アメリカ 人 一重。 世界が認めた「一重まぶた美人」日本のトップモデル4人!つり目の一重・奥二重 S級モデル

一重になりたい?外国人が一重に憧れる理由

アメリカ 人 一重

2013年夏に放送されて大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』では、衝撃的な土下座シーンが話題となりました。 アメリカでも観ていたようで……。 「日本の土下座はいいね!ドラマを観て、憧れていたんだ。 けど、日本に来てから土下座をしている人を一度も見かけないんだよね。 残念過ぎる!」 日本独特な謝罪のである「土下座」は、ひざをつき、額を地面につけて礼や謝罪をします。 そもそもは最高度の敬意を表す礼法ですが、現在では相手への完全な屈服を示すポーズとして使われ続けていますよね。 確かに日本人でも日常で目にする機会は滅多にないのでは。 「土下座は素晴らしい日本の文化だと受け止めているよ。 「ここまでしているのだから、どうぞお許しください!」と恥を捨て、心を込めて頭を下げましょう。 日本でありがちな社内恋愛。 職場で毎日顔を合わせているうちにと恋が芽生えても不思議ではありません。 しかし、アメリカでは社内恋愛は期待できなさそう。 「アメリカではビジネスとプライベートがはっきりと分かれているんだ。 だから、日本の会社みたく同僚とランチを食べに行くことはないです。 同じ職場にいても仕事以外のつながりはほとんどないから、社内に恋人ができるなんて考えられない。 日本では社内恋愛が多いみたいだから驚いたよ!」 それでは、アメリカではどこで異性と知り合うのでしょうか? 「仕事終わりにゆっくりとバーやで過ごすのが日常だから、そこでと仲良くなることが多いかな」 アメリカは日本のように残業が当たり前ではないので、いわゆるアフターファイブが充実しているのでしょう。 初対面でも気軽に打ち解けられるアメリカならではの出会い方ですね。 「日本人って初対面で話すときに、まず年齢を聞くよね?あれ、聞いてどうするの?」 たしかに、わたしたち日本人は無意識のうちに「おいくつですか?」と確認するクセのようなものがあります。 日本でも男性が女性に年齢を聞くのは失礼とされていますが、相手の年齢はどうしても気になってしまいますよね。 アメリカ人にはその感覚がまったくないようなのです。 「男でも女でも関係なく、だれかの年齢なんて気にしたことがないよ。 知りたいのは、趣味とかその人自身のこと。 それよりも年齢に興味があるってことにビックリしたよ!」 日本では先輩・後輩といった上下関係が根付いていますから、相手によって言葉遣いや態度を使い分けなければなりません。 ですから、最初にどちらが年上なのかを確かめておくと安心です。 アメリカでは相手の年齢に関係なくファーストネームで呼び合い、言葉遣いもほとんど変わらないので年齢を知らなくても問題ないのでしょう。 「日本は全体的に食事のレベルが高い。 外食なんて、どこのお店に入っても間違いないと思う。 日本にいれば、世界中の料理が美味しく食べられるんだ。 素晴らしい食文化があって日本人は本当に幸せ者だよ!」 と、日本の食を褒めたたえてくれましたが、アメリカではどうだったのでしょう? 「たとえば、アメリカにいたころはを全く食べなかったんだ。 美味しくなかったからね。 けど、日本のは本格的で最高だよ。 日本の食は繊細なうえに、作り手にこだわりがあるんだと思う。 アメリカの料理?正直、美味しさなんて求められないよ(笑)チャイニーズ料理だって、ニューヨークではとても食べられた味じゃないんだよ。 信じられないでしょ(笑)」 彼によると、アメリカ人はそもそも味にそれほどこだわっていない人が多いそうです。 どちらかというと「食事は生きるために口にするもの」という感覚で、食事を味わう喜びはあまりないのでしょうか。 「特に東京では、人と人との距離がアメリカに比べて遠く感じる。 ひどい場合なんて、1か月後だよ!これは信じられないね。 遅くても週末には会えるのが普通だよ。 友達だったら、会いたいときにいつでも会えるものじゃないの?」 日本人は仕事を優先する傾向があるのでしょうか。 仕事で疲れた後はまっすぐに家に帰宅したいという人も少なくなさそうです。 そういった状況も理解しがたいのかもしれませんね。 「友達と会う機会が少なすぎるよ。 アメリカ人は仕事帰りにとかでしょっちゅう友達と会って話しているよ。 日本人みたく年に12回しか会わないなんて、友達って言えないね」 日本に住んでいるアメリカ人は、日本人の友達とあまり遊べなくて寂しい思いをしているのかも。 気兼ねせずに、どんどん誘ってしまいましょう。 「合コンっていうのに興味があって、参加してみたんだ。 アメリカには合コンなんてないからね。 ドラマのシーンでよく見てたから、どんな感じかワクワクして行ったんだよ。 全体的に話が薄いね」 これは、日本人には耳が痛い言葉かも。 せっかくの出会いの場なのに、その人の考え方や生き方などを理解できるような深い話には程遠い会話が延々とくり返されます。 女性は自分から積極的に話さなくて、男性がその場を盛り上げるのが仕事みたいになってたよ。 日本人の男性に同情するね(笑)そのうえ、男性がお金を多く払うシステムになっているんだ。 男性の奢りだからラッキーとばかりにめちゃくちゃ食べている女性を見て、すごいなーと思ったよ(笑)」 自己をしっかりとアピールする女性を見慣れているアメリカ人にとっては衝撃だったようですね。 「日本の漫才が大好きなんだ。 2人組でボケとツッコミをし合うタイプのお笑いはアメリカにはないからね。 アメリカでは、ほとんどがひとりでやるコメディ。 どちらも面白いけど、まったく違うものなんだ」 日本では両極端なタイプの2人が相手の欠点をつくなどして笑いをとっていくのが定番。 いっぽう、アメリカのスタンダップ・コメディでは社会問題や思想などをあえて過激にいじるスタイルが人気です。 「芸人さんが大勢でゲストの話を面白おかしく盛り上げる番組もよく見ているよ。 日本のお笑いはチームワークを重視しているんだね。 お笑いの日本語は速くて聞き取りにくいですから、大変だったでしょう。 「日本人は、やっぱり真面目なのかな。 コツコツと努力することを重要視しているよね。 お金を稼ぐ方法はいくらでもあるのに、それにチャレンジしないのが不思議。 私は物価の高い東京に住む資金づくりのためにドバイで3年働いたよ」 お金を稼ぐために世界でもっとも豊かといわれる国に行くという思考は、なかなか思いつかないですよね。 ドバイの給与水準は高いとされていて、しかも税金がかからないというメリットもあるとか!そして何よりも実際にその国に行って働いてしまうバイタリティは、さすが! 「これは、日本人に本当に伝えたいんだ!それほどがんばっていないのにお金をもっている人は世の中にたくさんいるんだよ。 だから、そんなに無理してがんばらなくても大丈夫(笑)チャンス次第なんだ。 努力はもちろん必要だけど、運命は自分で変えられるんだよ」 日本人はキャリアアップを目標としがちですが、アメリカ人はどう効率的にお金を稼ぐかを常に考えているようですね。 今後は、日本でもこういう働き方が増えるのかもしれません。 いかがでしたでしょうか?アメリカ人と日本人の違い、知っているようでまだ知らないこともあったはず。 このような違いがあるから異文化をお互いに理解することが大切です。 アメリカ人に出会う機会があったら、日本に来てショックを受けたことをぜひ聞いてみてください。 面白い話が聞けるはずですよ!.

次の

世界が認めた「一重まぶた美人」日本のトップモデル4人!つり目の一重・奥二重 S級モデル

アメリカ 人 一重

髪の色 … 黒>赤>淡色• 頭髪 … 縮毛>巻き毛>直毛• まゆげ … 濃い>薄い• まつげ … 長い>短い• まぶた … 二重>一重 これを見ると、遺伝的には、濃い顔立ちを作る特徴が優性になっているようですね。 まぶたの遺伝は、二重よりも一重が優性。 つまり、 二重の人と一重の人の子供は、二重の性質が優先されて、二重まぶたになるということです。 実際には100%の確率で二重が遺伝するわけではないのですが、基本的には二重が受け継がれる確率のほうが高いのは間違いありません。 二重の白人同士が結婚したら、基本的には二重になるというわけです。 白人がみんな二重になる理由のひとつは、この遺伝的要素。 でも… その理屈でいくと、 普通に世代を重ねていくと、地域や人種に関係なく、地球上の人類の限りなく全員に近い人が二重まぶたになるはずですよね。 けれど、実際にはそうではなく、日本人や中国人は一重まぶたの人がたくさんいます。 なぜ、アジア人は優性であるはずの二重ではなく、劣性の一重まぶたの人が多いのか? それには、日本人のルーツである、モンゴロイドが関係しています。 一重まぶたは、なぜ誕生したか 世界の人種は、その起源と身体的特徴から、 コーカソイド(白人)、モンゴロイド(黄色人)、ネグロイド(黒人)、オーストラロイドの4つに分類されます。 私たち日本人が属するのは、モンゴロイドですね。 モンゴロイド人種には日本人の他にモンゴル人や中国人が属していますが、いずれも 一重まぶたが多く、白人や黒人に比べると、凹凸が少なく薄い顔立ちが特徴。 でも、遺伝的には、二重まぶたや濃いまゆげなど、「濃い」顔を作る遺伝子のほうが優性だったはずですね。 なぜモンゴロイドは、劣性であるはずの特徴ばかりを持っているのでしょう? その答えは、 寒冷地への適応のため。 一重まぶたは、氷河期の頃のモンゴロイドに出現したと考えられています。 モンゴロイドの祖先は寒冷地に暮らしていましたが、そこでは 優性である二重まぶたや凹凸のある濃い顔立ちは、生きていくのに不利でした。 濃い体毛は寒さで凍ってしまい、薄いまぶたや大きくパッチリ開いた目は吹雪から目を守ることができず、凹凸のある顔立ちは水が溜まって凍結する怖れがあったからです。 そこで、 厳しい寒さの中での生存率を上げるために、本来は劣性であるはずの一重まぶたやフラットな顔立ちの遺伝子が生き残り、モンゴロイド人種の特徴が形作られていったと考えられています。 日本人に一重まぶたが多い理由 寒冷地に適応した身体的特徴を手に入れたモンゴロイドは、その後、さらに生活の場を広げるべく南下していきました。 その人たちを祖先とするのが、現在の日本人、中国人、韓国人、モンゴル人。 この地域に一重まぶたの人が多いのは、遠い昔に寒い土地で生きていた頃の名残なんですね。 一重まぶたはモンゴロイド特有の身体特徴で、白人や黒人には基本的に見られません。 このように、まぶたの一重と二重は人種や遺伝の要素が強く影響するのですが、時々、生まれつき一重だったのに、後から二重になる人がいますよね。 まぶたが人種や遺伝で決まるのなら、どうしてそんなことが起こるのでしょうか…? まぶたの脂肪と一重・二重の関係 まぶたの一重と二重には、脂肪の量も関係していると言われています。 まぶたは脂肪が厚いと一重に、薄いと二重になりやすい構造だからです。 脂肪の量とまぶたが関係していると言われてもピンと来ないかもしれないので、例を出して考えてみましょう。 厚いゴム板と、薄い布をイメージしてみてください。 弾力のあるゴム板は曲げてもしなって平らなままですが、布のほうはシワやヒダが寄りやすいですよね。 まぶたもこれと同じで、脂肪が薄いと二重になりやすいというわけです。 28 イラスト内の誤字をご指摘いただき修正いたしました。 実際、 ほぼ全員が二重まぶたの白人や黒人は、まぶたの脂肪が少なく薄いのが人種的な特徴。 二重まぶたが優先遺伝するのに加え、そもそも顔の作り自体が二重になりやすい作りをしているんですね。 一方、私たち 日本人はまぶたの脂肪が多く厚くて、一重になりやすいと言われています。 一重まぶたは極寒の環境で発生した特徴ですが、確かに目を寒さから守るためには、まぶたが厚いほうがいいですよね。 もともと一重まぶたの人が二重になるケース 生まれつき一重だった人が後から二重まぶたになることがありますが、これは目の周りの脂肪が落ちて薄くなるため。 まぶたの脂肪は年をとると薄くなるので、日本人は年齢が上がるほど、二重まぶたの人の割合が増えることがわかっています。 その他に、目をひどくこすったり、疲労が激しい時にも、まぶたの皮膚が弾力を失って薄くなり、もともと一重のまぶたが一時的に二重になることも。 反対の例では、 生まれたばかりの赤ちゃんは脂肪が多くプクプクしているので、二重が遺伝していても、生後1年くらいまでは一重であることが珍しくありません。 ハイハイをしたり、立って歩くようになってくると顔の脂肪が落ちてきて、本来の二重が現れてきます。 一重まぶたはモンゴロイド(黄色人)に特有の特徴で、白人や黒人には基本的に二重まぶたの人はいない• まぶたの遺伝は、二重が優性で一重が劣性• 一重まぶたは氷河期のモンゴロイドに出現し、極寒の環境で生き残るため、劣性だが環境に適した身体的特徴が残った• まぶたの脂肪が薄いと二重になりやすいため、一重の人でも、脂肪が減れば二重になることがある 日本では、パッチリ二重に憧れて整形手術をしたり、アイプチで二重を作る女性も多いですよね。 でも、二重の本場とも言える欧米では、東洋人の一重の目は「アーモンド・アイ」と呼ばれて賞賛されます。 アーモンド・アイとは、目尻がすっと尖り、名前のとおりアーモンドのような形をした瞳のことで、欧米では目の美しさを象徴する言葉。 白人・黒人はほぼ全員が二重まぶたですし、ペルシャ人やインド人、東南アジア人も、ほとんどの人が二重だそうです。 私たちにとっては見慣れた一重まぶたですが、世界的には少数で、珍しくエキゾチックに映るのかもしれません。 目が小さく見える、アイメイクが難しいという理由で敬遠されがちな一重まぶたですが、アジアン・ビューティの象徴だと思うと、なんだか自信が持てる気がしてきますね。 参考文献) 面白くて眠れなくなる人類進化(PHP研究所) ヒトはなぜ眠くなるのか(PHP研究所) 進化論と生物の謎がよーくわかる本(秀和システム) 病気にならない雑学(彩図社) 伸ばすための子ども心理学(PHP研究所) おとなの楽習 11 理科のおさらい 生物(自由国民社) 生命と自然 ライフサイエンス入門(玉川大学出版部) 「自分の時代」の自分の見つけ方(PHP研究所).

次の

白人に一重がいない理由は?二重まぶたの西洋人/一重まぶたの日本人

アメリカ 人 一重

2013年夏に放送されて大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』では、衝撃的な土下座シーンが話題となりました。 アメリカでも観ていたようで……。 「日本の土下座はいいね!ドラマを観て、憧れていたんだ。 けど、日本に来てから土下座をしている人を一度も見かけないんだよね。 残念過ぎる!」 日本独特な謝罪のである「土下座」は、ひざをつき、額を地面につけて礼や謝罪をします。 そもそもは最高度の敬意を表す礼法ですが、現在では相手への完全な屈服を示すポーズとして使われ続けていますよね。 確かに日本人でも日常で目にする機会は滅多にないのでは。 「土下座は素晴らしい日本の文化だと受け止めているよ。 「ここまでしているのだから、どうぞお許しください!」と恥を捨て、心を込めて頭を下げましょう。 日本でありがちな社内恋愛。 職場で毎日顔を合わせているうちにと恋が芽生えても不思議ではありません。 しかし、アメリカでは社内恋愛は期待できなさそう。 「アメリカではビジネスとプライベートがはっきりと分かれているんだ。 だから、日本の会社みたく同僚とランチを食べに行くことはないです。 同じ職場にいても仕事以外のつながりはほとんどないから、社内に恋人ができるなんて考えられない。 日本では社内恋愛が多いみたいだから驚いたよ!」 それでは、アメリカではどこで異性と知り合うのでしょうか? 「仕事終わりにゆっくりとバーやで過ごすのが日常だから、そこでと仲良くなることが多いかな」 アメリカは日本のように残業が当たり前ではないので、いわゆるアフターファイブが充実しているのでしょう。 初対面でも気軽に打ち解けられるアメリカならではの出会い方ですね。 「日本人って初対面で話すときに、まず年齢を聞くよね?あれ、聞いてどうするの?」 たしかに、わたしたち日本人は無意識のうちに「おいくつですか?」と確認するクセのようなものがあります。 日本でも男性が女性に年齢を聞くのは失礼とされていますが、相手の年齢はどうしても気になってしまいますよね。 アメリカ人にはその感覚がまったくないようなのです。 「男でも女でも関係なく、だれかの年齢なんて気にしたことがないよ。 知りたいのは、趣味とかその人自身のこと。 それよりも年齢に興味があるってことにビックリしたよ!」 日本では先輩・後輩といった上下関係が根付いていますから、相手によって言葉遣いや態度を使い分けなければなりません。 ですから、最初にどちらが年上なのかを確かめておくと安心です。 アメリカでは相手の年齢に関係なくファーストネームで呼び合い、言葉遣いもほとんど変わらないので年齢を知らなくても問題ないのでしょう。 「日本は全体的に食事のレベルが高い。 外食なんて、どこのお店に入っても間違いないと思う。 日本にいれば、世界中の料理が美味しく食べられるんだ。 素晴らしい食文化があって日本人は本当に幸せ者だよ!」 と、日本の食を褒めたたえてくれましたが、アメリカではどうだったのでしょう? 「たとえば、アメリカにいたころはを全く食べなかったんだ。 美味しくなかったからね。 けど、日本のは本格的で最高だよ。 日本の食は繊細なうえに、作り手にこだわりがあるんだと思う。 アメリカの料理?正直、美味しさなんて求められないよ(笑)チャイニーズ料理だって、ニューヨークではとても食べられた味じゃないんだよ。 信じられないでしょ(笑)」 彼によると、アメリカ人はそもそも味にそれほどこだわっていない人が多いそうです。 どちらかというと「食事は生きるために口にするもの」という感覚で、食事を味わう喜びはあまりないのでしょうか。 「特に東京では、人と人との距離がアメリカに比べて遠く感じる。 ひどい場合なんて、1か月後だよ!これは信じられないね。 遅くても週末には会えるのが普通だよ。 友達だったら、会いたいときにいつでも会えるものじゃないの?」 日本人は仕事を優先する傾向があるのでしょうか。 仕事で疲れた後はまっすぐに家に帰宅したいという人も少なくなさそうです。 そういった状況も理解しがたいのかもしれませんね。 「友達と会う機会が少なすぎるよ。 アメリカ人は仕事帰りにとかでしょっちゅう友達と会って話しているよ。 日本人みたく年に12回しか会わないなんて、友達って言えないね」 日本に住んでいるアメリカ人は、日本人の友達とあまり遊べなくて寂しい思いをしているのかも。 気兼ねせずに、どんどん誘ってしまいましょう。 「合コンっていうのに興味があって、参加してみたんだ。 アメリカには合コンなんてないからね。 ドラマのシーンでよく見てたから、どんな感じかワクワクして行ったんだよ。 全体的に話が薄いね」 これは、日本人には耳が痛い言葉かも。 せっかくの出会いの場なのに、その人の考え方や生き方などを理解できるような深い話には程遠い会話が延々とくり返されます。 女性は自分から積極的に話さなくて、男性がその場を盛り上げるのが仕事みたいになってたよ。 日本人の男性に同情するね(笑)そのうえ、男性がお金を多く払うシステムになっているんだ。 男性の奢りだからラッキーとばかりにめちゃくちゃ食べている女性を見て、すごいなーと思ったよ(笑)」 自己をしっかりとアピールする女性を見慣れているアメリカ人にとっては衝撃だったようですね。 「日本の漫才が大好きなんだ。 2人組でボケとツッコミをし合うタイプのお笑いはアメリカにはないからね。 アメリカでは、ほとんどがひとりでやるコメディ。 どちらも面白いけど、まったく違うものなんだ」 日本では両極端なタイプの2人が相手の欠点をつくなどして笑いをとっていくのが定番。 いっぽう、アメリカのスタンダップ・コメディでは社会問題や思想などをあえて過激にいじるスタイルが人気です。 「芸人さんが大勢でゲストの話を面白おかしく盛り上げる番組もよく見ているよ。 日本のお笑いはチームワークを重視しているんだね。 お笑いの日本語は速くて聞き取りにくいですから、大変だったでしょう。 「日本人は、やっぱり真面目なのかな。 コツコツと努力することを重要視しているよね。 お金を稼ぐ方法はいくらでもあるのに、それにチャレンジしないのが不思議。 私は物価の高い東京に住む資金づくりのためにドバイで3年働いたよ」 お金を稼ぐために世界でもっとも豊かといわれる国に行くという思考は、なかなか思いつかないですよね。 ドバイの給与水準は高いとされていて、しかも税金がかからないというメリットもあるとか!そして何よりも実際にその国に行って働いてしまうバイタリティは、さすが! 「これは、日本人に本当に伝えたいんだ!それほどがんばっていないのにお金をもっている人は世の中にたくさんいるんだよ。 だから、そんなに無理してがんばらなくても大丈夫(笑)チャンス次第なんだ。 努力はもちろん必要だけど、運命は自分で変えられるんだよ」 日本人はキャリアアップを目標としがちですが、アメリカ人はどう効率的にお金を稼ぐかを常に考えているようですね。 今後は、日本でもこういう働き方が増えるのかもしれません。 いかがでしたでしょうか?アメリカ人と日本人の違い、知っているようでまだ知らないこともあったはず。 このような違いがあるから異文化をお互いに理解することが大切です。 アメリカ人に出会う機会があったら、日本に来てショックを受けたことをぜひ聞いてみてください。 面白い話が聞けるはずですよ!.

次の