ダンジョンメーカー。 【ダンジョンメーカー】評価・レビュー!魔王によって変わるダンジョンの作り方が奥深い!

PC版「ダンジョンメーカー」がDMM GAMESでリリース。先着1万名限定でソフト本体が無料になるキャンペーンを実施

ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカーの魅力にせまる ゲームジャンルとしてはディフェンス系。 スマホ向けゲームでは比較的メジャーなジャンルでしょう。 例としては ・にゃんこ大戦争 ・千年戦争アイギスA ・ディフェンスウィッチーズ(サービス終了) が挙げられます。 迫りくる敵から拠点を守る! ざっくり言っちゃうとそういうジャンルですね。 一番近いのはPCゲームの「 巣作りドラゴン」だと思います。 同ゲームをスマホ向けに遊びやすく調整したような印象です。 巣作りドラゴンも非常に高い評価を受けているので、 ダンジョンメーカーにハマった人は一度プレイしてみるといいかもしれません。 ダンジョンメーカーのゲーム進行 ゲームの目的 まず魔王を選択します。 最初は2人のどちらかしか選べませんが、 プレイしているとアンロックできます。 この魔王を守るためにダンジョンを構築するのがプレイヤーの役目となります。 上図であれば、宝箱を選べばアイテムが手に入ります。 一般戦闘はその名の通り、戦闘に移行します。 戦闘について 戦闘はシンプルですが奥深いものになっています。 画面上部、名前の右にあるピンク色のゲージがHP。 左下の宝石がMP(時間経過で回復)。 右下のアイコンが魔王の権能(攻撃や補助)を示しています。 画面をタップするとMPを消費して権能が発動します。 プレイヤーが戦闘中にできるのはそれだけです。 ただそのタイミングが重要です、何度もプレイして感覚をつかみましょう。 「え、じゃあタップして敵を倒すだけなの・・・?」 ところがぎっちょん、そういうわけじゃないんです! このゲームのキモとなる部分は、 部屋を建設してモンスターを配置、罠で敵をハメて魔王を守ることにあります。 タップによる魔王の権能の発動はあくまでもその補助や緊急手段。 こんな具合にモンスターをたくさん配置できます! 上図は戦闘部屋しかありませんが、数々のユニークな罠もあります。 また戦闘部屋についても様々な効果があり、モンスターに有利に働きます。 そして 敵を撃退すると魔王だけでなく、モンスターも部屋も強化されていきます。 ではどうやって部屋を建設したりモンスターも入手できるのか。 戦闘報酬について 戦闘に勝利すると戦闘報酬が得られます。 この戦闘報酬をタップすると、ランダムで3つ選択肢が表示されます。 上図では罠と卵ですね。 他にも様々な報酬があります。 基本はこの 戦闘報酬で部屋とモンスターを入手します。 様々な運命のカード 他にも運命のカードのイベントで入手できたりもします。 イベントカードについてはランダム性が非常に高いですが、 稀に 強力な効果もありますので、うまく活用したいですね。 イベントの一例です。 どちらもメリット・デメリットがありますが、選択しなくてはなりません。 運命のカードには他にも様々な種類があります。 他にもありますし、たぶんアプデで追加されると思います。 あとはスキルを継承して、 君だけのオリジナルモンスターでライバル(友達)に差をつけろ!(コロコロ) またプレイしていて便利だなと思ったら追記していきます。 ダンジョンメーカーの今後、まとめ 本作品の制作はGameCoaster社です。 製作者インタビューによると、 やはり巣作りドラゴンの影響を受けているそうです。 ここまでゲーム性について記述してきましたが、 この内容で400円しないのは素晴らしいの一言に尽きます。 今後も精力的にアップデートをするようですので、 興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか? このゲームに興味がある人は以下のゲームもオススメかも。 ・その大樹は魔界を喰らう! ・VenusBlood.

次の

ダンジョンメーカー攻略wiki Wiki*

ダンジョンメーカー

完全初心者魔王のダンジョン100日継続までの道のり 仕事終わりにマイペースで進められるのはソシャゲにはない楽しみ方です。 それでは、早速私が 「ダンジョン継続100日継続」までに試行錯誤した記録をご紹介していきます。 なお、 「お前のプレイ日記とか興味ねーよ!! 」「さっさと、攻略とかコツだけ教えろよ!! 」なんて方は読み飛ばしていただいて大丈夫です(笑) 何もわからないまま、まずは「エリザベス」でトライ!! 正直、初期から選択可能な2人の魔王は弱いです。。。 しかし、初期の魔王で攻略を進めないと魔王のアンロックはできないので最初は 「エリザベス」で進めることに。 結果から言います 20日で攻め落とされました。。。 まぁ、初回はこんなもんでしょう。 と自分に言い聞かせました(笑) 実際この段階では「ダンジョンメーカー」の楽しさは全く分かりませんでした。 なんなら 「なんだこのクソゲーは!! 」くらいに思っていました(笑) 2周目から徐々に気が付く楽しみ「実感できる成長」 20日で倒されても、徐々に成長するのです。 徐々にこのゲームの醍醐味に気が付き始めました。 それは、特に知識や戦略などを学んだわけではないのに、2周目のプレイでは先ほどの倍以上の日数である44日 も生存できたのです!! この圧倒的な成長を実感できる感覚がこのゲームの醍醐味であり、中毒性か!! と気付き始めました。 もうこの成功体験をきっかけに気が付いたら余裕で数時間が経過しているなんて事態が発生し始めます(笑) なかなか超えられない100日の壁 徐々に楽しさに気が付き始めた私はもう自分の意思ではゲームを止められない体になってしまったのです(笑) 3周目「51日」生存 4周目「61日」生存 5周目「61日」生存 はい、僅かながら成長を続けますが伸び悩みました。。。 (笑) しかし、このあと衝撃の事実に気が付くのです!! 転生レベルUPで魔石でGET!! オリジナルパックを開封 完全に気が付いていませんでした。。。 (笑) ダンジョンの継続が終わったタイミングで継続日数や倒した勇士の数などに応じて経験値が手に入ります。 この経験値によって魔王がレベルアップしたり、転生レベルが上がると 「魔石」が手に入ります。 この魔石はオリジナルパックを開封することでランダムに新しい罠、魔物、魔王、機能などのアンロックが出来ます。 こんな重大なことを見落としていました。。。 というわけで早速、オリジナルパックを開封しました!! やっと初期魔王以外の魔王がアンロックされました!! いかにも強そうなやつが出ました!! 他にも、初期状態からダンジョンが1段階拡張される機能やモンスター融合のキャラをアンロックしたりできました!! 一旦、画像のようにレベッカのレベルをある程度上げて再度、 「ダンジョン100日継続」に挑戦です!! ついに魔王「レベッカ」で100日突破!! こんなに簡単なの??というくらいあっさり100日突破できました!! 貯まった魔石はドンドン使いましょう(笑) 正直、魔王をアンロックしていくつかの機能を解禁するだけでこんなに攻略がはかどるとは思いませんでした。 結果的に、この後もガンガン勇士たちを退けて自身最高記録となる 153日を達成しました!! 次の目標は 無事に完全初心者魔王だった私も難易度1のダンジョン継続100日という第1関門を突破できました!! となると次の目標ですが、まずは難易度を上げてダンジョンを100日継続することが目標になります。 結果的に魔石も貯まって新たな魔王などもアンロックできたら一石二鳥って感じです。 これで少しは夜ぐっすり眠れそうです(笑) ダンジョン100日継続の7つのコツ・攻略ポイント では実際に私がダンジョン継続100日を達成するまでに試行錯誤して発見した7つの気を付けたことやコツなんかをご紹介いたします。 ちなみに私は「雷」の罠でダメージを与えたり、「呪い」の罠で勇士を弱体化したりしました。 まぁ、ダンジョン内の構成に合わせて適宜、罠の種類は変更して構いませんが、この右端中央という位置はかなり重要な位置になるのでなるべく強力な罠を設置することをオススメします。 このゲームは 「ダンジョンメーカー」というタイトル通り、魔王が戦闘することより、 ダンジョンを強化することが最重要です。 ほとんどの場合、魔王部屋に複数の勇士が侵入したらまず数秒でやられてしまいます。 そこで、一番守りを固めるべき位置はやはり「魔王の部屋」に隣接するダンジョン左端です。 特に中央は魔王の部屋への経路になるので徹底的につよい魔物で固める必要があります。 しかし、注意すべき点が1つあります。 ダンジョンを拡張した場合、左端に部屋が1列追加されます。 つまり、ダンジョン拡張直後は魔王の部屋に隣接する縦3部屋が空っぽになります。 この状態は非常に危険です。 速攻で商人パネルなどを選択して左端中央から優先的に戦闘部屋を配置して魔物の再配置をしていきましょう。 精鋭戦闘に勝利すると魔王の強化等の効果を得られる「遺物」を獲得できます。 なので、なるべく勇士のレベルが低い序盤のうちは積極的に「精鋭戦闘」を選択していきましょう。 しっかりと、序盤で有用な遺物を集めておきましょう。 特に序盤から中盤はまだダンジョン内がスカスカで一気に魔王の部屋まで攻め込まれる危険性もあるのでとにかく、強いモンスターを獲得して層を厚くするのが最優先の行動です。 ダンジョンに設置する部屋はよほど強力なものでない限りは、基本的にモンスターの卵優先です。 部屋の設置は商人から購入して一気に設置するのがオススメです。 しかし、先ほども述べたようにダンジョン拡張直後で魔王部屋の横を埋める必要があるときなどは場合によって、部屋の設置を優先する場合もあります。 戦闘後の報酬に卵がなくて、罠などもショボいものが多い場合は既存の罠の強化等に使ってしまいましょう。 私は特に何も考えずに手数重視で「マナ」消費が1の基本攻撃を連打していました。。。 魔王がレベルアップすると 「権能」が解禁されます。 初期は、マナの消費が1の基本攻撃のみしか使えません。 しかし、レベルが上がると全体攻撃や味方や敵に特殊効果を付与させるような特殊攻撃などが使えるようになります。 私はしばらく「どうせ、基本攻撃が一番強いんでしょ」と舐めていました。。。 普通に全体攻撃メッチャ強いです(笑) 迷わずにガンガン使っていきましょう!! よほど、戦闘が終盤になって残りがボス一体とかになるまでは全体攻撃で構わないです。 実際、余裕で倒せる相手でも戦闘時間がかなり短縮できるのでサクサク進めるためにも全体攻撃は使うべきです。 休憩所とは戦闘部屋でもなく罠でもない特殊な部屋です。 モンスターを配置することもできないし、勇士が侵入しても何の効果もありませんが、休憩所を設置しているだけでダンジョン内のモンスター全員の攻撃力と防御力がUPします!! つまり、一度部屋を設置するだけでダンジョンの強さが底上げされます。 私は不要な罠や戦闘部屋を取得した場合は、先述したダンジョン右端中央の罠かこの休憩所の強化に使用しています。 この二つは永続的にダンジョンの継続に貢献するので優先的に強化をしていきます。 私はまだやっと難易度1で100日耐え抜いた程度なので基本は火力重視です。 実際に、500日とか継続を目指す場合は補助的な役割が強い魔王も有効かもしれませんが、100日継続を目指す程度ならば高火力の魔王が簡単です。 この記事の前半プレイ日記で紹介したように、私は 「レベッカ」という魔王をアンロックできたのですが、レベッカを使用したらあっさり100日突破できました(笑) この魔王は 「死体爆発」という状態異常を勇士に付与できるのですがこれがハンパない火力なんです。 「死体爆発」が付与された状態で勇士が倒れるとその数値分、周囲の仲間にダメージが与えられます。 この死体爆発を利用すると勇士が連鎖的にガンガン倒れていくので、大勢で詰め寄ってきたときに一掃できたりします。 さらに、全体攻撃の火力が他の魔王に比べてもかなり高いので火力面では申し分ない性能です。 ぜひ、運よくオリジナルパックから出現した場合は迷わず獲得しましょう!! まとめ 今回は、私が激ハマりしているゲームアプリ「ダンジョンメーカー」のダンジョン100日継続までのプレイ日記とコツや攻略ポイントを紹介してみました。 正直、皆様の貴重な時間があっという間に溶けてなくなってしまうのは申し訳ないので、あまりオススメはできませんが「ダンジョンメーカー」ヤバいです(笑) これからも、ちょくちょく「ダンジョンメーカー」の記事はこのブログ内でも公開していく予定なのでよかったら、読んでやってください。

次の

ダンジョンメーカー: 個人的おすすめスキルの早見表を作ってみた~必須汎用スキル~

ダンジョンメーカー

ゲームの見どころ ・やり出したら止まらない!! 病みつきになる中毒性 ・選択と配置で決まる、簡単操作で奥深い戦略性 ・負けたら最初からやり直し!? SLGとはいっても、キャラを育てるRPGの要素あり、レアアイテムを引くガチャ(無料)の要素あり、TRPGの要素あり。 キャラだってかわいいビジュアルでドット絵に萌え萌えだ。 これだけの要素が盛りだくさんで買い切り360円(2018年5月25日現在)。 ゲーム内にも課金要素はあるが、無課金で入手できないものはない。 360円の、たった一度の購入でずっと遊べるというのも、本作の大きな魅力のひとつだ。 やり出したら止まらない!! 病みつきになる中毒性 ゲームを始めると、ふたりの魔王のうちからひとり、主人公を選ぶ。 どちらを選んでも大差ない。 見た目の好きなほうで選んでよい。 また魔王はプレイのたびに変更することができる。 レッツチャレンジ誰か! こうしたガチャは数百円払って引くのが現在のゲームでは一般的である。 しかし、『ダンジョンメーカー』ではガチャに課金要素は一切ない。 戦闘のたびに卵を開けて、レアキャラを期待する快楽を何度も味わうことができるのだ。 犯罪的な中毒性である。 ボス以外のモンスターはやられても何度でも復活し、HPも回復するので、どんどん精鋭戦闘を行い、質の高い報酬を得ていくのがこのゲームのコツである。 思わぬ強力モンスターが仕上がったときは胸が躍る。 「こんごともよろしく」 そもそも戦闘部屋や罠も、敵が踏んでいない場所に設置していなかったか? など、考えることは多岐に渡る。 負けたら最初からやり直し!? 魔王のHPがゼロになるとゲームオーバー。 育てた迷宮は破壊され、世界は平和になったのだろう。 たぶん。 しかし、魔王は滅びない。 転生し、新たな迷宮をイチから作り直すことになる。 むしろ「つぎこそうまくやってやろう」とかえってモチベーションが上がるのが、この『ダンジョンメーカー』。 このあたりの中毒性は『トルネコの大冒険』などのローグライクRPGと似ている。 そして、ゲームを進めていくうちに育てたモンスターや迷宮をつぎのプレイに引き継ぐことができるようになり、そうすると一気にダンジョンでの生存率は上がっていく。 そうやって精魂こめて作ったダンジョンやモンスターへの愛着は果てしないのである。 もし、 微課金でスキマ時間にがっつりやり込めるゲームがないかなぁ……と考えている人には強く強くおすすめしたい。 逆に、忙しい人、いまやっているゲームだけで手いっぱいという人には絶対におすすめしない。 中毒性が非常に高く、時間を奪いすぎ、日常生活に支障をきたすほど楽しすぎるからだ。 買い切りSLGの大傑作、『ダンジョンメーカー』。 読者の皆さんは心してインストールしてほしい。 (BY ).

次の