ピグマリオン 教材。 ピグマリオンの教材でさんすうを始めよう!2歳から「数量感」を磨く

ピグマリオン幼児家庭学習

ピグマリオン 教材

Contents• ピグマリオンとは?ピグマリオンの効果 幼児英才教育「ピグマリオンメソッド」創設者である 伊藤恭先生が作り上げたカリキュラムです。 ピグマリオンは、• 子どもが自ら学ぶことが基本 ただ頭のいい子を育てるための学育メソッドではなく、「自ら考える力」を育てることを目的としています。 「論理的に自ら考える力を育てること」が大事。 勉強を楽しめるように褒めることが大切 褒められると自信が湧き、学ぶ喜びが生まれます。 5つの能力開発を取り入れる 認識能力を高めながら発達出来るように5つの順序を大事にしています。 ピグマリオンの教育方法 ピグマリオンは、5つの能力「 指先能力」「空間能力」「図形能力」「数論理能力」「言語能力」を順序立てて学んでいく教育法です。 その中でも特に「数論理能力」に定評があります。 ピグマリオンでは、数字を数えるのではなく、数量のものを見せて視覚で「量を感じる」教育を行っています。 (でも同様の教育法でした) また、驚くのがピグマリオンの教育方法は高い率で子どもの能力がしっかりと伸びるということです。 引用参照 3才から小2の子どもに適切な刺激を与えると、70から80%の子どもは小2から小3までに、小6までのカリキュラムを終了することができます。 引用: ピグマリオン「2才児のさんすう」とは? ピグマリオンの教材の中でもとても人気と定評のあるものです。 ・初めて数を認識するための学材セットです。 初めて数というものを、系統立てて学ぼうとする幼児が、喜んで取り組み、自然に理解できるよう設計編集されております。 ・1~12までの数の認識と1~5のたし算ひき算が出来るようになります。 ・全ての能力は、数学的能力に集約されており、そこから様々な能力に発達していきます。 その基盤となる数の認識の部分を、この2才児のさんすうセットを通して身に着けていきましょう。 引用: ピグマリオン「2才児のさんすう」教材内容は? 2才児のさんすうは、教本・セットがあります。 教本のみ欲しい方は、Amazonで中古で購入することが出来ます。 セットはヤフーで購入可能です。 2才児のさんすう教本 Amazonで中古があります。 2才児のさんすうセット Yahoo! で購入可能です。 教材・教具内容• 「2才児のさんすう」(本)• ヌマーカステン教具• ドット棒A 3枚• ドット棒B 3枚• ドット棒C 3枚• 競争ゲームA,B• ウッディブロック 25個• お魚釣りゲーム4枚• 親子カード40枚 2才児のさんすうセットのサンプル サンプルは、の資料ダウンロードよりお借りしました。 学材見本としてサンプルが提供されています。 ピグマリオン効果5つ全ての能力を身につけるには 2才児のさんすうセットは、「幼児能力開発講座第1グレード」の数論理能力分野のみセットになっています。 「2才児のさんすうセット」は、「幼児能力開発講座第1グレード」の、数論理能力分野のみセットにしました。 引用: ピグマリオン「幼児能力開発講座第1グレード」 数論理・空間・指先・図形・思考力のすべての能力を順序立てて身に付けるには、「第1グレード」から進めます。 ピグマリオンの良いところ• 教具を使って楽しみながら学べるところ• 数の概念、算数の進め方がわかるところ 算数が苦手にならないように、幼児期から始めるのにぴったりですね! 教材の値段は高価ですが、やはりその分効果があるようで口コミも抜群です。

次の

年少児、今後の家庭学習計画

ピグマリオン 教材

「本物の幼児教育を追求」というキャッチフレーズの通り、ほかとは違う学習の先取りシステムを採用しています。 ピグマリオン教育の開発者、伊藤 恭氏は灘中合格者日本一の塾「浜学園」の幼児教室部門に教材・教具・カリキュラムを提供している実績があります。 高い思考力がつくと評判のピグマリオン幼児教室をリアルな口コミを含め、解説します。 ピグマリオン幼児教室のコース・料金(月謝) 難関小中学校の受験実績もたくさんあるピグマリオン幼児教室ですが、月謝もほかよりお高めになっています。 入会金 30000円 月謝 35000~45000円 教材費 5000円 月間諸経費 500円 ピグマリオンのコースは「能力創造幼児コース」、「能力創造小学生コース」の2種類になります。 月謝と1クラスの人数は、教室ごとに多少の違いがあります。 幼児コース、小学生コース両方35,000円のところもあれば、小学生だけ45,000円の教室もあります。 だいたいは「スーパーピグマリオン」といって、マンツーマンか少人数制のクラスで授業をすすめるタイプになります。 能力創造幼児コース 能力創造幼児コースでは、年齢に合わせたカリキュラムではなく、知的能力の段階によって授業内容が変わります。 導入グレード 指先の調節機能を育みます。 1・2・3までを理解できるようにします。 基本グレード ぬりえや運筆などで指先能力を育てます。 1から10までの数字概念を理解できるようにします。 初級グレード 図形やパズルを取り入れながら、小1終了時の能力を身に付けます。 1から20までの計算を学びます。 中級グレード ちょうちょ結びなどの練習もします。 100までの計算と小学校で習う1060字を読めるようにします。 上級グレード 今までの総復習を行いながら、10000までの数の認識能力を育てます。 ざっと内容を見ただけで、ほかの幼児教室と違うことがわかりますね。 ピグマリオンでは、特に数の認識や算数に力を入れています。 ほかのカリキュラムでも、年齢別のクラスでみんな同じ教材を使うのではなく、できる子供は先に進める先取り学習システムとなっています。 能力創造小学生コース ピグマリオンの能力創造小学生コースは、灘中学など超難関中学への合格実績もあります。 その秘密は中学数学の先取りと、思考力・想像力を養う授業にあります。 小1コース 数や長さなどを数量感の学習を行います。 小2コース 小数と分数を含んだ中2までの内容を学習します。 小3コース 最初の3か月で小学校の算数をすべて終えます。 中学入試の問題にも取り組みます。 小4コース 中1の中2の数学を学びます。 答えを出すだけでなく他の生徒の答えを参考にして自分の答えを導きます。 実感算数とは、子供に刺激を与えてそこから法則性や共通の概念を見つけ、解決していく力のことです。 中学受験の試験にでる難しい問題を解くときに必要な力を、小1から無理なく養っていきます。 ピグマリオン幼児教室の特徴 一般的な幼児教室は、みんな仲良く楽しくお勉強しましょう!というイメージですが、ピグマリオン幼児教室は少し違います。 その子供に合わせたカリキュラムが組まれ、年齢に関係なく進められていきます。 マンツーマンに近い形でしっかりと指導を受けた後は、家庭で行う宿題も出されます。 ママやパパは子どものサポートが大変かもしれませんが、子どもの成長と潜在能力に驚く親が多いのも事実です。 「知性」の発展に合わせたプログラム設計 人間の知性の進化に応じた段階を踏んですすめられる授業など、根拠がしっかりしているのがピグマリオンの特徴です。 ピグマリオン幼児教室では、1回の授業にこの5大要素を必ず学習するプログラム設計になっています。 丁寧に考えられた学具 ピグマリオン幼児教室の教材(学具)は、どれもシンプルで無駄な装飾がありません。 指先を使い能力を育成することだけを目的としている感じが伝わってきます。 キャラクターなどもついていなく、飽きずに長く遊べるメリットがあります。 中でも「ピグマリオン三種の神器」と呼ばれる教材はとても評判がいいです。 ウッディブロック 木でできた正方形のブロック。 数を3や5のかたまりとしてとらえる力を養う。 ヌマーカステン 5進法を使って20までの足し算と引き算を自在に行えるようにする。 ドット棒C型 1・10・100・1000を数量として視覚的に感じることができるようになり計算に強くなる。 ほかにも、季節感を覚えるカードや語彙を増やすカード、パズルなど丁寧に考えられた学具が揃っています。 なんども考えることを癖付け 授業の中では講師からの一方的な授業ではなく、ひとりひとりが考えて答えを出すことを重視しています。 週1回の授業だけでなく、家庭でも教材を使った宿題が出され、何度も考えることで本物の思考力がつきます。 最初は集中力がなくて教室を嫌がる子どもも、だんだん教材に夢中になっていきます。 そして、算数や数学が大好きな子どもに成長することが多いようです。 ブログで頻繁な情報提供 ピグマリオン幼児教室のホームページでは、ブログでの情報提供が頻繁にされています。 伊藤恭先生のブログと、各教室から発信されるブログの2種類があります。 内容は先生の講演会やおすすめ書籍の紹介をはじめ、全国の教室での日常を紹介するものまで幅が広いです。 教育に関する情報が全国から発信されているので、とても勉強になると評判が良いです。 教室の無料体験レッスンの情報もあり、これから通うことを検討しているママは必見です。 ピグマリオン幼児教室の評判・口コミ Twitterなどでピグマリオン幼児教室の口コミは、あまり見かけませんでしたが、月謝が高いという口コミがいくつかありました。 マンツーマン指導なので、他と比較しても高めになるのは仕方ないかもしれませんね。 ピグマリオン幼児教室公式サイトの口コミなども参考にして、評判を調べてみました。 口コミ1:自分で考えようとするように変わった ピグマリオン幼児教室に通い始めたときは「できない、やりたくない」と弱音を言っていた子供も、次第に「できた!」と自分で考えて答えを出すようになったというママの口コミがありました。 ピグマリオンの方針に、「ほめる」ことがあります。 小さなことでもできたことをほめられたこどもは、どんどん自信をつけていくようです。 口コミ2:子どもが算数を好きになった 子どもが小さいうちに数や数量にふれると、自然と頭に入っていくようです。 勉強ということを抜きにして「楽しい!」と思えることが大切なんですね。 図形や数のセンスはあとから鍛えるのは難しいと言われます。 幼児のうちから空間センスを磨いておくと、中学や高校になったときに数学の勉強が楽になります。 幼稚園より高いって一体。。。 エンゲル係数激高な我が家、頑張らないとなあ。 わたしも少し援助できるか、よーく計算しよう。 理由はピグマリオン幼児教室がその子供に合わせた教材を使い進み方もバラバラなことです。 出来る子はどんどん進めるし、できない子にはとことん教えてくれる、それだけ細かな指導をしてくれる幼児教室はあまりないでしょう。 口コミ4:ウチは厳しい指導が助かった ピグマリオン幼児教室のホームページに掲載されている保護者の口コミでは、時には指導が厳しいこともあることがわかります。 しかし、はじめは集中力がなかった子どもも、講師のねばり強く厳しい指導のおかげで机に座っていられるようになったという親御さんもいました。 授業内容が濃く宿題も多いので、ついていけるか不安だったママも、適切な指導のおかげで、驚くほどの成果があったと口コミしています。 個別指導の姿勢は嬉しい 個別指導の幼児教室の特徴は、子供の成長にピッタリのところを学べる点です。 落ち着きのない子だったのが、先生の指導のおかげで集中できるようになったとの口コミが多かったです。 ピグマリオン幼児教室の教材 ピグマリオンの教材は、伊藤恭先生の考案した完全オリジナルのものです。 ペーパー上の学力だけでなく、実際に指を動かして学ぶことで、自分で問題を解決する力をつけます。 算数の先取り学習ができるので、小学受験や中学受験を考えているママから絶大な支持を得ている教室です。 個別指導に近い形での授業となり、月謝は高めになりますが、親も驚くほど子どもの能力が高くなると評判です。 各教室で無料体験もおこなっているので、意識の高いママやパパは一度レベルの高い授業を体験してみてはいかがでしょうか。

次の

年少児、今後の家庭学習計画

ピグマリオン 教材

ピグマリオンの教材で学べることを知りたい• 教材の中身を知りたい• 実際に学習してみた感想を知りたい こちらの記事ではこんな疑問にお答えしています。 ピグマリオンは、これからお子様に初めて数の取り組みを始めようと考えている方にピッタリです。 理由は3つあります。 「初めて数に触れる」子ども専用の教材• 「数量感」が身につく• 実際に使っている知育ママたちの評価が高い 我が家も「新2才児のさんすうセット」を正規購入して始めましたが、あまりに良くて次のステップの第1グレードも長女のために購入しました。 ピグマリオンで数の学習を始めたいと検討されている方へ、実際に購入した商品の感想も合わせてご紹介していきますね。 不器用だからちゃんと作れる自信もないし… ピグマリオンの教材を実際に使ってみた感想 ピグマリオンの「2才児のさんすう」は、対象年齢が2・3歳となっています。 具体的には、2歳7ヶ月頃から始めることをおすすめされています。 我が家の次女は2歳1ヶ月、長女は4歳3ヶ月なので、使用感をお伝えするくらいの感想ですが、参考になると嬉しいです。 学具は手先を使うものが多い 全体的に学具は、手先を使うものが多いので知育要素が強いです。 教本にも書かれていますが、「指先を動かす」ことを重視しています。 学具を使って指先を実際に動かして、並べたりするので、視覚や手の感覚で数を感じとることができるのが良く分かります。 次女は、並べるのが楽しそうです。 ゲーム要素があって楽しい 親子カードは、サナギや幼虫と成虫の組み合わせができるカードになっています。 大きめのカードなので、小さな子どもの手でも扱いやすいです。 このカードを使っての遊び方が書いてるので、遊びの幅が広がります。 親子カードの遊び方例• 多少判断ゲーム• 親子あつめゲーム• 点図形はちょっと難しい こぐま会ひとりでとっくんシリーズの点図形に取り組んでいる長女に解いてみてもらいました。 どうやら斜めの線が多い問題が頻出されており、慣れるまで時間がかかるようです。 点描写は、斜めの線が多いほど難しいと言われています。 ピグマリオンの点描写は、ちょっと難易度が高い問題になっています。 ピグマリオン教材のメリット・デメリット ピグマリオンを購入して、2歳なりたての次女でも親子カードを使ったり、ドット棒で遊んでみたりしています。 そんな中で感じたメリットとデメリットをまとめました。 魚釣りゲームでわいわいやっているうちに、とれた魚の数を理解している。 競争ゲームで「やった勝った!」と楽しんでいるうちに、サイコロの数を見て、何マス進むか理解している。 遊びの中で、いつの間にか数を理解できているという方法は、好奇心旺盛な2歳児から始めるにはピッタリの方法です。 ピグマリオンの教材は、小さなおはじきのコマを進めたり、ウッディブロックを積み上げたり、何かと手先を使うことが多いです。 ピグマリオンの教材「ヌマーカステン」は、6以降の数を瞬時にとらえるために、5をかたまりにして理解するための学具です。 5に1多いのが6• 10から2少ないのが8 というように、数の数量感を5のかたまりを中心にとらえることができます。 この感覚を早い段階で身につけられるのもメリットですね。 まず、届く教材は手作り感があり、やはり自分でも作れそうなものがあります。 そして、自分でハサミで切ってサイコロを作ったり、ドット棒は全て自分で切らなければなりません。 第1グレードの教材って、7万円もするの?! しかし、購入して実際に始めてみて、 長女が2才の時に始めれば良かったととても後悔しています。 2才児のさんすうセットを購入して、ほぼ同時に第1グレードも買いました。 長女の楽しそうに第1グレードのプリント教材を解いているのを見たら、もっと早く始めていれば良かったと常々思います。 まとめ|ピグマリオン教材は「数」の感覚を磨く ピグマリオンで算数に強くなって欲しいと思う親心と、料金の高さで、購入するかどうか悩みますよね。 実際にそのハードルを乗り越えて買ってみた我が家は、始めて良かったと思ってます。 なんならもっと早く始めれば良かったと後悔しているくらいです。 改めてピグマリオンの 「2才児のさんすう」をおすすめする理由3つをご紹介します。

次の