レター パック。 レターパックの特徴・料金・利用方法

レターパックをまとめ買いしたい!安く買う方法は?

レター パック

レターパックプラス• レターパックライト• 対面でお届け• 郵便受けへお届け 利用シーン 個人のお客さま• オーク ション• 証明書 発送• 衣類発送• チケット 発送 など 法人のお客さま• 請求書 発送• カタログ 発送• 業務用 サンプル 発送• パンフレット 発送 など• 現金を送ることはできません。 損害賠償は行いません。 海外あてとすることはできません。 旧料額のレターパックは、520円または370円との差額分の切手を貼ってご利用ください。 旧料額のレターパックとの交換には所定の手数料および520円または370円との差額分の料金が必要です。 あらかじめご了承ください。 配達や返還された使用済みのレターパックは、料金額相当の切手を貼付したとしても、改めてレターパックとしてご利用になることはできません。 新たにレターパックをご購入の上、ご利用いただきますようお願いいたします。

次の

レターパックをまとめ買いしたい!安く買う方法は?

レター パック

レターパックライトとレターパックプラスの違い 郵便局に行くと、青いレターパックライト以外に、赤いレターパックプラスがあります。 両者の違いをまとめましたので、かしこく使い分けましょう。 区分 レターパックライト レターパックプラス 料金 360円 510円 厚さ 3センチ以内 特になし(きちんと封が出来れば大丈夫) 配達 相手先の郵便受け 対面受け渡し 大きな違いは料金と送れる厚さ、受け渡し時となります。 料金はレターパックプラスの方が高いですが、その分、対面での受け渡しや、より厚みがあるものでも送れたり…と、よりゆうパックに近いようなサービスになっています。 レターパックライトは厚さがオーバーしていると送り主に戻されますので、気をつけてくださいね。 無理やり入れても相手に届かなければ、封筒が無駄になってしまいます。 「これはどうだろう」と気になる場合は、郵便局の窓口で確認をすることをおすすめします。 レターパックライトとレターパックプラスの共通点 それでは、共通点をご紹介します。 特に追跡サービスはレターパックライトでもプラスでも変わらずついてくるので、 厚さが薄いものであればレターパックライトの方がお得です。 重量が重たいものは、幅などをクリアしていてもどちらでも受け付けることが出来ません。 気になる場合は窓口でチェックしてもらうのが無難です。 レターパックライトの発送方法 それでは、レターパックライトの発送方法を、具体的にご紹介します。 コンビニなどでレターパックを購入する 2. 宛名と差出人を記入する 3. 荷物をレターパックに入れる 4. 追跡番号の控えを剥がして保管する 5. レターパックライトを取り扱っているコンビニは、 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキです。 ただし、ローソン以外は一部店舗での取扱になっているようなので、自分が利用する前に店舗へ確認をしておくことをオススメします。 ローソンは郵便局と提携しており、店内にはポストもあるので、品物とボールペンを持参すれば、その場で発送まで終わらせることも出来ますよ。 また、まとめて購入したい人は、 日本郵便の公式サイトから、20枚1セットで購入することも可能です。 雨に濡れても消えないように、油性ペンで書くことをオススメします。 宛名には相手の電話番号を書くところもありますが、もしも相手の番号が分からなくても、名前と住所に間違いがなければ届けてくれます。 当然ですが、分かる場合はしっかり書いておきましょう。 品物の項目も『Tシャツ』など、中身を具体的に書いておきましょう。 繰り返しになりますが、レターパックライトは厚さが3センチ以内の荷物を送るものです。 宛名を書く前に事前に入れて、厚さを確認しておきましょう。 厚さがオーバーしてしまうと、自分のところに戻ってきます。 ギリギリになって不安を感じたら、事前に窓口で確認してもらいましょう。 この番号を使って、郵便局の追跡サービスを利用することが出来ますよ。 この番号を送り主に伝えれば、相手も同じく追跡サービスを利用出来ます。 厚さや重さが規定内かどうかを確認したい人は、有人窓口へ持参しましょう。 ポストへ投函してもいい形式なので、仕事などで郵便局へ行けない人も、手軽に使うことが出来ますね。 レターパックライトに関してはこちらの記事もぜひご覧ください。 レターパックのメリット 郵便局の配送方法のひとつであるレターパック、その特徴を3つご紹介しま... sumica編集部.

次の

レターパックはコンビニのセブンイレブンで買える?発送や受取はできるか検証レビュー

レター パック

レターパックライトとレターパックプラスの違い 郵便局に行くと、青いレターパックライト以外に、赤いレターパックプラスがあります。 両者の違いをまとめましたので、かしこく使い分けましょう。 区分 レターパックライト レターパックプラス 料金 360円 510円 厚さ 3センチ以内 特になし(きちんと封が出来れば大丈夫) 配達 相手先の郵便受け 対面受け渡し 大きな違いは料金と送れる厚さ、受け渡し時となります。 料金はレターパックプラスの方が高いですが、その分、対面での受け渡しや、より厚みがあるものでも送れたり…と、よりゆうパックに近いようなサービスになっています。 レターパックライトは厚さがオーバーしていると送り主に戻されますので、気をつけてくださいね。 無理やり入れても相手に届かなければ、封筒が無駄になってしまいます。 「これはどうだろう」と気になる場合は、郵便局の窓口で確認をすることをおすすめします。 レターパックライトとレターパックプラスの共通点 それでは、共通点をご紹介します。 特に追跡サービスはレターパックライトでもプラスでも変わらずついてくるので、 厚さが薄いものであればレターパックライトの方がお得です。 重量が重たいものは、幅などをクリアしていてもどちらでも受け付けることが出来ません。 気になる場合は窓口でチェックしてもらうのが無難です。 レターパックライトの発送方法 それでは、レターパックライトの発送方法を、具体的にご紹介します。 コンビニなどでレターパックを購入する 2. 宛名と差出人を記入する 3. 荷物をレターパックに入れる 4. 追跡番号の控えを剥がして保管する 5. レターパックライトを取り扱っているコンビニは、 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキです。 ただし、ローソン以外は一部店舗での取扱になっているようなので、自分が利用する前に店舗へ確認をしておくことをオススメします。 ローソンは郵便局と提携しており、店内にはポストもあるので、品物とボールペンを持参すれば、その場で発送まで終わらせることも出来ますよ。 また、まとめて購入したい人は、 日本郵便の公式サイトから、20枚1セットで購入することも可能です。 雨に濡れても消えないように、油性ペンで書くことをオススメします。 宛名には相手の電話番号を書くところもありますが、もしも相手の番号が分からなくても、名前と住所に間違いがなければ届けてくれます。 当然ですが、分かる場合はしっかり書いておきましょう。 品物の項目も『Tシャツ』など、中身を具体的に書いておきましょう。 繰り返しになりますが、レターパックライトは厚さが3センチ以内の荷物を送るものです。 宛名を書く前に事前に入れて、厚さを確認しておきましょう。 厚さがオーバーしてしまうと、自分のところに戻ってきます。 ギリギリになって不安を感じたら、事前に窓口で確認してもらいましょう。 この番号を使って、郵便局の追跡サービスを利用することが出来ますよ。 この番号を送り主に伝えれば、相手も同じく追跡サービスを利用出来ます。 厚さや重さが規定内かどうかを確認したい人は、有人窓口へ持参しましょう。 ポストへ投函してもいい形式なので、仕事などで郵便局へ行けない人も、手軽に使うことが出来ますね。 レターパックライトに関してはこちらの記事もぜひご覧ください。 レターパックのメリット 郵便局の配送方法のひとつであるレターパック、その特徴を3つご紹介しま... sumica編集部.

次の