ネオソフト。 雪印が、マーガリン「ネオソフト」のトランス脂肪酸を減らしたので食べれるぞ。

マーガリンは体に悪い?ネオソフトに危険な成分は入ってる?

ネオソフト

マーガリンは体に悪いのか? マーガリンは体に悪いという情報はなんとなく聞いたことがあるかもしれません。 私は以前スーパーで買い物をしているときに、バターを店頭販売しているおばちゃんから如何にマーガリンが私たちの体にとって危険なものなのかということを力説されたことがあります。 バターの方が風味が豊かで美味しいのですが、一方でマーガリンの方が安価なため家計のことを考えるとこちらの方が良かったりもするんですよね。 では、具体的にはどんなことが原因でマーガリンは体に悪いと言われているのか? その一番の原因となっているのが、マーガリンに含まれている 「トランス脂肪酸」です。 トランス脂肪酸を含むことによってマーガリンは硬化するようになっているのですが、この硬化した脂肪分子がプラスチックの構造に似ているという理由からマーガリンは別名「食べるプラスチック」とも言われています。 ここから想像するに、もう既にマーガリンは体に悪いものというイメージが強くなっているのではないでしょうか。 この トランス脂肪酸は摂取することで悪玉コレステロールを増やすはたらきをしてしまい、血中の悪玉コレステロールが増加することで動脈硬化を引き起こしてしまうリスクが高まってしまいます。 また、それだけでなく認知症になるリスクも高まるということが研究によって分かっています。 このトランス脂肪酸はマーガリン以外にも様々な食品に使われているわけナのですが、そもそも私たちが食品から摂取する必要が無いと言われるくらい無駄で害悪な成分というふうに考えられているのです。 マーガリンは国内の様々なメーカーで製造販売されているわけなのですが、そのなかでもマーガリンとして知名度の高い雪印メグミルクの「ネオソフト」に着目してみました。 ネオソフトにはマーガリンが体に悪いものと言われている原因となるトランス脂肪酸がどのくらい含まれているのでしょう。 そもそも日本の決まりとしてトランス脂肪酸の含有量についての表示義務は無いそうなのですが、これが体に悪い成分であるということを一般消費者たちが認識し始めたことから 多くの製品で表示されるようになっています。 2000年くらいまではネオソフトも例に漏れずトランス脂肪酸は使われており、100gあたり0. 8gのトランス脂肪酸が配合されていました。 8gと聞くととても少なく感じますが、朝食で毎朝マーガリンを塗ったトーストを食べるのが習慣となっている人からすればたまったものでは無いでしょう。 ですが、2018年以降ネオソフトにトランス脂肪酸をほぼ使わないという配合が実現したのです! その量わずか0. これなら安心してマーガリンを口にできそうですよね。

次の

ネオジオポケットのゲームタイトル一覧

ネオソフト

マーガリン中のトランス脂肪酸は、植物油脂の融点を上げ固形にするために、不飽和脂肪酸に水素を添加する際に出来るものです。 一部にのみ水素を添加するので「部分水素添加」と言われています。 この融点を上げる製法には、この他エステル交換法というものがあります。 これは水素を添加せず、他の固形油脂の脂肪酸と入れ替えるというものです。 この方法では、トランス脂肪酸はほとんど出来ません。 また、ヤシ系などの硬め油の配合を増やす、非部分的で選択的な水素添加を行う方法もあります。 ネオソフトはこうした方法の組み合わせで作られているようです。 一方で、偶蹄目の反芻動物である牛には、トランス脂肪酸が含まれます。 これは消化管内の微生物によるもので、牛肉、牛乳、バターにも含まれます。 いずれにせよ、日本人の通常の食生活の場合、トランス脂肪酸というものは量的に気にする必要のないものです。 バターなり、マーガリンなり、味や使いやすさ、価格をみて、お好みのものを使われると良いでしょう。 雪印サイドの詳細はこちらをどうぞ。

次の

マーガリンは体に悪い?ネオソフトに危険な成分は入ってる?

ネオソフト

マーガリンは体に悪いのか? マーガリンは体に悪いという情報はなんとなく聞いたことがあるかもしれません。 私は以前スーパーで買い物をしているときに、バターを店頭販売しているおばちゃんから如何にマーガリンが私たちの体にとって危険なものなのかということを力説されたことがあります。 バターの方が風味が豊かで美味しいのですが、一方でマーガリンの方が安価なため家計のことを考えるとこちらの方が良かったりもするんですよね。 では、具体的にはどんなことが原因でマーガリンは体に悪いと言われているのか? その一番の原因となっているのが、マーガリンに含まれている 「トランス脂肪酸」です。 トランス脂肪酸を含むことによってマーガリンは硬化するようになっているのですが、この硬化した脂肪分子がプラスチックの構造に似ているという理由からマーガリンは別名「食べるプラスチック」とも言われています。 ここから想像するに、もう既にマーガリンは体に悪いものというイメージが強くなっているのではないでしょうか。 この トランス脂肪酸は摂取することで悪玉コレステロールを増やすはたらきをしてしまい、血中の悪玉コレステロールが増加することで動脈硬化を引き起こしてしまうリスクが高まってしまいます。 また、それだけでなく認知症になるリスクも高まるということが研究によって分かっています。 このトランス脂肪酸はマーガリン以外にも様々な食品に使われているわけナのですが、そもそも私たちが食品から摂取する必要が無いと言われるくらい無駄で害悪な成分というふうに考えられているのです。 マーガリンは国内の様々なメーカーで製造販売されているわけなのですが、そのなかでもマーガリンとして知名度の高い雪印メグミルクの「ネオソフト」に着目してみました。 ネオソフトにはマーガリンが体に悪いものと言われている原因となるトランス脂肪酸がどのくらい含まれているのでしょう。 そもそも日本の決まりとしてトランス脂肪酸の含有量についての表示義務は無いそうなのですが、これが体に悪い成分であるということを一般消費者たちが認識し始めたことから 多くの製品で表示されるようになっています。 2000年くらいまではネオソフトも例に漏れずトランス脂肪酸は使われており、100gあたり0. 8gのトランス脂肪酸が配合されていました。 8gと聞くととても少なく感じますが、朝食で毎朝マーガリンを塗ったトーストを食べるのが習慣となっている人からすればたまったものでは無いでしょう。 ですが、2018年以降ネオソフトにトランス脂肪酸をほぼ使わないという配合が実現したのです! その量わずか0. これなら安心してマーガリンを口にできそうですよね。

次の