プラスチック 衣装 ケース ゴミ。 衣装ケースをおトクに処分する方法とは?買取を依頼する方法も解説

横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」

プラスチック 衣装 ケース ゴミ

プラスチックケースの捨て方「処分」のタイミングは? 押し入れやクローゼットの中で活躍する衣装ケースですが、頑丈な為、想像以上に長い期間使用されているかと思います。 しかし、重さでケースが変形したり、経年劣化や紫外線でプラスチック部分が黄ばむ事があります。 ケースが黄ばんでしまったり、見た目が悪くなってきた場合は処分を検討してもいいと思います。 また、ケースにひび割れや欠けができた場合は、怪我をしたり衣類をひっかける事があるので、安全の為にも早めに処分するようにしましょう。 衣装ケース程度の大きさであれば「粗大ゴミ」になる地域がほとんどだと思います。 「粗大ゴミ」のサイズや種類、回収場所などの規定は 地域によって異なります。 また「粗大ゴミ」として処分する際は、 地域によっては指定の料金を支払う必要がありますので 必ず各自治体の規定を確認して下さい。 廃棄するプラスチックケースのサイズを測ったのち、地域の自治体に確認してみてください。 殆どの自治体のホームページに記載されていますので確認してください。 各自治体に要確認 プラスチックケースの解体は手間がかかりますが、比較的カンタンに壊すことができます。 粗大ゴミの集荷日を待てない方は、こちらの方法が良いと思います。 ただし、 分解する際 は手を切るなど、ケガをしないよう十分注意しましょう。 分解する場合は『万能ノコギリ』『万能カッター』があれば他の粗大ごみ処分もできるので便利でおススメです。 リサイクルショップ プラスチックケースの状態がよく、メーカー品ならリサイクルショップで買い取ってもらえることもあります。 ただ、お店に持ち込むにはかなりの手間がかかります。 また納得できない値段が付くことをあらかじめ覚悟しておきましょう。 フリマアプリ・掲示板 フリマアプリ メルカリ、ラクマなど や、地域のタウン誌の掲示板を利用して、必要な人にプラスチックケースを譲る方法もあります。 やりとりに手間がかかりますが、資源再利用になり、処分費用もかかりません。 新しい購入費用の足しにできるかもしれません。 ただサイズが大きいと配送費がかかるので注意が必要です。 無印良品などファンが多い場合は有効だと思います。 ペットの住み家に活用 プラスチックの衣装ケースは、メダカや爬虫類、ハムスターなど、ペットの飼育ケースとして再利用が可能です。 軽くて意外と使い勝手のいいペットの飼育部屋になります。 ペットの住み家にする場合は、フタを付け替えるなど温度と通気性の対策が必須になるので注意しましょう。 メダカを飼う場合は水の入れすぎに注意しましょう。 植木やプランターに活用 ベランダや庭で家庭菜園をしている人には、プラスチックケースがプランターの代わりになります。 また、収穫が終わった土の保管場所としても活躍します。 そのまま使用すると水はけが悪いので、必要であれば水はけを良くする為に底に穴をあけるなど、加工しちゃいましょう。 プラスチックケースの捨て方 まとめ 安くてどこでも手に入るため、処分する時のことまで考えずに購入してしまうプラスチックケース。 簡単に安く買えますが、捨てる時は大変ですし、お金がかかってしまう事もあります。 引っ越しや模様替えの際には、 上記を参考にしてみて処分してみてはいかがでしょうか。

次の

カラーボックス・衣装ケースの処分方法・買取相場まとめ

プラスチック 衣装 ケース ゴミ

ケース内に結露ができるとスグにカビが発生してしまいます。 加湿器でも結露は発生しますので、衣装ケースのある部屋には置かないようにしましょう。 プラスチック衣装ケースのカビ対策 カビが生えてしまわないよう、カビ対策をしっかり行いましょう。 詰め込み過ぎるとホコリが溜まり、そこがカビ菌の溜まり場と化してしまいますし、 湿った空気が溜まってしまうことになります。 収納スペース内に余裕を持たせて、空気の通り道を確保してあげるようにしましょう。 ケースの中にすのこを敷いて衣類の下にも余裕を持たせてあげると、尚良しです。 どんなに対策をしても閉め切ったままではどうしても湿気が溜まってきてしまいます。 そのままにしておくとまたカビが生えてきてしまうので、 定期的に引き出しを開けるなどして風通しよくしてあげましょう。 クローゼット、押し入れの中に衣装ケースを入れている場合は、衣装ケースの引き出しだけでなく、クローゼットや押し入れも開けてしっかり風を通してあげてください。 特に梅雨時は、すぐに湿気が溜まるので、いつも以上に気を使った方がいいです。 外気に触れた衣類には、 湿気やホコリ・カビの胞子などが付着している可能性があります。 できれば洗濯をしてからしまうか、そうでない場合は衣類用のブラシなどでホコリ・湿気を払ってから、一晩ほど吊るし乾燥かせてから衣装ケースにしまうようにしてください。 除湿剤には、以下2種類があります。 除湿剤を効果的に使う方法「吸水面は上にする」 便利なアイテムも上手に使わないと十分な効果を発揮してくれません。 除湿剤を使うのであれば、しっかりと効果的に使うようにしましょう。 湿気は水分ですので、下から溜まっていくという性質があります。 クローゼットなどでタンクタイプの除湿剤を使うのであれば、一番下の四隅に使うのが効果的です。 しかし、衣装ケースで使うシートタイプの場合は、 湿気を吸う吸水面を塞がないように置かなくてはいけません。 ですので、タンクタイプのように衣類の下に置くのではなく、 吸水面を上にして衣類の上に置くようにしましょう。 除湿剤シートの吸水面は、決してふさがないように気を付けてくださいね。 衣装ケースにカビが生えてしまった時の対処法 カビが生えてしまったらキレイに掃除をしてから、また使いましょう。 衣装ケースの掃除には以下のような方法があります。 カビの生えてしまった衣類について プラスチック衣装ケースにカビが生えると、中の衣類にもカビが生えていることがよくあります。 ケースに生えたカビは洗うなどすれば除去できますが、衣類はどうしたらいいのでしょうか? 衣類についたカビは、洗濯しても取りづらいものです。 臭いまで伴うとなると、自宅ではどうにもならないということは珍しくないので、 潔く クリーニング屋さんに出すことをオススメします。 ただし、クリーニング屋さんでよっては「カビ取りできない」お店もあります。 カビ取りしてほしいときは、クリーニング屋さんに確認してから出した方がいいでしょう。 カビの状態によっては、完全に取れないこともあります。 あまりにもカビが多ければ、無理せず新しいものを買った方がいいですよ。 いかがでしたでしょうか? 湿気が多いとどうしてもカビが生えてしまう条件がそろってしまいます。 なるべく衣装ケースが置いてある部屋は換気をしましょう。 最近では、冬になると乾燥するので加湿器を置いてしまいますよね。 お肌が潤い、風邪予防にもよい加湿器ではありますが、 それが元でカビが生えることもあります。 いつの間にか衣装ケース内に結露ができてしまう…なんてことにならないよう気をつけてくださいね。 こちらの記事もおすすめ!.

次の

プラスチックケースの捨て方とは?何ゴミになる?粗大ごみで捨てなきゃいけないの?

プラスチック 衣装 ケース ゴミ

関連記事 1. 衣装ケースを捨てたい、廃棄したい、処分したい方へ 1-1.衣装ケースは何ゴミ? ゴミの種類は燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、そして粗大ゴミに大別されます。 これらのうち、衣装ケースは『粗大ゴミ』の扱いになるでしょう。 1-2.粗大ゴミの定義について 粗大ゴミとは、日常生活で排出された大型の耐久消費財を指します。 耐久消費財とは、1年以上継続的に使うことが期待できる消費財のことです。 耐久消費財として有名な例を挙げると、以下のようなものがあります。 自動車• 家電製品• パソコン• 携帯電話• 家具 衣装ケースはこれらのうちの家具に含まれるため、粗大ゴミとして扱われます。 1-3.プラスチックゴミの扱いについて プラスチック製品自体の分類は基本的に『燃えるゴミ』となっています。 もともとは燃えないゴミとして埋めていましたが、埋め立て地の問題などが影響して燃やす方向に移行しつつあるのです。 ただし、自治体によっては、柔らかいプラスチック(ペットボトルなどのように曲げられるもの)は燃えるゴミ。 硬いプラスチック(衣装ケースなどのように曲げると割れてしまうもの)は燃えないゴミ、として区別していることもあります。 また、自治体によっては積極的にリサイクルを行っている場合もあるでしょう。 衣装ケースもリサイクルの対象になっているか確認してみてください。 もっとも、対象はペットボトルなどの小さいものが中心なので、衣装ケースの場合はリサイクルの対象にならないことが多いでしょう。 関連記事 2.自治体を利用して衣装ケースを処分しよう 2-1.自治体回収の方法 自治体で処分する場合、原則として、粗大ゴミとして回収してもらうことになります。 粗大ゴミとして出すまでの手順は以下のとおりです。 電話かインターネットから、各地域の粗大ゴミセンターに回収依頼をする。 回収日について相談、決定する。 『粗大ゴミ』などと書かれた張り紙をし、回収場所まで運び出す。 回収員に引き渡す。 2-2.自治体回収のメリット・デメリット 自治体回収のメリットは処分費用の安さでしょう。 お金を払って処分する方法の中では最も安く処分することが可能です。 デメリットは、処分の際にお金がかかってしまうことでしょう。 裏技で燃えるゴミや燃えないゴミとして出すこともできます。 しかし、裏技には手間がかかるのがネックです。 また、粗大ゴミとして出す際には、指定の位置にまで持ち運ぶ必要があります。 衣装ケースは軽いですが、大きなものも珍しくありません。 マンションやアパートにお住まいの方は、持ち出す際に面倒な思いをする可能性があります。 2-3.裏技とは? 衣装ケースは原則として粗大ゴミですが、一手間加えることで燃えるゴミや燃えないゴミとして出すことが可能です。 やり方は至って簡単。 衣装ケースを『解体』するのです。 解体してしまえば、破片一つ一つは小さなプラスチックゴミに過ぎません。 そのため、普通のプラスチックゴミとして出すことができるのです。 とはいえ、衣装ケースは意外と頑丈にできていますよね。 ハンマーやのこぎりを使ったとしても、解体には意外な労力がかかってしまうことでしょう。 また、ハンマーやのこぎりを使えば、当然のことながら破片や粉も出てしまいますよね。 特にマンションやアパートにお住まいの方は、場所の確保や片付けが面倒でしょう。 粗大ゴミにかかる費用は大したことがありません。 裏技が労力に見合うかどうかは微妙なラインです。 2-4.粗大ゴミにかかる費用 ご存じのとおり、粗大ゴミは有料です。 不法投棄の問題などから、粗大ゴミの費用は高いイメージがありますよね。 しかし、実際にはそれほど高くはありません。 衣装ケースであれば、300~500円程度で処分してもらえます。 2-5.自治体処分での注意点 処分する際には粗大ゴミと書いた張り紙をするのを忘れずに行ってください。 不法投棄と間違われて、普通のゴミ収集員の方から注意を受けることがあります。 トラブルに巻き込まれないように、徹底しておいてくださいね。 関連記事 3.リサイクルショップで衣装ケースを処分しよう 3-1.リサイクルショップでの処分方法 リサイクルショップで処分する際には、基本的に持ち込みが必要となります。 つまり、リサイクルショップの店舗まで赴いて、その場で査定してもらうということです。 リサイクルショップによっては宅配査定や出張査定も行っています。 ただし、あまり多くありませんので、期待しすぎないように注意しましょう。 3-2.リサイクルショップのメリット・デメリット リサイクルショップのメリットといえば、やはり買い取ってもらえるという点でしょう。 本来はゴミでしかなく、処分にも費用のかかる衣装ケースがお金になるのです。 処分もできてお金も手に入る……まさに一石二鳥といえます。 デメリットは、引き取ってもらえないことがある、という点です。 リサイクルショップはリセールを前提としています。 つまり、引き取った後にさらに売ることで利益を出しているということです。 いいかえれば、売れる期待ができなければ、たとえタダでも引き取ってはくれないということになります。 なぜなら、売れないものはただのゴミであり、そして、ゴミを処分するのにもお金がかかるためです。 ですから、破損が激しいものや、落書きやシールなどで見た目が著しく悪いものなどは、たとえタダであっても引き取ってもらえないでしょう。 3-3.引き取ってもらえる衣装ケースとは? 破損がないのが大前提です。 新品と同じである必要はありませんが、最低限新品のときと同じように使えることが重要となります。 また、査定額については細かな傷があるかどうか、汚れなどがあるかどうか。 あるいは、商品のブランドなどで変化していくでしょう。 ちなみに、買い取り価格は平均して100~300円程度です。 状態によっては1円ということもあります。 関連記事 4.不用品回収業者に依頼して衣装ケースを処分しよう 4-1.不用品回収業者の利用方法 依頼はインターネットや電話から行います。 回収方法としては出張回収と宅配回収が一般的です。 また、業者によっては持ち込みに対応していることもあります。 4-2.不用品回収業者のメリット・デメリット メリットはやはり便利な点が1番でしょう。 家まで回収しに来てくれますので、自宅から1歩も出ずに処分することができます。 また、不用品の状態などによっては買い取りをしてもらえるというのもメリットの1つ。 もちろん、商品価値のないものであれば、有料で引き取ってもくれます。 たとえるなら、デメリットをなくしたリサイクルショップのようなものでしょう。 とはいえ、不用品回収業者にもデメリットは存在します。 最大のメリットは処分費用の高さでしょう。 なぜなら、出張のガソリン代や人件費などがかかるためです。 そのため、国からお金の出る自治体とは違い、値段が高くなってしまいます。 とはいえ、商品価値がある場合は買い取ってもらえるので、処分費用が相殺になったり安くなったりすることもあるでしょう。 また、宅配回収や持ち込み回収であれば、出張回収よりも費用が安くなることもあります。 ですから、それほど大きなデメリットではありません。 4-3.料金について 衣装ケース処分費用は500円程度でしょう。 買い取り価格は100円程度が相場です。 出張回収よりも持ち込み回収の方が処分費用が安くなり、買い取り額も高まります。 近場に持ち込みに対応している不用品回収業者があるのであれば、持ち込みがおすすめです。 自治体で処分するとなると、処分方法を分ける必要があり、面倒だからです。 ただし、処分するものが壊れていたり汚れていたりして商品価値がなさそうであれば、不用品回収業者がファーストチョイスでしょう。 Q.大きな衣装ケースですが、粗大ゴミに出せますか? 実は粗大ゴミに出せる大きさは180センチまでと決められています。 ですから、処分したい衣装ケースが180センチ以上あるようなら、粗大ゴミとして処分することはできません。 とはいえ、一般的な衣装ケースであれば180センチを超えることはないので、問題ないでしょう。 Q.商業利用していたのですが粗大ゴミとして出せますか? 商業利用していたものの場合、粗大ゴミとして自治体が回収することはできません。 不用品回収業者やリサイクルショップを利用しましょう。

次の