前歯 歯茎 腫れ。 歯茎の腫れの治し方!歯痛を和らげるツボはここ!

歯ぐきが腫れて痛いときの対処法について|吹田市片山町 ゆうき歯科ブログ

前歯 歯茎 腫れ

歯の痛みは耐えられないですよね… 歯根破折とは、文字通り「歯の根元が割れてしまう」ことです。 差し歯の場合、何かの原因で歯の大部分を失ってしまったときに、根元の部分に 「コア」と呼ばれる 「土台」を入れてから、噛み合わせに適した 「冠(クラウン)」をかぶせています。 ですが、こうして出来上がった 差し歯は寿命があります。 5年~10年くらいすると経年劣化や噛む力などで 自然と根元が割れてしまい、「歯根破折」となる場合が多いのです。 歯根破折になっても自覚症状がない 私は実際に小学生の頃に差し歯を入れて、20年近く経過しています。 自覚症状も最近まで全くなかったので、歯の根元が割れているなんて想像もしませんでした。 ですが、こうなった今思い返すと、数カ月前に 「何だか差し歯の辺りがむずがゆいなぁ…」と感じた事がありました。 この時点で歯の根元は割れていて、炎症が始まっていたのだと思います。 変化が訪れたのは突然でした。 一昨日、日曜日に差し歯の根元付近にズキズキとした違和感が…。 30分もしないうちに激痛に変わり、痛みに耐えることで精一杯。 鎮痛剤を飲んでも効かないし、こんな時に限って 「日曜日」! その日は痛みに耐えながら眠れない夜を過ごしましたが、翌日さっそく歯科医に行ったときには… 歯茎が赤黒く変色してパンパンに腫れあがってました…。 歯医者での治療は… 「痛いですよねぇ」と言いながら抜かれました… ちょっと触れるだけでも飛び上がるくらい痛い状態ですが、膿を出しきるため土台を取り除くことに。 そうしないと腫れがひかないので、ここは我慢ですね。 でも…、歯茎が腫れているため麻酔も使えなかったのです。 そのため引っこ抜く時はまさに地獄。 これだけは皆さんに経験してほしくない痛みなので、重複してしまいますが、差し歯を入れられている方は、違和感を感じなくても 「定期歯科健診」に行ってくださいね!! 差し歯の寿命は平均10年 差し歯の寿命は平均しても10年程です。 私のように20年近く差し歯の根元を確認しないのは非常に危険ということですね。 差し歯を入れてから長期間経過している方は誰にでも起こりえる症状なので、5年以上使用している方は一度歯科受診して、差し歯の根元が大丈夫なのかぜひチェックしてください! また、冒頭でもお話したとおり、経年劣化や噛む力などが原因で歯根破折になる場合もありますが、歯周病、歯槽膿漏などで根元の歯が溶けてしまったり、隙間から食べかすが溜まり虫歯になってしまうこともあります。 差し歯を入れられている方は特に 「歯茎ケア」も大切になってくると言うことで、今回、歯科医からもマウスウォッシュを使うように勧められました。 リステリンは慣れないと刺激が強いので、最初は少量から始めると良いと思います。 また、私自身使っているこちらの歯磨き粉も、歯科医に確認したところ、「その他の歯磨き粉を使うよりおすすめです!」と太鼓判を押されたのでご紹介します。 土台を作る歯が無くなってしまうと、ブリッジやインプラント治療しか方法がなくなってしまいますので、健康な歯を削る必要があったり、高額になります…。

次の

歯茎が腫れた!歯茎の腫れは痛みがあってもなくても危険のサイン

前歯 歯茎 腫れ

子供の歯茎の腫れ 子供のことでお聞きします。 5歳の男の子です。 前歯の歯ぐきのところに、膿をもっているおできみたいのが出来ました。 つぶれたりはれたりのくりかえしです。 前歯は軽い虫歯があります。 進行止めは2年ぐらい前に塗りました。 なにが原因ですか?やっぱり歯医者にいった方がいいですか?(U.E.さん from WEB) 幼児期で、歯茎が腫れたりする原因は、元々は、虫歯が原因です。 歯が虫歯菌でおかされると、神経(死髄)まで、虫歯菌に破壊を受け、神経自体が死んでしまいます。 神経は、ばい菌によって破壊を受けた後どろどろの状態になって腐っていきます。 子供は、大人と違って、痛みに対して鈍感で、あまり痛がりません。 やがて、この状態は慢性化(ゆっくりと悪くなり)し、ばい菌は、神経を全部破壊した後、歯髄腔と呼ばれる神経の部屋から、根っこの先にある穴を通って外へ出て行きます。 さらに、根っこの周りの組織に破壊(炎症)を広げていきます。 そればかりか、そこにある骨までも溶かして行きます。 (骨の吸収) この時、体は、一生懸命にそこに血液を送り込んで、白血球や免疫細胞を出して、ばい菌をやっつけるのです。 (炎症) これらの、ばい菌の死骸やら、血液の残骸やら、浸出液がどんどん溜まる事となり、それが膿と呼ばれているもので、ちょうど、マグマが爆発するように、膿は、歯茎の柔らかいところをぬうようにして、外に出てきます。 (腫れます) 外に膿が出てしまうと(排膿)、腫れは、しぼみます。 これを繰り返しながら、病巣は拡大していきます。 ひどい場合は、すぐ下にある、大人の歯への影響も出てきたり、炎症が、組織や、骨に一気にまわる事もあり、この場合は、顔面全体が腫れ上がったり、緊急の場合は、全身症状へ波及する事もあり、注意が必要です。 これは、そんなに珍しい事では、ありません。 子供は、生活力が旺盛で、治るのも早いけれど、悪くなる時も一気に悪くなる特徴があります。 日ごろの健康管理も大切と言えます。 早急に治療する事をお勧めします。 ただ、子供さんの、治療へに協力度により異なりますが、小児歯科では、完璧な神経治療は、難しいです。 唾液が多く、完全に唾液を遮断して治療する事が難しいので、高度なテクニックを必要とします。 歯が生え変わる時期に近いので、永久歯の成長の具合にもよりますが、抜歯になるかも知れませんね。 その場合、しばらく、歯がない状態となり、歯並びへの影響も考えた治療も必要となり、一度、小児歯科専門医に診断を仰がれたらいいと思います。 小児歯科の目的は、子供の歯を治すと同時に、いかに大人の歯がうまくいい状態で、生えてくるようにしてあげるか、ということが、大きな目的だと考えます。

次の

歯茎(鼻の下の所)の腫れが治らない

前歯 歯茎 腫れ

はじめは前歯の上の奥のほう(歯茎?)に何か違和感というか異物感を感じていたんです。 これは自分が歯周病だなどと認めたくないアラホ男が無駄なあがきの末に「歯周内科」治療を受けた体験談です。 治療前の前歯の歯茎が腫れている時の写真(歯医者でもらってきたもの)や、その時の状態など載せておきますので、「もしかして歯周病かも?」と不安になっている方の参考になればと思います。 これはホントに歯周病!? 突然の前歯歯茎の腫れにビックリしていつも行く歯医者さんへ行ってみたものの、その腫れが歯の病気なのかそうじゃないのか、いまいちビミョーな返事だったんですよね。 さらに自分で見て思ったのが 「歯の裏側のほうは腫れてない(っぽい)し、歯が原因じゃないんじゃないか」 ということでした。 そこで私がとった行動は…… 耳鼻科へ行ってみた! いあ、、、いま考えれば 「絶対ちがうやろ!」と思えるんですけどねw 痛かったりテンパッてたりすると人間というのはアフォな判断を下すものです(笑) いちおう診てくれたんですけど、案の定、 「歯医者さんで診てもらってくださいね〜」でした。 さいごに 現在(この記事の執筆時)、歯周内科治療もあと数回というところ。 飲み薬と一通りの歯石取りでもう歯周病菌もほとんどいなくなりました。 前歯の歯茎が腫れ上がる• 歯医者さんで腫れたまま歯石取りをされる 泣• 歯周病は「歯周内科」で治すものだと知る (普通の歯科医では治療できない)• はじめの検査もその後の歯石取りもとても痛い 泣 という流れで今に至ります。 これからは歯磨き絶対にサボらないとかたく心に誓いましたw さいごのさいごに 最後の最後にちょっとだけ注意点ですが、 歯周内科治療は保険が効きませんのでご注意ください。 料金は税込みで51,840円でした。 この値段で歯周病がきちんと治るところまで診てもらえるので追加料金の心配がないのは安心です。 (薬用リンス等は有料) それにしても突然の出費で保険も効かないということでちょっと焦りましたけど、自費治療はクレジットカード払いができますし、分割もOKということでした。 と、それはいいんですけど、歯周病で診てもらってるうちに他の虫歯も多数発見され、しばらく通うことになりそうです(泣) 軽い虫歯をほっといた(放置していた)ことも歯周病になってしまった原因なんでしょうね〜。

次の