世の中 に た えて 桜の な かり せ ば 春の 心 は のどけから まし。 世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし/在原業平/古今集解説

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし/在原業平/古今集解説

世の中 に た えて 桜の な かり せ ば 春の 心 は のどけから まし

在原業平(ありわらのなりひら)の歌ですね。 (しかし実際は、なまじ美しい桜の花があるせいで、いつ散ってしまうだろう、どうか散らないでほしい、とハラハラして過ごすことになるのだが…。 ) もちろん、本気で「桜なんか無かったらいいのに」と思っているわけではありません。 「美しい桜の花よ、どうか散らずに、このままずっと咲いていておくれ」という、はかない花の命を惜しむ思いを、裏返しの形で表現した歌です。 この歌は、「伊勢物語」の第八十二段にも出てきます。 (古今和歌集と伊勢物語とどちらが先かは、はっきりしません。 ) 「伊勢物語」では、まず主人公(在原業平がモデル)が上記の歌を詠みます。 それを受けて別の人(誰なのか不明)が、次の歌を詠みます。 そもそも、この辛い世の中に、永遠に変わらないものなど何があるでしょうか(何もありません)。 こちらは「花の命は短いからこそ値打ちがあるのだよ」という、ツッコミの歌です。 現代人の感覚には、こちらのほうがフィットするかもしれません。 しかし少し理屈っぽいような気もします。 在原業平の歌のほうが、気持ちを強く訴えかけてくるようです。 たぶん在原業平も、そんなことは分かっているのです。 でも彼は、こういう風に(理知的というよりは直情的に)表現してしまう人なのだと思います。 「古今和歌集」の編者の一人、紀貫之(きのつらゆき)が、序文(仮名序)の中で歌人たちを論評しているのですが、在原業平については、こう評しています。 <在原業平は、その心余りて、言葉足らず。 > 在原業平は、その歌に込めようとする心情が有り余っていて、表現する言葉がついていかない、うまく言えていない感がある、というのです。 でもそこが在原業平の個性なのかもしれません。 この世に桜様と申さられますものがなくなられましたら春の心と申さられますものはあられませんで落ち着かられましてのんびりさられましてとかなどはあらられませんでそれどころかそれに輪を掛けらられまして寂しくてむなしいだろうか。 所謂そのような事の時代の事を詠まらられましたのかなと・・・。 所謂最後の「 のどけからまし」の意味は「だろうな」ではあらられますと思いますけれどもこの歌を詠まらられました方様への疑問と申しますか質問と申しますかそのようなものがあらられますようにも思いました.

次の

「行ってきました」

世の中 に た えて 桜の な かり せ ば 春の 心 は のどけから まし

どうしてそんな名前をつけられたのか調べてみたら、日本原産のこの竹は、容姿端麗で美しく、まるで在原業平のようだということで命名されたそうです。 名付け親は日本の植物学の父とも呼ばれる 牧野冨太郎博士(1862-1957)でした。 容姿端麗なのかどうか、私には評価できませんが、細身でまっすぐに伸びた竹です。 それにしても、おしゃれな名前を付けたものです。 業平の歌は植物学者の心をも動かしたかと、いささか感動しました。 ーーーーー 【 世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし】(古今集春歌上、53) (よのなかにたえてさくらのなかりせばはるのこころはのどけからまし) 意訳: この世の中にまったく桜の花というものがなかったならば、春を迎える気持ちは、さぞかしのどかなものであったろうに…。 (桜が咲くおかげで、こんなにもワクワクそわそわした気持ちになるのだ) 「 世の中に」 と、静かに始まり、「 絶えて 桜の なかりせ ば」 で、a音の連続する急なリズム。 一呼吸入れて 「 春の心は」 とゆるやかに続く緩急の使い分け。 そして、なんといっても結句です。 意味はおぼろげにわかるけど、「 のどけからまし」 って、いったいどこの方言? と思うくらいに強烈な印象です。 参考書の解説文を一部引用してみます。 『 のどけからまし…「~せば・・・まし」の形は、現在の事実に反する仮想とその結果を表わす。 この歌の場合をくわしくいうと、「現在実際には桜というものはあるのだが、カリニ桜トイウモノガ全然ナイトシタラ、春ノ心ハノドカデアロウニ、実際には桜があるのでのどかでない」ということを表わしている…』(「要説 万葉・古今・新古今」より) なるほど、そういうことですか。 でもこれでは何か物足りませんねぇ。 歌の調べ、作品からほとばしる情熱を見逃しているんですよねぇ。 当ブログのカテゴリは勝手に鑑賞です。 文法的な詳細は省略します。 ともかく、「のどけからまし」という優雅な言い回しがニッポン語にあったのだ! と驚きつつ、その表現力に感嘆させられます。 心に残るいい歌です。 【591】.

次の

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからましなかりせばの「...

世の中 に た えて 桜の な かり せ ば 春の 心 は のどけから まし

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし なかりせばの「せ」について サ変の「す」の未然形 回想の「き」の未然形 どちらだと思いますか 補足このQAを見た方に事情を説明します 今知恵袋の「文学・古典」カテゴリはとても残念な状態です 「一日中知恵袋の前に座っている自称国語教師」と「ネカマおじさん」が日本の古典関係の質問を牛耳っています 彼らは「自称東大卒の外科医」の信者です 自称東大卒の回答は本やサイトの無断引用が多いし 書いている内容の論理関係が目茶目茶です しかし難解な単語を散りばめるので未成年者や精神年齢が未成年者のような人たちは簡単に信用してしまっています 牛耳っている二人は自分たちが回答した質問に他人が回答すると 「やれストーカーだ」「やれ同一人物だ」と騒ぎ立てます 「自称東大卒の外科医」の他の信者も乱入してきてその回答者を誹謗する回答を書きます このような状態ですので嫌気がさしてカテゴリを去った優秀な回答者も多数います 彼らが回答した質問に誰も回答しないので事情を知らない新人が回答すると 「ストーカーしてきた」「あいつと同一人物だ」と騒ぎ立てます 被害妄想も良いところです 少なくとも日本文学の古典にかんして良い回答を得たければ 優秀な回答者にリクエストするか 他のQAサイトを利用すべきです 自作自演警報発令中。 で?もう「理由」は問わないわけね。 そうね、自分で説明できるくらいならとっくにしてるもんね。 これくらいのこと、自分で理屈に合うように考えろや・・・ 人に聞かなきゃわからんようなことなんか? だいいち、これ、「日本語」というより「古典文学」の質問よねえ? なんで古典カテで訊かんの? 訊けばいいじゃん、snowbirdさんとか、bugleさんとか、foooolさんとか、 文法に詳しいカテマスの方々が親切に答えて下さるよ? 「こいつこんなことも知らなかったんだな」って思いながらだけどね? 俺のこの回答になんとか反論したくて、必死で「サ変」って言ってくれる人を探してんのか・・・ 「サ変」説に説得力のある「理由」を「説明してくれる人」をなあ・・・ お前ね、もうね、何がしたいわけ? 「ありなり」説にせよ、もうなんだったか忘れたけど、 お前が今まで俺に反論してきて俺が論破したらそれ以上ひとっことも言い返せなくなってそのまま逃げた数々の全てのデタラメなあ、 あれはさあ、間違いでもなんでも、自前で持ってたデタラメなんだろ? 「私はこう信じていたのに、フールが違うこと言ってるううううう。 フールが間違ってるうううううう。 「べし」は終助詞なのにいいいい><」 ってなあ。 バカゆえに思い込んでて、間違いを主張してしまったんなら、 失敗は失敗でいいのよ、間違いを認めさえすりゃな? バカはどうしようもねえもんな? 俺に論破されてぐうの音も出ないってことは、 まあ、お前なりに「間違いを認め」たんだと思っておいてやるよ、 素直になれなくて、「間違ってたゴメン」って言えないだけだよな、 中学生にはよくあるよ、それくらいは許してやるよ、大人だからよ。 でもなあ、これはもう違うだろ。 反論のための反論を無理やりでっち上げようとしてるよなあ。 もとより持ってた反論を、無知ゆえに主張してしまうのとは、 もう根本的に違うよなあ? お前、そこまでして、いったい何がしたいんよ??? これでな、もしな、仮にだよ、 「せ」はサ変だって言ってくれる人が奇跡的にいて、 その人が、俺の目から鱗の落ちるようなものすげえ説得力のある説明をしてくれたとしようよな、 そんで、俺が「へえええええ、「せ」はサ変だったんだなあああああ」って感動的に認めたとして、 で、それの何が、お前が俺より優れているとか、お前が俺に勝ったとかってことになるわけ? 俺を言い負かしたのは「その人」でしょ? お前じゃないでしょ? お前の能力の限界は、「せ」が過去の助動詞かサ変かの区別も「つかない」、 そこでしょ? その事実は変えられないでしょ? 「論理学」の時もそうだったよなあ。 お前は結局自分で「簡単な論理の問題です」って触れ込みで出題した自分の問題を、自分で解けず、人様に解いてもらって、 俺が正しいと言った、いわば俺の弁護人代理人のリチアノさんと、 お前が正しいと言った、お前の弁護人代理人のなんて言ったかもう俺はIDも覚えてない人とを、 代わりに闘わせて、弁護士に勝たせて、それを自分の手柄でもあるかのようにすり替えて、 「やめるやめる」と大騒ぎしていたのに、サイトに居座ったんだったよなあ? で、あの一件で、お前が示したお前の能力の限界は、 「簡単な論理学の問題」なのかどうかも見分けがつかない、 自分で「簡単」と言ってのけた問題の説明すら自力ではできない、 さらに、結局、お前の問題文自体の表現では、 俺の解答で「間違いではない」という結論の出る、 不適切な問題文しか提示できなかった、 つまり、お前が論理に弱いという事実を露呈した、そこなわけでしょ? その事実は変えられなかったでしょ? お前が他人を誹謗中傷したり、 間違いやデタラメを述べて恥をかいたりした回答や質問を、 端からID非表示にしてお前のプロフページからだけ見えないようにしても、 もう遅いのよ。 既に俺たちだけじゃない、当初の事情なんて何も知らない一般ユーザ、一般閲覧者の人たちまで、 お前のことを「(頭が)おかしい」と思い始めてるじゃない。 みんな見てるのよ、もうとっくに。 「バカ」はね、悪いことじゃないの。 仕方がないから。 お前だって好き好んでバカなわけじゃないよな? 低時給のバイトでくたくたになった心身に鞭打って「一生懸命学んだ」んだもんな? それでもバカなんだから、それはもうどうしようもないじゃない、 そのことは誰も責めてないよ、かわいそうにと思ってるだけよ。 でもね、「卑怯」は「仕方がな」くないでしょ? 能力の問題じゃないもの。 自分の努力で、本日ただいま、卑怯でなくなることはできるでしょ? 心がけ次第でしょ? それをあえて改めないから、みんなに軽蔑されてるんでしょ? もうわかろうよ。

次の