もうあいつ一人でいいんじゃないかな。 もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなとは(意味・元ネタ・使い方解説)マンガ

ヤバすぎる強さ!? まさに『もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな』的なイラストをまとめてみた

もうあいつ一人でいいんじゃないかな

のが万・と化している状態のこと• 『時 』のの (本記事にて記述) 概要 「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」とは、つまりのことである。 は、『時 』の一を変したから。 溶岩の中に込んだ敵を追撃しなければならない状況で、まずが「が行く!溶岩に耐えられるのは探用のおれだけだ!」と提案。 更にが「おれも行けるぞ!」とを上げた。 しかし、は「もも数分しかもたない。 おれが行く!」と宣言して高熱に耐性を持つに。 溶岩の中に侵入し、ックで一撃を食らわせた。 更に敵がようとするとへ再。 あらゆるを効化する液状化形態を発動して敵を追いかけた。 それを見たは「 ここはにまかせよう」と発言し、活躍をに譲る。 ……という展開が描かれた2だったのだが、いつしか「ここはにまかせよう」を「 もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」という諦観に満ちたへと変した画像が上に出回るようになった。 /: : : : 人,-、:. : :. :〉 l 〈:. :/ 〃:. 実際、この2だけを見ると一人で何とかなってしまいそうに見える。 しかもではこの後「おれは硫のだ!しれは気だぞ!」などと更なるっぷりを発揮するので、このを 読んだ事がある者すらとは気付かないと言われている(実際には直前にが敵の化を化しており、更に溶岩から引き摺り出した敵に10大でを放って撃破している為、一人で敵を倒せたわけではない。 多分)。 そこから転じて、のが何でも解決できる・万になることで、他が状態と化しているやにもこのが使われるようになった。 関連動画 関連静画 仮面ライダーBLACK RX その他 関連項目• ール )•

次の

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなとは (モウゼンブテツヲヒトリデイインジャナイカナとは) [単語記事]

もうあいつ一人でいいんじゃないかな

パターン1 大和「あの…なんで提督も出撃するんですか?」 龍田「うちの鎮守府ではこれが常識だからねー」 大井「提督のお陰でここまで勝ってるってのもあるし……クヤシイケド」 大和「た、確かにガタイはいいですけど、大丈夫なんですか?」 提督「きにするな 俺はそう易々と死なない」 大和「はぁ…」 比叡「さすがアメリカ人ですね!」アメリカジンガドンナノカシランケド 山城「!!偵察機から報告!この先に敵艦隊がいる模様です!」 提督「御託はいい…始めよう」 全員「了解!」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大井「くっ、結構多いわね…!」 龍田「あら~大井だけに~?」 大井「ぶっ頃すぞテメー!」 大和「!!提督、そちらの方に………!って提督!?」 提督「…」シャガミー イ級F「クラエー」 大和「提督、あぶな」 提督「てェアッッ!」ズァアアアアア! イ級F「ギャン! 」K.O. 大和「さ、サマーソルトが決まったーーーー!?」 駆逐艦ども「仇じゃー」 提督「ソニックゥ! ソニックゥ! 」シュバッ! シュバッ! 駆逐艦ども「ヤラレター! 」K.O. GUILE WIN ガイル提督「深海へ帰るんだな、お前らにも家族はいるだろう」 大和「」 パターン2 提督「フンッ!俺様が同行してやるんだ、感謝しやがれ!」 漣 うわ…なんだこの提督。 態度でかいしそもそも邪魔だし コソコソ 潮 ちょ、ちょっと! コソコソ 提督「貴様らァ!そこで何してやがる!」 漣潮「ヴェッ! マリモ! 」ビシィッ! 提督「フン………む、来たか」 朧「??敵影はみあたら…カシュカシュッ………え?」 ドカァァァァァアアアアン! 潮「きゃぁっ…!」中破 提督「潮ッ!貴様ぁ~~~ッ!」 曙「ぎょ、魚雷!?」 提督「下だマヌケども!」 漣「MJD!まさか潜水艦の接近に気づけないなんて…砲雷撃戦よ」 提督「くらえ雑魚どもッ!テェアッ!」ポーピー! …私のライフは残り810だ」 集積地「What!?」 北上「1145141919810じゃない-1145141919810931点」 球磨「!?」 ゲンム提督「めんどくさいッ!とっとと片付ける!」ガッシューン! ガシャット! 『キメワザ!』 『マイティクリティカルストライク!』 ゲンム提督「ハァァァァァァァァァアアア!」 HIT! HIT! HIT! HIT! HIT! HIT! GREAT! 集積地「ギャース!」ドカーン ゲンム提督「私はァァ…………神だ!」 木曾「」ポカーン パターン4 提督 ……何故か私の鎮守府は性格がちょっとなんかあれだ 電「さすが司令官さん、水上スキーもお手の物なのです!」 暁「わーっ!すごい司令官、艦娘みたい!」 響「司令官は、最強」 あきつ丸「いやぁ、お師匠さまになら抱かれてもいいであります!」 初春「ばかもの」 江風「姉御にかかりゃお手のもんなんスね!」 提督「はぁ…私はただこんどこそだらだらと過ごしたかっただけなのに……ドカン!きゃあ!?」 戦艦「敵ノ司令官ジキジキニ登板トハ、都合ガイイ」 ネ級「ククク」 ハ級「ギャース!」 提督「げっ、まじかあ…」 電「司令官さん、いってまいります!」グォー! 提督「電いってらっしゃ………何やってんのあきつ丸」 あきつ丸「死んだふりであります」 提督「もう」 初春「まったく、お主は…わらわもいってくるとしよう」シュバー 暁「し、司令官…」ガクガク 響「さすがに私たちの練度では…」 提督「大丈夫だよ、二人は私が守るからねー」 ネ級「タシカ貴様、日本海軍元帥ノオ気ニ入リラシイナ…貴様ラヲ傷ツケレバヤツラモ少シハ…」 提督「は?」 ネ級「!?」ピリピリ 提督「あなた、私の家族を傷つけるっていったの?こんなつまらない戦いで?」 ネ級「イヤ、戦争ッテソウイウモ…」 提督「問答無用ォォォ!」パーンチ ネ級「ウベラ!」ドカーン 暁「司令官スゴイ!」 響「ハラショー、サスガダネ」 提督「二人とも、ちょっと躾のなってないバカどもを粛清してくるから」ニコッ 二人「うん!」 提督「ライ、ジャナクテ電!ベルッ……初春!どいて!」 二人「はっ!」ズアッ 提督「全てを凍てつかせよ!」ヒュオォォオオ! ネ級「ギャン!」ピキーン! ハ級s「ビャー」ピキーン! _ . ,. -`ニヽ、トl、:. , rュ. :::. . ,、 :l! レ'::: ,. _ . ,. -`ニヽ、トl、:. , rュ. :::. . ,、 :l! レ'::: ,. あと、小説家になりたいなら ラノベ作家含む。 ちゃんとした大学の文学部の文学科か史学科に進学して、みっちり勉強、原書もキチンと勉強しないと、まず成功しない。 一例 『ゼロの使い魔』の『故・ヤマグチノボル』 彼、作品を素直に読む限りは、ルイ14世時代、つまり近世フランス文学及び近世フランス史をキチンと勉強している。 勿論、近世フランス文学や近世フランス史なんて、ちゃんとした大学に進学しないと、まず独学では修学不可能である。 4: SS好きの名無しさん 2019-01-29 18:13:12 ID: S:FVII0D 艦これSS 艦これのSSを書きたいのなら、やはり、近代日本史、特に日本海軍史、日本陸軍史、あと『戦史』これらを、しっかり勉強しなければ、間違いなく、ネタ切れで行き詰まる。 近代日本史を勉強したいなら、ちゃんとした大学の文学部史学科に進学しないと不可能だし、日本海軍史・日本陸軍史、特に『戦史』を勉強したいなら、朝雲新聞社『戦史叢書』を読む必要がある。 朝雲新聞社『戦史叢書』はちゃんとした大学の文学部図書室でないとまず置いてない。 従って、ちゃんとした大学に進学する必要がある。 艦娘『北上』を愛しているなら、もし、北上が話せるなら言うだろう。 『私の事が好きなら、ちゃんと軽巡洋艦『北上』について調査、勉強して。 5: SS好きの名無しさん 2019-01-29 18:27:29 ID: S:6MYN-Q 北上 艦娘『北上』が大好きで、可能なら彼女と結婚したいぐらい愛しているなら、いるで構わない。 但し、北上をネタにSSを書きたいのなら、旧日本海軍、軽巡洋艦『北上』及び海上自衛隊、護衛艦『きたかみ』の事なら、何でも知っています。 その誕生から最期まで『艦歴』『艦の戦史』『乗員』『艦の構造』『艦内生活』その他、諸々、勿論、彼女が生きた時代背景から当時の日本風. 俗に至るまで、何から何まで調査し、勉強しています。 何でも聞いて下さい。 何でも回答出来るぐらい調べています。 これぐらいじゃないと、間違いなく、ネタ切れとなり、行き詰まる。 最期に上記記載事項が出来なかったら、貴方の『北上』に対する『愛情』はその程度だったんですね。 である。 艦これの運営にせよ、デザイン担当、北上だと『しばふ』氏か、基本、実際の史実に基づき運営やデザイン記載をやっている以上、おそらく、徹底的に調査している筈であり、それが、その道のプロとして『飯』を食うという事である。 よーく理解したよ。 お話しするには同じ土俵に立たなくてはということか。 ならば立ってやろうジャマイカwwww 受験勉強…まさにその通りだね。 君に言われてからそれはしてる。 そこは感謝するよ? でもね、なんで大学に合格してからじゃないとSSを書いちゃダメなのが当たり前なのかな?かなかな? そもそも『R-15タグ』がつけれる時点で裏を返せば15未満もしようしていい。 ということだ。 そして「大学生になってなければ書いてはいけない」と『利用規約』に書いてあるわけでもない。 そして私は別にその道の『プロ』になりたいわけでもない。 つまりそれで『飯を』食っていくつもりはないということ。 である。 」ふむ、なるほどね? しかし私は言ってしまえば『史実』の軽、重雷装巡洋艦『北上』ではなく艦隊これくしょん・艦これにおける艦娘の『北上さん』に愛を向けているのだ。 ぶっちゃけいうと史実の『北上』はそこまで好きというわけでもない。 ただ勘違いしてほしくないのが『嫌いでもない』といこと。 『北上さん』や『他の艦娘』を書くに当たって最低限の『基本情報』は本などを使って調べているんだ。 そもそも艦娘『北上』を書くに当たって艦内の構造、艦内生活は全くもって必要はないではないか? そしてネタ切れになるなど言っているが私のSSの『本分』は色々な作品からネタを引っ張り出してくるところ つまり『パロディ』ネタだ。 『パロディ』ネタを主に使っているのだから正直ネタには困ってない。 私がいうのもなんだが本来コメントとは最低限『関係のある』事について書くべきであって『関係のない』情報や あまり『関係がない』のであったり、作者が『そこまで興味がない』ような史実をただ淡々と書いてあるものは『不適切』なのではないか? 普通は『感想』、『リクエスト』、そして艦これSS『だったら』艦これの話など… ちなみに私がこんな真っ昼間からこのコメントを打っているのは 学年末テストで早帰りであったからである。 これらを元にして君のコメントは「いや、そのりくつはおかしい」に当てはまるということになる Q. 証明完了 あー!この書き方疲れる!.

次の

あいつ一人でいいんじゃないかな――『幻想のイデア』簡易感想・雑感(ネタバレ有り)

もうあいつ一人でいいんじゃないかな

パターン1 大和「あの…なんで提督も出撃するんですか?」 龍田「うちの鎮守府ではこれが常識だからねー」 大井「提督のお陰でここまで勝ってるってのもあるし……クヤシイケド」 大和「た、確かにガタイはいいですけど、大丈夫なんですか?」 提督「きにするな 俺はそう易々と死なない」 大和「はぁ…」 比叡「さすがアメリカ人ですね!」アメリカジンガドンナノカシランケド 山城「!!偵察機から報告!この先に敵艦隊がいる模様です!」 提督「御託はいい…始めよう」 全員「了解!」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大井「くっ、結構多いわね…!」 龍田「あら~大井だけに~?」 大井「ぶっ頃すぞテメー!」 大和「!!提督、そちらの方に………!って提督!?」 提督「…」シャガミー イ級F「クラエー」 大和「提督、あぶな」 提督「てェアッッ!」ズァアアアアア! イ級F「ギャン! 」K.O. 大和「さ、サマーソルトが決まったーーーー!?」 駆逐艦ども「仇じゃー」 提督「ソニックゥ! ソニックゥ! 」シュバッ! シュバッ! 駆逐艦ども「ヤラレター! 」K.O. GUILE WIN ガイル提督「深海へ帰るんだな、お前らにも家族はいるだろう」 大和「」 パターン2 提督「フンッ!俺様が同行してやるんだ、感謝しやがれ!」 漣 うわ…なんだこの提督。 態度でかいしそもそも邪魔だし コソコソ 潮 ちょ、ちょっと! コソコソ 提督「貴様らァ!そこで何してやがる!」 漣潮「ヴェッ! マリモ! 」ビシィッ! 提督「フン………む、来たか」 朧「??敵影はみあたら…カシュカシュッ………え?」 ドカァァァァァアアアアン! 潮「きゃぁっ…!」中破 提督「潮ッ!貴様ぁ~~~ッ!」 曙「ぎょ、魚雷!?」 提督「下だマヌケども!」 漣「MJD!まさか潜水艦の接近に気づけないなんて…砲雷撃戦よ」 提督「くらえ雑魚どもッ!テェアッ!」ポーピー! …私のライフは残り810だ」 集積地「What!?」 北上「1145141919810じゃない-1145141919810931点」 球磨「!?」 ゲンム提督「めんどくさいッ!とっとと片付ける!」ガッシューン! ガシャット! 『キメワザ!』 『マイティクリティカルストライク!』 ゲンム提督「ハァァァァァァァァァアアア!」 HIT! HIT! HIT! HIT! HIT! HIT! GREAT! 集積地「ギャース!」ドカーン ゲンム提督「私はァァ…………神だ!」 木曾「」ポカーン パターン4 提督 ……何故か私の鎮守府は性格がちょっとなんかあれだ 電「さすが司令官さん、水上スキーもお手の物なのです!」 暁「わーっ!すごい司令官、艦娘みたい!」 響「司令官は、最強」 あきつ丸「いやぁ、お師匠さまになら抱かれてもいいであります!」 初春「ばかもの」 江風「姉御にかかりゃお手のもんなんスね!」 提督「はぁ…私はただこんどこそだらだらと過ごしたかっただけなのに……ドカン!きゃあ!?」 戦艦「敵ノ司令官ジキジキニ登板トハ、都合ガイイ」 ネ級「ククク」 ハ級「ギャース!」 提督「げっ、まじかあ…」 電「司令官さん、いってまいります!」グォー! 提督「電いってらっしゃ………何やってんのあきつ丸」 あきつ丸「死んだふりであります」 提督「もう」 初春「まったく、お主は…わらわもいってくるとしよう」シュバー 暁「し、司令官…」ガクガク 響「さすがに私たちの練度では…」 提督「大丈夫だよ、二人は私が守るからねー」 ネ級「タシカ貴様、日本海軍元帥ノオ気ニ入リラシイナ…貴様ラヲ傷ツケレバヤツラモ少シハ…」 提督「は?」 ネ級「!?」ピリピリ 提督「あなた、私の家族を傷つけるっていったの?こんなつまらない戦いで?」 ネ級「イヤ、戦争ッテソウイウモ…」 提督「問答無用ォォォ!」パーンチ ネ級「ウベラ!」ドカーン 暁「司令官スゴイ!」 響「ハラショー、サスガダネ」 提督「二人とも、ちょっと躾のなってないバカどもを粛清してくるから」ニコッ 二人「うん!」 提督「ライ、ジャナクテ電!ベルッ……初春!どいて!」 二人「はっ!」ズアッ 提督「全てを凍てつかせよ!」ヒュオォォオオ! ネ級「ギャン!」ピキーン! ハ級s「ビャー」ピキーン! _ . ,. -`ニヽ、トl、:. , rュ. :::. . ,、 :l! レ'::: ,. _ . ,. -`ニヽ、トl、:. , rュ. :::. . ,、 :l! レ'::: ,. あと、小説家になりたいなら ラノベ作家含む。 ちゃんとした大学の文学部の文学科か史学科に進学して、みっちり勉強、原書もキチンと勉強しないと、まず成功しない。 一例 『ゼロの使い魔』の『故・ヤマグチノボル』 彼、作品を素直に読む限りは、ルイ14世時代、つまり近世フランス文学及び近世フランス史をキチンと勉強している。 勿論、近世フランス文学や近世フランス史なんて、ちゃんとした大学に進学しないと、まず独学では修学不可能である。 4: SS好きの名無しさん 2019-01-29 18:13:12 ID: S:FVII0D 艦これSS 艦これのSSを書きたいのなら、やはり、近代日本史、特に日本海軍史、日本陸軍史、あと『戦史』これらを、しっかり勉強しなければ、間違いなく、ネタ切れで行き詰まる。 近代日本史を勉強したいなら、ちゃんとした大学の文学部史学科に進学しないと不可能だし、日本海軍史・日本陸軍史、特に『戦史』を勉強したいなら、朝雲新聞社『戦史叢書』を読む必要がある。 朝雲新聞社『戦史叢書』はちゃんとした大学の文学部図書室でないとまず置いてない。 従って、ちゃんとした大学に進学する必要がある。 艦娘『北上』を愛しているなら、もし、北上が話せるなら言うだろう。 『私の事が好きなら、ちゃんと軽巡洋艦『北上』について調査、勉強して。 5: SS好きの名無しさん 2019-01-29 18:27:29 ID: S:6MYN-Q 北上 艦娘『北上』が大好きで、可能なら彼女と結婚したいぐらい愛しているなら、いるで構わない。 但し、北上をネタにSSを書きたいのなら、旧日本海軍、軽巡洋艦『北上』及び海上自衛隊、護衛艦『きたかみ』の事なら、何でも知っています。 その誕生から最期まで『艦歴』『艦の戦史』『乗員』『艦の構造』『艦内生活』その他、諸々、勿論、彼女が生きた時代背景から当時の日本風. 俗に至るまで、何から何まで調査し、勉強しています。 何でも聞いて下さい。 何でも回答出来るぐらい調べています。 これぐらいじゃないと、間違いなく、ネタ切れとなり、行き詰まる。 最期に上記記載事項が出来なかったら、貴方の『北上』に対する『愛情』はその程度だったんですね。 である。 艦これの運営にせよ、デザイン担当、北上だと『しばふ』氏か、基本、実際の史実に基づき運営やデザイン記載をやっている以上、おそらく、徹底的に調査している筈であり、それが、その道のプロとして『飯』を食うという事である。 よーく理解したよ。 お話しするには同じ土俵に立たなくてはということか。 ならば立ってやろうジャマイカwwww 受験勉強…まさにその通りだね。 君に言われてからそれはしてる。 そこは感謝するよ? でもね、なんで大学に合格してからじゃないとSSを書いちゃダメなのが当たり前なのかな?かなかな? そもそも『R-15タグ』がつけれる時点で裏を返せば15未満もしようしていい。 ということだ。 そして「大学生になってなければ書いてはいけない」と『利用規約』に書いてあるわけでもない。 そして私は別にその道の『プロ』になりたいわけでもない。 つまりそれで『飯を』食っていくつもりはないということ。 である。 」ふむ、なるほどね? しかし私は言ってしまえば『史実』の軽、重雷装巡洋艦『北上』ではなく艦隊これくしょん・艦これにおける艦娘の『北上さん』に愛を向けているのだ。 ぶっちゃけいうと史実の『北上』はそこまで好きというわけでもない。 ただ勘違いしてほしくないのが『嫌いでもない』といこと。 『北上さん』や『他の艦娘』を書くに当たって最低限の『基本情報』は本などを使って調べているんだ。 そもそも艦娘『北上』を書くに当たって艦内の構造、艦内生活は全くもって必要はないではないか? そしてネタ切れになるなど言っているが私のSSの『本分』は色々な作品からネタを引っ張り出してくるところ つまり『パロディ』ネタだ。 『パロディ』ネタを主に使っているのだから正直ネタには困ってない。 私がいうのもなんだが本来コメントとは最低限『関係のある』事について書くべきであって『関係のない』情報や あまり『関係がない』のであったり、作者が『そこまで興味がない』ような史実をただ淡々と書いてあるものは『不適切』なのではないか? 普通は『感想』、『リクエスト』、そして艦これSS『だったら』艦これの話など… ちなみに私がこんな真っ昼間からこのコメントを打っているのは 学年末テストで早帰りであったからである。 これらを元にして君のコメントは「いや、そのりくつはおかしい」に当てはまるということになる Q. 証明完了 あー!この書き方疲れる!.

次の