アジング 季節。 アジングとは?アジングを楽しむすべての人に知ってもらいたいおすすめタックル!

アジングのシーズンはいつなの?ベストな時期を狙い撃ち、楽しくアジを釣りましょう!

アジング 季節

アジングの釣れる時期 正直申しますと、アジは釣れるか?釣れないか?で言うなれば季節に関係なくいつでも釣れる魚です。 1年中通して年中アジングの時期といっても間違いではないくらいのです。 下記ではアジの季節ごとの特性を簡単にまとめてみました。 春 春はほかの魚種と同じく 産卵の時期になります。 お腹の子供立ちに栄養を送るためにエサを荒食いし身体に体力を蓄えておく時期なので釣れやすいです。 が、しかし他の魚種と比べて産卵時期の間隔が短く、時期を逃すと途端に釣れなくなるのが特徴です。 同じ春でも地域によって差が激しいのもこの時期の特徴です。 短期間で終わることもあるアジングの時期 四季の違いによる特性からもわかるように、アジングは年中釣れる分、上記のように4つに分けてもそのひとつひとつの季節によって釣れる時期が非常に短いのがわかります。 季節4分割にする際に、3ケ月ごとに区切りますが、アジングでいうと3ケ月もその状態がつづく時期は稀なのです。 またどこにでも生息している魚ゆえの、地域によっても違いが大きいことが挙げられます。 初心者でも釣りやすいハイシーズン 初心者でももっとも釣れやすい時期は夏です。 梅雨が終わり日中一気に暖かく成る頃です。 そこで数釣りしてアジングの「 釣れる楽しさ」を体感したら、そこからもっと大きなアジが狙える秋のアジングを堪能しましょう。 夏のハイシーズンの釣り方 — 2018年11月月3日午前9時18分PDT アジの主食がプランクトンから小魚のベイトに代わります。 気持ち使うルアーの大きさを大きくすることが尺アジを狙うコツです。 大きい固体のものははやり相応の大きさのエサを好みますジグとワームの場合も同様に夏場よりも一段重い、一段大きいものから試してみてください。 釣れる時期を体感で判断する目安 もちろんここでいうアジングの時期とは相対的に判断した数値からの判断で自分が行くフィールドにごっそり当てはまらるかと聞かれればそう簡単にはいかない。 同じ日本国内でも時期は南の九州から東北や北陸地方では大きく異なります。 そのために自分で自分の地域の時期を判断するのはある程度経験と月日が必要になります。 そこで大体のアジングの釣れる時期を「そろそろかぁ~」って判断できる目安を伝授します。 夏のハイシーズンの判断目安 夏とは地域によって早いところでは6月の初旬からの梅雨が明けてから。 そこからだんだんと暖かくなり昼夜問わず半袖で釣りに行けるようになると完全にハイシーズンの到来です。 秋のアジングの時期の目安 夏から少しずつ朝晩涼しくなり始めるころ。 地域によってことなりますが大概西日本では9月中旬くらいからになります。 木々が黄色や赤に染まり紅葉の時期を迎えると、秋も終盤。 上着が一枚増えだすころにはもうすぐ冬の合図。 日本縦断!アジング時期早見表 アジングは沿岸部の陸地のごく近場で出来ることから、気軽に行けることもアジングは日本中で人気を博しているライトフィッシングの台頭の理由なのでしょう。 地域の違いと時期と特徴 アジは 日本全国ほとんどの地域に生息しており、北海道からでもアジングは存在していますし、南は沖縄でも現地語でガチュン メアジ はルアーで狙えるターゲットになっています。 北と南では時期が真逆のである場所も存在していることも下の表から分かります。 極端な話、場所を変えていき日本縦断すると年中ハイシーズンに釣りができるとも言えるわけです。 実際に アジのいる場所を狙って日本中を駆け回るプロアングラーの方もいます。 また九州の大分などでは、釣り対象魚ではありませんが豊後水道の高級ブランド魚【関アジ】が有名。 関アジの旬は3月~10月 春~秋。 大分で釣れるアジは関アジというブランド名こそつかないけれど味は関アジと変わらない美味しさで人気の釣り場です。 地域別アジングの時期 時期 地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 沖縄.

次の

アジングの時期を知る!良く釣れるハイシーズンを知り、コンスタントな釣果を得よう!

アジング 季節

もくじ• アジングのシーズナルパターン アジはシーズンによって釣れるサイズが大まかに決定します。 そして、アジが捕食するベイトの種類も変化するので、ベイトに合わせてワームを変化させるアジングではシーズニングパターンが重要となります。 そこで、春夏秋冬のアジの行動パターンやその行動に合わせてアングラーはどのように対処すれば良いのかを解説していきます。 『春』アジのシーズンオフ期間 春はアジの釣果はいまいち。 お魚の恋の季節となる春はアジの産卵のシーズンです。 ただ、アジは水温の高い場所にいる餌を求めて移動する回遊魚。 まだ春は水温が冷たいのでアジの釣果はしぶしぶと言ったところ。 3月 まだ冬の寒さが残る3月は水中の温度が低いため、シーズン準備期間と言ったところ。 この時期のアジは根付きのアジを狙いましょう。 回遊性を持ったアジだけではありません。 環境が気に入るとその適した環境に住み続けるアジもいます。 根付きのアジは大きい個体が多い一方、海底でジッと動かないことも多いのでボトムを入念に探索してみましょう。 4月 ポカポカと温かい気温で春らしさを感じられるシーズン。 産卵前と産卵後の個体が入り交じるアングラーにとっては複雑な時期です。 産卵前のアジはバチ、アミ、シラス、イカナゴと様々な餌を食します。 これは産卵に備えるための行動。 この産卵前のアジは簡単に釣ることができるものの、産卵を終え、疲れたアジは餌を食べなくなります。 これはある程度の体力を回復するための行動。 この時期は産卵前のアジを上手く掴むことができれば釣果を望むことができるでしょう。 5月 このシーズンも産卵前と産卵後の個体が混じり合う時期。 アングラーにとってはアジングを行う上での複雑な時期だと言えるでしょう。 ただ、春終わりになると水温も上昇し、プランクトンが生息できる海水温度になります。 プランクトンを求め、漁港に侵入するアジも多いので気を抜かずに根気良くアジを探索してみましょう。 『夏』アジの数釣りが楽しめる季節 夏はアジの数釣りのシーズン。 このシーズンはアジが最も活発に動くシーズンで春に産まれた小さなアジが釣れるほかに他の海域から回遊してきたアジも釣ることができます。 ただ、釣れるアジは小さいサイズが多いので小さい針のサイズを利用しましょう。 6月 春の名残と夏の温かさで体はポカポカ。 この時期はから豆アジがポツポツと釣れるようになってきます。 豆アジはサイズが小さいので豆アジ専用のジグヘッドを利用すること。 豆アジは体が小さく吸い込む力も弱いので軽いジグヘッドを利用しましょう。 7月 夏の蒸し暑さでスッカリ夏の姿に。 梅雨が明ければ本格的な夏の始まりです。 この時期は豆アジのシーズン。 小ぶりではあるものの、漁港へと侵入する小アジも多いのでアジングがより活発化する時期です。 豆アジのベストシーズンだと言えるでしょう。 8月 少しサイズの大きいアジが入り交じる時期。 豆アジや小アジの数釣りが期待できる時期です。 豆アジ専用のジグヘッドを軸にサイズを調整しましょう。 このシーズンのアジは夜釣りがおすすめ。 時々、中型のアジも掛かるので気を抜けない時期です。 『秋』中型のアジを狙えるシーズン 秋はアジのベストシーズン。 小さかったアジもある程度の成長を遂げてシラスなどの小魚を捕食し始めます。 小魚に似せたメタルジグやワームにも好反応を示すシーズンでアジングに最適な季節です。 数、サイズ共にまずまずの釣果を上げることができるでしょう。 9月 食欲の秋。 読書の秋。 スポーツの秋。 秋はチャレンジする季節。 秋口であるこの時期はアジのサイズも程よく成長し、小型のアジから中型のアジを狙えるシーズン。 豆アジの姿はあまり見かけなくなる変わりに中型のアジを狙うことができるシーズンです。 10月 この時期はアジングのハイシーズンとも呼ばれる時期。 ある程度の成長を遂げたアジを釣ることができる絶好のシーズンです。 中型のアジが連続して掛かることも珍しくはありません。 アジの量も質も申し分のない時期であると言えるでしょう。 11月 少し冬の兆しである寒さを体感できるシーズン。 海水温の温度も低下する時期でもあるので安定した水温を好むアジにとっては住み辛くなります。 しかし、まだまだ、アジが釣れる時期でもあるので諦めずに狙ってみましょう。 『冬』大型のアジが狙えるシーズン 海水温の低下によってプラクトンが発生し辛くなる冬の季節。 冬のアジは餌を求めて温かい海域へと出かけます。 小さい個体も消えて沖へと旅立っていくシーズン。 アジングでは釣果が伸びにくい一方、環境に適応した大型のアジを釣ることができるシーズンです。 12月 すっかりと秋の涼しさは消えて寒さへと変わる時期。 アジは寒くなると温かい水温を求めて南下します。 ただし、南下するアジも入れば、その環境を気に入った根付きのアジもいるので、まだ水温の温かいポイントでは釣果を望むことができるでしょう。 1月 本格的な寒さと寒波が到来する時期。 この時期のアジは中型から大型のアジが狙えるシーズン。 アジの数は減るものの、整ったサイズのアジを釣ることができます。 キャロライナリグやフロートリグを利用して潮通しの良いポイントから深場や沖目を狙いましょう。 2月 まだまだ冬の寒さは続きます。 水温が低下し、アジの活性も低下していることでしょう。 より沖目へとキャストし、海底を軸として誘うことが良い釣果を得る秘訣です。 この時期は全体的に大きいアジを狙うことができるシーズンです。 尺アジを狙える時期でもあるので大型のアジを目的とする方は見逃さないようにしましょう。 アジングはオールシーズン楽しめる アジングではアジが回遊して来なければボウズに終わることがありますが、基本的にアジの回遊があればアジはオールシーズン釣ることのできるターゲットです。 春夏秋冬ごとに変化するアジの行動パターンで何かしらのヒントを得ることができればより良い釣果に結び付けることができるかもしれません。 是非、参考程度にアジングをお楽しみください。

次の

【アジング】低水温期(冬)にアジを狙うときに意識しておきたいポイント

アジング 季節

アジ釣りの時期 アジ釣りの時期についてご紹介しています。 堤防・漁港・海釣り公園など(以下、堤防など)でのアジ釣りは、基本的に 1年を通して行えます。 よく釣れるのは、 夏から秋です。 そのため、 6月から11月ぐらいが狙い目です。 この時期になると、家族連れの釣り人で賑わいます。 堤防などでの釣りと言えば、アジのサビキ釣りというぐらい人気の対象魚となっています。 手軽で簡単によく釣れるのが、大きな魅力となっているようです。 最近人気急上昇中のアジングも、 夏から秋にかけて最盛期を迎えます。 夏は 型が小さいですが、 数釣りが可能です。 では、 冬はどうなのでしょうか? 30cmを超えるような 大型を釣りたいのなら、 冬に狙うのがよいです。 良型が釣れる可能性は高くなりますが、数釣りは難しいです。 船のアジ釣りは、 乗っ込みの時期が狙い目です。 乗っ込みとは、魚が産卵のために浅場へとやって来ることを意味します。 真鯛の乗っ込みが有名です。 乗っ込みは、 4月から5月にかけて最盛期を迎えます。 7月ぐらいまで続きます。 個人的には、6月ぐらいに良型のアジを釣ったイメージがあります。 良型を狙うのなら、この時期がおすすめです。 また、秋に釣れるアジは、脂がよく乗っていておいしいです。 どうせ釣るなら、おいしいアジを釣りたいですね。 堤防などでのサビキ釣り、アジング、船釣りであろうと、こまめに釣果情報をチェックしておいた方がよいです。 年によって、釣れ出すのが早かったり、遅かったりするためです。 場所によっても、ズレがあるかもしれません。 上の時期は、関西での話です。 たくさん釣ろうと思えば、数が釣れる時に行かないといけません。 大きいのが釣りたいのなら、大きいのが釣れる時期に行かないといけません。 それが鉄則です。 アジ釣りの時間帯 アジ釣りの時間帯についてご紹介しています。 堤防などでのアジ釣りの時間帯については、基本的に どの時間帯でも釣れます。 しかし、おすすめは 朝夕マズメと夜間です。 夜明けと共に当たりが止まってしまったり、日中に釣れ続くことはほとんどないためです。 ただ、家族連れではなかなか難しいと思います。 そんな時は、朝マズメから始めて午前中一杯の間行うとよいです。 夏なら、暑くなるまでがよいです。 また、 船釣りでも同じで、基本的に どの時間帯でも釣れます。 ただ、日中よりも、 夜間の方がよく釣れます。 サイズがよくなる傾向にあります。 良型がよく釣れるのでおすすめです。 時間帯以外でも、アジが釣れ出すタイミングを予想することができます。 潮が流れ出すタイミングや 大潮のタイミングなどです。 また、 上げ潮になると港内に入ってきて、 下げ潮になると外へ出ていくことが多いです。 潮位が高い時間帯は港内にいることが多いです。 スポンサーリンク 次へ 「」.

次の