スマートex iphone。 ‎「EXアプリ」をApp Storeで

iPhoneで新幹線予約「スマートEX」の使い方|予約〜乗車方法まで徹底解説

スマートex iphone

-目次-• スマートEXとは スマート EXは、 JR東海が提供する新幹線のネット予約サービスです。 2017年 9月から受付を開始、東海道新幹線〜山陽新幹線の区間、最大で東京駅~博多駅の区間でネット予約できます。 これまでJR東海が提供していた「 」の簡易版とも言える内容で、会員登録に際して年会費は必要なく、クレジットカードとSuicaの登録だけで利用できます。 Suicaはプラスチックカード、モバイルどちらでも登録でき、 Suica以外の JR電子マネーや PASMOでも問題ありません。 手軽さの一方で、エクスプレス予約のような会員料金、割引サービスは提供されず、一般的な窓口販売料金がそのまま適用されます。 そのため、年末シーズンなど繁忙期だと値上げの影響をモロに受けます。 会員登録に際してクレジットカードとSuica(ほか交通系電子マネー)の登録が必要となります。 ApplePay版Suicaを登録することもできますが、 すでにエクスプレス予約でEX-ICカード代わりにiPhone(felica)を登録している場合は重複登録となり、受付不可となります。 EX-ICカードのfelica紐付けを解除してから登録してください。 EXアプリを起動すると、まず最初にログインが求められます。 ご利用のサービス・会員の項目から「スマート EX会員」を選択し、登録情報を入力して会員ログインします。 ログインできたら後は予約するだけです。 「新規予約」画面から乗車予定の新幹線や座席を選択、金額を確認して予約します。 座席は指定席、自由席ともに選択できます。 Suica残高からは支払えませんので、予めチャージなどしてしまわぬよう注意が必要です。 乗車の際は、紐付けした Suica(ほか交通電子マネー)を改札にタッチするだけで入場、退場できます。 この際、改札から出てくる「 EXご利用票」の受け取りを忘れぬよう。 1つのアカウントで複数人予約もできる 予約手順は1人の場合と変わらず、「新規予約」の画面から人数と座席を指定して予約できます。 支払いは全て登録したクレジットカードから行われます。 入場に際しては、予め券売機で特急券切符を発券しておく必要があります。 駅にある「 EXきっぷ受取」と書かれた券売機で手順に従って発券してください。 なお、発券の際にスマート EXの会員パスワードを入力する必要がありますのでメモ書きなど控えておいてください。 発券後は通常の新幹線切符として使えます。 「エクスプレス予約」とどっちがお得? スマートEXは、JR東海が提供する「エクスプレス予約」の簡易版であり、もっぱらライトユーザー向けのサービスです。 エクスプレス予約の場合は、年会費1,080円が発生しますが、年中会員運賃が適用され、年末などのシーズン値上げの影響を受けません。 さらに「早割」など使えば、会員運賃から更に割引されます。 一方のスマートEXは、年会費が無い代わりに、運賃が窓口販売金額と変わらず、割引もありません(正確には200円引き)。 (エクスプレス予約とスマートEXの違い) それゆえ、単純に安さだけで言えばエクスプレス予約に軍配が上がります。 普段から新幹線をよく使う人であれば間違いなくエクスプレス予約を選ぶべきです。 また、年末シーズンに家族総出で新幹線を使うといった場合でも、エクスプレス予約の方がお得かも知れません。 エクスプレス予約で複数人予約すれば、全員分に会員運賃が適用されるため、運賃高騰の年末シーズンなら年会費1,080円などすぐに回収できてしまうレベルです。 スマートEXは、あくまでもネット予約が手軽にできることを売りにしたサービスであり、安さ重視のサービスではありません。 場合によっては年会費1,080円を払ったエクスプレス予約の方がお得ということを理解して使いましょう。 なお、2018年4月メドに関東エリアでもスマートEXの類似サービス「タッチでGo! 新幹線」が始まります。 こちらはクレジットカードが必要なく、Suicaだけで決済、乗車ができる画期的なサービスとなります。 詳しくは以下記事で解説しています。

次の

Apple Payも対応!新幹線ネット予約サービス「スマートEX」発表

スマートex iphone

購入のサポート Appleのスペシャリストが 質問にお答えします。 チャットまたは 0120-993-993へ電話でどうぞ。 下取り:下取り額は条件によって異なります。 iPhone SEのキャンペーン価格は、良好な状態のiPhone 8(64GB)を下取りに出した場合のものです。 下取り額は予告なく変更される場合があります。 下取り額は新しいiPhoneの購入が条件となり、制限が適用される場合があります。 下取り額は、下取りに出すiPhoneの状態とモデルによって異なる場合があります。 20歳以上の方のみが対象です。 本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。 店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。 消費税等は新しいiPhoneの全額について計算されます。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 詳細については をご覧くだ さい。 KDDIで契約したiPhone 8以降のモデル、SoftBankで契約したiPhone SE(第1世代)以降のモデル、Docomoで契約したiPhone 5以降のモデルが対象 です。 iPhone SEは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。 防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。 iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。 クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。 液体による損傷は保証の対象になりま せん。 バッテリーに関する各数値はネットワーク構成やその他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 バッテリーは充電回数に限りがあり、将来的にはApple正規サービスプロバイダによる交換が必要になる場合があります。 バッテリー駆動時間と充電サイクルは使用方法と設定によって異なります。 詳しくは および をご覧くだ さい。 ワイヤレス充電器と18W高速充電アダプタは別売りです。 iPhone SE(第2世代)の試作ハードウェアとソフトウェア、USB-C電源アダプタ(18WモデルA1720と30WモデルA1882)アクセサリを使用し、2020年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 高速充電のテストは、バッテリーを完全に消費したiPhoneハードウェアを使って実施しました。 充電時間は環境条件によって変わり、実際の結果は異なる場合があり ます。 データプランが必要です。 ギガビット級LTEは特定の国の特定の通信事業者で利用できます。 速度は論理上のスループットにもとづくもので、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。 LTE対応の詳細については通信事業者にお問い合わせください。 もあわせてご覧くだ さい。 AirPods(第1世代以降)、Powerbeats Pro、Beats Solo 3 Wireless、Beats X、Beats Studio 3 Wireless、Powerbeats 3 Wirelessに対応します。 iOSの最新バージョンが必要 です。 eSIMを利用するには通信サービスプランへの加入が必要です(これには通信事業者の変更とローミングに対する制限が含まれる場合があり、契約期間終了後も制限が適用されます)。 通信事業者によってはeSIMに対応しない場合があります。 iPhoneでのeSIMの使用は、通信事業者からの購入時に無効になっている場合があります。 詳しくは通信事業者にお問い合わせください。 詳細については をご覧くだ さい。 下取り額は異なる場合があり、下取りに出すデバイスの状態とモデルにもとづきます。 下取り額は新しいiPhoneの購入が条件となり、制限が適用される場合があります。 20歳以上の方のみが対象です。 本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。 一部のデバイスは下取りの対象ではありません。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーは、理由を問わず、下取りの取引を拒否または制限する権利を有します。 店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。 お手持ちのデバイスの下取り価格を新しいApple製デバイスの購入に使える場合があります。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 詳細については をご覧くだ さい。 Apple Arcadeを利用するにはサブスクリプションが必要です。 国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。 iPhoneの商標は、のライセンスにもとづき使用されています。

次の

スマートEXをApple Watch(モバイルSuica)で使う方法

スマートex iphone

-目次-• スマートEXとは スマート EXは、 JR東海が提供する新幹線のネット予約サービスです。 2017年 9月から受付を開始、東海道新幹線〜山陽新幹線の区間、最大で東京駅~博多駅の区間でネット予約できます。 これまでJR東海が提供していた「 」の簡易版とも言える内容で、会員登録に際して年会費は必要なく、クレジットカードとSuicaの登録だけで利用できます。 Suicaはプラスチックカード、モバイルどちらでも登録でき、 Suica以外の JR電子マネーや PASMOでも問題ありません。 手軽さの一方で、エクスプレス予約のような会員料金、割引サービスは提供されず、一般的な窓口販売料金がそのまま適用されます。 そのため、年末シーズンなど繁忙期だと値上げの影響をモロに受けます。 会員登録に際してクレジットカードとSuica(ほか交通系電子マネー)の登録が必要となります。 ApplePay版Suicaを登録することもできますが、 すでにエクスプレス予約でEX-ICカード代わりにiPhone(felica)を登録している場合は重複登録となり、受付不可となります。 EX-ICカードのfelica紐付けを解除してから登録してください。 EXアプリを起動すると、まず最初にログインが求められます。 ご利用のサービス・会員の項目から「スマート EX会員」を選択し、登録情報を入力して会員ログインします。 ログインできたら後は予約するだけです。 「新規予約」画面から乗車予定の新幹線や座席を選択、金額を確認して予約します。 座席は指定席、自由席ともに選択できます。 Suica残高からは支払えませんので、予めチャージなどしてしまわぬよう注意が必要です。 乗車の際は、紐付けした Suica(ほか交通電子マネー)を改札にタッチするだけで入場、退場できます。 この際、改札から出てくる「 EXご利用票」の受け取りを忘れぬよう。 1つのアカウントで複数人予約もできる 予約手順は1人の場合と変わらず、「新規予約」の画面から人数と座席を指定して予約できます。 支払いは全て登録したクレジットカードから行われます。 入場に際しては、予め券売機で特急券切符を発券しておく必要があります。 駅にある「 EXきっぷ受取」と書かれた券売機で手順に従って発券してください。 なお、発券の際にスマート EXの会員パスワードを入力する必要がありますのでメモ書きなど控えておいてください。 発券後は通常の新幹線切符として使えます。 「エクスプレス予約」とどっちがお得? スマートEXは、JR東海が提供する「エクスプレス予約」の簡易版であり、もっぱらライトユーザー向けのサービスです。 エクスプレス予約の場合は、年会費1,080円が発生しますが、年中会員運賃が適用され、年末などのシーズン値上げの影響を受けません。 さらに「早割」など使えば、会員運賃から更に割引されます。 一方のスマートEXは、年会費が無い代わりに、運賃が窓口販売金額と変わらず、割引もありません(正確には200円引き)。 (エクスプレス予約とスマートEXの違い) それゆえ、単純に安さだけで言えばエクスプレス予約に軍配が上がります。 普段から新幹線をよく使う人であれば間違いなくエクスプレス予約を選ぶべきです。 また、年末シーズンに家族総出で新幹線を使うといった場合でも、エクスプレス予約の方がお得かも知れません。 エクスプレス予約で複数人予約すれば、全員分に会員運賃が適用されるため、運賃高騰の年末シーズンなら年会費1,080円などすぐに回収できてしまうレベルです。 スマートEXは、あくまでもネット予約が手軽にできることを売りにしたサービスであり、安さ重視のサービスではありません。 場合によっては年会費1,080円を払ったエクスプレス予約の方がお得ということを理解して使いましょう。 なお、2018年4月メドに関東エリアでもスマートEXの類似サービス「タッチでGo! 新幹線」が始まります。 こちらはクレジットカードが必要なく、Suicaだけで決済、乗車ができる画期的なサービスとなります。 詳しくは以下記事で解説しています。

次の