タピオカ 木下 優樹 菜 インスタ。 木下優樹菜、タピオカ店主へ恫喝メール、脅迫罪の可能性も…テレビ各局、一斉に起用自粛の動き

木下優樹菜の“タピオカ騒動”でトバッチリ!? フォロワー大量芸能人たち

タピオカ 木下 優樹 菜 インスタ

【ポイント】 ・「裏切り」 ・「給料がまともに貰えない」 ・「給料明細出さない」 ・「姉が人間不信になった」 と書かれています。 ここまで書いていると、店長が悪る者に感じますよね。 しかも 「お店にはいかなくていいよ」とまで書いています。 しかし、その後、衝撃な事実が発覚! 【拡散希望】 木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します。 影響力のある人の行動としては軽率であると思います。 皆さんの誤解を解いておきたいです。 と、オーナー夫婦の関係者と思われる方がTwitterで詳細を投稿しました。 木下優樹菜さんが炎上したきっかけは、姉の働いているタピオカ店でのトラブルを 始めにインスタで投稿したことに対して、店側に批判が殺到したことが始まりです。 その後、事情を知る関係者と思われる方がTwitterに色々と暴露し、木下優樹菜さんは始めのインスタを削除し謝罪したのですが、関係者と思われる方のツイートを見た人は衝撃を受けたに違いありません。 木下優樹菜さんはオーナーにラインを送っていたのですが、その内容がTwitterで投稿されていたのです。 これはダメでしょうよ… これは芸能人である前に子を持つ親がやるべき行為ではないね。 タピオカ店の人に非があったにしろ、自分が親であり、木下優樹菜であるってことを自覚して違う方法を取るべきだったよね — あっこ akiakiakkiakii ビックリですよね。 これを受け、木下優樹菜さんが 「嘘つき」とツイートする人もいます。 木下優樹菜が炎上!恐喝のようなLINEをみたみんなの反応は? 木下優樹菜さんの恐喝のようなラインにSNSでの反響はどうでしょうか。 皆さんの声を見てみると下記の通りです。 木下優樹菜のタピオカ店トラブルのYahooニュース今ちょうど読んでて再読み込みしたら消されてた 何か事務所圧力かけたのかな〜怖 いちばんださいわ 木下優樹菜、タピオカ店とのトラブルを謝罪「凄く幼稚な発言だったと思います」と反省 木下優樹菜まじでやばい。 あんなにフォロワーがいるインスタで個人のお店の長文悪口。 この人もう30過ぎてて子供2人もいるのにね。 しかも姉が給料取りに来てって言われてもずっと取りに行かなかったのに木下優樹菜がわざと嘘拡散した。 DMもやばくない?脅迫じゃん。 これがフジモンの嫁やで すげ~記事どんどん消えてる。 その時に、 8月分の給料をまだ受け取っていないので、そのことを話すと「今日渡すと言っていない」と言われ、姉は 「給料はいりません」と言ったそうです。 その後、 「後日振り込みますという」連絡があったといいます。 元々8月の給料は 「いつでもいいので取りに来てください」と言われていたそうです。 ちゃんと、話を聞いているとこんな問題にならなかったのでは?と思いました。 もし、ラインのような感じで威圧的に来られたら、私だったら怖くて返信できないです。 オーナーの奥さんの場合は話し合いにならないと思ったようですが、それにも納得です。 侮辱罪などに当たる可能性があるとテレビでも報道されていたので、軽率な発言には注意して行きたいですね。

次の

木下優樹菜の“タピオカ騒動”でトバッチリ!? フォロワー大量芸能人たち

タピオカ 木下 優樹 菜 インスタ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ インスタグラムを用いた〝タピオカドリンク店店長脅迫事件〟で大炎上し、〝事務所総出〟での火消しも虚しく、芸能生命の危機を迎えているタレント・木下優樹菜。 最近ではフォロワーの買収疑惑も持ち上がるなど、何かとインスタとはかみ合わない印象の彼女だが、同疑惑を巡っては、なぜか他の女性芸能人へも火の粉が降りかかる〝延焼〟の様相も呈している。 530万を越えるインスタグラムフォロワー数を誇る木下だが、先ごろように、その中には同名ユーザーの外国人やフォロワーのいないユーザーが大量に発掘されている。 こうしたアカウントは「単発アカウント」と呼ばれており、SNS業界ではフォロワー数を多く見せるために業者が用意したものとするのが定説だ。 「業者が用意したアカウントは、投稿や〝いいね!〟を行わず、フォローしたらそのままアカウントを放置します。 つまり、木下が本当にフォロワーを買収・水増ししているのであれば、フォロワー数に対して〝いいね!〟があまり多くない他のタレントにも同じ疑惑が持ち上がることになるでしょう」(WEBジャーナリスト) 匿名ユーザーの数値化で他の女性タレントに飛び火 そんな経緯の中、木下をはじめとする女性タレントたちの〝いいね!〟データを某ネットユーザーが計測し、これが掲示板内で大きな話題となった。 「渡辺直美・ローラ・水原希子に次ぐ日本人タレント第4位のフォロワー数を誇っている木下ですが、このユーザーによると、〝いいね!〟はさほど寄せられていないことが分かります。 直近10投稿への〝いいね!〟をフォロワー数で割った『いいね率』は1. 55%と低く、これは同水準のフォロワーを誇るローラの半分強しかありません」(芸能ライター) 同データによると、大島優子・榮倉奈々・きゃりーぱみゅぱみゅ・ダレノガレ明美らは、フォロワー数100万台に対して、2%台前半の「いいね率」と高い水準を誇っている。 一方、フォロワー数394万の佐々木希は1. 31%、さらに530万の水原希子は1. 01%となっており、投稿に対してフォロワーがあまり反応していないことが分かる。 ネット上では、 《流れ弾浴びとるやん水原》 《水原希子がついでに被弾してて草》 《水原、佐々木希、木下優樹菜あたり怪しいな》 などといった声が上がっていた。 「ユーザーが数値として可視化させたことで、木下の買収疑惑が他のタレントにも飛び火してしまったようですね。 確かに、フォロワー数に対して『いいね率』が低いタレントは、同じように水増ししていると疑われても仕方ないでしょう。 このデータに載っていないだけで他にも怪しいタレントはいるはずですが…」(同・ライター) これからは、フォロー後の〝いいね!〟まで保障するアカウント売却が主流になるかも?.

次の

木下優樹菜のタピオカ騒動とは!恫喝DMの経緯は?謝罪までのまとめ

タピオカ 木下 優樹 菜 インスタ

昨今のブームを形容して「タピオカ戦国時代」と言われているそうだ。 専門店が乱立する中、店をオープンした彼女は、戦場に突如現れた一介の野武士といったところか。 有力大名ならぬ芸能人の妹から支援を受けての出陣とはいえ、不安の声も聞こえてくる。 その芸能人とは、今や押しも押されもせぬ人気タレントとなったユッキーナこと木下優樹菜(31)のこと。 7月17日、自身のインスタグラムに、〈ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね〉と投稿して、姉が都内に「#ALLRIGHT」というタピオカドリンク店を開店したことをちゃっかり宣伝。 ユッキーナは東京都葛飾区出身で3姉妹の末っ子。 このたび、お店を出したのは次女の方だ。 さて、早速本誌(「週刊新潮」)記者が下町の商店街にあるお店を訪ねたところ、開店祝いの花が飾られていた。 オーナーの次女に話を聞こうとするも、「優樹菜は妹だからインスタにあげてくれただけで、何も語る気はありません」そう言って、取りつく島もない。 近隣の商店主はこう言う。 「あの店が出来てから活気が生まれました。 お節介ながら、店の今後は大丈夫なのだろうか。 経営コンサルタントの日沖健氏が現在のタピオカ業界を解説する。 「最近ではミスタードーナツなどチェーン店でも扱うお店が増えてきました。 流行の要因の一つは参入障壁が低いことでしょう。 例えば、スターバックスのような店では店内にくつろぐスペースが必要ですが、タピオカは飲み歩きがベースなので、出店にお金がかからない。 その時、生き残れるのはこだわりのあるお店。 安易に参入してきたところは今後、淘汰されていくのではないでしょうか」 そう言われると、こちらも心配になってしまうが、 「店名の ALLRIGHT は大丈夫という意味ですから」 と、周囲の心配を打ち消すのはリフォーム会社を経営するユッキーナの父。 「次女は結婚して3人の子どもがいるんだけど、ずっと専業主婦だったんですよ。 子育ても落ち着いてきてタピオカの店をやるんだ、と聞かされました。 大丈夫かと心配したのですが、店名がそういう意味だと知って、やる以上は頑張ってほしいなと。 「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載 木下優樹菜の姉 タピオカ屋に対してのネットの反応• プラカップじゃないから捨てる時かさばらないし、いいと思う。 でも、、、ブームがそろそろ終わりそうなのに出店するのはどうなんだろうって思う• 捨てやすさを考慮したんでしょうがその入れ物ではうれないと思う。 店名が大丈夫なら大丈夫って理屈がわからない。 今更出店とか大丈夫?w 原価を客に言うのは普通はしません。 年内中には廃業でしょうね。 タピオカ屋って今更感があるけど。 生き残るのは難しそうだよ。 それにさ、タピオカって太るよね。 若い子気にするわりにはよく飲んでるなと思う。 今から始めたのはちょいと遅すぎじゃね? 多分、商売上手い人は荒稼ぎして次を考えてる頃だと思うよ。 借金だけ残って終わりにならなければいいよね。 今まで専業主婦で家にいた人が、いきなり流行に乗っかってタピオカの店を出す、か… 今は流行ってる時期だから黙ってても売れると思うけど、流行が下火になってきた時、その人に相当のビジネス感覚がないと、続けていくのは難しいと思う。 流行り物のスイーツ系では経営する側も短期集中型でブーム時の期間限定ショップ位に捉えて常に新しい商品に目を向けているものだが、流行ったから始めるでは遅すぎたように感じる。 オシャレな街のオシャレな店で飲む事がインスタ映えなど流行を引っ張るきっかけだっただけにチェーン店などで飲めるようになると魅力が半減する部分もありブームも終わりに近いように思う。 スポンサーリンク.

次の