牛角 定額。 【牛角定額】牛角以外もある定額制の飲食店まとめ

牛角が月11,000円で1ヶ月食べ放題開始!内容や実施店舗はどこ?登録方法は?|sweedy

牛角 定額

レインズインターナショナル(横浜市)は、自社が運営する飲食店で使えるサブスクリプションプラン(定期券)を2019年11月5日にサブスクポータルサイト「MONSTER PASS(モンスターパス)」で発売した。 定期券は、都内などの一部店舗でまず導入し、販売状況を見ながら順次他の地域へも展開する。 「頻繁に来店するほどメリットがある定期券を用意することで、各ブランドのファンを増やし、来店頻度を高める狙いがある」(同社広報企画課)。 同社が定期券を導入したのは、焼肉店「牛角」、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」、居酒屋「居酒家 土間土間」「かまどか」「ぶっちぎり酒場」の5ブランド、11店。 例えば、「牛角 赤坂店」では、3828円(税込み、以下同)の食べ放題コースを半額の1914円で毎日1回利用できる定期券を月額3300円で、通常、1628円のアルコール類の飲み放題を毎日1回利用できる定期券を月額1628円で販売する。 温野菜 馬込店では、通常6468円の黒毛和牛の食べ放題コースを月額2万2000円で毎日1回、土間土間 阿佐ヶ谷店では、通常1980円の飲み放題コースを月額3300円で毎日1回利用できる定期券などをそれぞれ販売する。 これらの定期券では、グループで来店した場合、定期券を持っていない人は通常料金を支払う必要がある。 牛角の食べ放題コースの定期券を購入した場合、客が月に2回以上利用すれば得する計算だ。 店は、これらの定期券のお得感をアピールすることで、月額の固定収入を確保できるほか、月に複数回来店する常連客を増やせるメリットがある。 サブスク導入のハードルを下げる レインズが採用したモンスターパスはインサイトコア(東京・港)が運営するサービス。 ウェブサイトに定期券を表示するもので、飲食店は初期費用0円、月額2980円と販売金額に応じた手数料を支払う。 定期券の購入者は、ウェブ上でクレジットカードを使って決済し、スマホ画面に表示した定期券を店舗で提示する。 定期券は、解約しない限り次の月も自動更新する。 既に30ブランド以上、約200店舗での導入が決定しているという。 居酒屋「金の蔵」を運営する三光マーケティングフーズ(東京・中央)は55店、ラーメン店「桂花ラーメン」を運営する桂花拉麺(熊本県菊池郡菊陽町)は9店で同サービスを採用し定期券を販売する。 インサイトコアは今後、美容院など飲食店以外の業態にもサブスクの導入を拡大する考えだ。 これまで飲食店で月額制の定期券を販売する場合、紙のカードや専用アプリを使うのが一般的。 ただ、紙のカードを制作・管理したり、専用アプリを開発したりする手間やコストが店の負担になっていた。 モンスターパスを利用することで、これらのハードルががなくなるため、店舗数の少ない個人店でもサブスクを導入しやすくなる。 近年、複数店舗を展開する中規模の外食企業が、飲み放題などのサブスクを導入するケースが増えていた。 一方、レインズは、牛角や温野菜などの人気ブランドを国内に1161店展開する外食大手。 また同社が属するコロワイドグループ全体の店舗数は、国内外に直営、FC合わせて約2700になる。 レインズが効果を上げれば、グループの他のブランドにサブスクが広がる可能性もある。 今後、大手はもちろん個人店も含めて外食でのサブスク導入が加速しそうだ。

次の

【牛角定額】牛角以外もある定額制の飲食店まとめ

牛角 定額

「牛角があれば生きてける時代到来」 サービスは赤坂店(東京都港区)、三軒茶屋店(東京都世田谷区)、花見川店(千葉市)の3店舗で実施される。 月額1万1000円を払えば、90分間で80品目以上の牛角メニューが食べ放題となる「お気軽コース」(2980円)、同じく100品目以上が食べ放題の「牛角コース」(3480円、いずれも税抜)が毎日食べられるという内容だ。 サービスの登録にはクレジットカードが必要で、1日1回までの利用制限があり、ランチタイムの利用が不可といったルールがある。 サービスの存在を知ったツイッターユーザーからは、 「牛角があれば生きてける時代到来」 「元取るとかの話のレベルじゃねぇ!」 と、そのコストパフォーマンスの高さに驚く声が聞かれた。 採算性は大丈夫なの? J-CASTトレンドは牛角を運営するレインズインターナショナルの広報担当者に取材した。 サービス導入の経緯について聞くと、 「2~3か月に1度に来店されるライトユーザーのお客様が、1か月に2~3回来ていただけるミドルユーザーになっていただきたいと考え、導入しました」 と回答。 サービスは2019年11月29日から3店舗で始めたが、試験的な実施だったため目立った告知などは行っていなかったという。 インターネット上では「儲けはちゃんと出るのかな」と採算性を心配する声もあるが、 「トライアル(試験的)で実施しており、(ビジネスモデルとして成り立つかは)検証中です。 (サービスの)購入者がご友人やご家族などを連れてご来店いただくことで、プラスになる部分もあると考えています」 とした。 他店舗での展開については「具体的には決まっていない」といい、「今後、たくさんのお客様にご利用いただけるよう、試行錯誤している段階です」と語った。

次の

月額11,000円で焼肉、しゃぶしゃぶ食べ放題!サブスクとは?

牛角 定額

レインズインターナショナル(横浜市)は、自社が運営する飲食店で使えるサブスクリプションプラン(定期券)を2019年11月5日にサブスクポータルサイト「MONSTER PASS(モンスターパス)」で発売した。 定期券は、都内などの一部店舗でまず導入し、販売状況を見ながら順次他の地域へも展開する。 「頻繁に来店するほどメリットがある定期券を用意することで、各ブランドのファンを増やし、来店頻度を高める狙いがある」(同社広報企画課)。 同社が定期券を導入したのは、焼肉店「牛角」、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」、居酒屋「居酒家 土間土間」「かまどか」「ぶっちぎり酒場」の5ブランド、11店。 例えば、「牛角 赤坂店」では、3828円(税込み、以下同)の食べ放題コースを半額の1914円で毎日1回利用できる定期券を月額3300円で、通常、1628円のアルコール類の飲み放題を毎日1回利用できる定期券を月額1628円で販売する。 温野菜 馬込店では、通常6468円の黒毛和牛の食べ放題コースを月額2万2000円で毎日1回、土間土間 阿佐ヶ谷店では、通常1980円の飲み放題コースを月額3300円で毎日1回利用できる定期券などをそれぞれ販売する。 これらの定期券では、グループで来店した場合、定期券を持っていない人は通常料金を支払う必要がある。 牛角の食べ放題コースの定期券を購入した場合、客が月に2回以上利用すれば得する計算だ。 店は、これらの定期券のお得感をアピールすることで、月額の固定収入を確保できるほか、月に複数回来店する常連客を増やせるメリットがある。 サブスク導入のハードルを下げる レインズが採用したモンスターパスはインサイトコア(東京・港)が運営するサービス。 ウェブサイトに定期券を表示するもので、飲食店は初期費用0円、月額2980円と販売金額に応じた手数料を支払う。 定期券の購入者は、ウェブ上でクレジットカードを使って決済し、スマホ画面に表示した定期券を店舗で提示する。 定期券は、解約しない限り次の月も自動更新する。 既に30ブランド以上、約200店舗での導入が決定しているという。 居酒屋「金の蔵」を運営する三光マーケティングフーズ(東京・中央)は55店、ラーメン店「桂花ラーメン」を運営する桂花拉麺(熊本県菊池郡菊陽町)は9店で同サービスを採用し定期券を販売する。 インサイトコアは今後、美容院など飲食店以外の業態にもサブスクの導入を拡大する考えだ。 これまで飲食店で月額制の定期券を販売する場合、紙のカードや専用アプリを使うのが一般的。 ただ、紙のカードを制作・管理したり、専用アプリを開発したりする手間やコストが店の負担になっていた。 モンスターパスを利用することで、これらのハードルががなくなるため、店舗数の少ない個人店でもサブスクを導入しやすくなる。 近年、複数店舗を展開する中規模の外食企業が、飲み放題などのサブスクを導入するケースが増えていた。 一方、レインズは、牛角や温野菜などの人気ブランドを国内に1161店展開する外食大手。 また同社が属するコロワイドグループ全体の店舗数は、国内外に直営、FC合わせて約2700になる。 レインズが効果を上げれば、グループの他のブランドにサブスクが広がる可能性もある。 今後、大手はもちろん個人店も含めて外食でのサブスク導入が加速しそうだ。

次の