デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想。 『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』 ネタバレ&感想レビュー

【みんなの口コミ】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の感想評価評判

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

デジタルの世界で冒険していく物語は、時代にマッチしていたことからロングランの人気を呼んでいます。 また、日本人はもちろん。 外国人からの人気は絶大で世界的に有名な作品となっています。 『デジモン』シリーズはかなり多く、劇場化された 初代『デジモンアドベンチャー』に続いて、『デジモンアドベンチャー02』『デジモンテイマーズ』『デジモンフロンティア』『デジモンセイバーズ』『デジモンクロスウォーズ』『デジモンユニバース アプリモンスターズ』などなど、OVAや劇場版も含めるとさらに作品は増えます。 今回の劇場版では、初代『デジモンアドベンチャー』で小学5年生だった太一達が大学4年生に成長しています。 大人の世界に足を踏み入れ始めた彼らと、デジモン達との関係に変化が訪れます。 今作は大人も子供も楽しめる作品になっているのではないでしょうか。 「太一が大人になると、ボクたち一緒にいられないの?」 「俺たちは、ずっと一緒だ」 太一とアグモンたちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から十年以上が経過した2010年。 太一は大学生となり、ヤマトたちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。 事件解決に向けて、太一たち選ばれし子どもたちが再び集結。 その様子を見たメノアは、太一たちに衝撃の事実を語る。 エオスモンの脅威は、次第に太一の仲間たちにも及んでいく。 戦わなければ仲間を救えない、しかし無理な戦闘はパートナーとの別れを早めていく事に。 ずっと一緒にいると思っていた。 デジモンやデジタルワールドとの接触がなされている世界は、実際我々が生きた2010年よりも、文明的にも少し進んでいます。 スマホや建造物など。 この太一のVRゴーグル的なものは、中鶴氏の初期デザインにあったもので、試作品です。 そんななか現実世界に異変が起きます。 世界各国にいる選ばれし子供達が原因不明の意識不明の状態になる事件が相次ぎます。 太一とヤマト、タケルは光子郎が社長を務めるオフィスに集まり事件について話し合いをしている時、メノア・ベルッチと名乗るニューヨークの大学でデジモンの研究をしている科学者とその助手を務める井村京太郎が現れます。 メノアから新種のデジモンであるエオスモンの犯行である疑いを聞き、エオスモンの居場所を聞いた太一、ヤマト、タケル、光子郎はそのエオスモン討伐のためにそれぞれのパートナーデジモンと一緒にデジタルワールドへ向かいます。 エオスモンとの戦闘でオメガモンに合体して追い詰めますが、あと一歩のところでオメガモンの合体が何故か解かれてしまいエオスモンを取り逃します。 そこで太一達はメノアから衝撃的な事実を聞かされる事となります。 それは選ばれし子供達が大人になるにつれてパートナーデジモンとの関係性は無くなってしまうというものです。 それは無理な進化をすると、別れを早めることにつながると言われた太一達はどうすればいいかわからなくなります。 しかし事件は続き仲間であるミミまで意識不明になり、タケルと光まで襲われてしまいます。 光子郎はエオスモンから取ったデータを解析した結果、一連の事件がメノアの犯行と突き止めますが、メノアの手により意識を奪われます。 光子郎の残してくれた手がかりから太一とヤマトはメノアの元に向かいそこでメノアの計画を聞かされます。 全ての選ばれし子供達をデータ化し大人にならないでパートナーデジモンとずっと一緒にいようとするものです。 それを聞いた太一とヤマトは阻止すべく立ち向かいます。 そして全て覚悟を決め今まで見たことのない進化を果たし無事メノアの計画を阻止する事に成功します。 しかし事件が解決した後、太一とアグモン、ヤマトとガブモンに別れが訪れてしまします。 悲しみの涙を流す2人ですが、冒頭で進路に悩んでいた2人はこの別れをキッカケにそれぞれの道へ走りだし太一の「必ず会いに行くからな」というセリフで締め括られます。 それが20年の時を経てこのような形で観ることができて嬉しく思います。 今作では前に映画でやっていたtriの映画からまた違った雰囲気になり、あまり評判のよくなかったtriから改善されていたのではないかと思います。 またtriでは全く触れられなかった02のメンバーも描写があったのが良かったです。 インペリアルドラモンなど究極体がでなかったのは少し残念です。 映画の本編では人気のオメガモンの戦闘シーンだけ別格で気合が入っているなと感じます。 ただ合体シーンから戦闘シーンまで毎回かっこよくて好きなのですが、ストーリーの都合上初登場のぼくらのウォーゲームの時にディアボロモンを倒して以来、毎回いいところでかっこよく負けてる印象がついよいです。 triの時もオメガモンの別形態になって最後敵を倒しましたが、この映画ではオメガモンのままボロボロになって倒すシーンを期待しましたがアグモンとガブモンがそれぞれ違う進化形態がでたのには少し残念です。 映画の内容としては最後に太一とヤマトはアグモン、ガブモンそれぞれお別れをするかたちになってしまいましたが、02の最後で太一はデジタルワールドと人間世界の外交官になって、ヤマトは初のデジモンと一緒に宇宙飛行士とかになっており、他の選ばれし子供達もそれぞれパートナデジモンと一緒にいたのをどう繋げればいいのかなと思いました。 公開日から 1週間に4種類が3週で 全12種類となっており、ランダムで1枚がゲットできます。

次の

「デジモン大好きな人間の感想。」デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 TAIさんの映画レビュー(ネタバレ)

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

「デジモン愛にあふれた作品!大人から子供まで楽しめる!」「デジモンと共に歩んだ全ての子どもたちに見て欲しい作品!」「戦闘シーンの作画もいいし、終盤はずっと泣いてた!」 上映中【2020年2月21日 金 公開】 デジモンシリーズ20周年作品となる劇場版アニメ。 太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれの道を歩み始めていた。 そんなある日、エオスモンと呼ばれるデジモンが原因で事件が起こり始める。 監督は、「PERSONA3 THE MOVIE」シリーズの田口智久。 声の出演は、「鬼滅の刃 兄妹の絆」の花江夏樹、「この世界の片隅に」の細谷佳正。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 2010年、太一(声:花江夏樹)とアグモン(坂本千夏)たちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から10年以上が経過した。 太一たち選ばれし子どもたちは、事件解決のために再び集結する。 その様子を見たメノアは、選ばれし子どもが大人になると、パートナーデジモンは姿を消してしまうという衝撃の事実を告げる。 エオスモンの脅威は次第に太一の仲間たちにも及んでいくが、無理な戦闘はパートナーとの別れを早めることになる。 ほんとに泣けるから。 try. 叩かれがちだけど俺は面白いと思ったし 普通に繋がってる部分あるから見といてよかったわ。 ネタバレあり デジモンの集大成って感じです。 主人公は大学生となり、お酒飲んだり…と大人な感じ。 02や劇場版、triの伏線があったりファンには堪らない。 率直に言うと、面白かったです。 素直に。 素晴らしかった。 各映画を彷彿とさせる演出や キャラのカメオ出演など細かなところまでデジモン愛にあふれた作品。 を下回る大番狂わせだった。 過去作の続編は嬉しいけど、 薄いストーリーと演出で何となく良かったって思わせるのいい加減やめない? でもめちゃくちゃ評判良いみたい。 こればかりは世間との感性のズレなのかなぁ…。 同世代の人たちで溢れる劇場に流れる涙。 めっちゃ心地良かった。 大人になって忘れかけてた純粋な気持ち。 ずっと持ち続けたい。 『ぼくらのウォーゲーム!』へのオマージュもたくさん。 あのtri. の悲劇からよくぞここまで持ち直してくれた… 言いたいことはあるんだけどとりあえず言わせてください。 泣いた。 すごく良い出来だし、寂しいけど、02のラストへの伏線もちゃんと貼ってあって、 シリーズ最終作としてメチャクチャ良いと思った。 感情移入では絶対的にミニシアターですが、役者の表情なんかはアマプラの方がじっくり見れて... 今年というか自分の中の恋愛映画で一位です。 今までみたことない山﨑賢人くんは圧倒... 映画館とAmazonプライム... 明け方の桜並木を自転車を2人乗りして通るシーン、たくさんの思いが詰まりすぎて、涙が流れ続... 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... 台詞量。 圧巻だった!」「理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる!」「今の時代にこんなに刺さるとは。

次の

「デジモン大好きな人間の感想。」デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 TAIさんの映画レビュー(ネタバレ)

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

感想 デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 デジモン好きだった人はCMで涙腺緩んだ人がいたと思います。 映画ではCMのシーンの破壊力が 数倍になってました。 前後のストーリーがすばらしくて、涙が止まりませんでした。 思い出クラッシャーになると心配してる人もいるSNSで見かけましたが、そんなことにはなりませんでした。 そして、OPがButter-flyで挿入歌がbrave heart。 新しい挿入歌もエンディングもデジモンに関わってきたアーティスト。 大きくなったけど姿はそんなに変わらない選ばれし子供たち。 悩んだりしながら前に進んでいく。 そんな姿が昔と変わらなくて懐かしさを覚えながら楽しんでました。 初代と02のデジモンを見てた人には是非おすすめしたい。 あの時のメンバーが大人になって、葛藤して、それでも生きていく姿。 時がたってもたまに集まってわちゃわちゃする楽しさが伝わってくる。 (特に02メンバー) ストーリーは王道。 悪く言えば平凡。 特別面白い箇所はあんまりなかったと思います。 ただ、デジモンを楽しんできたひとたちには刺さるところがいっぱいあると思うので、見にいくのがいいと思います!迷ってるなら是非見に行ってください! ネタバレ有りの記事はこちらから 番外編〜個人的楽しみ方〜 久々にパンフレットを買いました。 しばらく映画でパンフレット買っていなかったのですが、 見た後に読み返すと、見た場面が思い出して、また感慨に浸れます! 本当に余韻を楽しみたい人は買った方がいいです!.

次の