ラインの背景画像。 LINEのプロフィール背景壁紙を変更する方法|LINEの使い方まとめ総合ガイド

LINEのプロフィール背景画像を設定・変更し保存する方法

ラインの背景画像

LINEのビデオ通話でバーチャル背景を設定する方法です。 スマホ版(iPhone、Android)、PC版どちらでも利用できます。 [5月27日 更新] PC版LINEがバージョン6. 3から正式にバーチャル背景(背景エフェクト)に対応しています。 コロナウイルス対策で外出自粛の世の中。。 自宅で相手と顔を向けて話をするビデオ通話がよく使われています。 このオンライン会議や飲み会は、LINEのビデオ通話(iPhone、Android、PC版)を使っても行うことができます。 今更ですが元々LINEは、ビデオ通話ができるアプリです。 ライトな相手や取引先であればLINEを利用したオンライン会議を行うこともあると思います。 部屋が隠せるバーチャル背景(背景エフェクト)。 LINEでも使える そんなオンライン会議などでよく問題になるのが、背景(自宅の部屋)が丸見え問題。。 これを回避することができるバーチャル背景機能がZoomなどでもピックアップされています。 このバーチャル背景は、Zoomほど自由ではないですがLINEでも利用できます。 この記事では、 LINEのビデオ通話でバーチャル背景(背景エフェクト)を設定する方法を紹介します。 [目次] ・ ・ ・ 【LINE】ビデオ通話でバーチャル背景(背景エフェクト)を設定して通話する方法 【注意】利用している環境によってはバーチャル背景がフリーズしたりもする スマホ版では反映されないパターンもあるかもしれないので注意 最初にちょっとした注意ですが、実際にLINEのビデオ通話でバーチャル背景を設定して通話してみたところ、スマホの機種によっては背景がフリーズしたような動きになるものもありました。 基本的にないと思いますが、もしかしたら一部のスマホでバーチャル背景が適用されないということもあり得るかもしれません。 あとLINEアプリも念のためアップデートしてからどうぞ(相手のバージョンによって左右されることもあるかもしれませんが…) PC版はバージョン6. 3から正式に背景エフェクトに対応 PC版のLINEは、バージョン6. 3より正式にバーチャル背景(背景エフェクト)に対応しています。 あらかじめ用意されているバーチャル背景の他、自分で写真を設定した背景も利用できます。 関連記事: 【iPhone・Android版】LINEのビデオ通話でバーチャル背景(背景エフェクト)を利用する手順 オンライン会議や飲み会で背景で自宅、部屋を晒したくない時にどうぞ LINEでビデオ通話を開始します。 通話が始まったら画面上を1回タップします。 画面下に表示されるメニューの一番左の顔のアイコンをタップします。 LINEのビデオ通話中に顔や背景をリアルタイムで加工、変換するスタンプ一覧が表示されます。 この中で確認した限り3つだけバーチャル背景として使えるスタンプがありました。 【静止画】こたつのある和風な部屋 左上のスタンプをタップすると、こたつのあるちょっと昭和を感じる部屋がバーチャル背景として設定されます。 このスタンプは静止画なのでカメラを動かしても角度によって背景は変化しません。 【360度パノラマ】神社?お寺? 右下2番目のスタンプをタップすると、神社?お寺?(多分有名な場所だと思うのですがどこかわからなかった…)がバーチャル背景として設定されます。 このスタンプは360度パノラマとなっており、自分に向けているスマホのカメラを動かすことで背景の見える場所が変化します。 【360度パノラマ】新宿の街並み 右下のスタンプをタップすると、新宿の街並みがバーチャル背景として設定されます。 こちらもこのスタンプは360度パノラマとなっており、自分に向けているスマホのカメラを動かすことで背景の見える場所が変化します。 その他後もいろいろと追加中 最初に記事を書いた時はあまり用意されていなかったバーチャル背景ですが、その後チラチラと追加されていました。 スマホ版のLINEでも様々な背景が利用できます。 【PC版】LINEのビデオ通話でバーチャル背景(背景エフェクト)を利用する手順 続いてPC版のLINEでバーチャル背景を利用する手順です。 PC版は、バージョン6. 3から正式に背景エフェクトに対応しています。 ビデオ通話を開始し「ビデオ設定」を選択します。 「背景エフェクト」を選択します。 利用できるバーチャル背景から好きなものを選択すればOKです。 PC版LINEは、最初から高画質なバーチャル背景がいろいろと用意されています。 自分の好きな写真を背景に設定することもできる またPC版LINEの場合は、自分の好きな画像を選択して背景として設定することもできます。 LINEビデオ通話でバーチャル背景は使える 相手に自分の部屋の中を見せたくない、という時は設定してみて こんな感じでLINEビデオ通話では、スマホ版でもPC版でもバーチャル背景(背景エフェクト)が利用できます。 スマホ版は、もともと会議用という訳ではなく、リアルタイム加工スタンプの一種として楽しむために登場した機能の様な気もしますが、相手に自分の部屋を隠す程度であれば普通に使えます。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

【LINE】プロフィールの背景画像を配布!デフォルトに戻したい人におすすめ

ラインの背景画像

LINEのプロフィール画像を変更する方法 プロフィール設定画面 LINEのプロフィール画像は、自身のプロフィール設定画面から変更できます。 プロフィール設定画面を表示する LINEのホーム画面から自身のプロフィール設定画面を表示するには二通りの方法があります。 自分のアカウントの詳細画面から表示する 左:ホーム画面で自分のアカウントをタップ 右:設定ボタン[ ]をタップ ホーム画面に表示されている自身のアカウントをタップします。 すると、自身のアカウントでおこなった投稿やKeepを確認できる画面に移行するので、プロフィールの設定ボタン[ ]を選択してください。 これでプロフィールの設定画面へ行くことができます。 設定ボタンから表示する 左:ホーム画面の設定ボタン[ ]をタップ 右:[プロフィール]を選択 ホーム画面左上の設定ボタン[ ]をタップします(Android版はホーム画面右上)。 「設定」メニューの[プロフィール]を選択するとプロフィール設定画面が表示されます。 プロフィール設定でプロフィール画像を変更する プロフィール設定画面のプロフィール画像をタップします。 すると、新しいプロフィール画像をカメラで撮影するか、すでにアルバムに保存されている画像・動画を使うか聞かれるので、いずれかを選択してください。 プロフィール画像に使う写真を用意する プロフィール設定画面でどちらの方法を選択するかによって少し手順が変わるため、それぞれ解説していきます。 その場でカメラ撮影して画像を設定する 円の中に被写体がくるようにする [カメラで撮影]を選択するとLINE上でカメラが起動します。 撮影画面上で円形に明るくなっている部分は、普段のトークやグループで表示される範囲を示します。 円に囲まれていない部分は普段のアイコンで表示されないので注意してください。 撮影中、画面上でピンチイン/アウトするとカメラのズーム機能が使えます。 うまく利用して円の中に被写体が収まるように撮影しましょう。 納得のいく写真が撮れたら紙飛行機アイコンをタップ アイコンにしたい写真が撮影できたら、プレビュー画面の右下にある紙飛行機アイコンをタップ。 すると、プレビュー画面に表示されている画像がプロフィール画像に変更されます。 なお、このとき紙飛行機アイコンの隣りにある「ストーリーに投稿」をオンにしてしまうと、変更後のプロフィール画像がストーリーに載せられてしまいます。 ストーリーに投稿したくない場合は、「ストーリーに投稿」がオフになっているかしっかり確認しましょう。 なお、[カメラで撮影]を選択すると、写真だけでなくビデオをアイコンにすることもできます。 ビデオをアイコンにする方法の詳細は下記の記事を参照してください。 端末のカメラロールやギャラリーに保存された写真を使う スマホのアルバムからアイコンにしたい画像を選ぶ [写真または動画を選択]を選ぶと、スマホのアルバムからプロフィール画像の設定ができます。 左:アイコンとして表示する範囲を選択 右:プレビューで確認して問題がなければ[完了] アイコンにしたい画像を選ぶと、アイコンとして表示する範囲を選ぶ画面へと移行します。 ピンチイン/アウト機能を使うか画像を上下左右に動かして任意の範囲を選択してください。 円形で囲まれている部分はアイコンとして常に表示され、正方形の四隅の暗い部分は他のユーザーにアイコン画像をタップされたときに表示される部分です。 アイコンとして表示する範囲が決まったら、画面右下の[次へ]。 プレビュー画面で選択範囲に問題がなければ、右下の[完了]をタップしてプロフィール画像を変更してください。 なお、アルバムからもビデオをアイコンに設定できます。 設定方法の詳細は下記の記事を参照してください。 現在のプロフィール画像を削除する方法 現在のLINEアイコンを削除してからプロフィール画像を変更したい場合や、LINEのアイコンを初期状態に戻したいときは、プロフィール画像の削除をおこないます。 左:プロフィール設定画面から[削除]を選択 右:プロフィール画像は削除され初期状態に戻った プロフィール画像を削除する方法は、プロフィール設定画面で自分のアイコンをタップすると出てくるメニューから[削除]を選択するだけです。 設定していたプロフィール画像は削除され、初期状態のアイコンに戻ります。 このとき、削除してしまったプロフィール画像を元に戻すことはできないので、削除するときは念のため設定していたプロフィール画像を保存しておくとよいでしょう。 プロフィール画像の変更をタイムライン・ストーリーに投稿しない設定 LINEのタイムラインやストーリーに自分のプロフィール画像変更の通知が投稿されてしまうのが嫌で、プロフィール画像を変えられなかった人に朗報です。 以下の方法で、タイムライン・ストーリーへの投稿を避けることができるのです。 タイムラインへの投稿をオフにする方法 [画像の変更を投稿]のスイッチをオフにする。 画像はオンの状態 プロフィール画像の変更をタイムラインに投稿するのを止めるには、プロフィール設定画面で[画像の変更を投稿]をオフにするだけです。 LINEの初期設定ではオンになっているので、気になる人は今すぐオフにしてしまいましょう。 なお、この設定は背景画像の変更にも適用されます。 変更したプロフィール画像をストーリーに載せない方法 LINEにもInstagramのような24時間で消える「ストーリー」投稿機能が搭載されました。 24時間で消えるとはいえ、変更したプロフィール画像が公開されるのは気恥ずかしいという人もいるでしょう。 変更する前に「ストーリーに投稿」がオフになっているか要確認 変更後のプロフィール画像は、画像変更のプレビュー画面でストーリーに載せるか載せないかを選ぶことができます。 「ストーリーに投稿」がオフになっていれば、プロフィール画像を変更してもストーリーには載りません。 「ストーリーに投稿」がオンになっている状態 「ストーリーに投稿」を一度オフにすれば設定は保持されますが、念のためプロフィール画像を変更するときは確認したほうがよいでしょう。 タイムライン・ストーリーに載せてしまった投稿を消す方法 「タイムラインに投稿しない設定を忘れていた」、「誤ってストーリーに載せてしまった」というときには、慌てずにタイムラインへの投稿やストーリーを削除しましょう。 タイムラインへの投稿を削除する方法 タイムラインの投稿を削除するには、投稿画像の右上にあるメニューボタン[ ]をタップして[削除]を選択します。 確認メッセージで[OK]をタップすればタイムラインへの投稿を削除できます。

次の

【LINE】LINEのトーク画面をカスタマイズする方法(背景画像の変え方)

ラインの背景画像

LINEのプロフィール画像を変更する方法 プロフィール設定画面 LINEのプロフィール画像は、自身のプロフィール設定画面から変更できます。 プロフィール設定画面を表示する LINEのホーム画面から自身のプロフィール設定画面を表示するには二通りの方法があります。 自分のアカウントの詳細画面から表示する 左:ホーム画面で自分のアカウントをタップ 右:設定ボタン[ ]をタップ ホーム画面に表示されている自身のアカウントをタップします。 すると、自身のアカウントでおこなった投稿やKeepを確認できる画面に移行するので、プロフィールの設定ボタン[ ]を選択してください。 これでプロフィールの設定画面へ行くことができます。 設定ボタンから表示する 左:ホーム画面の設定ボタン[ ]をタップ 右:[プロフィール]を選択 ホーム画面左上の設定ボタン[ ]をタップします(Android版はホーム画面右上)。 「設定」メニューの[プロフィール]を選択するとプロフィール設定画面が表示されます。 プロフィール設定でプロフィール画像を変更する プロフィール設定画面のプロフィール画像をタップします。 すると、新しいプロフィール画像をカメラで撮影するか、すでにアルバムに保存されている画像・動画を使うか聞かれるので、いずれかを選択してください。 プロフィール画像に使う写真を用意する プロフィール設定画面でどちらの方法を選択するかによって少し手順が変わるため、それぞれ解説していきます。 その場でカメラ撮影して画像を設定する 円の中に被写体がくるようにする [カメラで撮影]を選択するとLINE上でカメラが起動します。 撮影画面上で円形に明るくなっている部分は、普段のトークやグループで表示される範囲を示します。 円に囲まれていない部分は普段のアイコンで表示されないので注意してください。 撮影中、画面上でピンチイン/アウトするとカメラのズーム機能が使えます。 うまく利用して円の中に被写体が収まるように撮影しましょう。 納得のいく写真が撮れたら紙飛行機アイコンをタップ アイコンにしたい写真が撮影できたら、プレビュー画面の右下にある紙飛行機アイコンをタップ。 すると、プレビュー画面に表示されている画像がプロフィール画像に変更されます。 なお、このとき紙飛行機アイコンの隣りにある「ストーリーに投稿」をオンにしてしまうと、変更後のプロフィール画像がストーリーに載せられてしまいます。 ストーリーに投稿したくない場合は、「ストーリーに投稿」がオフになっているかしっかり確認しましょう。 なお、[カメラで撮影]を選択すると、写真だけでなくビデオをアイコンにすることもできます。 ビデオをアイコンにする方法の詳細は下記の記事を参照してください。 端末のカメラロールやギャラリーに保存された写真を使う スマホのアルバムからアイコンにしたい画像を選ぶ [写真または動画を選択]を選ぶと、スマホのアルバムからプロフィール画像の設定ができます。 左:アイコンとして表示する範囲を選択 右:プレビューで確認して問題がなければ[完了] アイコンにしたい画像を選ぶと、アイコンとして表示する範囲を選ぶ画面へと移行します。 ピンチイン/アウト機能を使うか画像を上下左右に動かして任意の範囲を選択してください。 円形で囲まれている部分はアイコンとして常に表示され、正方形の四隅の暗い部分は他のユーザーにアイコン画像をタップされたときに表示される部分です。 アイコンとして表示する範囲が決まったら、画面右下の[次へ]。 プレビュー画面で選択範囲に問題がなければ、右下の[完了]をタップしてプロフィール画像を変更してください。 なお、アルバムからもビデオをアイコンに設定できます。 設定方法の詳細は下記の記事を参照してください。 現在のプロフィール画像を削除する方法 現在のLINEアイコンを削除してからプロフィール画像を変更したい場合や、LINEのアイコンを初期状態に戻したいときは、プロフィール画像の削除をおこないます。 左:プロフィール設定画面から[削除]を選択 右:プロフィール画像は削除され初期状態に戻った プロフィール画像を削除する方法は、プロフィール設定画面で自分のアイコンをタップすると出てくるメニューから[削除]を選択するだけです。 設定していたプロフィール画像は削除され、初期状態のアイコンに戻ります。 このとき、削除してしまったプロフィール画像を元に戻すことはできないので、削除するときは念のため設定していたプロフィール画像を保存しておくとよいでしょう。 プロフィール画像の変更をタイムライン・ストーリーに投稿しない設定 LINEのタイムラインやストーリーに自分のプロフィール画像変更の通知が投稿されてしまうのが嫌で、プロフィール画像を変えられなかった人に朗報です。 以下の方法で、タイムライン・ストーリーへの投稿を避けることができるのです。 タイムラインへの投稿をオフにする方法 [画像の変更を投稿]のスイッチをオフにする。 画像はオンの状態 プロフィール画像の変更をタイムラインに投稿するのを止めるには、プロフィール設定画面で[画像の変更を投稿]をオフにするだけです。 LINEの初期設定ではオンになっているので、気になる人は今すぐオフにしてしまいましょう。 なお、この設定は背景画像の変更にも適用されます。 変更したプロフィール画像をストーリーに載せない方法 LINEにもInstagramのような24時間で消える「ストーリー」投稿機能が搭載されました。 24時間で消えるとはいえ、変更したプロフィール画像が公開されるのは気恥ずかしいという人もいるでしょう。 変更する前に「ストーリーに投稿」がオフになっているか要確認 変更後のプロフィール画像は、画像変更のプレビュー画面でストーリーに載せるか載せないかを選ぶことができます。 「ストーリーに投稿」がオフになっていれば、プロフィール画像を変更してもストーリーには載りません。 「ストーリーに投稿」がオンになっている状態 「ストーリーに投稿」を一度オフにすれば設定は保持されますが、念のためプロフィール画像を変更するときは確認したほうがよいでしょう。 タイムライン・ストーリーに載せてしまった投稿を消す方法 「タイムラインに投稿しない設定を忘れていた」、「誤ってストーリーに載せてしまった」というときには、慌てずにタイムラインへの投稿やストーリーを削除しましょう。 タイムラインへの投稿を削除する方法 タイムラインの投稿を削除するには、投稿画像の右上にあるメニューボタン[ ]をタップして[削除]を選択します。 確認メッセージで[OK]をタップすればタイムラインへの投稿を削除できます。

次の