日刊 げん だい。 日刊ゲンダイ

某野球解説者、これでもギャラはトップクラス…巨人以外の選手を知らない、開き直って勉強もしない(日刊ゲンダイ・デスク) : ベースボールスレッド

日刊 げん だい

容姿について 概要にもある通り、書生の格好をした作家のとギャンブル狂のといった一見異色な組み合わせの2人。 しかし、いくつか共通点が存在する。 因みにコラボの公式四コマでは帝統の体脂肪率が7%だと判明しており筋肉質であることが分かる。 そうすると幻太郎は体重的に細身であることが容易に想像できるであろう。 まるでお互いを見つめ合っているかのような瞳の配色である。 その他、タレ目の幻太郎に対し、帝統はつり目、ふわふわとしたくせっ毛の幻太郎に対し、ストレート ツンツンヘア の帝統…といった感じで 2人のデザインは対になっているようだ。 2人の出会い この先ネタバレ注意 「シブヤディビジョンFling Posse-F. 幻太郎は「病気の友人を笑わせたい」という一心で嘘をつき続ける日々を送る。 そんな幻太郎の前には突然現れ、チームを組んで世界を面白くしようと誘うのだった。 幻太郎は「少し考えさせてくれないか」と静かに返事をした。 「賽には神が宿っている」と話す帝統に対し、乱数は「ボクとチームを組んでこの世に本当に神はいるのかどうかを確かめてみないか」と賭けを持ち掛ける。 帝統は乱数の賭けに乗り、仲間になった。 この後ついに2人は初対面を迎える 幻太郎はチームを組むことを心に決め、乱数の事務所へ向かう。 そして乱数と一緒にいた帝統と初対面を果たすのだった。 幻太郎は「チームを組む前に俺のラップを聴いてから判断してくれないか」と話し、その場でラップを披露する。 「病気の友人をどんな手を使ってでも笑わせたい」「この世界を変えたい」…そんな思いの詰まった幻太郎のリリックに思わず帝統は 「へぇ…綺麗なリリックじゃんか!」 そう言葉を零した。 帝統のこの一言が2人の全ての始まりだ。 仲間になる前の乱数とのやりとりではギャンブル以外のものに一切の関心を抱かず、ラップにもほとんど興味を示していなかった帝統だったが、幻太郎の披露した渾身のリリックに対してかなり好意的な言葉を残した。 この言葉に対して 幻太郎は何を思ったのだろう。 また、コミカライズより、幻太郎は帝統の名前を初めて目にして、 「ありすがわ…へぇ、だいすですか。 なかなか雅趣に富んだ名前ですね」 と口にするシーンがあった。 2人は出会って間もない段階で、お互いのことを 綺麗なもので表現していたのだ。 こうして作家の幻太郎とギャンブル狂の帝統というそれぞれ違う世界で生きてきた2人が乱数という1人の存在によって偶然…いや、必然的に引き合わされたのだ。 「Just A Friend」 この先ネタバレ注意 賭場で素寒貧になった帝統から連絡が入る。 幻太郎は帝統を迎えに行くとがいた。 幻太郎が現れるなり、帝統は土下座をする。 そして… 「お願いします。 お金貸してくださ〜〜い!!!」 「なんだって…?」 といったが始まる。 ちなみにあと10万あれば勝てる気がすると言う帝統に呆れた幻太郎はお金は貸さなかった。 しかし、わざわざ帝統の服買い戻してあげるのだった。 その後、一張羅が戻ってきたと喜ぶ帝統に幻太郎は 帝統は見ていて飽きない、 今度帝統を主人公にした小説を書きたいなどと話す。 これは嘘ではないようだ それに対し、帝統は 書いたら読ませてくれよ、楽しみにしてるからよと答えた。 ギャンブル以外に全くと言っていいほど興味を示さなかった帝統にしてはかなり好意的な反応である。 また、のからとある部分を貶されたことで幻太郎が気持ちを取り乱してしまう。 それまで相手に対して興味無さそうに静かにしていた帝統だったが、幻太郎の様子に勘づいた帝統は真っ先に相手の襟首を掴み、ドスの効いた声で怒りをぶつけた。 「おいてめぇ…!いい加減にしろや!!誰だって触れられたくねぇもんの一つや二つあんだろうが。 そういうもんをお前はいま踏み躙ってんだよ!!!」 そう言って幻太郎を庇ったのだ。 数分前はギャンブル狂の素寒貧だったのにも関わらずとんでもない 無自覚イケメンっぷりを見せる帝統。 まさに 「姫と武士」である。 イメージ 麻天狼の2人とのいざこざの後、幻太郎は自分のことを体を張って庇ってくれた帝統に感謝しているといった心情を見せる。 一文無しで嘆いている帝統に嘘ではなく本当に晩御飯をご馳走したようだ。 Vについて振り返るという内容。 そんな中、のパートだけホテルの部屋にて、眠っている帝統を幻太郎が起こすというだった。 なお、リーダーの乱数はとある理由から最後のシーンまで姿を現さなかった。 起床した幻太郎は帝統を起こしに帝統のベットへ。 大イビキをかきながらギャンブルで大勝ちをしたと嬉しそうに寝言を言う帝統を見て 「幸せな夢を見ているのですね」 と優しく微笑む幻太郎。 また、帝統の耳元で悪夢を囁き、帝統の反応に楽しそうに見ていた。 そして… 「ほれ〜帝統はぁ〜ん、起きんしゃ〜い。 そして帝統が起きた際には 「おはよう帝統。 」 と素に戻り、優しく呟く幻太郎。 その後も幻太郎の冗談に相変わらず振り回されつつも以前のように怒らない帝統。 あれ?なんか明らかに距離縮まってないか…? なお、他ディビジョンが皆それぞれバトルへの思いや意気込みを語っている中でこの2人だけはバトルの反省や話題に一切触れず、ただこのをしていただけという具合である。 ファンの一部では「ただイチャイチャしてただけ」などと数々のツッコミを受けたのは言うまでもない。 帝統が幻太郎に鍵を預けているか、若しくは同室で2人一緒に…。 どちらにせよ「Just A Friend」の一件以来、互いに信頼し合っているということは確かである。 この密室事件の真相は謎のままである。 また、起きたら部屋に幻太郎がいた事に対して驚いている様子もなく、当たり前のように「おはよう」と普通に挨拶をし返す帝統。。 ちなみに、のとは同室だったことが伺える。 ゼロサムでは… ちなみにゼロサムでもこのシーンは回収されていたようだ。 音声だけでは分からなかったが、あんなことやこんなこともしていたことが明らかになった。 まさに…いや、 距離感が縮まっていた様子。 ダチってすばらしい。 本人曰く接戦だったようだが…。 一文無しになり、公園で寝泊まりしようとしている帝統に先程までギャンブルをしていた男から荷物運びという明らかに怪しい仕事を頼まれる。 一方、幻太郎は街中で人々の様子を観察していた。 仕事をやりたくないなって言ってるサラリーマンを見て実は大手ゼネコンの社長だと妄想したり、走り回ってるあどけない小学生を実年齢53歳だと妄想したりなど、人間観察という名の奇行に走っていた。 そこへ仕事を頼まれている帝統が 「この辺にいると思ったぜ〜」と言いながらやってくる。 幻太郎の行動範囲を熟知している様子。 この広いシブヤの街で居場所を突き止めるのは至難の業だ。 それにも関わらず、幻太郎の居場所が分かるというのは 2人がそれぞれの時間や情報を共有することが増えたか、若しくは幻太郎にGPSが埋め込まれているかのどちらかである。 それに対し幻太郎の肩を組みながら 「マジ!?チョ〜助かるぜ〜!!いや〜持つべきものはマブダチだぜ〜」 などと調子のいいことを言う帝統。 「なっ... 本当にあなた以上に現金な人を見たことがありませんよ 嬉しそう 」 照れながら返す幻太郎。 嘘吐きを名乗るにはチョロすぎる…。 何はともあれ「Just A Friend」の一件から、 ダチからマブダチへと昇格したのだ。 その際、こんなやり取りが行われた。 「頼む!この通り!!一生のお願いだ!!!」 「やれやれ…あなたの一生は一体何回あるんですかねぇ…」 「う…うるせぇなぁ!来世の分まで含めてんだよ!俺は!!」 「はぁ…来世でもあなたと一緒ですか… 嬉しそう 」 つまり 来世までお約束の仲である。 先程まで素寒貧のギャンブラーというクズっぷりを披露しておいていざと言う時に無自覚に口説くという男は恐ろしい。 そしてを見せる嘘吐き設定が迷子になりかけた幻太郎。 ・2人の関係をまとめると… 前世… 今世…FlingPosseのチームメイトでありマブダチ 来世…また一緒になるという約束済み といった感じだ。 ヒプマイそれぞれのキャラクターの声優達がキャラクターになり切ってファン、視聴者から送られたお便りを読み相談に乗ったり、曲を流して紹介するといったものである。 それぞれのキャラクターが1人ずつ週替わりでMCを務めるのだが、そこでのの匂わせが激しかったことで配信当時帝幻クラスタがザワついていた。 ヒプラジはSpotifyにて無料で視聴可能なので、気になる人はぜひSpotifyを入れて聴いてみよう。 『Once Upon a Time in Shibuya』 2020年4月25日発売のコミカライズの単行本限定版に新曲とドラマトラックが収録されたCDがついてくる。 内容はなんと幻太郎と帝統のデュエットソングとドラマトラックである。 幻太郎と帝統のデュエットソングの題名は 『Once Upon a Time in Shibuya』 意味:昔々、シブヤで… である。 2人で仲良く「Yo! 」の掛け合いをするといったなかなかカオスな内容である。 とりあえず2人の宣伝動画を聴いてみよう。 関連イラスト.

次の

日刊ゲンダイ電子新聞 | 競馬専門紙・競馬予想紙・競馬新聞 (電子新聞)

日刊 げん だい

新聞休刊日により週に1回しか発行されない場合であっても、通常の発行予定日が週2回以上であれば、軽減税率が適用されます。 消費税の軽減税率が適用されないケース ここからは、よく間違いやすい消費税の軽減税率が適用されないケースを紹介していきます。 書籍や雑誌は軽減税率の対象外 書籍や雑誌を軽減税率の対象外にするかどうかは議論があったようです。 しかし、有害図書の排除が難しいという理由などにより、今のところは軽減税率の対象外という方向で話がまとまっています。 週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外 新聞が軽減税率の対象となる条件に「週2回以上発行される」があるため、週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外となります。 例えば、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載した新聞・業界紙であっても「週1回」「月1回」しか発行されない場合は、軽減税率の対象外となります。 残念ながら 電子版の新聞には軽減税率が適用されません。 このことは、国税庁のホームページ「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別編)」でも記載されています。 インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、軽減税率の適用対象となりますか。 出典:国税庁 仮に定期購読料が「紙版」と「電子版」で同じだったら、軽減税率が適用されない分、電子版のほうが割高になってしまいます。 コンビニや自動販売機は軽減税率の対象外 新聞をコンビニや自動販売機で購入した場合は、軽減税率が適用されません。 なぜなら、軽減税率が適用される新聞は、• その新聞を定期的に継続して供給することを約束した「定期購読契約」に基づくもの が対象だからです。 コンビニや自動販売機での購入は、その都度購入するものであり、定期購読契約に基づかないことから、軽減税率には該当しません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 新聞の取り扱いについては、• 定期購読契約が締結された週2回以上発行• 一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載 が条件となります。 場合によっては、定期的にコンビニで新聞を購入するより、定期購読契約をしたほうがお得になるケースもあります。 また、新聞の取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

日刊ゲンダイ

日刊 げん だい

2.新聞が軽減税率の対象になる理由 「なぜ新聞だけ軽減税率が適用されるの?」と疑問を持った人もいるでしょう。 対象品目に生活必需品である飲食料品が定められているのは大いに理解できますが、飲食料品以外にある唯一の品目が新聞なので、とても目立ちます。 いったい何故、新聞が軽減税率の対象なのでしょうか。 たとえば、「一般社団法人 日本新聞協会」では、下記のような見解を発表しています。 ニュースや知識を得るための負担を減らすため• 活字文化の維持・普及のため• EU加盟国でも、新聞の税率を下げている国が多数ある 【参考】|Pressnet(一般社団法人日本新聞協会) 2-1.新聞には公共性があるという意見 新聞の使命はニュースを伝えることであり、人々は新聞を読むことで世の中の情報を知ることができます。 世の中の出来事にいつも注目し、埋もれているニュースを掘り起こし、それを毎日まとめて届ける新聞には、他の情報手段にはない公共性と役割がある、といった意見です。 2-2.活字文化の維持・普及のためとの意見 新聞を読むことで知識を付けることができます。 新聞を読む人が減ってきている現代において、活字文化を維持し、更に普及させていくためには軽減税率は必要不可欠だ、といった意見です。 2-3.EU加盟国での取り扱いの引用 新聞を軽減税率の対象とすることは、既に多くの国で行われています。 更に欧州には、「書籍、雑誌も含めて、新聞は思索のための食料や栄養源」という考え方まであり、その思索の食料を得るためにかかる負担を軽減する役割を果たすのが、軽減税率だ、といった意見です。 実際、新聞の税率を標準税率より下げている国は、EU加盟国内にも多数存在します。 1 ドイツ 19 7 ギリシャ 24 6 ハンガリー 27 5 アイルランド 23 9 イタリア 22 4 ラトビア 21 12 リトアニア 21 9 ルクセンブルク 17 3 マルタ 18 5 オランダ 21 6 ポルトガル 23 6 ポーランド 23 8 ルーマニア 20 5 スロバキア 20 20 スペイン 21 4 スウェーデン 25 6 イギリス 20 0 アイスランド 24 11 ノルウェー 25 0 スイス 8 2. 5 【出典】 2-4.日本新聞協会の声明 上記以外にも、日本新聞協会は軽減税率を求める声明を出し、早くから政権に訴えていました。 その声明を要約すると、• 新聞の人々の生活への密着度は、衣食住の必需品につぐ重要さがある。 日本の民主政治が、高い水準を維持し発展している要因の1つに新聞の存在がある。 新聞は、表現の自由の保障が生み出している機能を備えており、それが害される要因に対しては、国の特別扱いを受けることができるはずだ。 現在の新聞に対する様々な法的取扱いの根拠が、軽減税率適用の根拠と同じである。 多くの諸外国において既に新聞に対する消費税減免制度が導入されている。 新聞は、誇るべき日本の文化である。 【参考サイト】.

次の