こたつ布団 洗濯。 【ニトリの布団】正しい洗い方の手順と注意点まとめ

【ニトリの布団】正しい洗い方の手順と注意点まとめ

こたつ布団 洗濯

スポンサーリンク 洗濯表示を確認しよう 水洗いができる場合 クリーニング店で洗うことが出来ます。 布団を洗うことができるクリーニング店に持ち込みましょう。 自宅でも洗うことができます。 ただし、注意することがありますので、洗い方は後ほど説明しますね。 水洗い不可でドライ可能な場合 布団を洗うことができるクリーニング店に持ち込むのがいいでしょう。 料金は、私の勤めていたクリーニング店では、2,700円でした。 お近くのクリーニング店で確認してくださいね。 でも、布団を洗うことができるクリーニング店に相談すると、洗ってもらえるんですよ。 そんなときは、お店を変えて聞いてみてくださいね。 我が家のこたつ布団はポリエステルとアクリルで、 水洗い・ドライどちらも不可の表示でした。 ただ、一つのことに気を付ければ洗えると判断して、自宅で洗ってみました。 その方法をご紹介しますね。 こたつ布団を洗う方法 こたつ布団を洗う時に注意してほしいことは、 中綿の片寄りです。 中の詰め物がダウン(羽毛)であれば、濡れているときは片寄っていても乾くと元通りになります。 しかし、 そのほかの詰め物は洗うと団子状になり、乾いても元には戻らないのです。 片寄りを防ぐためにキルティング(ミシンのステッチでおさえること)してあるものもありますが、これも絶対大丈夫というものではありません。 洗う前の準備 そこで、片寄りを最小限に抑えるために、洗う前にしてほしい手順は、 こたつ布団を半分に折ります。 次に、一辺の短い方からクルクルと布団を巻いていきます。 3ヶ所くらいひもで縛ります。 準備ができたら洗っていきます。 洗濯機の場合 毛布洗いのコースで洗います。 洗剤は、おしゃれ着洗いのものか、すすぎ1回で済む液体洗剤を使っています。 布団の中まで水が浸透するのに時間がかかるので、 30分位水につけてから洗濯機を作動させてください。

次の

こたつ布団をコインランドリーで洗濯|値段の目安や乾燥の注意点は?

こたつ布団 洗濯

ですがこたつを1~2か月の間使っていると、こんな問題に気付くことがあります。 こたつ布団が汚い!なんだか臭う気がする… こたつが設置されているご家庭では、こたつに入りながら飲食をする場合がありますよね。 このとき、食べ物や飲み物をこたつ布団にこぼしてしまい、布団を汚してしまうことも。 また、こたつ布団を長期間洗濯せずに使い続けると、食べ物のニオイや体臭などが移り、 こたつ布団から変な臭いを感じるようになることも。 こういった、こたつ布団の汚れや臭いは、こたつ布団を洗濯・乾燥することで取り除けることが多いです。 そこで今回は、 こたつ布団を洗濯・乾燥し、汚れや臭いを取るおすすめの方法をご紹介します! こたつ布団の洗濯・乾燥は、クリーニング屋さんにお願いすると3,000円くらいが相場! 水洗いやドライクリーニングが可能なこたつ布団であれば、多くのクリーニング屋さんでクリーニングによる洗濯・乾燥が可能です。 このときの料金は、布団のサイズや素材、洗濯・乾燥方法によって異なります。 ですが2~4人用くらいの 一般的なサイズのこたつ布団であれば、税抜き3,000円くらいの費用でクリーニングが可能です。 そのため3,000円前後のクリーニング料金に対しては、極端に高いなぁとは感じません。 ですが、もう少し安い金額で洗濯・乾燥ができたら良いなぁ、と感じますよね。 そこでおすすめしたいのが、 コインランドリーでのこたつ布団の洗濯・乾燥です! コインランドリーでのこたつ布団の洗濯・乾燥がおすすめ! 水洗いが可能なこたつ布団製品であれば、クリーニング屋さんに加え、 自宅やコインランドリーでの洗濯・乾燥が可能です。 その中でも、特にコインランドリーでの洗濯・乾燥がおすすめ。 これはどうしてかと言うと、コインランドリーでの洗濯・乾燥は、クリーニング屋さんに依頼するよりも安く、自宅での洗濯にはないメリットがあるからです。 自宅でのこたつ布団の洗濯・乾燥はおすすめしません! 先に書いたとおり、水洗いが可能なこたつ布団製品であれば、自宅・コインランドリー・クリーニング屋さんなどで洗濯・乾燥することができます。 そしてそれにかかる費用や手間、時間は、それぞれ以下のような関係となります。 1人用のこたつ布団など小型のものであれば、洗濯機で洗うことができる場合もあります。 ですが一般的なサイズの製品 2~4人用 は分厚く大きいため、 家庭用の洗濯機では洗えないことが多いです。 この場合には、お風呂場などで手洗いをすることになりますが、いかんせん大きく分厚いものであるため、洗う作業がとっても大変! さらに大変なのが洗剤を落とすためのすすぎ洗いでして、何度も水を含ませては絞ってを繰り返さないと洗剤成分を取り除くことができず、本当に手間がかかります。 一度実際に自宅で手洗いをすると、『こたつ布団を自宅で手洗いするのは、もう嫌だ!今後は絶対にしない!』 と感じる方も少なくないはず。 それくらいに大変な作業であることから、 自宅でのこたつ布団の洗濯・乾燥、特に手洗いはおすすめしません。 乾燥に時間がかかると、嫌なニオイ 部屋干し臭 が発生することも! こたつ布団は大きいため、干すスペースの確保が大変です。 さらに分厚い布地が使われているため、乾燥に時間がかかります。 特に冬場の気温が低い曇り空の日にこたつ布団を干しても、半日では内部が十分に乾燥しないことが。 そして乾燥に時間がかかってしまうと、 雑菌が繁殖してしまい、嫌なニオイ 部屋干し臭 が発生してしまうことも。 部屋干し臭については、部屋干し用洗濯洗剤であるを使用することで、発生を最小限に抑えることができます。 参考: ですが自宅での自然乾燥ではスピーディーな乾燥が難しく、完全に部屋干し臭の発生を防ぐのは難しいです。 この観点からも、自宅でのこたつ布団の洗濯・乾燥はおすすめできません。 コインランドリーでの洗濯・乾燥では、大型の洗濯・乾燥機を使用し、自動で洗濯と乾燥を行います。 そのため 手間はかかりませんし、スピーディーに乾燥まで完了します。 コインランドリーでは大型の乾燥機を使って乾燥をスピーディーに行うため、部屋干し臭が発生しません。 コインランドリーでのこたつ布団の洗濯・乾燥にかかる料金と時間はどれくらい? コインランドリーの利用料金は、地域や利用する店舗による差が大きいため、目安金額の提示は難しいです。 しかし多くの場合、2~4人用くらいの一般的なサイズのこたつ布団であれば、 洗濯と乾燥にかかる料金は1,000~1,500円ほどでしょう。 そのためクリーニング屋さんでのクリーニング料金と比べると、半分以下の費用に抑えることができます。 この例では、自宅の近所にあるコインランドリーに設置されていた以下16kgタイプの洗濯乾燥機と、25kgタイプのガス乾燥機を使って洗濯・乾燥を行っています。 16kgタイプの洗濯乾燥機: 25kgタイプのガス乾燥機: これらの洗濯乾燥機やガス乾燥機は、であり、多くの店舗で採用されています。 はるるの自宅の近所にあるコインランドリーはもちろんのこと、以前車中泊旅行中に利用したある地域の店舗にも設置されていました。 内訳は、16kgタイプの洗濯乾燥機で、41分の洗濯・乾燥 21分の洗濯と20分の乾燥で1,200円 を実施。 その後、25kgタイプのガス乾燥機で12分の乾燥 1回6分100円の乾燥を2回 を行っています。 というわけで、 コインランドリーでの4人用のこたつ布団の洗濯と乾燥は、1,400円の料金と53分の時間が必要でした。 25kgタイプのガス乾燥機での乾燥は、1回目の乾燥が終わった時点で9割ほど乾いていましたが、しっかりと乾燥させるために、追加で6分100円の乾燥をもう1回実施しています。 ですが1,300円・47分で洗濯と乾燥を終え、自宅に帰ってからしばらく干しておく形でも、大丈夫であったと思います。 コインランドリーの利用方法や料金については、別途以下ページでくわしく書いているので、興味がある方は併せてご覧ください! コインランドリーでのこたつ布団の洗濯・乾燥は、安くてとても楽なのでぜひ利用してみて! 今回ご紹介したようにコインランドリーでのこたつ布団の洗濯・乾燥は、クリーニング屋さんにお願いした場合と比べると、料金は半分以下に抑えられます。 また自宅で手洗いを行ったときのような手間がなく、嫌なニオイ 部屋干し臭 が発生しません。 そのため、こたつ布団が汚れてしまったり、変なニオイが付いてしまった際は、ぜひ利用してみてください! 本当に安くてとっても便利ですよ~!.

次の

こたつ布団の洗濯方法は?臭いも汚れもおうちで撃退!

こたつ布団 洗濯

洗えるこたつ布団・洗えないこたつ布団を判断するための取り扱い絵表示の詳細は、 をご覧ください。 その下に「中性」とありますが基本的に中性洗剤を使えば問題ありません。 洗濯前にある程度ホコリを払い落とすようにしましょう。 キルティング部分に挟まった食べカスなどの汚れも一緒に必ず取っておきましょう。 これはキャンドゥーで買ってきたこたつ布団用の洗濯ネットです。 100円で買えるので1枚家にあるとこたつ布団以外の大き目の衣類に使えて便利です。 また中にはどうやって折りたたんでもサイズ的に洗濯機で洗うのが厳しい・・ということもあります。 その場合は、もちろん手洗いも可能です。 仮に洗濯機に入りきらなかった場合はお風呂場で足踏み洗いをしましょう。 その際には液温だけ気を付けましょう。 弱とは洗濯機の回転力や水流を弱めで洗うということを意味します。 洗濯機の種類によっても呼び名が変わりますが、 標準コースよりもやさしいコースを選ぶのがおすすめです。 例えば、「手洗いコース」「ドライコース」「おしゃれ着用コース」といったものです。 その為一般的な家庭用の中性洗剤で問題ありません。 一般的な中性洗剤は洗浄力が比較的高い分、繊維への負荷がやや大きくなります。 アクロンやエマールなどのおしゃれ着用の中性洗剤は、繊維への負担は少ないものの、洗浄力が弱めなので用途に合わせて使い分けをするのが良いでしょう。 上記のようなマークは漂白剤が使えません。 漂白剤が使えるかどうかの判断は、してからにしましょう。 M字干しとは物干し竿を2本にこたつ布団をかけて干す方法です。 風の通りがよいのと広い面積が風にあたるので乾きも早くておすすめです。 また中綿が偏っていることもあるので、形を整えてから干しましょう。 天気の良い日の午前中に洗濯をして 、片面2時間程度(計4時間)を目安に干すようにしましょう。 12時~16時前後までの時間帯で干すのが良いですね! 手洗い(足踏み洗い)でこたつ布団を洗う手順を徹底解説! 洗濯機に入りきらない場合や、よりやさしく洗いたい場合は足踏み洗いを行います。 すすぎ後の濡れたこたつ布団をベランダまでもっていくため、事前にゴミ袋を用意しておくと床がびしゃびしゃになることを防げます。 あと事前にお風呂の浴槽を洗っておくと、皮脂汚れなどがなく清潔な状態で洗えます。 洗剤と水の適量は判断しづらいですが目安量で入れるようにしましょう。 こたつ布団を入れたあとに洗剤を投入すると、原液洗剤によって布団が傷むこともあります。 側生地同士がこすれないように踏むのがポイントです。 水の中に沈めることを繰り返します。 すすぎの際も足踏みをして洗剤の泡や汚れが無くなるまで繰り返しましょう。 もし洗濯機に入る場合は脱水機能を利用するのもおすすめです。 脱水が完了したら大きな袋にこたつ布団を入れてベランダに干しにいきます。 自宅でこたつ布団を洗ってみた感想まとめ それぞれの工程の所要時間をまとめてみました。 今回1枚のこたつ布団を洗う際に実際にかかった所要時間です。 ただし、こたつ布団も掛け布団1枚・敷布団1枚、さらにこたつ用毛布1枚と複数枚になると家庭用の洗濯機でまとめて洗うことは不可能です。 そのため、1枚1枚洗濯機を回さなくてはならないのでそうなった場合はコインランドリーのほうがおすすめですね。 また干すスペースもとるので、ほかの衣類の洗濯物をすべて取り込んだ状態で洗わなくてはならないという面倒くささもあります。 特に足踏み洗いで洗った後のすすぎの工程です。 すすぎの工程は水をためる時間がややかかり、それを最低でも2回以上は行わなくてはならないので貯まるのを待っている時間が億劫でした。 干す際は脱水をしたとしてもかなり重いのと、脱水しきれていないとベランダまでの道のりで床がビショビショになります。 必ず大きなビニール袋などに入れて持ち運ぶ必要があります。 洗濯機洗いと同様に、掛け・敷き・毛布と複数枚洗う場合は、クリーニングに依頼したほうがラクです。 複数枚洗う場合はコインランドリーかクリーニング店に依頼するのがラクちん! 複数枚洗う場合はまとめて洗えるコインランドリーか宅配で取りに来てくれるクリーニングに依頼するのがおすすめです。 コインランドリーは車で持ち運ばなくてはならないという難点はありますが、おおよそ洗濯・乾燥機を使用したとしても1,500円前後で洗えます。 逆に車で運べない場合は、自宅まで引き取りに来てくれる宅配クリーニングを活用するのも方法のひとつです。 あわせて読みたい• いざ洗おうと思って「はて・?これ大丈夫??」といった内容もあるのでぜひ参考にしてみてください。 Q:洗濯機ギリギリ・ギュウギュウの場合の洗浄効果は?? 洗濯機ギリギリで入ったこたつ布団は洗浄効果が期待できません。 また洗剤の溶け残りがこたつ布団に固着してしまうケースもあります。 隙間があることで洗濯機の水がこたつ布団に接触し汚れを洗い落としてくれるのでギュウギュウの場合は、浴槽での足踏み洗いか大きな洗濯機のあるコインランドリーでのクリーニングがおすすめです。 Q:雨の日にこたつ布団の洗濯はしても乾く?? こたつ布団の中綿が完全に乾ききらないと湿気でカビが発生したり、悪臭がするので完全に乾燥ができるお天気の良い日に洗濯をしましょう。 Q:コインランドリーでこたつ布団を洗う際に乾燥機は使っても大丈夫?? コインランドリーの乾燥機は回転型のタンブラー乾燥機ですので、以下のようなタンブラー乾燥ができないマークや、タグの注意書きに「タンブラー乾燥機は使用できない」旨が記載されていなければ大丈夫です。 新表示 旧表示 — タンブラー乾燥ができない Q:こたつ布団をコインランドリーで洗う際には洗濯ネットなしでも大丈夫? 洗濯ネットは中綿の偏り、側生地への摩擦の軽減といった働きがあります。 もし持っているようであれば使うのが良いでしょう。 最近では100円ショップでも「こたつ布団専用の洗濯ネット」が販売されています。 実際にコインランドリーで洗濯ネットに入れずにこたつ布団を洗っている方も多くいるので、なかったとしても問題ありません。 ただし、破れやほつれがある場合は摩擦で破れてしまう可能性があるので状態によって注意が必要です。 まとめ こたつ布団のような大きなサイズのアイテムは自宅で洗うのが少し億劫に感じてしまいますが、取扱い絵表示の見方ややり方を覚えてしまえばそこまで難しくありません。 とはいえやはりやはりクリーニング店に依頼するよりお金がかからない分手間と時間がかかります。 忙しくてなかなか時間をかけられない方はクリーニング店に依頼するのもありではないでしょうか。

次の