塚田 一郎 失言。 政治家の「あきれた失言」が生まれる根本背景

政治家の失言、なぜ相次ぐ? 防ぐには?(1/2ページ)

塚田 一郎 失言

Contents• 塚田一郎国交副大臣はなぜ忖度発言をした? 山口、福岡両県を結ぶ 下関北九州道路の調査を国が直轄することになった経緯について「 安倍首相や麻生副総理が言えないから、私が忖度(そんたく)した」と発言し、野党だけでなく与党内からも進退を追求する声が出ていました。 2日に文書で事実と異なる発言だったとして撤回、謝罪したのですが、野党が「利益誘導だ」と批判していました。 「安倍首相や麻生副総理が言えないから」と、塚田一郎国交副大臣は、自分が発言する事の影響力を考えていなかったのでしょうか? もう少し頭を使っていただきたいものだと思いましたが、言った事は取り消せない。 野党は辞任しろ!辞任しろ!と大騒ぎです。 「言った言葉は取り消せない」筆者自身も子供の頃からよく言われていたのですが、発言には気を付けないといけませんよね。 【忖度発言 塚田氏が辞意】 塚田一郎国土交通副大臣は5日、道路整備を巡り「安倍首相や麻生副総理が言えないので、私が忖度した」と発言した責任を取り、辞任する意向を固めた。 政府関係者が明らかにした。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 塚田一郎国交副大臣の忖度発言テレビの声 玉川徹氏 テレビ朝日の朝の報道番組で、こう発言しています。 「辞めると終わっちゃうんですよね。 なんだかわからないまま、なんだったんだっていう」と指摘し、「野党が辞めろ辞めろばっかりいうのってどうかと思うんですよ。 ちゃんと明らかにするっていう方が大事だと思うんですよね。 」と話していました。 小倉智昭キャスター 道路の建設について「何で本当に必要だから作るんだって言えないんですかね。 自分の手柄にしたかったんでしょうね」と塚田氏を断じていたと話しています。 とも思います。 今さらですけどね。 塚田一郎国交副大臣の忖度発言新潟県議選挙への影響は? これは大いにあるでしょうね。 県内全域で自民候補と議席を争う野党勢力にとって、失言は浮動票を取り込むチャンスでもあるからです! 下越地方 新潟市周辺 の現職は「有権者から許してはいけない。 という声がたくさん届いている」とし、「このような政治の体質はなんとしても変えないといけない」とボルテージを上げていました。 中越地方 長岡市周辺 の新人は街頭に立ち「県議会も自民が多数派。 しっかりチェックする議員が必要だ」と支持を呼び掛けていました。 一方、自民候補の多くは失言の影響を否定しています というかせざるを得ないのでしょうが 「国政と県政は別の話だ」や「影響は感じていない」と言い切っているとか。 「本当かよ?」と筆者は思ったのですが、みなさんはどう思われましたか? 与党に何か問題があれば、野党は批判し辞めろと言う。 そんなことの繰り返しで、皆さんは本当に国民の事を考えていると思えますか? 様々な問題で、同じようなことを繰り返している議員さんたちですが、時にはそのヤジで遊んでいるようにしか思えないとまで考えてしまう事もあります。 間違いなく、今回の新潟県議選への影響は大きいと思いますが、それが国民、県民の意見であることには間違いないので、結果をしっかりと受け止めてほしいですね。

次の

進次郎氏「私は忖度しない」塚田氏失言一変へ荒療治

塚田 一郎 失言

来歴 [ ] (現:)出身。 その後に渡りでを修了する。 にさくら銀行を退職し、のに転じた。 の死去に伴うのに公認で立候補したが、野党系のに約20万票の大差で敗れた。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補したが、(無所属)、(自民党)に次ぐ得票数3位で再び落選した。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補し、現職のの得票を上回りトップ当選(入れ替わりに、かつて補選で塚田を破った黒岩宇洋が落選)したが 、選挙後に塚田の選対幹部だった木村一男や運動員が逮捕され、木村はのを受けた。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補し、再選。 同年、に就任。 、に就任。 、で・(、関係、、、、・、、、関係施策の総括 )・に任命された。 4月5日、構想に関する失言の引責により、国土交通副大臣を含むすべての副大臣職を辞任した()。 17日、自民党新潟県連会長を辞任した。 これら騒動の後に実施された同年7月21日のにおいて、無所属の野党統一候補のに敗れ落選した。 応援演説に来たは「新潟は厳しかったです。 5パーセントぐらい相手候補に差をつけられて、ずっとお詫びムードでも謝っていた。 私が応援演説来た時に私は忖度しないと言ったんです。 候補者が言えないことを言おうと思って。 」 と述べている。 政策・主張 [ ] インバウンド [ ] 国交副大臣の就任会見で、の政府目標を達成するためには、空港機能の強化が重要であることを強調し、首都圏の空港のみではなく、地方への誘客や国内航空ネットワークの充実のため地方空港の機能強化も力を入れていくと述べた。 また観光分野は地方創生の柱であることも強調した。 インバウンドに関連し、都市政策では「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりを強める認識を示した。 国土交通委員会で、環境と観光について問われた際に、認定エコツアーガイドの同行の義務付け等により、希少野生動植物等に対して過剰利用による人為的影響が及ぼされない仕組みを構築していると述べ、自然保護・保全と両立する持続的な観光振興を図るためには、エコツーリズムの推進が必要との認識を示した。 農業 [ ] 農業生産者の所得向上に関して、を中国に輸出している現状に触れ、日本の農業のあり方について「量よりもやはり付加価値の高い農業を海外に向けて輸出」していくことが、1つの方向性ではないかと指摘し、「安心で安全な日本の農作物」ということが、最大のブランドであるとの考えを示した。 農商工連携について、「中国で日本のお米が五倍の値段で売れています、コシヒカリが、六倍ですか、それぐらいのすごい高い値段で売れている。 しかし、実際はその生産者に全部そういったメリットが来ているわけじゃないんですね。 そういうことをやはり今回こうした仕組みも含めてこれから本当に普及していっていただくということは、日本の産業全般に大きなやっぱり活力となるというふうに思います。 」と仕組みの構築と普及の必要性に言及した。 憲法・政治制度 [ ]• のに賛成。 については、これを改正して自衛権を明記し、「国防軍」として規定すべきとしている。 なお、2007年の時点では「国防軍」ではなく「自衛軍」としての規定を主張していた。 憲法改正手続を定めるについては、これを改正して、憲法改正の発議要件をそれぞれの過半数の賛成に緩和し、今後さらに憲法を改正しやすくすべきとしている。 首相が任意の時期にを解散できる今の制度について、「今のままでよい」としている。 女系天皇を認めることに反対 として、の男性が皇族に復帰できるようにすべきという考えに「どちらかと言えば賛成 」。 の導入に反対。 参議院に対する衆議院の優越を強めることにも、どちらかと言えば反対。 は「認めるべきではない」としている。 どちらかと言えば、外国人労働力の受け入れを進めるべきとしている。 外交・安全保障 [ ]• 日本の防衛力について、2007年から2019年まで一貫して「もっと強化すべき 」と主張している。 は「限定的に認められるべき 」として、その行使に「どちらかと言えば賛成 (2007年)」または「賛成 (2013年)」としている。 について、2007年の時点では「将来にわたって検討すべきではない 」としていたが、2013年の時点では「今後の国際情勢によっては検討すべき 」とし、2019年の時点では再び「将来にわたって検討すべきではない 」としている。 日本の他国に対する先制攻撃については、2013年の時点では「どちらかと言えば賛成 」としていたものの、2019年の時点では「どちらとも言えない 」とした。 への基地移転について、後もなお「埋め立て工事をこのまま進めるべき 」とし、移設に「賛成 」とする。 体制は「どちらかと言えばさらに強化すべき (2007年)」、「さらに強化すべき (2019年)」としている。 に対して、「どちらかと言えば対話より圧力を優先すべき (2007年)」、「対話よりも圧力を優先すべき (2013年)」としていた。 2019年の時点では、読売新聞のアンケートでは「やや圧力を重視する 」としつつ、朝日新聞のアンケートでは「どちらとも言えない 」としている。 歴史認識 [ ]• へのやその他のの参拝は「問題ない」とし 、「安倍首相は靖国神社の参拝の態度をはっきりすべき 」、「安倍首相は靖国神社を参拝すべき 」、「首相には靖国神社に参拝してほしい」としている。 また、自身もに現職の副大臣として参拝を行った。 の見直しに反対。 の見直しに賛成。 税制 [ ]• 消費税率の引き上げについて、2007年の時点では「中立」としていた。 また「2015年10月に10%に引き上げるべき」という考えにも「どちらかと言えば賛成」としていた。 制度の導入に賛成。 経済 [ ]• 日本の TPP への参加問題について、当初はの一員として参加に反対していた が、2013年の時点ではTPPへの参加に「賛成 」または「どちらかと言えば賛成 」とした。 首相の経済政策()は「賃金や雇用が増えることに結びつく」「成果を上げている」として評価する。 エネルギー政策 [ ]• は日本に「必要」としており、原発の運転再開に「どちらかと言えば賛成」とする。 日本から海外に原発を輸出することにも賛成。 2013年の時点では「2030年代以降も原発を電力源のひとつとして保つべき 」としていたものの、2019年の時点では、原発を電力源の一つとして保つことについて「どちらとも言えない」とした。 社会 [ ]• 制度に賛成。 治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは、「どちらかと言えば賛成 」「どちらかと言えば当然 」とする。 選択的については「どちらとも言えない」とする。 についても「どちらとも言えない」とする。 人物 [ ]• の1学年下に、による拉致被害者のがいた。 そのため、政界入り前からの新潟での活動にボランティアで参加、政界入りしてからは自民党拉致問題対策本部の事務局長を務める等、拉致問題の解決に向けた取り組みに加わっている。 、秋季例大祭開催中のを参拝した。 なお、同日はに所属する議員70人が集団で参拝したが、塚田はこの集団参拝には加わらず、単独で訪れた。 問題発言 [ ] 2019年夜、福岡県で行われた集会で、「」構想で本年度から事業化に向け国による直轄調査へ移行する決定をしたことについて、「総理(、)とか副総理(、)が言えないので、私が した」と発言した。 翌2日に発言を撤回したが、現職の副大臣が利益誘導を認めるような発言は大きな批判を浴びた。 さらに同月3日ので「大勢の人が集まる会の席で、私自身がわれを忘れて誤った発言をした」と釈明し「説明責任を果たすことで職責を全うしていきたい」と辞任は否定した。 野党側は塚田の罷免を要求。 安倍晋三首相は衆議院で「発言は問題だと考えている。 副大臣としての公正性が疑われてはならないのは当然だ。 本人が重大に受けとめ、撤回し、謝罪した」と罷免を否定した。 は塚田に対して厳重注意したことを明らかにしている。 しかし発言を巡って、野党側の辞任要求や与党側からも塚田に対する批判が相次いだこともあり、同月4日、「発言の責任を取り、職を辞したい」として、国土交通大臣に辞表を提出し、この日の持ち回り閣議で認められた。 後任は参議院議員が充てられた。 なお、執行の選挙では、麻生副総理をはじめとする自民党執行部が強く推薦した候補が、現職の候補に大差で敗れる結果となり、の一人である塚田副大臣の「忖度」発言が多分に影響したとの見方もある。 議員時代に所属していた団体・議員連盟 [ ]• 支援団体 [ ]• (組織推薦候補者)• 県農政刷新連盟(組織推薦候補者)• 県農政刷新同志会(組織推薦候補者) 他多数 脚注 [ ]• 2004年7月9日. 2018年10月20日閲覧。 自由民主党新潟支部【公式】. 2007年9月10日. 2017年9月10日閲覧。 建設資料館• 2018年10月4日. 2018年10月7日閲覧。 - 時事通信 2019年4月5日• - 共同通信 2019年4月17日• 新潟日報. 2019年7月2日. 2019年7月24日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 住宅産業新聞 2018年10月31日. 2019年6月14日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2019年. 2019年7月8日閲覧。 2013年. 2019年7月8日閲覧。 2013年. 2018年10月20日閲覧。 「[参院選・争点を問う](2)憲法 盛り上がり欠く論戦(連載)=新潟」『』、2007年7月8日。 2019年7月18日閲覧。 2019年. 2019年7月8日閲覧。 「07参院選:主要5候補アンケート/上 /新潟」『』、2007年7月18日。 2019年7月18日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2018年10月20日閲覧。 森島賢 2013年2月19日. 農業協同組合新聞. 2019年7月19日閲覧。 2014年8月25日. 2014年8月25日閲覧。 - 西日本新聞 2019年4月2日• - 西日本新聞 2019年4月4日• - 新潟日報モア 2019年4月5日• - 産経ニュース 2019年4月5日• - 毎日新聞 2019年4月8日• 全国たばこ新聞. 2019年5月27日. 2019年6月30日閲覧。 日本禁煙学会 2017年3月7日. 2019年6月8日閲覧。 神道政治連盟. 2019年7月7日閲覧。 2019年6月11日. 2019年7月1日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• tsukadaichiro - 公職 先代: ・・ ・・ ・・・ ・・・・ ・・と共同 2018年 - 2019年 次代: ・・ ・・ ・・ 先代: ・ と共同 2018年 - 2019年 次代: ・ 先代: ・・ ・と共同 2018年 - 2019年 次代: ・・ 議会 先代: 2016年 次代: 先代: 2013年 - 2014年 次代:.

次の

塚田副大臣が辞任 忖度発言を謝罪「行政への信頼損ねた」 “親分”麻生氏も見放す (1/2ページ)

塚田 一郎 失言

来歴 [ ] (現:)出身。 その後に渡りでを修了する。 にさくら銀行を退職し、のに転じた。 の死去に伴うのに公認で立候補したが、野党系のに約20万票の大差で敗れた。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補したが、(無所属)、(自民党)に次ぐ得票数3位で再び落選した。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補し、現職のの得票を上回りトップ当選(入れ替わりに、かつて補選で塚田を破った黒岩宇洋が落選)したが 、選挙後に塚田の選対幹部だった木村一男や運動員が逮捕され、木村はのを受けた。 、に自民党公認で新潟県選挙区から立候補し、再選。 同年、に就任。 、に就任。 、で・(、関係、、、、・、、、関係施策の総括 )・に任命された。 4月5日、構想に関する失言の引責により、国土交通副大臣を含むすべての副大臣職を辞任した()。 17日、自民党新潟県連会長を辞任した。 これら騒動の後に実施された同年7月21日のにおいて、無所属の野党統一候補のに敗れ落選した。 応援演説に来たは「新潟は厳しかったです。 5パーセントぐらい相手候補に差をつけられて、ずっとお詫びムードでも謝っていた。 私が応援演説来た時に私は忖度しないと言ったんです。 候補者が言えないことを言おうと思って。 」 と述べている。 政策・主張 [ ] インバウンド [ ] 国交副大臣の就任会見で、の政府目標を達成するためには、空港機能の強化が重要であることを強調し、首都圏の空港のみではなく、地方への誘客や国内航空ネットワークの充実のため地方空港の機能強化も力を入れていくと述べた。 また観光分野は地方創生の柱であることも強調した。 インバウンドに関連し、都市政策では「コンパクト・プラス・ネットワーク」のまちづくりを強める認識を示した。 国土交通委員会で、環境と観光について問われた際に、認定エコツアーガイドの同行の義務付け等により、希少野生動植物等に対して過剰利用による人為的影響が及ぼされない仕組みを構築していると述べ、自然保護・保全と両立する持続的な観光振興を図るためには、エコツーリズムの推進が必要との認識を示した。 農業 [ ] 農業生産者の所得向上に関して、を中国に輸出している現状に触れ、日本の農業のあり方について「量よりもやはり付加価値の高い農業を海外に向けて輸出」していくことが、1つの方向性ではないかと指摘し、「安心で安全な日本の農作物」ということが、最大のブランドであるとの考えを示した。 農商工連携について、「中国で日本のお米が五倍の値段で売れています、コシヒカリが、六倍ですか、それぐらいのすごい高い値段で売れている。 しかし、実際はその生産者に全部そういったメリットが来ているわけじゃないんですね。 そういうことをやはり今回こうした仕組みも含めてこれから本当に普及していっていただくということは、日本の産業全般に大きなやっぱり活力となるというふうに思います。 」と仕組みの構築と普及の必要性に言及した。 憲法・政治制度 [ ]• のに賛成。 については、これを改正して自衛権を明記し、「国防軍」として規定すべきとしている。 なお、2007年の時点では「国防軍」ではなく「自衛軍」としての規定を主張していた。 憲法改正手続を定めるについては、これを改正して、憲法改正の発議要件をそれぞれの過半数の賛成に緩和し、今後さらに憲法を改正しやすくすべきとしている。 首相が任意の時期にを解散できる今の制度について、「今のままでよい」としている。 女系天皇を認めることに反対 として、の男性が皇族に復帰できるようにすべきという考えに「どちらかと言えば賛成 」。 の導入に反対。 参議院に対する衆議院の優越を強めることにも、どちらかと言えば反対。 は「認めるべきではない」としている。 どちらかと言えば、外国人労働力の受け入れを進めるべきとしている。 外交・安全保障 [ ]• 日本の防衛力について、2007年から2019年まで一貫して「もっと強化すべき 」と主張している。 は「限定的に認められるべき 」として、その行使に「どちらかと言えば賛成 (2007年)」または「賛成 (2013年)」としている。 について、2007年の時点では「将来にわたって検討すべきではない 」としていたが、2013年の時点では「今後の国際情勢によっては検討すべき 」とし、2019年の時点では再び「将来にわたって検討すべきではない 」としている。 日本の他国に対する先制攻撃については、2013年の時点では「どちらかと言えば賛成 」としていたものの、2019年の時点では「どちらとも言えない 」とした。 への基地移転について、後もなお「埋め立て工事をこのまま進めるべき 」とし、移設に「賛成 」とする。 体制は「どちらかと言えばさらに強化すべき (2007年)」、「さらに強化すべき (2019年)」としている。 に対して、「どちらかと言えば対話より圧力を優先すべき (2007年)」、「対話よりも圧力を優先すべき (2013年)」としていた。 2019年の時点では、読売新聞のアンケートでは「やや圧力を重視する 」としつつ、朝日新聞のアンケートでは「どちらとも言えない 」としている。 歴史認識 [ ]• へのやその他のの参拝は「問題ない」とし 、「安倍首相は靖国神社の参拝の態度をはっきりすべき 」、「安倍首相は靖国神社を参拝すべき 」、「首相には靖国神社に参拝してほしい」としている。 また、自身もに現職の副大臣として参拝を行った。 の見直しに反対。 の見直しに賛成。 税制 [ ]• 消費税率の引き上げについて、2007年の時点では「中立」としていた。 また「2015年10月に10%に引き上げるべき」という考えにも「どちらかと言えば賛成」としていた。 制度の導入に賛成。 経済 [ ]• 日本の TPP への参加問題について、当初はの一員として参加に反対していた が、2013年の時点ではTPPへの参加に「賛成 」または「どちらかと言えば賛成 」とした。 首相の経済政策()は「賃金や雇用が増えることに結びつく」「成果を上げている」として評価する。 エネルギー政策 [ ]• は日本に「必要」としており、原発の運転再開に「どちらかと言えば賛成」とする。 日本から海外に原発を輸出することにも賛成。 2013年の時点では「2030年代以降も原発を電力源のひとつとして保つべき 」としていたものの、2019年の時点では、原発を電力源の一つとして保つことについて「どちらとも言えない」とした。 社会 [ ]• 制度に賛成。 治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは、「どちらかと言えば賛成 」「どちらかと言えば当然 」とする。 選択的については「どちらとも言えない」とする。 についても「どちらとも言えない」とする。 人物 [ ]• の1学年下に、による拉致被害者のがいた。 そのため、政界入り前からの新潟での活動にボランティアで参加、政界入りしてからは自民党拉致問題対策本部の事務局長を務める等、拉致問題の解決に向けた取り組みに加わっている。 、秋季例大祭開催中のを参拝した。 なお、同日はに所属する議員70人が集団で参拝したが、塚田はこの集団参拝には加わらず、単独で訪れた。 問題発言 [ ] 2019年夜、福岡県で行われた集会で、「」構想で本年度から事業化に向け国による直轄調査へ移行する決定をしたことについて、「総理(、)とか副総理(、)が言えないので、私が した」と発言した。 翌2日に発言を撤回したが、現職の副大臣が利益誘導を認めるような発言は大きな批判を浴びた。 さらに同月3日ので「大勢の人が集まる会の席で、私自身がわれを忘れて誤った発言をした」と釈明し「説明責任を果たすことで職責を全うしていきたい」と辞任は否定した。 野党側は塚田の罷免を要求。 安倍晋三首相は衆議院で「発言は問題だと考えている。 副大臣としての公正性が疑われてはならないのは当然だ。 本人が重大に受けとめ、撤回し、謝罪した」と罷免を否定した。 は塚田に対して厳重注意したことを明らかにしている。 しかし発言を巡って、野党側の辞任要求や与党側からも塚田に対する批判が相次いだこともあり、同月4日、「発言の責任を取り、職を辞したい」として、国土交通大臣に辞表を提出し、この日の持ち回り閣議で認められた。 後任は参議院議員が充てられた。 なお、執行の選挙では、麻生副総理をはじめとする自民党執行部が強く推薦した候補が、現職の候補に大差で敗れる結果となり、の一人である塚田副大臣の「忖度」発言が多分に影響したとの見方もある。 議員時代に所属していた団体・議員連盟 [ ]• 支援団体 [ ]• (組織推薦候補者)• 県農政刷新連盟(組織推薦候補者)• 県農政刷新同志会(組織推薦候補者) 他多数 脚注 [ ]• 2004年7月9日. 2018年10月20日閲覧。 自由民主党新潟支部【公式】. 2007年9月10日. 2017年9月10日閲覧。 建設資料館• 2018年10月4日. 2018年10月7日閲覧。 - 時事通信 2019年4月5日• - 共同通信 2019年4月17日• 新潟日報. 2019年7月2日. 2019年7月24日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 住宅産業新聞 2018年10月31日. 2019年6月14日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2019年. 2019年7月8日閲覧。 2013年. 2019年7月8日閲覧。 2013年. 2018年10月20日閲覧。 「[参院選・争点を問う](2)憲法 盛り上がり欠く論戦(連載)=新潟」『』、2007年7月8日。 2019年7月18日閲覧。 2019年. 2019年7月8日閲覧。 「07参院選:主要5候補アンケート/上 /新潟」『』、2007年7月18日。 2019年7月18日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2019年7月18日閲覧。 2018年10月20日閲覧。 森島賢 2013年2月19日. 農業協同組合新聞. 2019年7月19日閲覧。 2014年8月25日. 2014年8月25日閲覧。 - 西日本新聞 2019年4月2日• - 西日本新聞 2019年4月4日• - 新潟日報モア 2019年4月5日• - 産経ニュース 2019年4月5日• - 毎日新聞 2019年4月8日• 全国たばこ新聞. 2019年5月27日. 2019年6月30日閲覧。 日本禁煙学会 2017年3月7日. 2019年6月8日閲覧。 神道政治連盟. 2019年7月7日閲覧。 2019年6月11日. 2019年7月1日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• tsukadaichiro - 公職 先代: ・・ ・・ ・・・ ・・・・ ・・と共同 2018年 - 2019年 次代: ・・ ・・ ・・ 先代: ・ と共同 2018年 - 2019年 次代: ・ 先代: ・・ ・と共同 2018年 - 2019年 次代: ・・ 議会 先代: 2016年 次代: 先代: 2013年 - 2014年 次代:.

次の