石田ひかり 旦那。 【石田ひかり】結婚した夫&子供はいる?姉【石田ゆり子】と不仲だった?

石田ゆり子と妹の石田ひかりの差がここまで開くとは!

石田ひかり 旦那

【目次】読みたいところにジャンプ• 石田ひかり プロフィール 出典: 生年月日:1972年5月25日 出身:東京都 血液型:A型 東京で生まれますが、両親が転勤族だったそうで 3歳の頃までは兵庫県西宮市で過ごします。 小学生当時には父が日本郵船に勤務していた為 仕事の関係で台湾にも数年住んでいたそうです。 水泳が得意だったそうで現地の水泳大会で優勝し 台湾の新聞に載ったこともあるとか。 芸能界デビューは姉妹でスカウト? 芸能界入りは二子玉川で芸能プロダクション スカウトされたのがきっかけで なんと姉の石田ゆり子さんもその一ヶ月ほど前に 自由が丘で同じプロダクションにスカウトされていたそう。 姉妹そろって同時期に契約を結び、芸能活動を開始しますが スカウトマンは姉妹だと知らなかったそうです。 当時の愛称は「ピカ」 石田ひかりさんと西田ひかるさんってたしか 同時期ぐらいにテレビに出てて どっちがどっち?って思っていた記憶があります。 石田ひかりさんのほうが注目されて お姉さんのゆり子さんはあとから 活躍されたような記憶もありますね。 1986年『妻たちの課外授業II』(日テレ)で女優デビュー。 その後『花のあすか組! 』、『ママハハブギ』などのドラマ CMにも多く出演していましたね。 得意の水泳を活かして芸能人水泳大会でも 大活躍しました。 1992年の朝ドラ「ひらり」ではヒロインを務め 主題歌のドリカム「晴れたらいいね」もヒット その年と翌年には紅白司会も務めました。 スポンサードリンク 石田ひかり 結婚(旦那・子供)は? そんな石田ひかりさんですが 2001年5月に当時NHK大阪放送局のディレクター 訓覇圭 くるべ けい さんと結婚しています。 馴れ初めは石田さんがヒロインを務めた朝ドラ 「ひらり」のディレクターを訓覇さんが 務めたことがきっかけだそうです。 ひらりは石田ひかりさんにとっても 大きな作品に違いないので それに関わった旦那さんには信頼も あったのでしょうね。 結婚後は3歳ころまで住んでいた西宮市に在住。 2003年5月31日に長女を出産。 その後、訓覇の転勤に伴い東京へ戻ると 2005年1月23日に次女を出産。 次女は自宅で出産されたんだそうです。 2010年3月からは鎌倉市に在住のようです。 最近あまり見ないな~と思っていたら 結婚されて育児を頑張ってらっしゃったようですね。 子供たちももうだいぶ大きくなったでしょうね。 スポンサードリンク 石田ひかり 石田ゆり子 姉妹愛が素敵! さて石田ひかりさんのお姉さんといえば 石田ゆり子さんですがお二人はとても 仲が良いようですね。 調べていたら二人の2ショット写真が インスタにアップされていました。 — 10月 27, 2017 at 7:52午前 PDT なんか素敵な2ショットですが なんでもお姉さんのゆり子さんが飼っている 猫(ハニオ)がケガをして看病するため 愛犬(雪)のお世話が出来なくなったとか。 そこで石田ひかりさんにお願いして 愛犬の散歩やお世話をお願いしたんだそうです。 でもゆり子さん ハニオが骨折して自宅療養になってから連日、妹が犬係として出動してくれる。 雪を連れ出して散歩してくれるのです。 ありがとう犬係 犬係って・・・^^; でもなんかあったかい感じですね^^ ちなみに現在石田ひかりさんは お姉さんの石田ゆり子さんが社長を務める 個人事務所に所属されているそうです。 スポンサードリンク まとめ あさイチに石田ひかりさんが出演ということで 色々と調べてみました。 最近見ないなと思っていたらご結婚されて 育児を頑張ってらっしゃったのでしょうね。 旦那さんもNHKの方だったとは 娘さん達もだいぶ大きくなっただろうし これからまた活躍の場が増えるかもしれませんね。 それにしてもいつまでも変わらない石田姉妹ですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました! >><<.

次の

石田ゆり子 結婚しない理由や妹 石田ひかりについて。若い頃や経歴などを紹介。

石田ひかり 旦那

石田ひかり 経歴 名前 石田ひかり 本名 訓覇光(くるべ ひかり) 生年月日 1972年5月25日(45歳) 身長 160cm 出身 東京都 所属 風鈴舎 石田ひかりさんは東京都で生まれ、父親の転勤で3歳まで兵庫県西宮市、小学校在学中には台湾で数年過ごしたそうです。 帰国後の1986年、石田ひかりさんが14歳の時、芸能事務所ににスカウトされ所属、 同年、日本テレビ系のドラマ「妻たちの課外授業II」で女優デビュー。 1991年、映画「ふたり」で主演で映画デビュー 1992年、石田ひかりさんが20歳の時、日本テレビ系のドラマ「悪女」で連続ドラマ初主演。 同年、NHKの朝ドラ「ひらり」で主演。 1993年、フジテレビ系ドラマ「あすなろ白書」に主演。 「あすなろ白書」は最高視聴率31. 1992年と1993年に2年連続で、「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務める。 石田ひかりの高校は? 石田ひかりさんの高校は 堀越高等学校 偏差値は37~42 石田ひかりさんは中学から芸能界で活動していましたから、堀越の当時の芸能コースに通ったようです。 石田光さんは、高校卒業の年もドラマに4本出演していますが、ちゃんと卒業し大学にも進学しています。 石田ひかりの大学は? 石田ひかりさんの大学は 亜細亜大学法学部 偏差値は40 大学の卒論は少年法に関するものだそうです。 石田ひかりさんは亜細亜大学卒業後、二松學舍大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程(修士課程)修了。 石田ひかりの結婚した旦那 夫 は? 2001年5月、 石田ひかりさんはNHK職員の訓覇圭さんと結婚。 訓覇圭さんは当時はNHK大阪放送局ディレクターでした。 訓覇圭さんは1967年5月生まれ 石田ひかりさんの5歳年上。 結婚した時 石田ひかりさんは、26歳 訓覇圭さんは、31歳 訓覇圭さんは京都大学出身で、大学在学中は辰巳琢郎らが立ち上げた、「劇団そとばこまち」に所属。 2013年には朝ドラ「あまちゃん」のをプロデュースしています。 石田ひかりさんと訓覇圭さんの出会いは、1992年に石田ひかりさんが主演を務めた、朝ドラ「ひらり」のディレクターを訓覇圭さんが務めており、これが出会いのなったそうです。 石田ひかりの旦那 夫 の実家は寺? 石田ひかりと検索すると、「旦那(夫) 実家 寺 」と野キーワードが出てきます。 石田ひかりさんの旦那の実家が寺なのかと調べてみると、 実家はが寺というわけではないようです。 石田ひかりさんの旦那の訓覇圭さんの父親は、元大谷大学学長(第24代)の訓覇曄雄さんで寺とは関係はありません。 しかし、祖父が真宗大谷派の元宗務総長の訓覇信雄さんということなので、このことから実家が寺と検索されているようです。 石田ひかりの子供 娘 の学校は? 石田ひかりさんは、2003年5月31日に長女、2005年月23日に次女を出産し、2人の娘がいます。 2017年現在は長女は、14歳くらい、次女は12歳くらいです。 長女の学校は、清泉小学校に通っていたとの噂がありました。 清泉小学校は神奈川県鎌倉市にあるカトリック系の小学校です。 石田ひかりさんは、2010年3月から鎌倉市に住んでいるとインタビューで話しており、2010年4月からは長女が小学校に通う年齢だということが、清泉と言われているのは、それが大きな理由のようです。 ただ、インタビューで石田ひかりさんは2009年の11月に鎌倉に遊びにきて、良いところだと思い、翌年の春に長女が小学校に入る節目だったので思い切っって引っ越した、とも話しているので、清泉を受験していない可能性が高いと思われます。 調べてみたら、清泉小学校の受験日は10月~11月なので。 2009年11月に石田ひかりさんが娘たちと鎌倉に来たのが、遊びに来たんじゃなくて、受験にきたのなら別ですが、その時からの受験は無理ですね。 ですので、 石田ひかりさんの娘は普通の公立の小学校、中学校の通っている可能性もあると思います。 石田ひかりの現在は? 石田ひかりさんは現在、仕事をセーブして家庭を中心に生活をしているようですね。 旦那はNHKの職員で、結婚後は石田ひかりさんが幼少期に住んでいた、兵庫県西宮市に住んでいました。 旦那が転勤で東京に異動になるまで、住んでいたようです。 石田ひかりさんはインタビューで 「じつは私、結婚したら仕事を辞めようと思っていたんです。 百恵さんのように子どもを産み、家庭に入るのが理想でした。 」 と話しています。 しかし、同時に 「ところが、育児だけの日々に行き詰ってしまって、これは外の空気を吸わなきゃ!と。 仕事をすることでいい気分転換になるとわかってからは、働く母になろうと決めました。 」 とも話しています。 石田ひかりさんにとって働くことが、子育てのストレスを解消することに繋がっているようです。 ただ、2017年現在では娘はまだ義務教育で、長期の撮影は難しいようです。 石田ひかりさんは2017年6月から放送のフジテレビ系ドラマ「屋根裏の恋人」で14年ぶりに連続ドラマに主演しますが、撮影期間が長くなかったことと、撮影開始が5月からだったことが、出演を決めた理由のだそうです。 ちょうど、 次女の中学入学の時期で、4月からの撮影だったら厳しかったようです。 石田ひかり 最後に 石田ひかりさんは結婚、出産後も毎年、連続ドラマではなくゲスト出演が中心ですが、2本~5本のペースでドラマ、映画に出演しています。 撮影が入ると家事との両立は大変なようで、石田ひかりさんはインタビューで 「朝の4時ぐらいに3食作って出ることがあって…。 4時に作った夜ご飯はおいしいのかな?と思いながら冷蔵庫にしまって出てきます」 と話しています。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

石田ひかりの現在は?結婚した旦那(夫)はの実家は寺?子供(娘)の学校は?

石田ひかり 旦那

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で可愛すぎるアラフィフとして注目された石田ゆり子さんの妹です。 石田ひかりさんは東京で生まれたものの、 その後兵庫県西宮市、台湾など引っ越しを繰り返していたそうです。 その理由は、両親が転勤族だったこと。 石田ひかりさんの父親は 日本郵船に務めていました。 日本郵船は、三菱グループの中核グループで 三菱グループの中核企業、世界でも最大手の海運会社の一つ。 かなりのエリートサラリーマンだったようです。 石田ひかりさんの父親は、自身がエリート街道を邁進していたこともあってか、 石田ひかりさんがサッカー選手の青嶋文明さんと交際していた際には、 猛反対したこともあったのだとか。 こんなエピソードを聞くと、 石田ひかりさんとの交際や結婚を父親に認めてもらうのはかなり大変そうな気がしますが 石田ひかりさんは 2001年5月に結婚しています。 石田ひかりさんの父親に認められた旦那さんは、いったいどんな人なのでしょうか。 旦那さんの名前は 訓覇圭(くるべ けい)さん。 京都大学から NHKに就職した石田ひかりさんの父親に負けず劣らずのエリートです。 sponsored link 訓覇圭さんは、京都の名門・洛南高校から京都大学文学部に進学。 在学中は、京大卒俳優としてクイズ番組でも活躍する辰巳琢郎が立ち上げた「劇団そとばこまち」に在籍していました。 そして卒業後はNHKに就職し、ドラマ制作の仕事に。 石田ひかりさんとの出会いも、彼女が主演したNHKの連続テレビ小説「ひらり」で訓覇圭さんがディレクターをしていたことがきっかけだったといいます。 その後も訓覇圭さんは大河ドラマや連続テレビ小説の演出や制作を多数手がけるなど 順調にキャリアを積み重ね、 2013年には NHK制作局ドラマ番組部チーフプロデューサーに。 また同年には社会現象にもなった連続テレビ小説 「あまちゃん」の制作を担当し、 東京ドラマアウォード2013でプロデュース賞を受賞しています。 訓覇圭さんは京大卒で天下のNHK職員。 石田ひかりさんと結婚した2001年の時点でも 大河ドラマ「徳川慶喜」や連続テレビ小説「オードリー」 などの演出を担当しており 実績も十分にありました。 これだけの人物なら石田ひかりさんの父親もすんなり納得したのではないかと思いますが 実は訓覇圭さん、実家もなかなかにすごいようです。 旦那の実家は寺 石田ひかりさんの夫・訓覇圭さんの実家は 三重県菰野町(こものちょう)にある真宗東本願寺派の金蔵寺。 そして訓覇圭さんの祖父・訓覇信雄(くるべ しんゆう)さんは真宗大谷派の元総務総長。 父・訓覇曄雄(くるべ てるお)氏は真宗大谷派が運営する大谷大学の元学長(現在は同大学名誉教授)の訓覇曄雄氏です。 石田ひかりさんの結婚式も三重県にある旦那さんの実家金蔵寺で仏前結婚だったそうです。 旦那の実家が宗教関係という意味では、元フジテレビアナウンサーの高島彩さんとゆずの北川悠仁さん夫婦と似ているかもしれません。 実家が宗教関係だと、子供(孫)の進路選択にも何かと影響が出てきそうなイメージがありますが 石田ひかりさんの子供たちは意外な学校に進学した様子。 それについてはこちらの記事をご覧ください.

次の