魂魄妖夢。 DDS 魂魄妖夢

DDS 魂魄妖夢

魂魄妖夢

魂魄妖夢は、冥界の白玉楼に住む剣術指南役兼庭師。 種族はとのハーフ。 ただしハーフといっても、人間と幽霊の間にできた子供ではなく、体質の種族ということ。 半分生きていて半分死んでいる、半分実在していて半分幻という半人前。 でも剣は二本。 誰もが「幽霊やってて良かった」と言ったという。 そんな姿に、半分人間の妖夢は 「半分幽霊やってて半分良かった」と半分同調する。 (『』上海アリス通信. txt) の兼の警護役を務め、の剣の指南役でもある。 長刀『』と、短刀『』の二振りを操る。 剣の師匠は妖夢の祖父でもある こんぱくようき。 彼も半人半霊である。 この先代は、三百年程を務めたある日に頓悟(段階的な修行を踏むことなく一挙に悟りを開くこと)し、妖夢に後を継がせ「幽居」した。 妖夢の剣術はまだ未熟であり、成熟までには日々の修行を欠かせない。 先代は行方をくらまし、妖夢もどこに居るのかは知らず、これも教えなのだろうと彼女は思っている(『妖々夢』上海アリス通信. txt)。 『』では師匠の「真実は斬って知る」という言葉を文字通り実践するが、からは師匠の教えを理解しているとは思えないと指摘されている。 原作者であるが非公式人気投票で投票した数少ないキャラクターであり、霊夢と魔理沙以外で原作上で短かった髪を伸ばした数少ないキャラクターでもある。 性格 性格は何事にも一所懸命だが、それが報われることが少ない。 癖のある連中が多すぎる幻想郷では、真っ直ぐ過ぎてからかわれやすい性格でもある。 (『』上海アリス通信. txt) 武器は真剣。 必死という意味もあるかも知れない。 (『』Manual) 口調は女性的、中性的、丁寧語で使い分けている。 には「ただの通り魔」、には「縁起が悪いもん」、には「怨霊」、には「押入り強盗」とろくな名称を与えられてない。 を斬った後に異変の犯人ではないと分かって激昂し、彼女を困らせたこともある(『萃夢想』6面Border Line 界面活性斬)。 性格はざっとまとめると従者らしく真面目だが、やや天然な部分があり未熟な性格である。 の入りの昼間、あの世とこの世の結界が薄くなって大量の幽霊がこの世に現れた時、妖夢は彼らを大群で率いてあの世に連れ戻しに行ったことがあった。 しかし顕界と冥界の結界は未だ直っておらず、近頃は生きている人間や妖怪があの世へ、死者がこの世へ当たり前のように行き来している。 実は、半人半霊なのにお化けや怖いものを苦手としている。 また、日本刀を武器としてだけではなくファッションとしても気に入っているフシがあり、ナイフ派のに対して優位を主張している。 また、によれば、人間が持っているはずの十欲のうち死欲(死にたいという欲)と生欲(生き続けたいという欲)が欠けているとのこと。 容姿 銀色・白色の髪をにし、黒いを付けている。 作品によってはやや長めに髪の毛が描かれることもある。 眼の色は暗めの灰色~青緑色。 妖々夢では赤。 人間に比べて肌は白い。 酔っ払うと著明に赤面する。 白いに青緑色のを好んで着ている。 下半身は短めの動きやすいからが覗いていて、白靴下に黒い靴か草履を着用。 胸元には黒い蝶ネクタイを付けている。 ベストやスカートには霊魂を模した柄が描かれている。 なお、最新作である鬼形獣では霊魂をアレンジした柄に変更されている。 幽霊の側の半身 は白くて大きな霊体の形。 半霊は物体をすり抜けさせることもできるし、硬化させてぶつけることもできる。 幽霊の半身を人型に変形させ、人間の半身と共に別々に技を繰り出すことも出来る。 能力 とを扱う二刀流。 両方とも生身の人間を斬ることも出来る。 体術、妖術は半人前ながらも優れており、バランスが取れている。 対象が敵、、、人の悩みであっても斬ることが出来る(『』上海アリス通信. txt)。 準備時間があれば短い距離の直線で、瞬間的に移動しつつ斬ることが出来る。 これはの中でも最高級の速さを持つでさえ、目で追えない程の速度となる(『』LEVEL 6、人智剣「天女返し」 妄執剣「修羅の血」 四生剣「衆生無性の響き」)。 長い方の剣が楼観剣である。 妖怪が鍛えた剣と伝えられており、長すぎて並みの人間には扱えない。 「一振りで幽霊10匹分の殺傷力を持つ」とあるが、それ以上の詳細は言及されていない。 公式作品では柄に桜の花びらが描かれ、鞘の先端に花を一輪挿し、柄頭に白い房のついた剣として描写されることが多い。 ゲーム作品(~)におけるデザインだと・ともに鍔がついているが、求聞史記や三月精では鍔の無いデザインとなっている。 腰に佩 は かずに背負っている。 『妖々夢』での妖夢の台詞によると、楼観剣の切れ味は「妖怪が鍛えたこの楼観剣に斬れぬものなど、あんまり無い!」(霊夢ルート)である。 魔理沙ルートでは「殆ど無い!」、咲夜ルートでは「少ししか無い!」となる。 本人の言葉通り、斬れない物は少ししかない剣である(『萃夢想』上海アリス通信. txt)。 魂魄家の家宝。 斬られた者の迷いを断つことが出来る。 幽霊に使えば成仏する。 原理は不明だが、魂魄家の者にしか扱えない。 尚、白楼剣で幽霊を斬ると成仏してしまうので濫りに使用するとに怒られる。 との連携 人間は生きている間に幽々子と出会うことはまず無いが、死後は例外である。 妖夢が白楼剣の一振りで死者の輪廻転生を断ち切り、幽々子が彼岸に送り返すと死者はに行くしかなくなる(『』84-86頁)らしい。 スペルカード「一念無量劫」では、妖夢と相手の心の余裕の無さのため時間が遅くなるような表現になっている()。 「雨を斬れる様になるには三十年は掛かると言う。 お前はまだ、雨の足元にも及ばない。 」 「空気を斬れる様になるには五十年は掛かると言う。 でも、なんだかそんなに掛からなそうな気がしてきたわ。 」 「時を斬れる様になるには二百年は掛かると言う。 ……先は長いなあ。 」 (『萃夢想』妖夢勝利時の台詞) スペルカード 妖々夢 餓鬼剣「餓鬼道草紙」 獄炎剣「業風閃影陣」 獄神剣「業風神閃斬」 人世剣「大悟顕晦」 人神剣「俗諦常住」 天界剣「七魄忌諱」 天神剣「三魂七魄」 萃夢想 符の弐「心眼迷想斬」 符の参「業風神閃斬」 永夜抄 人符「現世斬」 人鬼「未来永劫斬」 花映塚 文花帖 緋想天 人智剣「天女返し」 非想天則 弾幕アマノジャク 光符「冥府光芒一閃」 彼岸剣「地獄極楽滅多斬り」 人気投票 非公式の人気投票では第2回から登場しており、それからはTOP10に食い込むことが多く第15回ではよりも上の3位に躍り出た。

次の

DDS 魂魄妖夢

魂魄妖夢

Radical Discovery 魂魄 妖夢 Stage... STAGE 1 幽霊失踪 幽々子 「どうしたのそんな眠そうな顔して」 妖夢 「幽々子様に報告をしたい事がありまして…… 眠くはないですけど」 幽々子 「聞かない」 妖夢 「いや聞いて欲しいのです。 最近、幽霊の数が減っています」 幽々子 「あら、増やして来ましょうか?ざっくりざくざく」 妖夢 「いえいえ、減っていること自体は問題ないのですが…… どうやら次々と成仏もせずに消えていっている様なのです」 幽々子 「それで貴方はどうしたいの?」 妖夢 「調査に出かけたいと思います。 ちょっと留守にしても良いですか?」 幽々子 「駄目。 行きたいのならこの私を倒してからにしなさい」 妖夢 「何でこうなっちゃうのかなぁ」 幽々子 「お見事!私を倒したのだから好きにすればいいわ」 妖夢 「さて、何を手がかりに探せばいいのか…… 取り敢えず、行ってきます!」 STAGE 2 新しき神社 妖夢 「……え?神社ってこんなにエキゾチックな造形だったっけ?」 霊夢 「あーもう何よ。 今日は営業してないわ!」 妖夢 「どうしたの?神社、変な風に改装しちゃって」 霊夢 「改装な訳が無いでしょ?壊されたのよ、ナマズに!」 妖夢 「……うちの屋敷には雪は積もるし、神社はナマズに壊されてるし、 幽霊はどっか消えてしまうし……何か変な事ばかりね」 霊夢 「あんたも私の邪魔しに来たの?」 妖夢 「いえいえそんなつもりでは……って日射しが強くなって来たわね」 霊夢 「あー暑い暑い。 そういえばさっきなんか言ってたわね。 『……うちの屋敷には雪は積もるし』 ちょっと涼みに行ってこようかな」 妖夢 「え?いや私の留守にそれは困る」 霊夢 「五月蠅い。 こちとらやり場のない怒りを抱えているんだ!」 妖夢 「ふう、神社が大変な事になってるのは判るけど、少し落ち着いて」 霊夢 「むー」 妖夢 「……うーん、神社からも幽霊の姿が見えない。 ねえ、幽霊が何処に行ったのか知らない?」 霊夢 「あー?幽霊?それはあんたでしょ? 三途の川でも渡ってるんじゃないの?」 妖夢 「うーむ、何か大事になっていなければいいんだけど」 STAGE 3 二つ目の成仏 妖夢 「そんな事は無いと思うけど……一応死神にも聞いてみようかな……」 小町 「どうした?眠そうな顔して」 妖夢 「いえ、最近幽霊の姿が減りましてね……眠くはないですが」 小町 「ああ、幽霊か。 そうだ、その事でお前さんに忠告する事があった」 妖夢 「はい?」 小町 「お前さんだろ?最近、幽霊を斬ってまわっているのは。 幽霊達は斬られてどっかにいっちまってるんだ」 妖夢 「え?斬られて?どういう事?」 小町 「それはこっちが聞きたい」 妖夢 「最低でも私は斬っていない」 小町 「お前さん以外に幽霊を斬る事(そんな事)出来る奴がいるのかい? 身に覚えがないのなら、夢遊病の気でも疑ってみるんだな!」 妖夢 「私はやってませんって。 私も幽霊の件で調査をしてるのです!」 小町 「そうなのか?他にそんな事が出来る奴がいるのか……?」 ??? 「それが居るのよ」 妖夢 「へ!?紫様?」 紫 「妖夢、幽霊を斬れるのは貴方だけではない」 妖夢 「そ、そうなんですか」 紫 「幽霊が勝手に斬られている現状は危険ですわ」 妖夢 「しかし、何の為に斬られているのでしょう?」 紫 「さあ、こっちへ……」 STAGE 4 気質の行方 紫 「生き物が多いここなら、その気の流れが良く見えるでしょう」 妖夢 「えー……っと。 よく判りません」 紫 「貴方は未熟過ぎる。 もう少し判りやすく気を集めましょうか」 妖夢 「なるほど判りました!幽霊……気質は空に吸い込まれるように 立ち上っているのですね!」 紫 「幽霊だけではないわ」 妖夢 「そう、幽霊だけじゃなくて……生きとし生けるもの 全ての気質が緋色の雲となって……あっ!」 紫 「ではいってらっしゃい」 妖夢 「紫様のお陰で大切な事に気付きました。 有難うございます」 紫 「いえいえ、少し痛い目に遭ってくると良いわ。 勉強がてら」 STAGE 5 雲の中の予知 妖夢 「そうか、人の気質が斬られていたのか。 幽霊だけじゃ無かったのね。 その斬られた気質が 身の回りに立ちこめて頭上におかしな緋色の雲を…… そうか、お屋敷で雪が降っていたのも幽々子様の気質……! この雲の中の何処かに犯人がいる!」 ??? 「空を緋色に染めるは大地のあくび。 大地のあくびは目覚めの兆し」 衣玖 「まもなく幻想郷が目覚めるでしょう。 激しく、残酷に」 妖夢 「貴方……貴方がこんな事を……?」 衣玖 「はい?」 妖夢 「幽霊は容易く斬ってはいけないのです。 許可無く成仏は禁止されているのですよ」 衣玖 「およよ?そうなのですか?」 妖夢 「そうなのですよ!今、天界は飽和状態なのですから!」 衣玖 「それは勉強になりました。 で、その件で貴方は天界に向かってるのですか?」 妖夢 「え?天界に?」 衣玖 「この雲の上は天界ですから」 妖夢 「あれ?そんな上まで来ちゃったんだ」 衣玖 「天界に行って何かお仕事でもあるのですね?」 妖夢 「私の仕事は生き物から気質を 斬り出して集めている奴を倒す事!」 衣玖 「あらあら」 妖夢 「気質はこの雨雲に向かって集まっていた。 つまり犯人は貴方ね!」 妖夢 「さあ、これに懲りたら悪巧みは止める事ね!」 衣玖 「私はただ、人間達に重大な異変が起こる事を伝えるだけの 龍宮の使い。 異変を起こすのは私の役目では無いのです」 妖夢 「むむ?そ、そうなの?では貴方は何の為にこの雲を泳いで……?」 衣玖 「まもなく幻想郷が目覚めます。 そう、壊滅的な大地震が幻想郷を襲います」 妖夢 「え!?ななななな、何を」 衣玖 「緋色の雲はその宏観前兆なのです。 つまり、この雲が出ている限り地震は避けられない」 妖夢 「そういえば神社もナマズに壊されたって言ってたけど…… ナマズって地震の事だったのかな」 衣玖 「まもなく幽霊の数が激増するでしょう。 それはそれは悲劇的に」 妖夢 「幽霊を使って緋色の雲を作り、その雲で地震を起こして…… また幽霊を増やすつもりとは! こうしてはおられないわ。 犯人は絶対に斬る!」 STAGE FINAL 天の娘、地の神、人の心 妖夢 「ここは……もしかして天界?」 ??? 「緋色の霧、それは非想の気。 悲想の気、それは生物の本質」 天子 「天気は非想天の本質なり。 お待たせ」 妖夢 「ぽかーん」 天子 「どうしたの?貴方が探していた犯人が目の前に居るのよ?」 妖夢 「え?ええ!?」 天子 「展開の早さについて行けないのかしら?」 妖夢 「……」 天子 「『幽霊を斬っていたのはお前か』」 妖夢 「えーっと、幽霊を斬っていたのは貴方?」 天子 「そう、私だわ。 私は比那名居天子。 この緋想の剣は幽霊も気質も全て丸裸にしてしまう。 これで緋色の霧を集めて……大地を揺るがすの」 妖夢 「話について行けません」 天子 「もー、しっかりしてよ。 貴方は私を懲らしめに来たんでしょ? 貴方がしっかりしなければ私もやる気が出ない」 妖夢 「何か判りませんが、 まるで私に倒されたいって言っているみたいですね」 天子 「さあ、ここまで来て限りなく正解に近づいた貴方は 私を倒さなければいけない」 妖夢 「???」 天子 「そう地上で、人間と妖怪が戦うように…… 私はあのやりとりに憧れているのよ!」 妖夢 「も、もしかして、そんな理由で幽霊を斬り、 人の本質を斬り、神社を壊したの?」 天子 「もちろんそうよ。 さらに言うと、 これからもっと大きな地震が起こるわよ。 潰す為のナイフよりお洒落です。 頑張れば弾幕だって斬れますよ。 人形と貴方の間を斬っても糸は切れないのね……。 貴方が幾ら陣を組もうと意味が無い。 神社の漬け物は一日で美味しく漬かるというのに。 気持ちが落ち着きますよ。 霊夢達に聞いてもさっぱり要領を得ないのですが…… 特に危害を与えるような舟じゃなくて良かったです。 何かあちこちで変な事が起きてますが……もしかして。 じゃあ、この刀も特別ということで。 まさか貴方が仕事しているとは思えないし。 あれなら冥界の方がよっぽど混雑してますよ。 もう消えた文化かと思ってました。

次の

魂魄妖夢 (こんぱくようむ)とは【ピクシブ百科事典】

魂魄妖夢

魂魄妖夢は『』などに登場するキャラクター。 メインプロフィール 名前: 魂魄 妖夢(こんぱく ようむ) Youmu Konpaku Alternate spellings: 種族: 能力: 剣術を扱う程度の能力 年齢: 不明。 しかし、60歳未満だといわれている。 職業: 庭師, 剣術指導者 住んでいるところ: 人相:• 永、花 半人のほうは青い目、銀色の短髪、桜の花の記章が入った刀と脇差(短い日本刀)を持つ。 深緑と白の、スカートの裾と胸ポケットに幽霊の記章が入った衣服を着ている。 半霊のほうは不定形の幽霊で、半人と同じ大きさ。 両方はいつも一緒に見られる。 ラストワード中は、目の色が赤。 花、別衣装 より明るい緑色の服を着ている。 萃、永、緋 より短いスリーブの服を着ている。 萃、緋の別衣装 緑色の代わりに紫やピンクになっている。 妖 花の衣装と同じで、明るい赤色の目をしていて長いスリーブの服を着ている。 人物関係:• 白玉楼の主人、主人• 祖先、前任の指導者 出演作品:• 5面中ボス、5面ボス、6面中ボス• 操作キャラ、敵キャラ• 操作キャラ• 操作キャラ、敵キャラ• 6-2,6-4,6-6,6-8ステージのボス• 操作キャラ、敵キャラ テーマ曲: 広有射怪鳥事 ~ Till When? 半人半霊という幻想郷では奇妙な性質を持っている。 人の部分と幽霊の部分とは異種交配で生まれるように混ざっているのではなく、身体が物理的に分離している。 率直で集中力があり、その性格が剣術の能力を引き立たせている。 妖夢の主人であるの気まぐれで悪ふざけが好きな性格とは背反しているが、の庭の手入れをし幽々子の注文に答えながら、誠心誠意の心で幽々子に仕えている。 祖父のから学んだ二刀流を扱う。 長いほうの ろうかんけん は一振りで十匹の幽霊を切ることができると言われていて、短いほうの はくろうけん は人間の迷いを断ち切ることができると言われている。 剣術のスタイルや妖夢の両親については特に知られていない。 妖忌もの従者であり、まだ幼い妖夢の鍛錬をしていたが、ある日突然妖夢の剣術が未熟のまま おそらく妖夢が自分自身で鍛えられるようにして どこかへ消えてしまった。 妖忌が今のところどこにいるのかは誰も知らない。 東方妖々夢では、伝説の さいぎょうあやかし を含めた全ての桜を満開にするために、幻想郷から春をできるだけ集めるように幽々子から命令された。 この行動は、間接的に終わらない冬を引き起こし、主人公たちはこの異変の原因を見つけ出そうとした。 妖夢は主人公をに入れさせないように戦い、敗れた後に主人公を幽々子と対決させないために再び立ち向かった。 では、妖夢は月を元に戻すために生者の世界を進んだが、同行者の幽々子は龍料理を食べるごちそうの旅にわくわくしていた。 では、妖夢は自分の役割をこなしていたら、花の異変の背後に妖夢がいるのではないかと疑ったキャラクターが次々と白玉楼に乗り込んできた。 妖夢が異変の光景を見ようと幻想郷を旅していたら、突然何かが起こっていることに気付いたが、そのことについて何も考えなかった。 では、なぜ人間が幽霊に留まっているのかについての調査を始め、にヒントを貰い、を見つけて戦った。 二次設定• のおまけバックストーリーで、どういうわけか「なぜこのようなみょんな場所にいるのですか」と幽々子に尋ねたので、しばしばファンから「みょん」と呼ばれている 「みょんな」は「ひょんな」と「みょうな」の混成語。 半霊も時々みょんと呼ばれ、半霊は時々"オプション" で機体に装備できる物 とも呼ばれるが、これはあまり普及していない。 ファンの間では、大抵の場合、妖夢と半霊は互いの感覚を相互に感じられることにされている。 魂魄の漢字は単純に"soul"を表し、妖夢は"bewitching dream"のようなものを表す。 魂魄の「魂」も「魄」も"soul"を表すが、中身は違っている。 「魂」は人間が死ぬとすぐに肉体と分離して天国へ上る精神的な魂を表し、「魄」は死後も数日間肉体に残り地球へと還る肉体的な魂を表す。 この場合、「魂」は妖夢の半霊で、「魄」は半人。 魂魄家はに書かれている通り、半人半霊の家系。 「妖夢」の漢字の一部は、の漢字の一部にもなっている。 二次創作で半霊はよく食べ物をして扱われる 大抵は幽々子に食べられる。 もっと酷いことに、ではに負けると、そのキノコのようなものはどのような味がするのかと尋ねられる。 で、戦闘前の会話では妖夢のローマ字の名前は名字を先にして書かれるが、妖夢以外の全てのキャラクターは西洋式で名前を先にして書かれているという誤植がある 他の誤植には文の名前のスペリングもある。 スペルカード、獄界剣「二百由旬の一閃」から、物理的に不可能な速さで切ることができると言われている 200由旬は1,320-3. 000キロメートル、825-1,875マイルの距離。 この距離を一振りの一瞬で動くとすると、極超音速を遥かに超えるスピードで動くことができることになる。 参考例を挙げれば、赤道下の地球を30分以内で一周でき、地球の軌道に乗るのに必要な速さの約3倍の速さだ。 テーマソングは「広有射怪鳥事 〜 Till When? 」で、広有という名前の戦士が鵺として知られている妖怪を殺す話から名付けられた。 これはだじゃれ話。 「怪鳥」は鵺で、嘆かれもしない死体の近くで「いつまで?」と鳴くので、「以津真天」(いつまでん)とも呼ばれている。 のストーリーから判断すると、主人公は広有の役を演じていて、妖夢が鵺で、死体がおそらく。 とを参照• 皮肉なことに、に見られるように、自身の種族にも関わらずに妖夢は幽霊を恐れている。 を倒した後は、幽々子は木の下に幽霊がいるふりをして、妖夢に悲鳴を出させた。 幽々子自身も幽霊なのに、なぜ幽々子には怯えないのかは謎である。 二次創作ではたまにを憧れているように描かれる。 その原因はおそらく、二人とも刃物を扱う銀髪の5面ボスで、赤から青に変わる目をもつという共通点があるからだ。 これらの漫画では、妖夢は咲夜を「お姉さま」と呼ぶ。 また、妖夢はよく「ジョジョの奇妙な冒険」のジャン・ピエール・ポルナレフ 高速に動く剣のスタンド使い に、咲夜は同シリーズのディオにクロスオーバーされる。 これは東方非想天則にも現れていて、色違いの一つが完全に銀色になり、ポルナレフのスタンドであるシルバー・チャリオッツをほのかに感じさせる。 美鈴に勝ったときになぜ関羽の青龍偃月刀を使わないのかと尋ねるので、中国の伝説と歴史についての知識を持っているようだ。 しかし、女性は中国の伝統武術では棹状武器を使わない。 'League of Legends'というゲーム中のアイテム ""は妖夢の関連だ。 このアイテムのアイコンは桜の花が散っている背景の刀を表現している。

次の