マミーマート 青葉台 店。 株式会社ヨーク

口コミ一覧 : マミーマート 所沢青葉台店

マミーマート 青葉台 店

(5)• (3)• (13)• (26)• (32)• (3)• (12)• (14) 新所沢駅• (9)• (7)• (18)• (9)• (18)• (6)• (13)• (40) 西所沢駅• (7)• (6)• (19)• (10)• (20)• (8)• (19)• (5)• (46) 所沢市• (40)• (13)• (26)• (116)• (87)• (10)• (27)• (55) 埼玉県• (62)• (469)• (483)• (551)• (1671)• (2153)• (480)• (391) 関連求人:アルバイト• バイト関連情報 【販売・ファッション・レンタルのバイト求人について】 気軽で身近なコンビニやスーパーのレジバイト、オシャレなアパレルのバイトなど、男女問わず人気の販売系の求人について紹介します。 ファッションや雑貨店などは自分の好きなブランド・商品に囲まれて働けることや、髪色 茶髪 ・服装・ピアスなどの自由度が高い点が魅力。 派遣スタッフとして家電量販店や携帯ショップで日雇い・日払いの高時給バイトをするのも楽しいですね。 食品販売の小売店舗では、各社規定の範囲で廃棄予定の食品を持ち帰りできたりする場合もあるようで、大変家計に優しいです。 販売職は、商品の知識と、何より接客スキルが問われる求人ですから、履歴書では志望動機と共にコミュニケーション力を十分アピールしていきましょう。 未経験歓迎や短期の募集も多く、時間の融通が利きやすいのも販売系の特徴です。 最近では2ch 2ちゃんねる や知恵袋などの口コミなどでアルバイトの評判を探しやすくなりましたが、ネットでの求人の評判はあくまでも参考情報。 職場環境やシフト制度・研修内容、販売ノルマがきついか等は電話や面接で実際の情報を確かめることが必要です。

次の

埼玉マミーマート所沢青葉台店やTSUTAYA新所沢店が新型コロナで臨時休業!?詳しい店舗や住所も!

マミーマート 青葉台 店

本社所在地 〒331-0812 埼玉県2丁目44番1号 本店所在地 〒333-0015 本町2丁目2番47号 設立 (40年) 事業内容 代表者 代表取締役社長 岩崎裕文 資本金 26億6,020万円 売上高 単体918億円、連結928億円 (2014年9月期) 純資産 単体191億円、連結203億円 (2014年9月) 総資産 単体384億円、連結397億円 (2014年9月) 従業員数 単体571名(正社員) 1,867名(パートタイマー) (2014年9月) 決算期 9月末日 主要株主 (株)ライブ・コア 27. 概要 [ ] 食品スーパーマーケットの「 マミーマート」、「 生鮮市場TOP」、「 BigHouse」を運営し、それぞれの店舗の商圏構成によって業態を使い分けている特徴を持つ。 現在の店舗数は60店舗(2012年6月現在)。 名称の由来には、「 マミー(お母さん)のようにやさしく誰からも愛される、明るく親しみやすく暖かみのある店づくりを」という願いと、「 マート()のように活気ある生活に密着した『場』やサービス」という願いが込められている。 なお、食品スーパーブランドの「マミーマート」の英字表記は mami martとなっており、会社名のそれとは異なっている。 元々はで創業した「八百清」で、食品スーパーに転換後も同名を使用していたが、展開を開始してからはを「マミーマート」として埼玉県西部や北部を中心に出店、平成以降はや多摩地域といった関東広域への出店が目立っており、現在の営業エリアは、埼玉県、千葉県、、である。 近年、同業他社が郊外の沿いででの来店を基本とした出店が増える中、マミーマートは同じ郊外でもや周辺などへの出店が多い。 これは店舗から半径500mを理想的な来店距離としているためである。 また、以前から異業種との共同出店や、内への出店事例もあったが、近年ではマミーマートをとして店やなどのを併設したショッピングセンターも開発・運営を行っており、「 モアショッピングプラザ」という名称で、複合型やオープンモール型のNSC(ネイバーフッド型ショッピングセンター)を出店している。 沿革 [ ] 創業者である岩崎家の初代がとして商品を納入したのがはじまりとされている。 (昭和33年) にスーパー「 八百清」創業。 (昭和40年): 岩崎商事株式会社設立。 スーパー「マミーマート」としてチェーン展開開始。 (昭和54年) に本部を新築し移転。 (昭和62年) 本部敷地内に生鮮加工センター(現・彩裕フーズ)を新設。 (昭和63年) 04月: 株式会社マミーマートに社名変更。 (平成 03年) 05月:株式を店頭公開。 また、に「モアショッピングプラザ篭原店」開店。 (平成 04年)旧(現)に本部を新築し移転。 (平成 08年) に初出店(増尾台店)。 (平成11年) と資本業務提携。 連結子会社として 彩裕フーズ株式会社および マミーサービス株式会社を設立。 (平成15年)坂戸市に「モアショッピングプラザ坂戸入西店」開店。 に初出店(小平小川店)。 (平成16年) 連結子会社としてを設立。 株式の店頭登録を取消、に上場。 (平成19年) 連結子会社として株式会社産直開発を設立。 (平成20年) に初出店(足利店)。 (平成23年) 所有するギガ物産の全株式(約87%)を売却。 (平成24年)10月:ライフサポート事業『彩愛メモリアル』業務を開始。 (平成25年) 全店舗での利用が可能になる。 株式会社産直開発を吸収合併。 (平成26年) 導入及びマミーマート仕様のTカード発行を開始。 店舗タイプ [ ]• マミーマート• 生鮮市場TOP• BigHouse 店舗 [ ] 現行店舗については、を参照• 現在の店舗数は75店舗(2018年8月現在)• 別には、埼玉県51店舗、千葉県20店舗、、東京都3店舗、栃木県1店舗• 店舗の多いは、千葉県が7店舗、埼玉県が8店舗、東松山市が5店舗、所沢市が4店舗 モアショッピングプラザ [ ] マミーマートの運営する(小商圏型ショッピングセンター)である。 モアショッピングプラザ籠原店(熊谷市)• モアショッピングプラザ坂戸入西店(坂戸市) プライベートブランド [ ] CGCブランドのほかにも以下のものを開発している。 サービス [ ] この記事のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2018年8月)• Tポイント 2014年9月1日からが導入されており、「マミーマート」 全店舗 及び「BigHouse」 行田店のみ で利用可能である。 マミーマートで発行するとマミーマート模様のTカードが発行されるが、他店発行のTカードも利用可能。 買い物時に200円ごとに1ポイント、貯まったポイントは1ポイント1円でマミーマートでの会計時に利用可能なほか、や等、全国のTポイント加盟店で共通利用が可能である。 ただし、酒類はボーナスポイント以外のポイント加算はされない。 尚、レジ袋を貰わなかった場合、1会計につき2ポイント加算される。 2014年8月31日まではマミーマート独自の「マミークラブポイントカード」が発行されていた。 2012年4月時点での会員数は40万人であった。 クレジットカード 2013年10月11日現在、全店で(、、、、、)が利用可能である。 関連子会社 [ ]• 彩裕フーズ株式会社• マミーマート全店において総菜売場を運営。 マミーサービス株式会社• 総合ビルメンテナンス事業。 温泉浴場「小さな旅」をで運営。 「彩愛メモリアル」をさいたま市で運営。 かつての関連子会社 [ ]• 株式会社ギガ物産 - 低価格のスーパーマーケット「」を展開。 2011年に全株式を売却した。 マミーフーズ株式会社 - 2003年に解散。 株式会社産直開発 - 2013年に吸収合併。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

株式会社ヨーク

マミーマート 青葉台 店

古くからエリアに鎮座してきた島忠所沢店が隣にリニューアルオープンして、その土地にどーんとできたのがこちらの。 は南口側に店と所沢山口店があるのだけれど、わざわざ、榎町、、新鮮市場、ヤオフジ、のある超激戦区北口側に出店してきた。 でも、住宅街の出入り口にあるので、安さよりもおいしさと手軽さを求める人は立ち寄りやすいかも。 たまたま時間があったので、オープン初日の2018年4月13日、朝9時のオープン時間に行ってきたよ。 メーカーサンプルの詰め合わせみたいなをもらったよ。 自分の少し後ろで配布終了したようだけれど。 入り口は新道側で、主要道路にも駐車場にも背中を向けているという、イミフな店舗デザイン。 交通量と、日差しの関係かもしれんね。 売り場は普通のきれいななので、特徴的なところだけ写真を撮ってみた。 鮮魚コーナー横に「健康的な食生活のアドバイザー」。 商品を使った調理、メニュー提案等をしてくれるらしい。 今日はこのコーナーを始め、店内のいたるところで試食してましたね。 朝ごはん食わないでくればよかった。 オイオイオイオイ、店内でピザ焼いてるよ。 ピッツェリアだよ。 注文が入ってから焼き上げることもできるってよ。 500円だってよ。 周辺の屋潰れるぜアイツ。 お惣菜コーナーは、パッケージされたものも、自分で取るものも充実。 店内でケーキ等の生菓子も販売している。 すげーな、ぴえーるヤバイぜ。 ここでは、イートインで食べる用のカレー、トースト、も販売しているようだ。 どうせ食べるの主婦さんなんだから、もっとカフェ飯にしたらいいのに。 それは店内で買えるからいいのか。 ワインの品ぞろえがゴイスー。 イートインコーナーの一角には、ほんの少しだけキッズコーナー。 写真は半分だけなので結構広い。 日当たりもよく、目の前のガラス越しに、クソ渋滞を作る国道246を眺めることができます。 Free アツい。 これ、スタバ行かなくて良くなるやん、やったよ。 頼むからクソ早稲田クソ生のたまり場になりませんように…。 お年寄りのたまり場にはなると思うけれど。 あと雑誌やムックが雑然とおいてあるけど、これ読んでいいんだよね?店内にも別に本売ってる場所があったから、読んでいいんだと思う。 この書籍スペースはもう一箇所あり、そちらには主婦向け雑誌も充実しすぎ。 主婦の図書館やね。 旦那の図書館はどこかにありますか? レジは前後に並んで、支払いは他店同様、自動会計機にお金をキャッシュインする形。 お年寄りに理解できっかなーどうかなー。 ヤオフジも導入してるけど、レジの数より自動会計の機会のほうが多いのに混雑してるからな。 それでも目視13台以上レジがあるので、オープン時間でこんなに空いてるのだから、この先もレジで悩むことはないでしょう。 そう考えると、ウィークデイに立ち寄る店としては、駐車とレジで並ぶや、駐車もできずレジも並ぶ新鮮よりも立ち寄りやすいかもね。 感覚的には、ファミリー層や年金ぐらしのお年寄りを狙った&新鮮、電車を降りた共働き主婦&ツインタワー住民しかこないとの差別化はできていると思います。 、榎町、向陽町あたりの人がサクッと買い物するのにはいいでしょうね。 こちらも最近できた、新駅ビルグランエミオ内のスーパーも、ラグジュアリー指向で金はかかるけどお買い物が楽しい感じ。 そっちに近いかな。 このへんで競合しそうなのは、新所沢パルコ地下食品街くらい。 長く頑張ってほしいですね。 店はどうするのかなーただでさえで、店内こ汚いし暗いから、この機会にしてもいいと思うけど。 といったかんじで、以上、店オープン日レポっす。 subcon.

次の