さつまいも サラダ。 さつまいもサラダの作り方。皮付きの洗い方や、あく抜きはどうする?life info

サツマイモのサラダレシピ クックパッドで人気1位はつくれぽ3000人以上

さつまいも サラダ

SPONSORED LINK 5分でできるサツマイモのサラダ まずは「5分でできるサツマイモのサラダ」を紹介します。 5分でできるサツマイモのサラダ 材料 サツマイモ・・・・1本200gくらい マヨネーズ・・・・大さじ2. 5 わさびチューブで・1~2cm お醤油・・・・・・大さじ1 レモン汁・・・・・小さじ1 ごま・・・・・・・適量 こちらが大人気のレシピ クックパッドのつくれぽは 3000人以上 わさびを使った大人の味付けかと思うけれど つくれぽには、小さいお子様でも食べれたと コメントがあります。 サツマイモが甘いから わさびがあっても食べれるのかも知れませんね。 千切りにすることで レンジでチンするのも 時間の短縮になり5分で出来るレシピなので 簡単で人気が出た秘訣だと思います。 さつまいもサラダ 次はさつまいもサラダ」を紹介します。 サラダと言うより おかずになるレシピみたいなので 食べ応えがあるのかもしれません。 さつまいものマスタードサラダ 次は「さつまいものマスタードサラダ」を紹介します。 早く火を通そうとすると 小さいコロコロとした こういう切り方が 1番早そうですね。 SPONSORED LINK さつまいもとりんごのサラダ 次は「さつまいもとりんごのサラダ」を紹介します。 薩摩芋と茹で卵のほっこりサラダ 次は「薩摩芋と茹で卵のほっこりサラダ」を紹介します。 子供が好きそうな レシピですね!。 お勧めのレシピ かぼちゃとサツマイモのサラダ 次は「かぼちゃとサツマイモのサラダ」を紹介します。 いかがでしたか? サツマイモ=サラダの イメージが少なかった人! ぜひ、覚えて作ってみてくださいね。 SPONSORED LINK•

次の

おかずのクッキング|さつまいものサラダの作り方レシピ(大原千鶴)

さつまいも サラダ

さつまいもは生で食べられる? サラダといえば生食が多いですが、さつまいもは生食できるでしょうか? さつまいもの生食は毒ではありませんので問題ありませんが、さつまいもサラダを作る時は、茹でたり、揚げたり、電子レンジにかけたりして加熱するのがふつうです。 さつまいもにはでんぷんが多く含まれますが、生のでんぷんは消化できないので、もっちゃり感がしてあまり美味しく感じられませんし、人によっては生食でお腹がゆるくなったりする場合もあります。 でも、実は、とりたてのさつまいもは生でも甘くてシャキシャキしていて美味しいもの。 穫りたてのものが手に入ったら、野菜スティック的に生で食べても良いかもしれませんね。 また、「京むらさき」という京都に伝わる紫さつまいもの品種は、生食用として売り出されています。 彩りも綺麗なので細く短冊にして、生野菜のサラダに混ぜても良いですね。 さつまいものアク抜き方法 さつまいもは、茹でたり揚げたり調理する場合、アク抜きをするのが基本です。 さつまいものあくはヤラピンというサツマイモ固有の成分で、粘り気がある白い汁です。 ヤラピンには整腸作用があります。 サツマイモが便秘に効果があるのは、食物繊維とヤラピンのおかげです。 しかし、あまり多いと、よくないし味が落ちるので、水であく抜きします。 ポイントは、切ったらすぐに水にさらすこと。 水にさらす時間は5分から10分。 水が白くにごるようであれば途中で2〜3回水を替えます。 さらす水にレモンをしぼっておくと、ビタミンCの流出を補えるのと、切り口の色が落ちるのを防げます。 揚げる場合は、あく抜き後、水を切り、キッチンペーパーなどの上でころがして水気をとりましょう。 さつまいもサラダの作り方 さて、それでは、さつまいもサラダの作り方をいくつか紹介していきましょう。 まず、サラダの方向性としては、次のようなものがあります。 マッシュ・タイプ…ポテトサラダのさつまいも版• 角切りタイプ…ちょっとカフェっぽいアレンジ• 千切りタイプ…おかずにも最適• 素揚げタイプ…ボリューミーなサラダに さつまいもサラダだけでも数多くのレシピが紹介されていますが、方向性としては、この4つに分類できます。 それぞれに作り方やコツをみていきましょう。 マッシュタイプのさつまいもサラダ 茹でてからつぶして和えるサツマイモ・サラダ。 ポテトサラダのさつまいも版ですね。 竹串がすっと通るようになるまで、20分くらいかかります。 電子レンジならラップをして600wで3〜4分ほどで火が通ります。 火を通したら、熱いうちに、好みの大きさまでマッシュします。 熱いうちにレモン汁をかけると、隠し味的に良いですね。 皮付きのままかどうか?はお好み次第。 栄養があるのは間違いなく皮付きです。 皮付きは見た目にも綺麗ですが、食感を重視したい場合は皮なしでいきましょう。 味付けはマヨネーズ系かヨーグル系です。 マヨネーズ系の場合は、マヨ+塩こしょう+マスタード+好みのハーブなどで味を整えます。 ヨーグルト系の場合は、ヨーグルとのみでも良いですが、おかず感を出すには、ヨーグルト3に対してマヨネーズ1くらいを入れると味がまとまりやすくなります。 高級感を出すには、生クリームを加えるのもありですね。 さつまいも以外に、玉ねぎ、きゅうりを加えてももちろんオッケーです。 ツナやささみを加えれば、ガッツりおかず感が増してきますね。 角切りタイプのさつまいもサラダ ポテトサラダ系のアレンジになりますが、マッシュをせずに、皮付きダイス状のさつまいもの食感を楽しむ、少し大人感があるサラダです。 リンゴ、アボガド、ズッキーニ、パプリカなどを合わせます。 ごちゃまぜにするのではなく、「さつまいも+1種類」みたいな感じがお洒落です。 スポンサーリンク コツは切る大きさを同じくらいに揃えること。 さつまいもは1. 5cmくらいの角切りにしてから、あく抜き後、水から茹でるかレンチンで加熱。 その他の素材も1. 5cmくらいに切り、加熱したさつまいもとあわせます。 味付けはヨーグルト系ソースや、オリーブオイルを少量からめてカッテージチーズを振りかけ塩こしょうで味を整えるのも美味しいです。 千切りタイプのさつまいもサラダ お芋のシャキシャキ感を楽しむおかず感がばっちりのサラダ。 繊維を残すために縦方向に短冊に切ってから、千切りにします。 手をかけたくなければ スライサーでやっても構いません。 千切りにしたものを水にさらしてあくを抜きます。 沸騰したお湯に、お好みの固さになるまで、通します。 他のレシピでは水から茹でますが、千切りの場合は沸騰したお湯から茹でます。 水気を切って、マヨネーズ系で和えます。 お酢、お醤油、ごま油が1:1:1の和風ドレッシング系で和えても美味しいですね。 一緒に、千切りにたニンジンを混ぜたり、ハムやベーコン、またはカニカマなんかを混ぜると、おかずになります。 素揚げタイプのさつまいもサラダ 皮付きのまま素揚げしたさつまいもを、レタスなどのグリーンサラダ野菜と一緒にいただくタイプ。 ふつうのグリーンサラダにトッピング的に素揚げさつまいもを加えるだけで、サラダがボリューミーになります。 素揚げする時はあく抜きは省略しちゃっても大丈夫です。 150~170度くらいの油で揚げます。 切り方が2〜3cmの厚めの乱切りなら150度くらいの低めの油で10分、3ミリくらいの薄さに輪切りをすれば、170度で3分ほどで揚がります。 好みにもよりますが、グリーンサラダとあわせる場合は、1cm幅くらいの短冊に切って揚げたものが、他の野菜とよく馴染む感じがしてちょうど良いです。 味付けは、お好みのドレッシングで。 さつまいもの洗い方 さつまいもサラダのレシピでは、どちらかという皮付きのまま使うことが多いのかなと思います。 というか、皮および皮周辺が栄養価が高いので、積極的に皮付きで使っていきましょう。 皮付きで使う場合、洗い方が気になりますよね? なので、さつまいもの洗い方についてみていきましょう。 まず基本的には、「洗ってあるさつまいもを使う」ことです。 さつまいもは泥付き・砂付きと「洗い済み」の二種類が流通しています。 洗いのものは、農家のほうで、専用の洗浄機で洗ってあるので、家庭では、さっと流水で洗うだけで大丈夫です。 農家のさつまいも洗浄機は、ちょうどガソリンスタンドの洗車機のように、回転するブラシとシャワーでぴかぴかに洗います。 ブラシはけっこう柔らかいものですので、穴のなかまで綺麗になっています。 ですから、さつまいもサラダで使う場合は、洗ってあるものを選んだほうがいいですね。 泥付き・砂付きのさつまいもを使う場合は、しばらく水に付けたあと、新品のスポンジやタワシで洗います。 根穴の部分が綺麗になりきらない場合は、じゃがいもの芽のように包丁の角でとっても良いでしょう。 ちなみに、さつまいもの芽には、じゃがいものような毒はありません。 さつまいもサラダ用のさつまいもの選び方 さつまいもはいろいろな品種がありますが、サラダに向く品種はどれでしょうか? さつまいもサラダは、しゃきしゃき感など野菜としてのさつまいもを味わう食べ方です。 あまり甘すぎても、おかずにならないので、安納芋や高系14号などの蜜いも系でない方が良いですね。 おすすめは、最もスタンダードな品種「ベニアズマ」や、料理向けの「黄金千貫」です。 (の記事も参照してください) また、さつまいもは収穫後保存することで甘くねっとりしてきます。 サラダに使う場合は、しゃきしゃき目で甘さも控えめな、収穫直後のものが良いでしょう。 サツマイモの収穫期は6月〜11月前半くらいまでです。 12月〜5月に出回るのは貯蔵ものです。 さつまいもサラダをいただくなら、夏〜秋のさつまいもの旬の時期がいちばん、というわけですね。 (の記事も参照してください) 以上、さつまいもサラダの作り方や、洗い方やあく抜きなどの下ごしらえ、サラダ用の品種の選び方についてみてみました。 ぜひ、さつまいもを毎日の食卓にとりいれてみましょう! 料理のバリエーションも増えるし、健康にも良いですよ!.

次の

さつまいもサラダの美味しい作り方6選|人気の絶品レシピや簡単レシピも

さつまいも サラダ

さつまいもサラダをより美味しくする下準備1つ目は、アク抜きをすることです。 さつまいもは、アク抜きをしなくても美味しく食べられますが、より美味しいさつまいものサラダを作るために、少し時間を使って、さつまいもはアク抜きしてから使うようにしましょう。 さつまいものアクの成分は、「ポリフェノール」です。 ポリフェノールは、抗酸化作用のある成分ですので、体のためには摂った方が良い成分ではありますが、色を変色させたり、独特のえぐみの原因にもなったりしますので、色味の見えるサラダにする場合は、アク抜きをした方がきれいに仕上げることができます。 さつまいもの適当な大きさに切り、水にさらします。 5〜15分ほど水にさらしたら、水を変えます。 2、3回繰り返し、水が濁らなくなったら、完了です。 さつまいもは、アク抜くをしておくことで、黒っぽく変色を防ぐことができますので、しっかりアク抜きしてから使うと良いでしょう。 さつまいもを柔らかくする方法は、焼く、蒸す、茹でる、電子レンジで加熱するなどの方法があります。 さつまいもサラダを作る際は、蒸す、電子レンジで加熱する方法がおすすめです。 さつまいもは、時間をかけて加熱するほど甘みが増しますので、蒸し器を使ってじっくりと加熱すると良いでしょう。 また、電子レンジで加熱する際も、濡らしたキッチペーパーで包んで、低温でじっくり加熱すると、蒸し器を使ったのと同じように蒸し上げることができます。 さつまいもをさっと柔らかくしたい場合は、さつまいも250gにつき、500wの電子レンジで6分加熱することでも、柔らかくすることができます。 のちに味付けをするさつまいものサラダを作る際は、手軽にさっと柔らかくする方法を使っても良いでしょう。 さつまいもを水でしっかりと洗い、食べやすい大きさの乱切りにします。 皮は、そのままで良いでしょう。 マッシュにしたさつまいものを使いたい場合は、先に皮をむいておくと、その後の作業がしやすくなります。 さつまいもを、濡らしたキッチンペーパーで包み、耐熱皿に乗せて、電子レンジに入れます。 500wで5〜6分加熱します。 竹串などをさしてみて、まだ固いようであれば、さらに2分加熱して、しっかりと柔らかくなるまで加熱します。 さつまいもを潰す場合は、加熱してすぐに、熱いうちに潰しましょう。 さつまいもは、野菜やフルーツ、ナッツなど、様々な食材と合わせて美味しいサラダを作ることができますので、お好みの組み合わせを探してみると良いでしょう。 ナッツやドライフルーツを使うと、デリ風サラダに仕上がります。 ベーコンをカリカリに炒め、玉ねぎのスライスは軽く炒めます。 マヨネーズにヨーグルトとレモン汁を加えてよく混ぜ、さつまいも、ベーコン、玉ねぎ、ナッツ、ドライフルーツをよく和えます。 最後にブラックペッパーをかければ、できあがりです。 さつまいもの甘みを、マスタードがピリッとしめてくれる甘すぎないサラダです。 ベーコン、ウインナー、ソーセージなどを入れると、さらに美味しくなりますし、味をアレンジすることができます。 さつまいもマスタードマヨネーズサラダは、デリサラダでもよく使われる定番のさつまいもサラダです。 さつまいもは、皮をつけたままの輪切りにしたり、皮を筋状に剥いて輪切りにすることで、模様のようにしたりと、見た目にも凝ったサラダにすると、持ち寄りパーティーなどでも喜ばれるでしょう。 さつまいものマスタードサラダ• さつまいもは食べやすい大きさに切って、アクを抜きます。 さつまいもを電子レンジで加熱して柔らかくします。 ベーコンをカリカリになるまで炒め、余分な油はキッチンペーパーで拭き取っておきます。 マヨネーズ、粒マスタード、しょうゆ、塩コショウをよく混ぜます。 さつまいもとベーコンを、マスタードマヨネーズでしっかりと和えます。 器に盛り、刻んだパセリを散らしたらできあがりです。 さつまいもに加えて、缶詰のツナとコーンを使った簡単美味しいさつまいもサラダのレシピです。 簡単にさっと作れますので、もう一品加えたいときなどにもおすすめのさつまいもサラダです。 さつまいもとコーンの甘みと、ツナの塩気がぴったりのサラダですので、調味料は少なめにしておくと、より美味しくなるでしょうお好みで、マヨネーズにレモン汁を加えておくことで、さっぱりとして、よりさつまいもとコーンの甘みが感じられる仕上がりになります。 さつまいもとツナとコーンのサラダの作り方• さつまいもは食べやすい大きさに切って、アクを抜きます。 さつまいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。 ツナとコーンは、缶詰から出し、水気を切っておきます。 ツナ、コーン、マヨネーズを混ぜ、塩コショウで味を整えます。 さつまいもを、ツナコーンマヨネーズと混ぜ合わせます。 器に盛り、刻んだパセリを散らしたらできあがりです。 さつまいもと、アーモンド、くるみ、カシューナッツを混ぜたサラダです。 ナッツは、ミックスナッツを使っても美味しく作ることができます。 柔らかく甘いさつまいもと、アーモンドやくるみ、カシューナッツなどのカリカリの食感が、非常に食欲を誘うサラダです。 ナッツ類は、なるべく塩分の入っていないものを使うと良いでしょう。 ナッツは、丸ごと使ってもいいですし、包丁などで粗く刻んでもより食べやすくなるでしょう。 さつまいもと3種のナッツのサラダ• さつまいもは食べやすい大きさに切って、アクを抜きます。 さつまいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。 さつまいもは温かいうちに皮をむき、粗く潰しておきます。 アーモンド、くるみ、カシューナッツなどのお好みのナッツを、フライパンで軽く空炒りしておきます。 玉ねぎは薄めにスライスして、水にさらしておきます。 さつまいも、ナッツは、しっかりと冷ましておきます。 マヨネーズと練乳を混ぜ、塩コショウで味を整えます。 潰したさつまいも、玉ねぎ、お好みのナッツを、マヨネーズと和えます。 お好みで粗挽き黒胡椒をかけたら、できあがりです。 甘みの強い、かぼちゃとさつまいものサラダです。 さらに、お好みのナッツやドライフルーツ、グラノーラなどを入れると、さらに美味しくなり、栄養面でも強化されますのでおすすめです。 さつまいもとかぼちゃのサラダは、かぼちゃを加えることで、甘みもさらに加わって美味しいですが、若干足が速くなりますので、なるべく早めに食べ切る方が良いでしょう。 冷蔵庫で保存して、なるべく3日以内に食べ切るようにしておきましょう。 かぼちゃとさつまいものサラダ• かぼちゃは、適当な大きさに切っておきます。 さつまいもは、適当な大きさに切り、水にさらしておきます。 かぼちゃとさつまいもを電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。 半熟のゆで卵を作っておきます。 マヨネーズ、練乳、粒マスタードを混ぜ、塩コショウで味を整えます。 かぼちゃ、さつまいも、半熟のゆで卵は、ざっくりと潰して混ぜます。 マヨネーズソースをしっかりと和えます。 パセリのみじん切りをちらしたら、できあがりです。 さつまいもにブロッコリーを加え、クリームチーズを混ぜたマヨネーズで和えた絶品のさつまいものサラダです。 ベーグルやパンに挟んでデリ風のサンドイッチにしても美味しいでしょう。 ブロッコリーとクリームチーズのさつまいもサラダは、クリームチーズをかたまりの状態で使うこともできますし、クリームチーズとさつまいもを一緒に潰して混ぜ合わせて作ることもできます。 また、マヨネーズとクリームチーズを混ぜてもちょっと違った雰囲気に仕上がりますので、アレンジしてみてください。 ブロッコリーとクリームチーズのさつまいもサラダ• ブロッコリーは、茎の部分を切り、食べやすい大きさに切ります。 ブロッコリーの茎は、薄くスライスしておきます。 さつまいもは食べやすい大きさに切って、アクを抜きます。 ブロッコリー、ブロッコリーの茎は、電子レンジで加熱します。 さつまいもは、柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。 マヨネーズ、すりおろしニンニク、粒マスタードを混ぜ合わせます。 マヨネーズソースに、さらにレモン汁を加え、塩コショウで味を整えます。 さつまいも、ブロッコリー、ブロッコリーの茎、クリームチーズを、マヨネーズソースと和えます。 粗挽き黒胡椒をかけ、しっかりと混ぜたらできあがりです。 さつまいもサラダは、マヨネーズなどの食材を使っている場合が多いため、常温では1日以内に食べる方が良いでしょう。 冷蔵庫で保存することで、3日程度保存することができます。 だんだん味は落ちていきますので、なるべく早く食べましょう。 さらに、生の野菜などの食材を使った作り方をしている場合は、なるべく早く食べる、または、なるべく早く冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。 特に夏場は、数時間で傷んでしまう場合もありますので、保存には気をつけましょう。 また、さつまいもサラダを作る際、さつまいもが温かい状態で他の食材と混ぜてしまうと、食材の傷みが早くなってしまう場合があります。 柔らかくまで火を通した後は、潰す場合は温かいうちにさっと行い、その後はしっかりと冷ましてから、他の食材と混ぜるようにすると良いでしょう。 さつまいものサラダのレシピは、使う食材などを変えることによって、日持ちする素材に変え、日持ちする作り方にすることで、通常より日持ちするサラダにすることができます。 日持ちするさつまいもサラダの作り方は、柔らかくしたさつまいも、炒めたベーコン、炒めた玉ねぎ、ドライフルーツ、ナッツを、レモン汁とオリーブオイルで和えます。 塩コショウと粗挽き黒胡椒で味を整えたらできあがりです。 日持ちするさつまいものサラダも、常温での保存には向きませんので、作った後はなるべく早めに冷蔵庫に入れましょう。 特に夏場は注意しましょう。 冷蔵庫に入れておくと、5日ほど保存することが可能です。 ただし、味は落ちていきますので、なるべく早く食べると良いでしょう。 さつまいものサラダは、常温ではすぐに食べ切った方が良いですが、冷蔵庫で保存することで、3〜5日ほど、日持ちさせることができます。 ただし、他に生の具材を使っている場合などは、なるべく早く食べる方が良いでしょう。 さつまいもサラダは、密閉できる容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。 さつまいものサラダは、冷蔵庫の中のにおいがつきやすいので、ラップなどでの保存より、しっかりとした密閉容器を使うことがおすすめです。 冷蔵庫で最長5日ほど保存は可能ですが、味は落ちていきますので、できるだけ早く食べましょう。 調理したさつまいもは、常温で数日程度の日持ちですが、採ってきたままのさつまいもは、洗わずに新聞紙に包む等適切に保存することで、6ヶ月ほど保存することが可能です。 お店で売っているさつまいもの、上手に保存することで、日持ちさせることができます。 こちらの記事もチェックしてみてください。 さつまいもサラダのおすすめの保存方法2つ目は、冷凍して保存する方法です。 さつまいものサラダは、冷凍して保存することができ、冷凍から最大で1ヶ月ほどは保存することが可能です。 ただし、味はどんどん落ちていきますので、冷凍保存していたとしても、なるべく早く食べきることがおすすめです。 さつまいもサラダを冷凍保存する場合は、さつまいもは潰したタイプのサラダにしておいた方が良いでしょう。 さつまいもをそのまま冷凍してしまうと、食感が大きく変わってしまいますので、美味しくなくなってしまう場合があります。 また、にんじんやかぼちゃなどを入れている場合も潰しておくと良いでしょう。 冷凍したさつまいものサラダは、電子レンジなどは使わずに、自然解凍することがおすすめです。 冬場であれば、常温での自然解凍で大丈夫ですが、夏場は、食べる前日に、冷蔵庫に移動させて、冷蔵解凍しておくとよいでしょう。 さつまいもは100gあたり、131. 9kcal程度です。 他の食材やマヨネーズ、ドレッシングを加えることで、さつまいものサラダのカロリーも変わりますが、大体100kcalから200kcalと考えると良いでしょう。 さつまいもサラダには、たっぷりのマヨネーズを使ったり、ベーコンやウインナーなどを加えたりすると、カロリーがずいぶん上がります。 ただし、おかずの1品と考えた場合、多少カロリーが高くなっても、食べ応えのあるおかずにすることで、食事全体のカロリーを下げることもできます。 また、さつまいもサラダ自体は、そんなに高カロリーの食べ物ではありませんが、さつまいものサラダは甘くて食べやすく、ついつい食べすぎてしまうことがあり、結果としてカロリーが高くなってしまう場合があります。 食べすぎには注意しておきましょう。 さつまいもサラダのカロリーの大部分は、さつまいもとマヨネーズやドレッシングなどです。 ですので、さつまいもの量とマヨネーズやドレッシングの量を部屋す工夫をすることで、カロリーを下げることができます。 さつまいものサラダには、さつまいもと共に別の野菜を使うことで、美味しくカロリーを抑えることができます。 玉ねぎ、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃなどはさつまいもよりカロリーが低く、さつまいもとの相性もぴったりです。 また、ドライフルーツやナッツなども、少量使うぶんにはカロリーをダウンさせてくれます。 さつまいもサラダには、練乳やクリームチーズを混ぜたマヨネーズがぴったりで人気ですが、カロリーはアップしてしまいますので、カロリーを抑えたい場合は、ヨーグルトを混ぜると良いでしょう。 さつまいもサラダはマヨネーズソースも美味しさのポイントですので、美味しく作り、食べる量を調節する方法もおすすめです。 美味しいさつまいもサラダをたっぷりいただきましょう デリサラダでも人気のさつまいもサラダは、具材やソースなど、アレンジ方法がたくさんあり、飽きずに食べることのできるサラダです。 さつまいもサラダは、さつまいもを柔らかくしてしまえば、他の具材とともにソースと混ぜ合わせるだけで、作り方も簡単です。 おしゃれで美味しい人気さつまいもサラダは、パンに挟んでサンドイッチにしたり、もう一品追加したいときにさっと作れたりと、レシピも作り方もたくさんで、様々なシーンで活躍してくれるサラダです。 美味しいさつまいもサラダを、たっぷりといただきましょう。 さつまいもは、サラダも美味しいですが、他のおかずにも使え、お弁当にも喜ばれる万能の食材です。 甘く、美味しく、栄養価も高いさつまいもをお弁当に入れておけば、午後からも元気に活動することができるでしょう。 さつまいもを使ったお弁当のおかずについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

次の