お手数 おかけ し て すみません。 「お手数をおかけしますが」の意味と正しい使い方!類語や英語も紹介

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

お手数 おかけ し て すみません

「お手数おかけしました」の意味と漢字 「お手数をおかけしました」の意味は「こちらの依頼に対して、労力をかけさせました」 「お手数をおかけしました」は 「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせました」という意味になります。 こちらのために何かをしてくれた 相手に対しての、感謝やお詫びの気持ちが込められています。 「手数」の意味は「それに施すべき手段の数、その物事または他人のために特に力を尽くすこと」です。 ビジネスシーンで使われる場合は「自分以外の第三者のために行う物事を達成するために必要な労力」を意味します。。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「掛ける」は「他に向けてある動作・作用に及ぼす」「ある物・場所などに事物の一部をささえとめる」を意味します。 「手数を掛ける」以外にも、「迷惑を掛ける」「時間が掛かる」「電話が掛かる」などと使います。 ただ、 「お手数をおかけしました」は「お手数をお掛けしました」と漢字で表記することは少ないです。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数をおかけしました」はビジネスシーンで使う 「お手数をおかけしました」は、ビジネスシーンで 目上の人に使うことができる表現です。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしました」は二重敬語ではないので、正しい敬語表現です。 より丁寧にしたい場合は「する」の謙譲語「いたす」を使って、「お手数をおかけいたしました」とします。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 使い方としては、 ・お手数をおかけしました。 ありがとうございました ・お手数をおかけしましたにもかからず〜ありがとうございます ・お手数おかけしましたが〜心から感謝申し上げます などとなります。 例文 ・この度は、大変お手数をおかけしました。 ・わざわざ遠いところからお越しいただきありがとうございます。 お手数をおかけいたしました。 ・お手数をおかけしましたが、おかげで報告書が完成いたしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 また、謝罪の言葉だけを述べるよりも「お手数をおかけしました」を添えると、何に対してのお詫びかということが伝わりやすくなります。 「お手数をおかけしました」は少々堅い表現のため、多少の謝罪に使うには仰々しいです。 使い方としては、 ・お手数をおかけして、申し訳ございません ・お手数をおかけして、大変恐縮です ・お手数をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます などとなります。 例文 ・お手数をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・この度は、私の個人的なお願いで何かとお手数をおかけいたしました。 ・問題が解決したので、ご連絡いたします。 お手数をおかけしました。 ・先日は当方の不手際で、大変お手数をおかけいたしました。 「お手数をおかけしました」への返事・返信 ビジネスシーンでは「とんでもないです」「お気になさらないでください」などを使う 相手が「お手数をおかけしました」と使ってきた場合「申し訳ない」という気持ちが含まれています。 そのため「謝らなくて大丈夫ですよ」「迷惑ではありませんよ」といった気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、 ・とんでもございません ・お気になさらないでください ・滅相もないです ・お役に立てて光栄です などが適切です。 「とんでもないです」「お気になさらず」は「心配しないで」「気に留めないで」という意味合いになります。 「問題ないです」「大丈夫です」だと少々素っ気ない感じがでてしまいます。 「とんでもないです」「お気になさらず」だと印象が柔らかく、相手に不快感を与えることもないです。 「お手数をおかけしました」に対する返事の例文 ・お気になさらないでください。 ・とんでもないです。 お役に立てて光栄です。 ・これぐらい何ともありません。 ご安心ください。 ・滅相もないです。 少しでもお力になれて良かったです。 ・お役に立てたようで、安心しました。 「お手数をおかけしました」の類語 ご面倒をおかけしました 「面倒」の意味は、 ・体裁の悪いこと、見苦しいこと ・ものごとをするのが煩わしいこと、手数のかかること になります。 「ご面倒をおかけしました」も「お手数をおかけしました」と同様に、謝罪や感謝をするときに使います。 「ご面倒〜」という表現はかなり面倒なことをお願いしてしまった場合に使うのが適しています。 「ご面倒をおかけしました」は親しい間柄の相手に使用する言葉なので、目上の人にはあまり使いません。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、ご無理なお願いでご面倒をおかけしました。 ・ご面倒をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしました 「迷惑」の意味は、 ・どうして良いか迷うこと ・困り苦しむこと、難儀すること ・他人からやっかいな目にあわされて困ること になります。 「ご迷惑をおかけしました」は自分の行動や招いたことによって、相手に悪い影響を及ぼしてしまった場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご迷惑」は、自分が何らかの失敗をしているときでないと、使うべきではありません。 また「ご迷惑をおかけしました」だけでも謝罪の気持ちは伝わりますが、「ご迷惑をおかけしました」のみだと物足りない感じがするので、謝罪の言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・この度は、当方の手違いにより、大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。 深くお詫び申し上げます。 お手間を取らせてしまいました 「お手間を取らせてしまいました」で使う「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 となります。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 例文 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 お手を煩わせてしまいました 「手を煩わす」は「人の世話になる」「面倒をかける」「厄介をかける」を意味します。 ビジネスシーンでは、目上の人に、例えば書類の整理を手伝ってもらったり、責任者として謝罪の席に同席させてしまったりなどと様々な場面で使うことができます。 例文 ・この度は、お忙しい中、私のお願いでお手を煩わせてしまいました。 誠に申し訳ございません。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 「お手数をおかけしました」の英語 「お手数」は「inconvenience」「trouble」など 「お手数」つまり「迷惑」を意味する英語は、 ・inconvenience ・trouble などになります。 「toruble」は名詞としても動詞(他動詞)としても使います。 謝罪の表現は「apologize for... 」「be sorry for... 」 「お手数をおかけしました」という表現には謝罪・お詫びのニュアンスが含まれています。 よって、英語では、 ・apologize for... ・be sorry for... / be sorry to... 動詞 などの形を使います。 「お手数をおかけしました」の英語の例文 「お手数をおかけしました」は英語で、 ・I'm sorry for your inconvenience. ・I'm sorry to trouble you. ・Sorry for the trouble ・I know it's a big ask などと表現します。

次の

お手数おかけしてすみませんって英語でなんて言うの?

お手数 おかけ し て すみません

「お手数おかけしました」の意味と漢字 「お手数をおかけしました」の意味は「こちらの依頼に対して、労力をかけさせました」 「お手数をおかけしました」は 「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせました」という意味になります。 こちらのために何かをしてくれた 相手に対しての、感謝やお詫びの気持ちが込められています。 「手数」の意味は「それに施すべき手段の数、その物事または他人のために特に力を尽くすこと」です。 ビジネスシーンで使われる場合は「自分以外の第三者のために行う物事を達成するために必要な労力」を意味します。。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「掛ける」は「他に向けてある動作・作用に及ぼす」「ある物・場所などに事物の一部をささえとめる」を意味します。 「手数を掛ける」以外にも、「迷惑を掛ける」「時間が掛かる」「電話が掛かる」などと使います。 ただ、 「お手数をおかけしました」は「お手数をお掛けしました」と漢字で表記することは少ないです。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数をおかけしました」はビジネスシーンで使う 「お手数をおかけしました」は、ビジネスシーンで 目上の人に使うことができる表現です。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしました」は二重敬語ではないので、正しい敬語表現です。 より丁寧にしたい場合は「する」の謙譲語「いたす」を使って、「お手数をおかけいたしました」とします。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 使い方としては、 ・お手数をおかけしました。 ありがとうございました ・お手数をおかけしましたにもかからず〜ありがとうございます ・お手数おかけしましたが〜心から感謝申し上げます などとなります。 例文 ・この度は、大変お手数をおかけしました。 ・わざわざ遠いところからお越しいただきありがとうございます。 お手数をおかけいたしました。 ・お手数をおかけしましたが、おかげで報告書が完成いたしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 また、謝罪の言葉だけを述べるよりも「お手数をおかけしました」を添えると、何に対してのお詫びかということが伝わりやすくなります。 「お手数をおかけしました」は少々堅い表現のため、多少の謝罪に使うには仰々しいです。 使い方としては、 ・お手数をおかけして、申し訳ございません ・お手数をおかけして、大変恐縮です ・お手数をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます などとなります。 例文 ・お手数をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・この度は、私の個人的なお願いで何かとお手数をおかけいたしました。 ・問題が解決したので、ご連絡いたします。 お手数をおかけしました。 ・先日は当方の不手際で、大変お手数をおかけいたしました。 「お手数をおかけしました」への返事・返信 ビジネスシーンでは「とんでもないです」「お気になさらないでください」などを使う 相手が「お手数をおかけしました」と使ってきた場合「申し訳ない」という気持ちが含まれています。 そのため「謝らなくて大丈夫ですよ」「迷惑ではありませんよ」といった気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、 ・とんでもございません ・お気になさらないでください ・滅相もないです ・お役に立てて光栄です などが適切です。 「とんでもないです」「お気になさらず」は「心配しないで」「気に留めないで」という意味合いになります。 「問題ないです」「大丈夫です」だと少々素っ気ない感じがでてしまいます。 「とんでもないです」「お気になさらず」だと印象が柔らかく、相手に不快感を与えることもないです。 「お手数をおかけしました」に対する返事の例文 ・お気になさらないでください。 ・とんでもないです。 お役に立てて光栄です。 ・これぐらい何ともありません。 ご安心ください。 ・滅相もないです。 少しでもお力になれて良かったです。 ・お役に立てたようで、安心しました。 「お手数をおかけしました」の類語 ご面倒をおかけしました 「面倒」の意味は、 ・体裁の悪いこと、見苦しいこと ・ものごとをするのが煩わしいこと、手数のかかること になります。 「ご面倒をおかけしました」も「お手数をおかけしました」と同様に、謝罪や感謝をするときに使います。 「ご面倒〜」という表現はかなり面倒なことをお願いしてしまった場合に使うのが適しています。 「ご面倒をおかけしました」は親しい間柄の相手に使用する言葉なので、目上の人にはあまり使いません。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、ご無理なお願いでご面倒をおかけしました。 ・ご面倒をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしました 「迷惑」の意味は、 ・どうして良いか迷うこと ・困り苦しむこと、難儀すること ・他人からやっかいな目にあわされて困ること になります。 「ご迷惑をおかけしました」は自分の行動や招いたことによって、相手に悪い影響を及ぼしてしまった場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご迷惑」は、自分が何らかの失敗をしているときでないと、使うべきではありません。 また「ご迷惑をおかけしました」だけでも謝罪の気持ちは伝わりますが、「ご迷惑をおかけしました」のみだと物足りない感じがするので、謝罪の言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・この度は、当方の手違いにより、大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。 深くお詫び申し上げます。 お手間を取らせてしまいました 「お手間を取らせてしまいました」で使う「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 となります。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 例文 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 お手を煩わせてしまいました 「手を煩わす」は「人の世話になる」「面倒をかける」「厄介をかける」を意味します。 ビジネスシーンでは、目上の人に、例えば書類の整理を手伝ってもらったり、責任者として謝罪の席に同席させてしまったりなどと様々な場面で使うことができます。 例文 ・この度は、お忙しい中、私のお願いでお手を煩わせてしまいました。 誠に申し訳ございません。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 「お手数をおかけしました」の英語 「お手数」は「inconvenience」「trouble」など 「お手数」つまり「迷惑」を意味する英語は、 ・inconvenience ・trouble などになります。 「toruble」は名詞としても動詞(他動詞)としても使います。 謝罪の表現は「apologize for... 」「be sorry for... 」 「お手数をおかけしました」という表現には謝罪・お詫びのニュアンスが含まれています。 よって、英語では、 ・apologize for... ・be sorry for... / be sorry to... 動詞 などの形を使います。 「お手数をおかけしました」の英語の例文 「お手数をおかけしました」は英語で、 ・I'm sorry for your inconvenience. ・I'm sorry to trouble you. ・Sorry for the trouble ・I know it's a big ask などと表現します。

次の

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

お手数 おかけ し て すみません

まず「お手数」というのが何かをするにあたって必要となる労力や行動の事をいいます。 ここでは『手数をかける』なので、相手の方が自分のために労働や行動をおこし、時間を費やしてくれるという意味になります。 そしてよく似た言葉として『手間をかける』というのがあります。 「手間」というのも「手数」と同じで、何かをするにあたって必要となる労力や行動の事をいいますが、「手間」の場合は対象者に自分自身がふくまれます。 なので、『手間をかける』は自分自身が労働や行動をおこし時間を費やすことをいいます。 分かりやすくいうと「手間」の対象者は自分自身と相手をさします。 「手数」の対象者は、自分自身はふくまず、相手のみをさします。 なので「手数」は掛ける、または掛けてしまうものをいいます。 「お手数を掛けさせてしまい、申し訳ありません」とは言わず、『お手数をおかけして、申し訳ありません』となります。 『お手数をおかけしまして』はどんなふうに使われてるのか 『お手数をおかけしまして』の基本的な使用例は、『お手数をおかけしまして~』と使用します。 ですが、使用法を間違うと失礼にあたるので気を付けて使いましょう。 例えば、よく耳にする「お手数をおかけして、すいません。 」はビジネス用語としては失礼にあたいします。 「すいません」というフレーズが目上の方やかしこまった場で使用するのは好ましくないです。 使うときは気の知れた仲間内、上司や取引先だけに使用するようにしましょう。 他の使い方としては、クッション言葉として使用します。 『お手数をおかけしまして』というフレーズは相手の方に要求しにくい内容の時などに使用すると、言葉の印象が優しくなり相手の方に頼みごとがしやすくなります。 『お手数をおかけして』とよく似た表現で使われるフレーズをご紹介していきましょう。 まずは、『ご面倒をおかけして』というフレーズは『お手数をおかけして』の時と同じく、相手の方にお願いや依頼など、何かを要求する際に使用します。 『ご面倒をおかけして、申し訳ありません』というように、相手の方に手間をかけさせてしまったことに対し、お詫びの気持ちを込めた言葉として使用いたします。 ですが、一般的には『お手数をおかけし』の方が丁寧な表現として好まれます。 他には、『ご迷惑をおかけして』という表現があります。 この表現は、自分が起こしてしまった行動や状況(失敗)のために、相手に悪い影響、迷惑をかけてしまった場合などに使用します。 『ご迷惑をおかけし、申し訳ありません』というように、相手への謝罪に近い表現になります。 また、『お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします』のフレーズは使用できますが『ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします』と使用するのは失礼になりビジネスマナー違反になるので、使用しないように注意しましょう。 『お手数をおかけして』というフレーズは凄く丁寧な敬語になります。 細かく解説しますと、『お手数をおかけして』の「おかけします」は「かける 掛ける 」なので、謙譲語である「お~する」に言い換えると、「おかけする」になり、「ます」を使っているので丁寧語になります。 たとえば、「相手に迷惑をかける」、「相手に負担をかける」など相手に何かを強いるという意味で使われます。 ですので、『お手数をおかけして、申し訳ございません』は直訳すると、「手間 労働、面倒 を強いて、すいません」となります。 『お手数おかけ致します』は二重敬語になる? 『お手数をおかけして』というのは、相手の方に、お手間(労働、面倒)をわずらわせてと、申し訳ないと、気を使っている言葉になるので、『お手数をおかけして』というフレーズは失礼にはなりません。 だだ『お手数をおかけして』のあとに続ける言葉に問題があります。 よく何気に使用している『お手数をおかけして、すいません』はビジネス用語としてはタブーです。 問題があるのは「すいません」のフレーズです。 謝罪で使用するならば『お手数をおかけして、申し訳ございません』が適切です。 会話の上ではさほど違和感はありませんが、メールなど文章にすると、略式になりすぎていてカジュアルな感じがでるので、やはり好ましくありません。 ただ、気心の知れた仲間内や、上司に使用するには、問題はありません。 『お手数をおかけして』というフレーズは相手に対し、「申し訳ない」という意味を含んだ、丁寧で素晴らしい表現です。 ですが、『お手数をおかけして』のあとに、「すいません。 」がくると台なしです。 最後までカジュアルにならないように、丁寧に仕上げましょう。 この場合ですと、『お手数をおかけして、申し訳ございません』となります。 他にも使用例としては、謝罪だけに使用するのではなく、お願いや問い合わせなどにも使用しましょう。 別のフレーズとしては『お手数をおかけして、恐縮です』などもお願いをする際には、有効です。 相手の方に対し、失礼にならないように、その場面にあったフレーズ選択し、使用できるように気を付けましょう。

次の