ベンチ プレス 120kg。 ベンチプレス120kgに挑んだ結果

ベンチプレス200Kgはどの位凄いのか?

ベンチ プレス 120kg

ベンチプレス100kg 筋トレを始めた頃は到底無理だと思えた数字 ぼくが最初にベンチプレスに挑戦した時は50kgがやっとでした。 (2016年5月) となりではベテランベンチプレッサーが150kgを紙切れみたいにあげている... そんな姿を横目に練習に励むこと6ヶ月 ついに100kgを達成できました。 その後115kgまで伸びたんですが、 ダイエットしたり肩を怪我したりで 結局100kgが精一杯という状況が2017年10月まで続きました。 ところが10月のある日、ついに120kgを上げることに成功しました。 ぼくが停滞を破ることに成功した方法を書きたいと思います。 1:セットアップを改善する ぼくはとにかく肩を痛めやすかったんですね。 今になって思えばフォームがデタラメだったんですが。 最適なフォームでベンチプレスを行うにはセットアップが重要です。 詳しく見ていきたいと思います。 ラックの高さを最適にする ぼくはリーチが長めのようで、 通常のタック高さ(ぼくがトレーニングしている施設では"4段")では ラックアップがしづらかったんです。 これを5段にするとラックアップが格段にラクになり、 固めたフォームが崩れにくくなりました。 寝る位置を最適にする ラックアップした時に無駄な動きが出ないように、 寝る位置にも気をつけます。 初心者の頃、バーがラックに当たらないギリギリが理想と教えられましたが、 ぼくの場合はスッとバーが持ち上げられる位置、 1番効率よくラックアップできる位置を探しました。 ブリッジを最適にする ブリッジは高ければ高いほうがいい、 そんな風に思っていた時期がぼくにもありました(刃牙風) ぼくの場合、ブリッジを高くすることを優先すると どうも力が入りづらかったんです。 原因はうまく地面を蹴れないことだったんですが、 背中に自然なアーチを作る程度にすることで解消しました。 また、肩甲骨も無理に寄せすぎないようにしました。 足の位置を最適にする ブリッジの高さを出そうとして足が内側に入れば、 踏ん張ったときにケツが浮いてしまします。 踏ん張ったときにケツが浮かない範囲で、 しっくる位置に足を置くのが良いです。 グリップを最適にする グリップもいろいろ悩みました。 やれ逆ハの字がいいとかなんとか、 でも結局しっくりくる=自然に握るのが1番だと思いました。 無理に手首を立てることもありません。 無理に寝かせることもありません。 降ろしたときに変な負荷がかからないグリップを探しました。 スタートポジションを最適にする ラックアップしたところから降ろし始めると、 無理な負荷がかかり体を痛めます。 ぼくは実際にしょっちゅう肩を痛めていました。 なぜもっと早く気が付かなかったんだ... 2:フォームを改善する 最適なセットアップが身についたら、フォームを見直してみます。 降ろし始めが重要 スタートポジションに持ってきたら、あとは降ろしてあげるだけです。 しかし、ただ降ろすだけでは上手くいかないです。 ぼくの場合は大胸筋ではなく肩で受け止める状態となり、 しょっちゅう肩を痛めていました。 なぜもっと早く気が付かなかったんだ... 重要なのは肩甲骨の動きです。 ブリッジの項で肩甲骨を無理に寄せすぎないと書きましたが、 セットアップで肩甲骨をしっかり寄せたつもりでも、 ラックアップの時に開いてしまうことがあります。 しっかり寄せたから大丈夫だ、と油断していると上手くいきません。 そこで、セットアップの時は自然に寄せる程度にとどめ、 降ろし始めの時に肩甲骨を動かし、再度寄せるのです。 さらに肩甲骨を寄せる時に地面を蹴って、 背中を収縮させるようにします。 この時にブリッジが完成するイメージです。 降ろす位置を最適にする 降ろす位置は乳首の位置がいいとかみぞおちがいいとか言われますが、 これも各個人のしっくりくる位置でいいと思います。 重要なのは肩に変な力がかからないことです。 ぼくはみぞおちくらいです。 ここまで上手くいけば、以前よりはるかにスムーズに挙がるはずです。 3:減量をやめる これはもう皆さん体感があると思うのですが、 食事量を減らしたり有酸素運動をするのをやめて、 普通に食べて、プロテイン飲んで、 しっかり休養を取ればパワーアップしますね。 4:ベンチプレスの頻度を増やす 週に5回も6回も限界まで追い込む、というわけではなくて セットアップやフォームの練習のために頻度を増やしました。 具体的には平日毎日早朝、仕事前に60kgでひたすら反復練習しました。 5回を20セットとかやってました。 で、週末に本番。 メインセットは5回5セット。 5セット目をAMRAPとし、5回以上できたら次週2. 5kg上げる。 これを繰り返して、102. 5kg、5回5セットまで順調に伸びました。 見事に停滞を破ることができました。 おわりに いかがだったでしょうか? ぼくの経験が皆さんの参考になれば幸いです。 ぜひ停滞を破って記録更新しましょう! おまけ 怪我の防止という意味も含めて、以下のアイテムをおすすめします リフティングベルト.

次の

【ベンチプレス】僕がたった1年2ヵ月でMAX75kgから120kgまで挙げられるようになったリアルな軌跡。

ベンチ プレス 120kg

Contents• ベンチプレス100kgを挙げた時の見た目を公開【ベンチ80kg,120kg達成時も】 ジムに通い始める前【体重55kg】 この頃は筋トレは全くしていませんでした。 たまーにダイエット目的でジョギングをする程度。 UNIQLOのSサイズのTシャツがぴったりぐらいのサイズでしたね。 【体脂肪率は全てinbodyで計測した数値です】 ベンチプレス開始3ヶ月後【MAX挙上重量80kg,体重60kg】 トレーニングを始めて3ヶ月、うっすらと筋肉がついてきた頃になります。 この頃は ベンチプレス、懸垂、スクワットをメインにトレーニングしていました。 ベンチプレスの頻度は 週に1. 5回程度です。 ベンチプレス開始10ヶ月後【MAX挙上重量100kg,体重65kg】 ベンチプレス100kg達成した数日後の写真です。 横から見るとある程度胸が肥大していますね。 写真で見ると 胸よりも腕の太さの方が目立つように見えます。 この頃は ベンチプレス、スミスインクラインベンチプレス、ベントオーバーロウイング、スクワットをメインにトレーニングしていました。 ベンチプレス100kgを達成するまでは 肩と腕トレは月1回程度とほとんどやっていません。 ベンチプレスの頻度は 週に2. 5回程度です。 ベンチプレス開始2年9ヶ月後【MAX挙上重量120kg,体重66kg】 ベンチプレス100kgを達成してからは、 筋肥大を目的としたトレーニングを行っていました。 ミッドレンジ種目からストレッチ種目(大胸筋で言えばダンベルフライ)に移行していきましたね。 今までやっていなかった肩、腕を鍛えるために 週に1回肩腕の日を取り入れました。 ベンチプレスの頻度は 週に1回程度です。 この頃はUNIQLOのLサイズのTシャツだと肩、腕周りがかなりタイトでした。 肩幅、胸周りを大きくして着丈を短く仕立てる事が出来るので、トレーニーにはzozoのTシャツ超おすすめですよ。 自分の身体を写真に残しておく事を強くオススメします 自分の身体の写真を撮ることに抵抗がある方はたくさんいると思いますが(私もかなり抵抗がありました)、「とりあえず」でいいので撮影しておくことをオススメします。 1ヶ月ごとでも 3ヶ月ごとでもいいので。 私は撮影していなかったので比較できませんが、ウエイトトレーニングを始めて間もない頃の全身写真を撮影しておくと自身の身体の変化がよりわかるのでオススメです。 写真に残しておかないとどのくらい変化したかなんてなかなかわらかないですからね。 不要になったら削除すればいいだけなので、とりあえずの撮影オススメですよ。 私は友人に見られたくないので、撮影後すぐにPCに移してスマホからは削除するようにしています。 ベンチプレス100kgを挙げた際の記事はこちらになります。 トレーニングと一緒にプロテインを飲んで最短で身体を大きくしていきましょう! せっかく頑張ったのにタンパク質不足やカロリー不足でサイズが変わらないのはもったいないですよね。

次の

ベンチプレス200Kgはどの位凄いのか?

ベンチ プレス 120kg

Contents• ベンチプレスに特化したベンチプレッサーがいるので若干数字は増えるでしょうが、万単位では増えないので数字はこのままにしておきます。 この数字をどう見るか。 男性のみなら会員は154万人。 60歳以降でも100kg挙げる人はいますが、60代を除くと46万人。 ではフィットネスではなく運動実施者が挙げられる可能性はどうでしょうか。 強豪校なら高校や大学でかなり筋トレをやっているはずです。 以下がそれぞれの競技人口です。 サッカー21万人 0. 筋トレ愛好家が集う本格的なフィットネスジムであるゴールドジムの直営店の会員数は7万人。 初心者のBIG3スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの開始時の平均と成長率 パワーリフティングのチャンピオンを何人も育て上げた吉田進氏 1970年代からパワーリフティング全日本選手権で活躍、優勝5回 曰く、スポーツ歴がない素人のトレーニング開始時のMAX平均は以下の通りと述べています。 ・スクワット 60kg ・ベンチプレス 40kg ・デッドリフト 80kg 初心者が3年間トレーニングをすれば以下のようになるとも述べています。 ・スクワット 120kg ・ベンチプレス 80kg ・デッドリフト 160kg 全てにおいてMAXが倍近く伸びています。 「5年でMAX100kg挙がればまぁ合格」と吉田氏は言います。 成人男性の平均ベンチプレスはおよそ40kgと言われ、成人男性の平均体重は約65kgなので、自重の7割程度です。 163cm、47kgのフィギュアスケート浅田真央選手がベンチプレス47kgを挙げることがいかに凄いかよくわかります。 ベンチプレス早見表 下記はベンチプレス挙上量とそれがどの程度のレベルなのか、また芸能人やスポーツ選手がどれくらい挙げるのかがわかる表です。 自分の現在地、また目標地点を確認し、それがどの程度のレベルで、どんな著名人がいるのか目標にしてみると楽しいでしょう。 40kg 成人男性の平均 浅田真央 47kg 50kg 平均よりは上だが、スポーツ未経験者でも挙げられるレベル はんにゃ金田・千原ジュニア・カンニング竹山 50kg ロンブー淳・亮 55kg 60kg ちょっと力持ち? ザキヤマ 60kg 有吉弘行・ブラマヨ小杉 65kg 70kg 世間一般では力持ちの部類 80kg 世間ではかなり力持ちだが、練習すれば非鍛錬者である平均的な成人一般男性なら数ヶ月で挙げられる 90kg 筋トレ初心者卒業。 世間では怪力モンスター扱い。 フィジカル競技 ラグビー、アメフト、柔道等 では普通より下 小島よしお 95kg オードリ春日 松本人志 100kg ここからやっと中級者レベル。 体育会系でも本格的に筋トレに励んでいないと挙げられない。 体育会系でも挙げられる人はほとんどいない 武田真治・清原和博・松井秀喜・ダルビッシュ有 110kg 中田翔 117kg 120kg このへんから体格によっては限界が見えてくる。 ジムで鍛えてないと挙げるのはかなり難しい なかやまきんにくん 130kg ジムで鍛えないと無理と断言してもいいレベル。 スポーツだけでは無理 金子賢 松本人志 スミスマシン 140kg ゴールドジムに通ってる人でもこれを挙げられる人は多くはない 150kg このへんから才能が必要になってくる 篠原信一・金本知憲 150kg 金本知憲 150kg ケイン・コスギ 155kg パッション屋良 160kg テレンス・リー 165kg 室伏広治・井上康生 170kg 200kg 日本人で挙げられたら雑誌に取り上げられる 貴乃花・朝青龍・佐々木健介・アントニオ猪木、長州力 200kg アーノルド・シュワルツェネッガー 225kg 三土手大介 353. 680kg) 60. 53 10. 83kg 21〜25歳 46. 935kg) 59. 169) 12. 67kg 26〜30歳 46. 937kg) 52. 153) 5. 91kg 31歳以上 45. 507kg) 52. 080) 7. 年齢と人数の内訳は、17歳2人・18歳5人・19歳4人・20歳4人・21歳2人・22歳1人・23歳1人・24歳1人・25歳4人・26歳3人・27歳3人・28歳3人・29歳1人・30歳1人・32歳1人・33歳3人・34歳1人・36歳1人・48歳1人・52歳1人 無用なストレスを避け自分だけのベンチプレスタイム 筋トレの中でも軍を抜いて人気があるベンチプレス。 どこのスポーツクラブに行ってもベンチプレスはいつも順番待ち。 ベンチプレスに限った話ではなく開店同時にフリーウェイト場の争奪も珍しくありません。 メンバーもお馴染みの固定メンバーでジムの古株ばかりで、そこに割って入るのは至難の業です。 せっかく体を鍛えに行ってるのに余計なストレスを感じることはよくあることです。 交互に行っても、その都度煩わしい重量の変え直しやセット間のレストもバラバラ。 ベンチプレス100kgでセットを組む人と60kgの人が行えば、ウェイトを付け直す変えだけで地獄です。 ストレスフリーを望むのならば、ベンチプレスを自宅に購入しホームトレーニングを検討するのも一つの手段です。 好きな時に好きなだけベンチプレスができ、当然それ以外のトレーニングもさまざま行えるので費用対効果の高いトレーニング器具です。

次の