっても高額になります。 ポメラニアンの毛の色3種類の値段の相場をご紹介 ここからは、特に人気の高いカラーの 値段の相場を紹介します。 値段は相場であり、地域や販売場所に よって異なるため、目安として参考に してください。 ポメラニアンの色1:白の値段の相場は? ホワイトはポメラニアンの先祖である スピッツの毛色を受け継いでいます。 人気の高いカラーですが、繁殖が難しい などの理由から数が少ないため、 値段は高めです。 また、色変わりがあるため成犬になっても 真っ白なカラーは稀で、そのような子は 更に高額になるでしょう。 ポメラニアンのホワイトについて詳しく 知りたい方は、こちらの記事がおすすめ です。 この記事では、ホワイトの特徴や性格などに ついて、詳しく紹介しています。 ポメラニアンの色2:黒・ブラックタンの値段の相場は? ポメラニアンのブラックには、全身真っ黒な ブラックカラーと、タン(褐色)が 入ったブラック・タンが存在します。 ブラック系のポメラニアンの数は 少なく、 価格は高めです。 価格は色の入り方にもよりますが、 35万円以上する場合もあります。 ブラックカラーが気になる方は、 こちらの記事がおすすめです。 この記事では、ブラックの性格や 特徴を詳しく解説しています。 ブラック・タンが気になる方は、 こちらの記事がおすすめです。 この記事では、ブラックタンの購入の 仕方や値段などを詳しく紹介しています。 ポメラニアンの色3:茶色の値段の相場は? ポメラニアンの茶色は、淡い色のクリーム、 美しいオレンジ、人気のレッド、 濃いブラウン系のチョコレートなどが 存在します。 レッドは人気の高いカラーですが、 流通が少ないため、高値で取引されて います。 チョコレートは繁殖が難しいなどの 理由から、 日 本ではほとんど販売 されていません。 そのため相場は不明ですが、 高 額で あることは間違いないでしょう。 ポメラニアンの茶色が欲しい方は、 こちらの記事がおすすめです。 この記事では、人気の高いブラウン系の 性格や飼いやすさなどについて紹介 しています。 ポメラニアンの色4:ウルフセーブルの値段の相場は? 出典: オオカミやシェパードを連想させる、 かっこかわいいウルフセーブルは、 レアなカラーです。 成犬になると差し色が抜け、より オオカミらしいカラーになります。 珍しいウルフセーブルについて、 詳しく知りたい方は、こちらの 記事がおすすめです。 この記事では、ウルフセーブルの 色変わりなどについて、詳しく 解説しています。 ウルフセーブルの動画を見つけました。 子犬の時期は色が濃いことが特徴です。 実はこの子、親犬がチャンピオン犬 という血統なんですって! ポメラニアンの色5:パーティーカラーの値段の相場は? 出典: ホワイトをベースにブラックやオレンジ など様々なカラーが入るパーティーカラー。 こちらは、配色にもよりますが 全体的にレアなカラーです。 差し色の入り方は個体差があるため、 オンリーワンを狙いやすいカラーですよ。 パーティーカラーについて詳しく 知りたい方は、こちらの記事が おすすめです。 この記事では、パーティーカラーの 性格や特徴などを紹介しています。 ポメラニアンの色の値段はレアな種類ほど高くなる! ポメラニアンのカラーは15種類、 JKCに認定されているカラーは 13種類です。 繁殖が容易で流通の多いカラーは 比較的リーズナブルな価格になります。 オレンジが比較的 安めなようです。 ウルフセーブルやパーティーカラーの ように レアなカラーは、高額になります。 また、チョコレートなど非常に稀な カラーは更に価格が上がります。 カラーのほかにも見た目や血統、 性別、性格でも価格は変動します。 ポメラニアンの価格の相場は どのくらいなのでしょう。 この記事では、ポメラニアンの相場や、 価格に差が出る条件などを解説しています。 まとめ ポメラニアンのカラーによる値段の特徴は• レアなカラーほど高くなる• 購入が困難なカラーもいる• 買いやすいのはクリームやオレンジ です。 リーズナブルな価格でお迎えしたい方は、 オレンジカラーがおすすめです。 レアカラーが好きな方やオンリーワンが 欲しい方は、パーティーカラーや ウルフセーブルなどがおすすめです。 自分の好みやお財布に合ったカラーを、 事前に良く調べてからお迎えしましょう。 ポメラニアンにはどんなカラーがいるの? この記事では、ポメラニアンの豊富な カラーバリエーションを紹介しています。 真っ白だった子犬に差し色が!? この記事では、ポメラニアンの色変わりの 時期や回数などを解説しています。

次の

ポメラニアンの公式毛色13種類は?黒/白/茶色/クリーム/オレンジ

ポメラニアン 白 値段

通常、7〜10ヵ月で成犬サイズに達します。 ポメラニアンは、ふわふわとした豊かなダブルコートと、よく動く尖った耳を持つフォクシー・ヘッドが特徴的です。 体型はスクエアで、ふわふわの尾が背上に巻き上がっています。 頸まわりの豊かなカラー(ラフ)が、ドイツ北方の雪にも負けないこの犬種の全体像を完成させています。 頭部は丸みを帯び、特徴的な鼻先を持ちます。 ポメラニアンは多種多様な美しい毛色をしています。 もっとも典型的な色は深いレッドですが、ブラックからホワイト、セーブル、チョコレートまでさまざまな色合いが認められています。 性格: 一般的に、元気でフレンドリーな小型犬です。 自分が小さいことには気づいてないようで、大型犬に向かっていったり、吠えて威嚇することがあります。 非常に活発で、ほんの近所までの散歩でもいいのですが、毎日の運動が必要です。 非常に知的で、ある程度自立した性格をしていますが、オビディエンス競技も得意です。 年齢とともに落ち着き、抱っこされるのが好きな真の愛玩犬になります。 用心深く、よい番犬になることが多いのですが、吠えやすい傾向があります。 子供との相性もよいですが、子供には、小さいポメラニアンは華奢であることを教える必要があるでしょう。 飼育上の注意: 一般的に飼いやすい性質です。 活発な性質も持っていますが、中には太りやすい個体もいるので、体重管理には注意しましょう。 ダブルコートは週1〜2回の定期的なグルーミングが必要で、抜け毛の季節には毎日のケアを必要とします。 体は小さいのですが、定期的な運動が必要で、しつけによく反応します。 非常に賢く、トリックも楽しんで覚えて披露してくれます。 他のペットともうまくやっていけますが、大型犬との同居では、ポメラニアンがけがをすることのないよう気をつける必要があるでしょう。 一緒に育てば子供とも非常に相性がよいのですが、子供を知らずに育った場合は慎重な態度を見せることがあります。 子供には、小さいポメラニアンは大型犬ほど丈夫ではないことを教え、目の届くところで一緒に遊ばせる必要があります。 用心深く吠えやすい性質のため、番犬としても優れています。 よく気がつき、体の小さなポメラニアンは、高齢者のペットとしても最適です。 歴史: ポメラニアンはスピッツ系の犬を小型化したものと考えられています。 1800年代にドイツのポメラニア地方で最初に作出されましたが、この時はまだかなり大型だったようです。 ビクトリア女王が夢中になり、自らの犬たちを用いて今日の一般的なサイズまで小型化しました。 ジャーマン・スピッツがこの愛らしい犬種の祖先と考えられています。 スピッツの標準的な色であるグレーやホワイトではなく、明るいカラーで体が小さいものを選んで繁殖し、現在の容貌になったといわれています。

次の