スクラップ ゴブリン。 GSスクラップ 〜働き方改革〜

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「スクラップ」テーマ紹介

スクラップ ゴブリン

の概要 より登場したと名のついた群で構成される。 やを繰り返しつつ、をし、をすることが主な戦術となる。 1 :このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地の「スクラップ」チューナー1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 そのカードを破壊する。 2 :このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、 Sモンスター以外の自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動する。 そのモンスターを特殊召喚する。 1 :自分の墓地の「スクラップ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 フィールドの表側表示の「スクラップ」モンスターが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 1 :フィールドの「スクラップ」モンスターの攻撃力・守備力は200アップする。 2 :フィールドの表側表示の「スクラップ」モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 自分はデッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。 によってされる事でをできるという共通のを持ち、によってできる。 準級のを持った4であり、ですることで、即座にのにつなげることができる。 よりもが少し高めな4であり、でを行える。 とは違い、上にさえいれば自身のででき、自身をすることで速効性のあるを行えるがある。 反面、できないというを持つため、序盤だとやすい点には注意が必要である。 また、のを利用し、常にに握っておけば毎のでをできる。 の低い3ではあるが、によりが見込める。 と相性が良く、を活かすことで、要員としつつに繋げることができる。 この場合、即座にするのもいいが、場合によってはに事でをしたり、にすることもできる。 がしていれば、もこのをしにくくなり、も躊躇わざるをえないため、強固なとなりうる。 としてはが低い5の。 によるから、へのを積極的に狙う事ができる。 非の その他のにはをするを持ったが多い。 この1枚でをできるので、可能な限りべきだろう。 4のをすればそのままも狙える。 がしただけでするため場持ちは良くないが、の際にのをことができる。 2100のであり、と同じような感覚で使用するのも良いだろう。 とともにの重要な起点となる。 このを出してからをするだけでをへ送りつつを展開しすることが可能。 ただし、や・などによる妨害を警戒しなければならない。 がされる事でを行うを持つ。 等で失い易いを補う事が可能であり、としても優秀。 またとも取れる後半のは【スクラップ】自身にはあまり影響は及ぼさない。 さらにはやにより、疑似としても使える。 総じて向けのであると言える。 やをば1枚且つ下準備無しでのが可能。 にたいがある場合はを利用するのも良い。 こうしたのと合わせて各種素材として用いるにあたっては非常に便利だが、各種のやとのはほとんどない点には留意しておきたい。 にがいればからでき、そのあとをするを持つ。 と違いのに関係なくでき、ののにできる。 ただしあちらはを持つので、2100の打点・6の非であることを活かしたい。 とを行えるを持つ。 は少々心許無いが、をしての補助に用いると良い。 さらにをてにしたり、を使用したりとなかなかに汎用性が高い。 であるため敬遠されがちではあるが、のを最大限活かす事ができる。 にダブつくと困るので、このを採用する場合は要員やとしても同時に採用しておくと良いだろう。 の登場により、大幅に有用性が上がった。 をとする のをすることが多いこのにとって、をとするとは相性が良い。 は優秀なを持ちも高く、戦線維持に非常に役立てることができる。 はを多めに投入することで、するとして使用することができる。 もをとするを持つ他、を戦術とする共通点がある。 全体的に安定性や展開力の向上が見込め、一部のはやでのも存在する。 ・を補助する これらを補助するは数多く存在するが、特に【スクラップ】との相性の良い物を挙げる。 からさらにを展開できるを持つ。 さらになので【スクラップ】とがある。 の存在から、にを確保し易いために繋げ易い。 また、4であるためにも繋がる。 は4であるため、このによりできる。 そのままや別の8のを行うも良し、を行うのも良い。 ・・ このをした後にをすることでに繋げられる上、要員として扱い、をするのにも役立つ。 このの問題の一つである打点不足を補うこともできる。 上にが2体存在する場合、からするを持つ。 条件はをし、かをさせることで容易に満たすことができ、4のを3体要求するも難なく行える。 自身をするは、にしてしまえば問題なく、を繰り返し狙うことができるようになる。 その他の相性の良い• 要員・の的• に一定の制約ができるものの、のを多用するこのではのやの等の無限として活躍する。 回避を持つ4であり、のにしてこのをゲームからする事で、損失なしでをできる。 1に3枚をからへ送れるため、要員として使える。 また、されれば1枚できるので、のとも相性が良い。 時にやを事ができる。 初動は遅くなるものの、高くはないこのの安定性を上昇させることができる。 1400以下のを封殺する4。 ・・・とともにを共有できる。 の を除けば、のをしつつ、のをするという共通のを持つである。 複数存在するが、それぞれの特性が異なるため戦況によって使い分けることになるだろう。 で簡単にでき、万能を持つ優秀なである。 このをする事こそがこのの目標であり、様々な場面で活躍するので、には最低でも2枚は積んでおきたい。 よりが1つ高いためを使用する場合はと、もしくはで4のをすることでしやすい。 とは違いするを持つため、戦況によって使い分けると良いだろう。 は持たないが、でをさせることでできる唯一の。 も高いため、を採用する場合はぜひに1枚は用意しておきたい。 を含む2体と緩いであり、やならば1枚で出せる。 2つのと、及び 2 ので大きなを稼ぐ事ができる。 をすることで、高も簡単に出せる。 ・の向きといずれもと呼べる性能なので、複数枚の採用も十分に考えられる。 やをする事で、2回までをにする事ができる。 のをし、このをしてのをしたり、9のをする事ができる。 【スクラップ】にとっては以外の新たな戦術となる。 強力なされたのを持つ。 を取り除く事でを免れることができるため、と相性が良い。 2体でできる。 で統一されているではは難しくない。 時のでは主にをする事になるだろう。 のを出来るので、でしたいをしたり、からしたを使ってこのを出して、4のに繋げる事も出来る。 同様に、実質1枚分の損失でからをへ送れる。 またをした場合はでのとして用いることができる。 特にをしつつをへ送り、のでをすればのの準備が完了する。 であるため、が可能なことも優秀な点の一つである。 ただし、では後述のののことがあるので注意。 をできる。 先は・・・・・の6種類。 と合わせて行動の起点とすることができる。 のとが行える。 自ら積極的にをし展開でき、またにとってもされたをしづらくなる。 するの筆頭候補はだろう。 が存在しない場合にするのは少々難だが、、、、などは使いやすく有用。 が存在する場合にしをできれば、圧倒的な差を得る事ができ、そこから勝利することも難しくはないだろう。 ただし、このになどをされされてしまうと、のを1体失い、もできなくなってしまうので要注意。 能動的なをするこのでは強力なになりうる。 いざという時には、のにもできるため相性は抜群。 にも対応し、は重複するので複数枚の投入も検討できる。 ただし役割としてはと大きく被るので、一緒に採用するならば採用枚数は吟味したい。 逆に後述する型であればこちらの方を優先することも考えられる。 をピンポイントでへ送り、をすることで、スピーディにをすることができる。 、とも相性が良い。 等、あまりの高くない・をできる。 やを採用する場合には重要な戦力となる。 でさせる事で、のを1枚しつつ、をする事ができる。 だがではの張替えではがしないので投入枚数には一考の余地がある。 やのでしたいをに戻すことができる。 展開補助• このには優秀なである・と、それらをするがある。 そのため、のをに繋げるのは容易である。 また、のによって、をしてもいい。 ・のやのを満たすために使用できる。 をでき、からすることでを肩代わりできるため相性がいい。 とはいえにがいないため、枚数は考えたい。 一度にを4体する。 緊急のとして使える上、ののにもできる。 と共にを行えるをできる点も見逃せない。 のの的となる をするを有効活用する。 がとなる 同様のを活かせる。 と異なりを使用しないで済み、としても有効なため比較的扱い易い。 特に苦手な・へのとなる・は有用である。 でできる のにしてすることでを得ることが可能。 ・・・等はいずれもの高いである。 しかしの有無、できる種類やの方法はそれぞれ異なるためやに応じて使い分けたい。

次の

遊戯王 スクラップデッキデッキレシピスクラップ【ビートダウン】

スクラップ ゴブリン

スクラップとは、• やなどの製品のや、製品の製造過程で出るのこと。 新聞などを切り抜いてに貼り付けること。 実際にスクラップしたものはスクラップ・スクラップとも呼ばれる。 - ので飛び出した。 に登場する群の総称 以下、4. について記述する。 概要 発売のパック「T 」で登場した「スクラップ」と名のついた群。 は全て地であり見たが棄電や材品で出来てるためにだと族だと誤解されやすいが種族はである。 ちなみに前作ではの替えver()が使用していた。 恐らく彼の使うとスクラップが(本来の意味で)似ているからだろう。 主なモンスター:チューナーモンスター は6体存在し、「スクラップ・ド」を除き、共通して以下の効果を持つ。 このが「スクラップ」と名のついたの効果によって破壊されへ送られた場合、 「スクラップ・」以外の自分のに存在する 「スクラップ」と名のついた1体を選択して手札に加える事ができる。 スクラップと名のついたの効果によって破壊することで、から同じくスクラップをすることが出来る。 【スクラップ】では基本的にこの効果で、から次々とスクラップを回収し、後述の「スクラップ・」の効果によるからの生でやを展開していくというのであるといえる。 攻撃されれば壊れてとなるが、回収が可、ということを表現しているのだろう。 当然ながら自身もスクラップであるため、自身の効果で破壊されても、効果の発動をすることが出来る。 は以下の6体が存在している• 厳しいがついているが一の自己生効果を持っている1「スクラップ・ド」• 攻撃はとかなり低いがと回収を行える2「スクラップ・ワーム」• から生してになったり、が破壊された時の優秀なになる3「スクラップ・」• 他の「スクラップ」が場に存在していなければいけないという条件があるが、このでは重な召喚権を消費せずにのスクラップを回収できる4「スクラップ・」• と同じであるためにからのまで幅広くこなせるこのの核である4「スクラップ・」• 手札自己要因になるがから上げればツを召喚できる5「スクラップ・」 主なモンスター:シンクロモンスター 構築にもよるが、基本的にこので最も重要なのは「 スクラップ・」を使いこなすことである。 選択したを破壊する。 このが相手によって破壊されに送られた時、以外の 自分のに存在する「スクラップ」と名のついた1体を選択して特殊召喚する。 自分と相手のを破壊する効果と、破壊された時に「スクラップ」を生させる効果を持つ。 一見、自分のを破壊するということはのようにも見えるが、対は自分が決めることが出来るため必要のくなったや、破壊されることで効果が発動するなどを破壊することでを最小限にすることが可。 生効果はを逃さないため、安心して利用できる。 しかも相手の効果ならば破壊、やによる破壊を問わず、効果が発動する。 たとえ「」や「」などので召喚自体が効化されようと強制効果によりからを呼ぶことができる。 ただし相手によってを奪われた場合、このとこちらの1枚を破壊された挙句、効果の発動が出来ずにに送られてしまう。 また除外やンスにも非常に弱いため、その手のも苦手である。 しかし4以下のスクラップを生することができる効果を持つ「スクラップ・」を生することにより、次ののへと繋ぐことが出来るため、相手によって効果を効化されない限り、スクラップ・は非常にしやすい。 【スクラップ】において、1回のでスクラップ・を使い切ることはよくあることである。 だがその場合は、スクラップの効果でのスクラップを選択することで、そのをに戻すこともできる(は手札に加えることが出来ないため、に戻る) 効果の使い勝手の良さから【スクラップ】以外でもに採用されている率が高いでもあり、に最も使われているスクラップであろう。 発売のパック「 」にて「スクラップ・」の上位種的な存在である「スクラップ・ツ・」が登場した。 どこかをす名前のような気がしないでもない。 選択した自分のを破壊、選択した 相手のを手札に戻す。 このが相手によって破壊されに送られた時、以外の 自分のに存在する「スクラップ」と名のついた1体を選択して特殊召喚する。 「スクラップ・」と似た効果を持つが、こちらは召喚条件に多少のが加わった。 しかし基本的に【スクラップ】はスクラップのを用いることが前提なので、他ので使いづらくなっただけというが多い。 また相手に対する破壊効果がンス(上のを手札やに戻すこと)に変わっており、対も2枚選択することが出来るようになった。 ンスは破壊とは違い、相手にまたそのを使うことを許してしまう。 しかしはからの再利用が出来ず、や速攻も次のまで使用出来なくなるため、戦局によっては破壊よりも優位に働く場面も多々あるだろう。 自分上に攻撃反応のや強なが存在しているのにそれを全て戻され、なおかつ0の攻撃が襲ってくると考えれば、自ずとこのの強さが分かるだろう。 発売のパック「 OF 」にて「アトミック・スクラップ・」が登場した。 的に「ツの次はだろ」と考えていたは、まさかの「アトミック()」に驚くことになった。 選択した自分のを破壊し、選択した 相手のをに戻す。 このが相手によって破壊されに送られた時、以外の 自分のに存在する「スクラップ」と名のついた1体を選択して特殊召喚する。 1枚破壊、2枚ンスと来たら3枚除外ではないかと期待していた【スクラップ】使いをにするために生まれてきたかのような。 しかものが一層厳しくなり、その、召喚に見合った効果がいと、【スクラップ】使いには概ね不評であった。 しかし効果だけ見れば非常に強であり、昨今ののに対するとしては十分な働きをしてくれる。 「」を初めとしたに存在することに意義のあるなどをに戻すだけでも、十分な痛手となるためである。 だが以上に召喚条件が厳しい。 「スクラップ・」の効果を使用することで較的簡単にを持ってくることが出来るが、その場合は他のがスクラップでなければならないため、細かい調整をスクラップだけで行わなければならない。 とはいえスクラップの低はほぼであり、の効果を使用したということは通常召喚権を使用していることになるため、非常に難しい。 何よりものせいでこのを出せる状況は大体他ののができる場合であるのがほとんどである。 どうしても召喚したいのであれば「スクラップ・」+スクラップ+が理想か。 また「スクラップ・」や「」の登場により、こののの方法もが増えたといえる。 の版パック「t 」に「 chfnd」として収録、先行発売され、発売の「 Vume 4」にて「」として収録された。 効果を持たない使いどころが難しいだが、【スクラップ】では「スクラップ・」の効果で「スクラップ・」を特殊召喚することで即に繋ぐことが出来る。 にしか存在しない時やスクラップの補助を使用する際には重宝することもあるかもしれない。 またにのいのの中で最も攻撃が高く、その点でも他のと化して使用することが出来るだろう。 なお、名の「chfnd」についてだが、では「n(の意)」という名称はのとの結びつきがあると問題になっているため、「chfnd(高位のの意)」という名称に置き換えられている。 なぜ版にわざわざ「」のが付与されたのかはである。 主なモンスター:リンクモンスター 新ではからを並べるためには、が必要になった為、スクラップも発売の 2に「 スクラップ・」として、収録された。 1 :自分のの「スクラップ」1体を対として発動できる。 そのを特殊召喚する。 その後、自分の1枚を選んで破壊する。 2 :このが既にに存在する状態で、の表側表示の「スクラップ」が効果で破壊された場合に発動できる。 から「スクラップ」1体を特殊召喚する。 その後、の1枚を選んで破壊する。 スクラップを生し自分のを破壊する効果と、スクラップが破壊された場合にスクラップをしのを破壊する効果をもつ。 1 と 2 を組み合わせるだけでのスクラップがいることを条件にからスクラップ1体をし、スクラップ・の効果等に繋げた上で。 1枚の除去ができる。 スクラップには他のの助けとなるが多数存在する。 全部だと長いので簡略化して紹介。 効果モンスター• 召喚に成功した時、から「スクラップ」のを生し、即に繋ぐことができる「スクラップ・」• 1に1度、から自分か相手の場へ4以下の「スクラップ」を生することができ、そのままにしたり、相手の場にを送り付けてやの対策・サーチャーを送り付けての除去など幅広い使い方がある「スクラップ・」• 「スクラップ」が効果で破壊された時にからり、特殊召喚された時にの自分の場にある「スクラップ」以外のを除去する・ックスの効果を持った「スクラップ・サーチャー」• 、、効果が発動した場合、効果処理後に強制的に破壊されるが攻撃が高く、自身の効果でから「スクラップ」と名の付いたをに送れる「スクラップ・」< くやしい…!でも…感じちゃう• 召喚に成功した時、自壊するがのスクラップを回収するという特有の効果を持っている「スクラップ・コング」< くやしい…!でも• 相手上にが存在する時に特殊召喚が可という非常に緩い召喚条件を持つが、成功時に自分上のスクラップを破壊する「スクラップ・」• 他の「スクラップ」を破壊するが、にスクラップを送れる「スクラップ・」 魔法カード• からスクラップをサーチし、手札に加える通常「スクラップ・」• のスクラップを生する代わりにフェを行えなくなる永続「スクラップ・」• からスクラップをに送ってを1枚ドローした後、選択した「スクラップ」を破壊する効果をであり、場合によっては共通の効果を発動させたり、重ながで除外される前にへ送るなど幅広い利用法がある速攻「スクラップ・」• から3枚のスクラップを選び、その中から相手に選択された1枚を特殊召喚し、他の2枚を除外する「の意地」• 場のスクラップを1体破壊することで、他の全てのスクラップの攻撃を上昇させる速攻「スクラップ・ポリッシュ」• 場のスクラップが破壊された場合にからスクラップを何でもでき、微量ながら「スクラップ」の攻撃上昇も行う待望の新規「スクラップ・クトリー」 罠カード• 守備表示で存在するスクラップの守備をする通常「スクラップ・」• スクラップが破壊された時に上の全ての表側表示の、を破壊する通常「スクラップ・」 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

ゴブリン(遊戯王)とは (ゴブリンとは) [単語記事]

スクラップ ゴブリン

後攻はヴァレソ+ゴーレムで相手にゴブリン攻撃表示で送りつけてサンドバックにして殴り勝ちます。 強み・コンボ 様々な初動札からワイバーンにつながります。 グリフォンがいる状態でサーチャーやオルトロスを出してもリンク状態でなければ効果が発動できないので自爆せずにただ場にモンスターが増えます。 弱点・課題点 ワイバーンが止められたり、墓地除外はかなりきついです。 カスタマイズポイント 手札誘発や指名者を入れたいです。 1 :相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。 2 :自分フィールドの1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 5 2300 1400 1ターンに1度、自分の墓地に存在する1体を選択し、自分または相手フィールド上に特殊召喚する事ができる。 3 4 1700 1100 このカードは通常召喚できない。 自分フィールド上にが表側表示で存在する場合、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。 この効果で特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に表側表示で存在する1体を選択して破壊する。 このカードがの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、以外の自分の墓地に存在する1体を選択して手札に加える事ができる。 1 4 1700 500 このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在する1体を選択して特殊召喚する事ができる。 このカードをシンクロ素材とする場合、のシンクロ召喚にしか使用できず、他のシンクロ素材モンスターは全てでなければならない。 1 4 1800 1000 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分フィールドに(機械族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。 このトークンはリリースできない。 3 3 900 1200 このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから1体を選択して墓地へ送る事ができる。 1ターンに1度、自分の墓地に存在する2体をデッキに戻す事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。 2 3 0 500 フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。 このカードがの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、以外の自分の墓地に存在する1体を選択して手札に加える事ができる。 また、このカードは戦闘では破壊されない。 1 2 800 800 自分フィールド上にが表側表示で存在する場合、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。 この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。 1 2 500 200 このカードを手札から墓地へ送って発動する。 このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 は1ターンに1度しか発動できない。 1 1 500 0 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 2 1 100 300 このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在する以外のが破壊され、墓地へ送られた時、このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。 このカードが特殊召喚に成功した時、以外の自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。 1 1 0 0 このカードが墓地に存在する場合、自分のメインフェイズ2に1度だけ発動する事ができる。 以外の自分フィールド上に表側表示で存在する1体を選択して破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。 このカードをシンクロ素材とする場合、他のシンクロ素材モンスターは全てでなければならない。 1 制限 自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。 1 制限 自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。 2 準制限 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。 手札またはデッキから1体を自分フィールド上に特殊召喚する。 1 制限 相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。 1 制限 自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 3 自分のデッキから1体を手札に加える。 1 制限 相手のフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。 1 制限 1 :自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。 この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。 3 自分フィールド上に表側表示で存在する1体を選択して発動する。 自分のデッキから1体を墓地へ送り、カードを1枚ドローする。 その後、選択したモンスターを破壊する。 3 このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上のの攻撃力・守備力は200ポイントアップする。 また、フィールド上に表側表示で存在するがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、自分はデッキから1体を特殊召喚できる。 のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 2 1 :このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。 2 :お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。 この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。 1 制限 8 3000 2500 +またはドラゴン族の効果モンスター 1 :このカードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 3 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 1 9 3000 2200 +以外のモンスター1体以上 1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚と相手フィールド上に存在するカード2枚を選択して発動する事ができる。 選択した自分のカードを破壊し、選択した相手のカードを手札に戻す。 このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、以外の自分の墓地に存在する1体を選択して特殊召喚する。 1 8 2800 2000 +チューナー以外のモンスター1体以上 1ターンに1度、自分及び相手フィールド上に存在するカードを1枚ずつ選択して発動する事ができる。 選択したカードを破壊する。 このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、以外の自分の墓地に存在する1体を選択して特殊召喚する。 1 8 3000 2500 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地から1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 1 6 500 2200 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードは、カードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。 その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。 2 :このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。 カードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その1体をEXデッキから融合召喚する。 1 5 2200 1700 +以外の1体以上 このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分のデッキの上からカードを2枚墓地に送る事で、魔法カードの発動を無効にし破壊する。 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードはモンスター効果の対象にならない。 2 :1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 LINK - 4 1 - 2500 - カード名が異なるモンスター2体以上 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを自分フィールドにセットする。 そのカードはこのターン発動できない。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。 LINK - 4 1 - 300 - 1体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの1体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 1 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 LINK - 4 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下の1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからの1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 LINK - 2 1 - 1600 - カード名が異なるモンスター2体 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。 LINK - 2 1 - 2200 - カード名が異なるモンスター2体以上 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。 この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。 2 :自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、フィールドに相互リンク状態のが存在する限り、そのの種類の数になる。 LINK - 3 2 - 1700 - を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、フィールドの表側表示のが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから1体を特殊召喚する。 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 LINK - 2 閲覧数 1626 評価回数 1 評価 10 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の