宇多津 映画。 【アットホーム】綾歌郡宇多津町の賃貸物件(賃貸マンション・アパート)|賃貸住宅情報やお部屋探し

イオンタウン宇多津

宇多津 映画

新型コロナウイルス感染症に関する情報をまとめて掲載しています。 新型コロナウイルス関連情報• (2020年6月22日掲載)• (2020年6月2日掲載)• (2020年5月20日掲載)• (2020年5月8日掲載)• (2020年5月4日掲載)• (2020年5月1日掲載)• (2020年4月30日掲載)• (2020年4月24日掲載)• (2020年4月10日掲載)• (2020年7月16日掲載)• (2020年6月22日掲載)• (2020年6月21日掲載)• (2020年6月19日掲載)• (2020年6月18日掲載)• (2020年6月15日掲載)• (2020年6月10日掲載)• (2020年6月9日掲載)• (2020年5月31日掲載)• (2020年5月29日掲載)• (2020年5月28日掲載)• (2020年5月25日掲載)• (2020年5月20日掲載)• (2020年5月20日掲載)• (2020年5月18日掲載)• (2020年5月17日掲載)• (2020年5月13日掲載)• (2020年5月11日掲載)• (2020年5月11日掲載)• (2020年5月7日掲載)• (2020年5月7日掲載)• (2020年5月7日掲載)• (2020年5月7日掲載)• (2020年5月5日掲載)• (2020年4月27日掲載)• (2020年4月23日掲載)• (2020年4月23日掲載)• (2020年4月21日掲載)• (2020年4月21日掲載)• (2020年4月20日掲載)• (2020年4月16日掲載)• (2020年4月16日掲載)• (2020年4月15日掲載)• (2020年4月15日掲載)• (2020年4月10日掲載)• (2020年4月10日掲載)• (2020年4月9日掲載)• (2020年4月9日掲載)• (2020年4月9日掲載)• (2020年4月7日掲載)• (2020年4月6日掲載)• (2020年4月3日掲載)• (2020年4月1日掲載)• (2020年3月31日掲載)• (2020年3月17日掲載)• (2020年3月16日掲載) このページに関するお問い合わせ窓口.

次の

宇多津|イオンシネマ

宇多津 映画

概要 [ ] 宇多津ビブレ閉店から3か月後の2014年5月、イオングループが後継として複合商業施設を計画していることが明らかになった。 映画館以外の建物を解体し、が中心となって、スーパーマーケットを核とした複合型商業施設とすること、映画館は地元にも配慮して復活させる見込みであることが報じられた。 この方針に基づき、宇多津ビブレの建物は2015年 平成27年 3月時点で映画館部分を残して解体された。 キーとなるスーパーとして香川県発祥でイオン傘下のが入ること、などのテナントが入居する見込みであることが2015年3月に報じられた。 同年9月15日にイオンタウンは、「イオンタウン宇多津」として10月24日にオープンすることを正式に発表。 発表の中で、専門店に県内企業が22社あること、かつての特産品である「宇多津の塩」を生かした飲食店を開設することなど、地域密着を目指した店舗であることをうたっている。 10月24日に予定通りオープンし、イオンシネマ宇多津も再オープンした。 フロア 名称 2階 暮らしのアイテムとサービスのフロア 1階 食品と生活雑貨・ファッションのフロア 敷地西側の建物 モール 部は1階は北西側に中核店舗のマルナカがあり、南側にを利用した駐車場を有し、その間に軽食店やドラッグストア、衣料品店等が入居している。 2階は建物の南半分を家電量販店が占め、その他雑貨店、書籍店、教養系店舗等が入居している。 敷地南側の建物には、後述のイオンシネマとショッピングセンターでは例が少ない、カラオケボックスが入居している。 なお敷地の西側の道路を挟んだ向かい側には立体駐車場が整備されている。 イオンシネマ宇多津 [ ] イオンシネマ宇多津 イオンシネマうたづ は、宇多津ビブレの開業当初から併設されたシネマコンプレックスである。 当初の名称は『宇多津』。 香川県内で初、全国でも4番目のシネマコンプレックスであった。 2013年7月1日にワーナー・マイカルシネマズがイオンシネマズと合併したのに伴い、イオンシネマ宇多津に改称した。 前記の通り、宇多津ビブレ閉店に際しては2週間あまり長く営業し、2014年3月16日にいったん閉館となった。 最終日には通常のロードショー作品のほか、香川県を舞台とした監督の映画『』が特別上映された。 一時閉館以前の動員のピークは『』が大ヒットした1998年の65万人で20年間に約850万人の利用客があった。 その時点でイオングループは、新施設での映画館の扱いについては未定としていた が、前記の通り地元から復活の要望があげられたこともあり、イオンタウン宇多津のオープンと同時に再開した。 再開業に伴い外装・内装は一新されている。 2014年よりの会場の一つとなっている(閉館中に開催された2015年の第9回を除く)。 宇多津ビブレ時代の内装。 2014年2月に撮影。 入口のロゴがワーナー・マイカルのものになっている。 3月に、のショッピングセンターとしてオープンした。 直営の衣料品や食料品売り場に加えて衣料品や飲食店などのテナントから、まで併設した宇多津町の臨海地区の中核的となる商業施設となることが企図された。 元の運営会社であるマイカルは、に一部の 食料品売り場のある店舗 を『』に転換する方針を打ち出して宇多津ビブレもその対象となっていたが 、後にと共に除外された。 2001年9月にマイカルが経営破綻 の適用申請 した時点で、地方の他の店舗はいずれも『』だったため、四国に現存していた唯一の『ビブレ』であった。 マイカルのへの吸収合併 付けでから継承 にともない、それ以降はイオンリテールにより運営されていた。 最盛期には香川県内外から客を集めていたが 、同じイオングループのが系列のシネマコンプレックスを併設して開業するなど自社競合を含めた近隣の商業施設との競争の影響で集客力が低下し 、2007年 平成19年 頃から売上が低迷して 最盛期の1998年 平成10年 2月期の半分にまで落ち込んだ。 2013年 平成25年 8月に、2014年 平成26年 2月末での閉店が報じられる。 店舗は予定通り2014年2月28日をもって閉店した。 イオンシネマ宇多津も同時に閉館する予定だったが、3月16日まで延長して営業された。 ホテル部 [ ] からすぐの好立地で、上層階にはが併設されていた。 当初はマイカルの直営で『ホテルリゾナーレ宇多津』として営業していたが、同社の経営破綻を受け1月10日に 閉鎖された。 その後、飲食店をテナントとして入居させていたが「ロイヤルプリンセス宇多津」として2002年 平成14年 7月1日に再開業したが 、契約上のトラブルを理由に2003年 平成15年 2月末で閉鎖された。 同社の飲食店も2002年末までに全て退店している。 さらに、地元の結婚式場運営会社の株式会社三貴商事が引き取り、2003年 平成15年 5月1日に「ホテルセントカテリーナ」として再々開業し 、2012年 平成24年 4月からは「うたづエンタープライズ」が引き継いで営業していたが 、同年8月末で3度目の閉鎖となった。 三貴商事が近くで運営している結婚式場 ウェディングチャペル セント・カテリーナ はホテルの閉鎖後も引き続き営業している。 なお『ホテルリゾナーレ』時代には館内に温水プール や温浴施設があったが、『ロイヤルプリンセス』以降は引き継がれず、最後まで封鎖されていた。 主な店舗 [ ]• 宇多津 フロア構成 フロア 名称 3階 紳士・子供・住生活のフロア 2階 婦人ファッションのフロア 1階 食品とのフロア 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 四国新聞 四国新聞社. 2015年10月25日. 2015年10月31日閲覧。 2014年3月1日• 株式会社・株式会社 2015年9月15日. 2018年3月23日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2014年5月28日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2015年3月26日. 2015年4月25日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2015年9月17日. 2015年10月31日閲覧。 株式会社 2015年9月15日. 2018年3月23日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2014年3月17日. 2015年10月31日閲覧。 - 2012年8月15日閲覧• 四国新聞 四国新聞社. 2013年8月31日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2001年5月27日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年9月16日. 2015年10月31日閲覧。 読売新聞社. 2013年9月5日• J-CAST. 2013年10月5日. 2015年11月1日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2001年11月16日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年4月6日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年6月28日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2003年4月6日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2012年8月30日. 2015年10月31日閲覧。 外部リンク [ ]• 以下、宇多津ビブレ時代• - 2015年現在はビブレのサイトにリンク•

次の

イオンシネマ宇多津(綾歌郡)上映スケジュール・上映時間:映画館

宇多津 映画

概要 [ ] 宇多津ビブレ閉店から3か月後の2014年5月、イオングループが後継として複合商業施設を計画していることが明らかになった。 映画館以外の建物を解体し、が中心となって、スーパーマーケットを核とした複合型商業施設とすること、映画館は地元にも配慮して復活させる見込みであることが報じられた。 この方針に基づき、宇多津ビブレの建物は2015年 平成27年 3月時点で映画館部分を残して解体された。 キーとなるスーパーとして香川県発祥でイオン傘下のが入ること、などのテナントが入居する見込みであることが2015年3月に報じられた。 同年9月15日にイオンタウンは、「イオンタウン宇多津」として10月24日にオープンすることを正式に発表。 発表の中で、専門店に県内企業が22社あること、かつての特産品である「宇多津の塩」を生かした飲食店を開設することなど、地域密着を目指した店舗であることをうたっている。 10月24日に予定通りオープンし、イオンシネマ宇多津も再オープンした。 フロア 名称 2階 暮らしのアイテムとサービスのフロア 1階 食品と生活雑貨・ファッションのフロア 敷地西側の建物 モール 部は1階は北西側に中核店舗のマルナカがあり、南側にを利用した駐車場を有し、その間に軽食店やドラッグストア、衣料品店等が入居している。 2階は建物の南半分を家電量販店が占め、その他雑貨店、書籍店、教養系店舗等が入居している。 敷地南側の建物には、後述のイオンシネマとショッピングセンターでは例が少ない、カラオケボックスが入居している。 なお敷地の西側の道路を挟んだ向かい側には立体駐車場が整備されている。 イオンシネマ宇多津 [ ] イオンシネマ宇多津 イオンシネマうたづ は、宇多津ビブレの開業当初から併設されたシネマコンプレックスである。 当初の名称は『宇多津』。 香川県内で初、全国でも4番目のシネマコンプレックスであった。 2013年7月1日にワーナー・マイカルシネマズがイオンシネマズと合併したのに伴い、イオンシネマ宇多津に改称した。 前記の通り、宇多津ビブレ閉店に際しては2週間あまり長く営業し、2014年3月16日にいったん閉館となった。 最終日には通常のロードショー作品のほか、香川県を舞台とした監督の映画『』が特別上映された。 一時閉館以前の動員のピークは『』が大ヒットした1998年の65万人で20年間に約850万人の利用客があった。 その時点でイオングループは、新施設での映画館の扱いについては未定としていた が、前記の通り地元から復活の要望があげられたこともあり、イオンタウン宇多津のオープンと同時に再開した。 再開業に伴い外装・内装は一新されている。 2014年よりの会場の一つとなっている(閉館中に開催された2015年の第9回を除く)。 宇多津ビブレ時代の内装。 2014年2月に撮影。 入口のロゴがワーナー・マイカルのものになっている。 3月に、のショッピングセンターとしてオープンした。 直営の衣料品や食料品売り場に加えて衣料品や飲食店などのテナントから、まで併設した宇多津町の臨海地区の中核的となる商業施設となることが企図された。 元の運営会社であるマイカルは、に一部の 食料品売り場のある店舗 を『』に転換する方針を打ち出して宇多津ビブレもその対象となっていたが 、後にと共に除外された。 2001年9月にマイカルが経営破綻 の適用申請 した時点で、地方の他の店舗はいずれも『』だったため、四国に現存していた唯一の『ビブレ』であった。 マイカルのへの吸収合併 付けでから継承 にともない、それ以降はイオンリテールにより運営されていた。 最盛期には香川県内外から客を集めていたが 、同じイオングループのが系列のシネマコンプレックスを併設して開業するなど自社競合を含めた近隣の商業施設との競争の影響で集客力が低下し 、2007年 平成19年 頃から売上が低迷して 最盛期の1998年 平成10年 2月期の半分にまで落ち込んだ。 2013年 平成25年 8月に、2014年 平成26年 2月末での閉店が報じられる。 店舗は予定通り2014年2月28日をもって閉店した。 イオンシネマ宇多津も同時に閉館する予定だったが、3月16日まで延長して営業された。 ホテル部 [ ] からすぐの好立地で、上層階にはが併設されていた。 当初はマイカルの直営で『ホテルリゾナーレ宇多津』として営業していたが、同社の経営破綻を受け1月10日に 閉鎖された。 その後、飲食店をテナントとして入居させていたが「ロイヤルプリンセス宇多津」として2002年 平成14年 7月1日に再開業したが 、契約上のトラブルを理由に2003年 平成15年 2月末で閉鎖された。 同社の飲食店も2002年末までに全て退店している。 さらに、地元の結婚式場運営会社の株式会社三貴商事が引き取り、2003年 平成15年 5月1日に「ホテルセントカテリーナ」として再々開業し 、2012年 平成24年 4月からは「うたづエンタープライズ」が引き継いで営業していたが 、同年8月末で3度目の閉鎖となった。 三貴商事が近くで運営している結婚式場 ウェディングチャペル セント・カテリーナ はホテルの閉鎖後も引き続き営業している。 なお『ホテルリゾナーレ』時代には館内に温水プール や温浴施設があったが、『ロイヤルプリンセス』以降は引き継がれず、最後まで封鎖されていた。 主な店舗 [ ]• 宇多津 フロア構成 フロア 名称 3階 紳士・子供・住生活のフロア 2階 婦人ファッションのフロア 1階 食品とのフロア 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 四国新聞 四国新聞社. 2015年10月25日. 2015年10月31日閲覧。 2014年3月1日• 株式会社・株式会社 2015年9月15日. 2018年3月23日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2014年5月28日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2015年3月26日. 2015年4月25日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2015年9月17日. 2015年10月31日閲覧。 株式会社 2015年9月15日. 2018年3月23日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2014年3月17日. 2015年10月31日閲覧。 - 2012年8月15日閲覧• 四国新聞 四国新聞社. 2013年8月31日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2001年5月27日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年9月16日. 2015年10月31日閲覧。 読売新聞社. 2013年9月5日• J-CAST. 2013年10月5日. 2015年11月1日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2001年11月16日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年4月6日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2002年6月28日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2003年4月6日. 2015年10月31日閲覧。 四国新聞 四国新聞社. 2012年8月30日. 2015年10月31日閲覧。 外部リンク [ ]• 以下、宇多津ビブレ時代• - 2015年現在はビブレのサイトにリンク•

次の