小田原 新幹線 乗り換え。 出口案内||小田原|駅探

出口案内||小田原|駅探

小田原 新幹線 乗り換え

新幹線から在来線に乗換え なお、市内の在来線を利用する場合には、注意しなければいけないことがあります。 一点だけ気をつければよいのですが、新幹線を利用したあと、切符を乗り換えの改札機以外の改札機に通してしまうと、特急券と乗車券の切符が2枚とも回収され、在来線の利用が不可能になってしまいます。 注意 在来線乗り換えの改札機であれば大丈夫です。 駅によっては 在来線乗り換えの改札機が設けられており、この場合は切符を2枚通せば特急券が回収され、乗車券のみ出てきますので、取り忘れないよう注意してください。 スポンサーリンク 在来線に乗り換えるとき改札機には切符を2枚入れるの? 新幹線から在来線に乗り換える場合、新幹線を降りたあと、 在来線への乗り換え改札機には特急券と乗車券2枚の切符を投入します。 2枚入れても出てくるのは1枚だけですが、新幹線の特急券が回収されただけであり、トラブルではありません。 なお、改札に関する注意点として、 乗り換えの改札機以外の改札機に切符を投入してはいけません。 2枚とも切符を失ってしまうことになるため、乗り換え改札機に投入する必要があることを頭に入れておきましょう。 また、通した切符の取り忘れをしないように気をつける必要もあります。 出てきた切符は在来線を降りる際に必要になり、そのタイミングで回収されることになっているからです。 新幹線から在来線に乗り換えでSuicaは使えるの? 東北、上越、長野、山形、秋田、東海道の各新幹線を利用する際、新幹線から在来線への乗り換えで、 新幹線の切符の区間外に乗り越しする場合、Suicaを利用して自動精算を行なうことができません。 この場合、最終下車駅でののりこし精算機を使用するか、駅係員のいる改札口を利用するか、いずれか一方を選択する必要があります。 逆に在来線から新幹線に乗り換えをする場合には、Suicaを使用することは可能なのでしょうか。 この点に関してですが、 一部を除きSuicaでの自動精算を行なうことが可能となっています。 この場合、新幹線の自動改札機で最初に新幹線のきっぷを投入し、次にSuicaをタッチすればOKです。 なお、Suicaを利用するときには不足がないよう、 入金してある金額を確認し、足りない場合にはチャージしておくことを忘れないでください。 おわりに いかがでしたか? 読みはじめる前よりも、乗り換えに関する理解度が高まったのではないでしょうか。 利用する駅により今回ご紹介した内容でだけでは、わかりにくい場合があると思いますが、その様な場合には駅係員に尋ねるようにしてください。

次の

小田原駅のJRの東海道線から箱根登山線の乗り換えについて。

小田原 新幹線 乗り換え

A ベストアンサー 乗り換えは一カ所です。 昔は地下通路でしたが、今は、橋上駅舎化されすぐ分かります。 小田急や箱根登山の発着番線がJRと通し番号なところでピンとくると思いますが、同じ敷地に並んでホームがあります。 JRと小田急・箱根登山の間にJRの通過線があるのですが、JRを降りると小田急・箱根登山のホームが並んでいるのですぐ分かります。 乗り換え時間ですが、改札を通過しなければなりませんが、10分も掛かる距離ではありません。 券売機が混んでいなければ、5分ぐらいで行けますよ。 小田急と箱根登山の小田原駅は同じです。 小田急のホーム先端に箱根登山線のホームがあります。 日中は小田急の乗り入れ特急・急行のみ小田原~箱根湯本を走り、登山電車は走りません。 箱根湯本以遠の強羅方面は箱根湯本で乗り換えになります。 箱根登山の電車専用ホームは締め切られ、小田急直通ホームのみ開いていますので、乗り間違えはないと思います。 A ベストアンサー 通勤ルートではありませんが、年に数回新幹線・東海道線・小田急線乗り換えで使用しています。 10分以上あるので難なく乗り換えにはできると思います。 下車されるロマンスカーのホームから、東海道線のホームが並んで見えますから、 そのロマンスカーが停車していると見えないのですが 左前方に向かっていくように進むことになります。 回答No. 1さんが示したURLリンク先にある図をみていただけるとわかりますが、小田急線の改札口を出て左前方向に進むとJRの改札口があり、改札口間は1分もかかりません。 たぶん私ならロマンスカーが停車してから5分でJRのホームに着けると思います。 ただし、踊り子号の乗車券・特急券は新宿で小田急線に乗る前に買っておいてください。 自由席なら券売機でも買えますが、指定席を買うのにみどりの窓口で並んだり指定席券売機の操作をしていたら時間が足りないからです。 回答No. もし平日とか行先が修善寺方面なら予定通りの踊り子号ですね。 1点、ご注意いただきたいことは、JRは3月14日にダイヤ改定があります。 時刻表誌では特急の時刻は発表されていますが、手元に新しい時刻表が無いので、踊り子号の時刻が変わっているのかわかりません。 また、小田急も同日にダイヤ改定があります。 変更の概要は発表されていますが、ロマンスカーも1~2分の変更があるかもしれません。 小田原駅は神奈川県西部の交通拠点で5路線が集まりますが、どの線もそう長く歩くことなく乗換えができる構造です。 新幹線を除けば同一の高さでホームが並んでいて、感覚的に位置関係をつかみやすいことと、各線の改札口が1箇所ずつで、それが東西の自由通路に面していることからです。 新幹線と東海道線だけが専用乗換口がありますが、今回の乗換には無関係 通勤ルートではありませんが、年に数回新幹線・東海道線・小田急線乗り換えで使用しています。 10分以上あるので難なく乗り換えにはできると思います。 下車されるロマンスカーのホームから、東海道線のホームが並んで見えますから、 そのロマンスカーが停車していると見えないのですが 左前方に向かっていくように進むことになります。 回答No. 1さんが示したURLリンク先にある図をみていただけるとわかりますが、小田急線の改札口を出て左前方向に進むとJRの改札口があり、改札口間は1分もかかりません。 たぶん... A ベストアンサー 1です。 さきほどのページですが、少々構成がマニア向けですね。 一般の方にはわかりにくいと思いますので、補足します。 >どの時刻の電車がどれなのか、というのはどうすればわかるのですか。 時刻は出ていませんが、基本的に時刻順に並んでいます。 左端に列車番号があると思いますので、これを時刻表に照らし合わせて ご覧ください。 htm で列車番号と各駅の時刻が確認できます。 >10というのは10両という意味なのかなあ・・・ >E231-15であれば15両?すみません、確認させてください。 そういう解釈でよろしいですよ。 A ベストアンサー インターネット予約「ロマンスカー club PC」で検索・予約して購入するのが一番お気楽だと思います。 券売機と同じように、展望席のある車両で運行される列車には席種別に「禁煙席・喫煙席」のほかに「前展望席」「後展望席」が表示されます。 携帯電話をお持ちで、度々小田急を利用されるなら、「ロマンスカー club」 ケータイチケットレスサービス に入会してはどうでしょうか? 「ロマンスカー club PC」で予約 パケット代節約 しておき、いざ本当に乗るとなったら、購入期限までに携帯でチケットレス決済をかければ画面メモがそのまま特急券になります。 乗らなくなれば、決済前にキャンセルすれば手数料はかかりません。 実は、「直前にキャンセル」が出るカラクリはここにあり、PCやケータイで予約し決済していないものは発車15分前に自動キャンセルされます。 それ以前に任意キャンセルされる場合も多く、そのときに空席が生まれるんですね。 会員番号は、携帯版のものをそのままPC版で使えます。 ケータイ版入会には指定の駅で申込書による手続きが必要です。 その場で個人情報を登録しますので、処理時間は5分ぐらいかかります。 +行列時間加算 逆に、HP上で申し込み可能な「ロマンスカー club PC」会員になってから、「ロマンスカー club ケータイ 」会員になることも可能です。 その際、「ロマンスカー club PC」会員であることと、会員番号を告げると、予約済み情報を含めて登録情報がそのまま「ロマンスカー club ケータイ)」に引き継がれます。 駅員さんも、端末に個人情報を登録しなくて済むのでスピーディーに登録できます。 ただ、ホームページの弱点は、「展望席がない車両の最前列の指定はできない」こと。 要するにEXEやあさぎり型車両の最前列は、電話予約か窓口しか手がないです。 競争率高そうですが... web-odakyu. 券売機と同じように、展望席のある車両で運行される列車には席種別に「禁煙席・喫煙席」のほかに「前展望席」「後展望席」が表示されます。 携帯電話をお持ちで、度々小田急を利用されるなら、「ロマンスカー club」 ケータイチケットレスサービス に入会してはどうでしょうか? 「ロマンスカー club PC」で予約 パケット代節約 しておき、いざ本当に乗るとなったら、購入期限までに携帯でチケットレス決... A ベストアンサー こんにちは 小田急沿線の者です。 毎日、新百合ヶ丘~新宿を使って通勤しています。 通勤ラッシュは、朝のピークが新宿到着で8時~9時くらいだと思います。 そこから逆算すると新百合ヶ丘で、大体7時半~8時半くらいが一番キツイ時間帯だと思います。 夜は逆に、朝ほどのピークはなく、ダラダラと18時台から終電まで続きます。 それでも19時台、20時台の急行は朝並みに混みますね。 朝は急行、各駅の区別なく、下北沢到着までは非常に混みます。 各駅は成城学園前までは、ほとんどの乗客が急行へ乗り換えるので比較的空いていますが 一番沿線人口が多い世田谷区の区間(祖師ヶ谷大蔵~世田谷代田)が全て各駅しか止まらないので 実は各駅停車の世田谷代田~下北沢間が小田急で最も混む電車というねじれ現象も起きています。 夜は逆に急行しか混みません。 各駅はガラガラです。 人がたくさん乗ってくる駅ですが、基本的に小田急では急行停車駅となります。 急行停車駅では、最寄り駅として利用する客のほかに各駅停車からの乗り換え客がいますので、 それだけ乗ってくる乗客が多いです。 新百合ヶ丘から小田原寄りはラッシュ時に乗ったことがないので不明ですが 小田急では新宿に次いで乗降客数が多い町田は、横浜線への乗り換え駅でもありますし 降りる客と乗る客が相当数いるはずなので注意が必要だと思います。 私の感覚だと、町田、新百合ヶ丘、登戸、成城学園前が特に多いかなと。 あと代々木上原は千代田線への乗り換えで、新宿に行く人と千代田線に行く人で 大体半々くらいに分かれます。 ということは、夜は、それだけ代々木上原で 千代田線から小田急へ乗ってくるということになります。 夜は、代々木上原で、車内の乗客が倍になるとお考え下さい。 どっちにしても、小田急はラッシュはきついです。 快適さを優先すれば、始発を待つか、遅い電車に乗って時間をかけるか、 あるいは特急料金を余分に払ってロマンスカーを使うかのどちらかですし 時間を優先すれば、ラッシュを我慢するか、ラッシュが始まる前の早朝に代々木上原まで行ってしまうか どちらかしかありません。 こんにちは 小田急沿線の者です。 毎日、新百合ヶ丘~新宿を使って通勤しています。 通勤ラッシュは、朝のピークが新宿到着で8時~9時くらいだと思います。 そこから逆算すると新百合ヶ丘で、大体7時半~8時半くらいが一番キツイ時間帯だと思います。 夜は逆に、朝ほどのピークはなく、ダラダラと18時台から終電まで続きます。 それでも19時台、20時台の急行は朝並みに混みますね。 朝は急行、各駅の区別なく、下北沢到着までは非常に混みます。 各駅は成城学園前までは、ほとんどの乗客が急行へ乗... A ベストアンサー 既に回答に出ている部分との重複も多くなりますが、少しでも参考になればと思い一個人としての見解を・・・。 まず結論から言いますと、修善寺が目的地であるなら私ならただの「踊り子」を選びます。 やはり乗換え無しが最大の理由です。 ただし正直言って座席は決して褒められたものではありません。 私は個人的に列車の座席にこだわる方なので、踊り子の座席は「う~ん、ちょっとねぇ」というのが率直な感想です。 でも普段座席の乗り比べとかするタイプの方でなければ何とか及第点というところではないでしょうか。 スーパービューの方にも乗ったことがありますが、たしかに座席・乗り心地は格段に上です。 ただしスーパービューを使って修善寺に向かうには、熱海・三島と2回の乗換えが必要になります。 しかも熱海以遠は普通の電車(いわゆる通勤型)に乗ることになるでしょう。 普通(又は快速)のグリーン車利用というアドバイスも出ていますが、 これも基本的には熱海・三島での2回の乗換えが必要になり不便でしょう。 ただ座席のレベルから言えば、踊り子のシートよりより普通列車グリーン車のシートの方が上です。 あと#4の方の回答で踊り子のグリーン車利用を薦める文章がありますが、修善寺直通の踊り子にはグリーン車はありません。 グリーン車の部分は熱海で分割されて伊東・下田方面に向かってしまいます。 沼津からの船の案を提案されている方もいますが、修善寺が目的地ならあまりオススメできないかも・・・。 西伊豆の海沿いの温泉が目的地なら良い選択肢の一つになるでしょう。 それから踊り子の窓の揺れの問題ですが、進行方向左側の座席に座ればそれほど気になることはないと思います。 特に往路は左側が海側になるのでその分景色も楽しめます。 (景色が良いと言える箇所はそう多くはないですが・・・) 質問者さんの選択肢には無いのかも知れませんが、既出の通り三島まで新幹線という方法もあります。 時間は圧倒的に早いけど、乗換えの手間と費用が個人的にはネックです。 長くなってしまいましたが、以上の理由から個人的意見としては修善寺直通の踊り子がオススメです。 あまり積極的に選びたい列車ではありませんが・・・(苦笑)。 伊東・下田方面は列車的に優遇されています。 修善寺方面ももう少しどうにかならないものかなぁ、と感じる今日この頃です。 まず結論から言いますと、修善寺が目的地であるなら私ならただの「踊り子」を選びます。 やはり乗換え無しが最大の理由です。 ただし正直言って座席は決して褒められたものではありません。 私は個人的に列車の座席にこだわる方なので、踊り子の座席は「う~ん、ちょっとねぇ」というのが率直な感想です。 でも普段座席の乗り比べとかするタイプの方でなければ何とか及第点というところではな... A ベストアンサー 小田急線は前の方に乗ります。 新宿に着いたら「東口」「東口出口」という目印を頼りに 改札に向かいます。 改札では、切符を改札機に入れ、また受け取ります。 「乗り換え」用の改札機と「出口」用の改札機をありますから、上の表示をよく見て「JRの出口」へ向かう改札機を選んでください。 つまり、切符を持ったまま小田急の改札を通過するわけです。 出たところはJRの構内です。 「東口」という方へ進み、JRの東口に出ます。 結論から言うと、改札を2つ通って東口に出るということです。 ひとつは小田急のもの、最後にJRのものです。 まず一つ目の小田急の改札周辺には駅員さんが数名いることが多いです。 わからなかったら聞いてみるといいと思います。 時間に余裕を持って出かけた方がいいですよ。 駅の構内は案外広いです。

次の

小田原駅での乗り換え所用時間について

小田原 新幹線 乗り換え

新幹線から在来線に乗換え なお、市内の在来線を利用する場合には、注意しなければいけないことがあります。 一点だけ気をつければよいのですが、新幹線を利用したあと、切符を乗り換えの改札機以外の改札機に通してしまうと、特急券と乗車券の切符が2枚とも回収され、在来線の利用が不可能になってしまいます。 注意 在来線乗り換えの改札機であれば大丈夫です。 駅によっては 在来線乗り換えの改札機が設けられており、この場合は切符を2枚通せば特急券が回収され、乗車券のみ出てきますので、取り忘れないよう注意してください。 スポンサーリンク 在来線に乗り換えるとき改札機には切符を2枚入れるの? 新幹線から在来線に乗り換える場合、新幹線を降りたあと、 在来線への乗り換え改札機には特急券と乗車券2枚の切符を投入します。 2枚入れても出てくるのは1枚だけですが、新幹線の特急券が回収されただけであり、トラブルではありません。 なお、改札に関する注意点として、 乗り換えの改札機以外の改札機に切符を投入してはいけません。 2枚とも切符を失ってしまうことになるため、乗り換え改札機に投入する必要があることを頭に入れておきましょう。 また、通した切符の取り忘れをしないように気をつける必要もあります。 出てきた切符は在来線を降りる際に必要になり、そのタイミングで回収されることになっているからです。 新幹線から在来線に乗り換えでSuicaは使えるの? 東北、上越、長野、山形、秋田、東海道の各新幹線を利用する際、新幹線から在来線への乗り換えで、 新幹線の切符の区間外に乗り越しする場合、Suicaを利用して自動精算を行なうことができません。 この場合、最終下車駅でののりこし精算機を使用するか、駅係員のいる改札口を利用するか、いずれか一方を選択する必要があります。 逆に在来線から新幹線に乗り換えをする場合には、Suicaを使用することは可能なのでしょうか。 この点に関してですが、 一部を除きSuicaでの自動精算を行なうことが可能となっています。 この場合、新幹線の自動改札機で最初に新幹線のきっぷを投入し、次にSuicaをタッチすればOKです。 なお、Suicaを利用するときには不足がないよう、 入金してある金額を確認し、足りない場合にはチャージしておくことを忘れないでください。 おわりに いかがでしたか? 読みはじめる前よりも、乗り換えに関する理解度が高まったのではないでしょうか。 利用する駅により今回ご紹介した内容でだけでは、わかりにくい場合があると思いますが、その様な場合には駅係員に尋ねるようにしてください。

次の