薔薇 の ない 花屋 しずく。 薔薇のない花屋 最終話「薔薇を売る花屋〜涙の一滴(しずく)」名セリフ・あらすじ・ストーリー

薔薇のない花屋 最終話「薔薇を売る花屋〜涙の一滴(しずく)」名セリフ・あらすじ・ストーリー

薔薇 の ない 花屋 しずく

自分に子供がいる事を知った舜(玉山鉄二)は英治(香取慎吾)を訪ねるが、そこで、瑠璃(本仮屋ユイカ)の舜への「家族を作って欲しい」との想いを拒否、子供が生まれた事は英治の過失であることを確認する。 しかし、雫(八木優希)の父親が舜であることを安西院長(三浦友和)も知っていることを知った舜は、保身の為に安西を訪ねる。 その舜の弁解的な態度と保身的な条件に憤慨した安西は舜を帰らせ、自ら平川(尾藤イサオ)の執刀を試みるが、持病である手の震えからオペは致命的な状況に陥る。 その父の状況を察知した美桜(竹内結子)は、連絡を取っていなかった英治に電話をし、助けてほしいと叫ぶのだった。 美桜の気持ちを汲んだ英治はアメリカへ戻ろうとしていた舜の前に立ちふさがり、病院に戻って欲しいと説得する。 舜のもとに説得に走った英治に、舜は戻るための残酷な条件を出してくるのだった。 英治のとった行動とは。 急遽、平川の手術室に戻った舜。 その致命的な状況を救うために執刀を始めた舜は何故か美桜をオペ室に呼ぶ。 果たして手術は成功するのか? さらに英治のもとに雫は戻ってくるのか? そして英治と美桜の関係はこのままで終わってしまうのか。 究極のヒューマンラブストーリーがここに完結!! 怒涛の最終回となる。

次の

薔薇のない花屋 最終話「薔薇を売る花屋〜涙の一滴(しずく)」名セリフ・あらすじ・ストーリー

薔薇 の ない 花屋 しずく

自分に子供がいる事を知った舜(玉山鉄二)は英治(香取慎吾)を訪ねるが、そこで、瑠璃(本仮屋ユイカ)の舜への「家族を作って欲しい」との想いを拒否、子供が生まれた事は英治の過失であることを確認する。 しかし、雫(八木優希)の父親が舜であることを安西院長(三浦友和)も知っていることを知った舜は、保身の為に安西を訪ねる。 その舜の弁解的な態度と保身的な条件に憤慨した安西は舜を帰らせ、自ら平川(尾藤イサオ)の執刀を試みるが、持病である手の震えからオペは致命的な状況に陥る。 その父の状況を察知した美桜(竹内結子)は、連絡を取っていなかった英治に電話をし、助けてほしいと叫ぶのだった。 美桜の気持ちを汲んだ英治はアメリカへ戻ろうとしていた舜の前に立ちふさがり、病院に戻って欲しいと説得する。 舜のもとに説得に走った英治に、舜は戻るための残酷な条件を出してくるのだった。 英治のとった行動とは。 急遽、平川の手術室に戻った舜。 その致命的な状況を救うために執刀を始めた舜は何故か美桜をオペ室に呼ぶ。 果たして手術は成功するのか? さらに英治のもとに雫は戻ってくるのか? そして英治と美桜の関係はこのままで終わってしまうのか。 究極のヒューマンラブストーリーがここに完結!! 怒涛の最終回となる。

次の

薔薇のない花屋

薔薇 の ない 花屋 しずく

自分に子供がいる事を知った舜(玉山鉄二)は英治(香取慎吾)を訪ねるが、そこで、瑠璃(本仮屋ユイカ)の舜への「家族を作って欲しい」との想いを拒否、子供が生まれた事は英治の過失であることを確認する。 しかし、雫(八木優希)の父親が舜であることを安西院長(三浦友和)も知っていることを知った舜は、保身の為に安西を訪ねる。 その舜の弁解的な態度と保身的な条件に憤慨した安西は舜を帰らせ、自ら平川(尾藤イサオ)の執刀を試みるが、持病である手の震えからオペは致命的な状況に陥る。 その父の状況を察知した美桜(竹内結子)は、連絡を取っていなかった英治に電話をし、助けてほしいと叫ぶのだった。 美桜の気持ちを汲んだ英治はアメリカへ戻ろうとしていた舜の前に立ちふさがり、病院に戻って欲しいと説得する。 舜のもとに説得に走った英治に、舜は戻るための残酷な条件を出してくるのだった。 英治のとった行動とは。 急遽、平川の手術室に戻った舜。 その致命的な状況を救うために執刀を始めた舜は何故か美桜をオペ室に呼ぶ。 果たして手術は成功するのか? さらに英治のもとに雫は戻ってくるのか? そして英治と美桜の関係はこのままで終わってしまうのか。 究極のヒューマンラブストーリーがここに完結!! 怒涛の最終回となる。

次の