スリング 新生児。 kerata ベビースリング 新生児 成長に合わせて使える6WAY 抱っこひも 日本正規品(国内安全基準適合品)【送料無料】 :babysling

新生児から使えるスリングとは。正しい使い方を学ぼう [ママリ]

スリング 新生児

スタイリッシュでおしゃれな印象のスリング。 キャリータイプの抱っこ紐に比べてデザイン性の高い商品が多いのが特徴です。 軽くて持ち運びにも便利なのですが、商品によって素材や長さ調整の方法が異なりどれを選べば良いか分からない人も多いと思います。 そこで、今回は新生児から使えるおすすめのスリング6選と、スリングの種類を紹介します。 これからスリングの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。 スリングのメリット まだ首の座っていない新生児期の赤ちゃんを抱っこするのは難しいものです。 特に、赤ちゃんの扱いに慣れていない人は「抱っこが怖い」と思ってしまうことも。 そんなときはスリングを使うと、しっかりとした布が赤ちゃんを包み込んでくれて、誰でも簡単に抱っこをすることができます。 また、 スリングは抱っこ紐に比べてシンプルな形状であるため、軽量で持ち運びが簡単というメリットも。 スリングの種類と特徴 スリングは、〝留め具〟の種類によって装着方法が大きく異なります。 それぞれの特徴をチェックして、ママが使いやすいと思うものを選びましょう。 「リングタイプ」のスリング 2つのリングが付いているスリングは、リングに通した布を引いたり緩めたりすることで長さを調整します。 比較的長さの幅が大きく、また簡単に調整できるので、 体格差の異なる人とシェアして使うことが多い人におすすめです。 長さの調整には少しコツがいるため、初めてスリングを使う人は装着方法の説明が日本語で分かりやすく書かれてある商品を選ぶと良いでしょう。 「ファスナータイプ」のスリング 肩ベルトなどに付いているファスナーを開け閉めすることでサイズを調整します。 リングタイプのスリングに比べると、装着時の安心感があります。 スリングに慣れていない人でも、ファスナータイプのスリングなら、テクニック要らずで使うことができます。 「チューブタイプ」のスリング 長さ調整器具の無い布だけで作られたスリングです。 長さの調整をすることができないので、自分の体格に合わせた商品を選ぶことが大切。 体格差の異なる人とはシェアして使うことができないので、少し注意が必要です。 長さ調整器具が付いているスリングに比べて 軽量でかさばらないので、旅行やお出掛けなどの持ち運びにも便利です。 新生児から使えるスリングのおすすめ6選 【1】キュット ミー! しじら織り 水色 — 北極しろくま堂 北極しろくま堂オリジナルのしじら織り生地を使っているスリングです。 保温性・通気性に優れているので、体温調節が上手にできない赤ちゃんにも最適。 使い方は、布の一方にある2つのリングで布の輪を作って使用します。 体型の違う人でもフィットさせることができるため、パパとママが兼用して使うことも可能です。 また、大きな肩パットの脇には中綿の差し込み口があります。 赤ちゃんが小さいうちは中綿を入れておくことで、初めてスリングを使用する人も安心して使うことができます。 また、赤ちゃんが大きくなったら中綿を取り外しコンパクトに収納することも可能。 対象年齢は生後2週間目以上。 【4】ベビースリング ワンカラー — Baba Slings バックルで長さ調整ができるBaba Slingsのスリングです。 アメリカの抱っこ紐安全基準ASTM F2907-15を取得しています。 バックルは強度のある大きいものと小さいセーフティバックルが付いています。 しっかりと赤ちゃんを守ることができる安全性の高さが特徴。 さらにママの肩部分には2. 5cmの柔らかいパットが入っているので、長時間の抱っこも疲れにくいのが魅力です。 また、熟練の手染め職人が一色一色染め上げる製法で作られており、手染め生地の味わい深さを感じることができます。 出産祝いなどのギフトにも最適。 スリングの外側には縦18cm、横12cmの蓋付きポケットがあるので、ちょっとしたベビーグッズを入れておくこともできます。 対象年齢は新生児以上。

次の

抱っこ紐とスリングどちらがおすすめ?抱っこ紐の種類の違いも紹介

スリング 新生児

そもそもスリングとはどんなものなの? スリングは、正式には「ベビースリング」と呼ばれるもので、赤ちゃんを抱っこするための道具の一つです。 多くの場合は、1枚の連続した布でできていて、主に次の3つのタイプに分けることができます。 リングスリング 長い一枚布の片側にリングが2つついたスリング。 リングに反対側の布を通すことによって輪を作り、たすき掛けにしてポーチと呼ばれる袋部分に赤ちゃんを入れて抱っこします。 バックルスリング リングではなく、バックルでサイズや赤ちゃんとの密着度を調節するタイプのスリング。 パウチ/リングなしスリング/チューブ式スリング リングやバックルがなく、最初から輪っか状になっているタイプのスリング。 パウチとはカンガルーのおなかのポケットのことを指しますが、このタイプのスリングでは赤ちゃんがポケットに入っているような格好になります。 出産準備品の一つとして、妊娠中に用意しておきたい「スリング」。 「赤ちゃんがよく寝てくれる」といった先輩ママたちのクチコミもあって人気ですが、何をポイントに選べばいいのか、また実際にどうやって使えばいいのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 今回は、スリングの選び方や使い方、また人気のおすすめ商品をご紹介していきます。 スリングはいつからいつまで使えるの? 製品として売られているスリングは、基本的に赤ちゃんが生まれてすぐから3歳くらいまで使えるように強度設計されています。 ただ、製品やスリングのタイプによっても異なるので、使用可能な年齢や体重を取扱説明書できちんとチェックしてから使うようにしてください。 一般的に、リングスリングであれば、生まれてすぐから使用することが可能です。 ただ、日本では小児科医の意見として、呼吸が完全に安定する生後2週間までは、素手だけで抱っこするのがいいという考え方もあるため、「生後2週間から」となっているスリングも一部にあります。 日本の赤ちゃんの体格は世界的に見ても小さめなので、リングスリングで新生児を抱っこする場合は、「膝から下をスリングの外に出して開脚させる」という正しい抱き方をするのが難しい場合もあります。 このようなときは無理にスリングを使わずに、おくるみ等で赤ちゃんをくるんでから、素手で斜め上方向にたて抱きをしてあげるといいでしょう。 スリングで新生児を抱っこする際の注意点 生まれたばかりの新生児をスリングで抱っこする場合は、股関節脱臼や窒息を防ぐために、脚の開き方と呼吸の維持に特に注意する必要があります。 これらを防ぐためには、新生児をスリングで抱っこする際は、赤ちゃんをたてに抱く「新生児の基本抱き」のスタイルで抱っこしてあげるのがもっともおすすめです。 この「新生児の基本抱き」は、日本小児整形外科学会股関節研究会とともに検討したもので、日本では2007年からこの抱き方が紹介されるようになりました。 ただ、いま現在もこの抱き方に準拠していないスリングはたくさんあります。 なお、アメリカ・カナダ、ヨーロッパでも、2010年よりこの抱き方が勧奨されています。 「新生児の基本抱き」抱き方のポイント ・ママなど赤ちゃんを抱っこする人の胸に赤ちゃんをたてに寄り添うように抱く ・赤ちゃんのおしりがママのおへそよりも下がらない位置で抱く ・赤ちゃんの脚をM字開脚にして膝から下をスリングの外に出す もしも、新生児を横抱きにする場合は、股関節脱臼や窒息の危険を防ぐために、以下の3つの点に注意する必要があります。 スリングの正しい使い方を動画でも見てみよう バックルスリングやパウチは、使い方がとても簡単。 ママなどの使用者がスリングをたすき掛けにして、赤ちゃんが入るポーチ部分に赤ちゃんを入れるだけで装着が完了します。 ですので、ここでは自分で調節が必要になるリングスリングの正しい使い方を見ていくことにしましょう。 それが終わったら、スリングをたすき掛けにします。 スリングは素手で抱っこしているときと同じ位置で赤ちゃんを抱くので、ポーチの深さ(赤ちゃんのおしりの位置)は、ママのおへそより上になるようにしておきます。 この段階でポーチの大きさは赤ちゃんの体格のジャストサイズ程度まで調整してしまい、入り口(上部の布端)だけを緩めておきましょう。 実際にスリングに抱かれる位置の布を赤ちゃんに被せて、赤ちゃんと布をいっしょに下ろしてくるとスムーズです。 赤ちゃんの脚は必ずスリングの外に出しましょう。 赤ちゃんのおしりが布の中央部分にくるように座らせます。 赤ちゃんは布の中で膝を上げて開脚して座ります。 位置が定まったら、上部のテールを引いてママの体にやわらかく密着させます。 首がすわっていない新生児の場合は、後頭部と布の間にハンドタオルなどをクッションがわりにはさんで安定させるとよりよいでしょう。 では、実際に新生児をリングスリングで抱っこする方法を動画でも確認してみましょう。 スリングを正しく安全に使うためのコツを押さえよう 自分で調整しなければならないリングスリングの使い方については、とにかく慣れが必要です。 取扱説明書や動画をチェックしながら、実際に何度か練習してみるのがいいでしょう。 また、スリングを正しく使うためには、以下の3つのチェックポイントを確認しながら抱っこすることも大切です。 180度水平に開脚するわけではありません)……M-shape legs リングスリングで赤ちゃんを素早く、安全に抱っこするためには、とにかくスリングの装着に慣れるしかありません。 なお、赤ちゃんを入れるポーチ部分の大きさの感覚がつかめると、素早く抱っこができるようになります。 スリングは赤ちゃんを抱き入れるまでの手間が8割を占めていて、赤ちゃんをスリングに抱き入れてからはそれほど調整する部分はありません。 ぜひ、抱き入れる前の準備を繰り返し練習してみてください。 スリングのメリット スリングのいちばんのメリットは、赤ちゃんを抱いたりおろしたりするのが簡単にできるというところ。 また、ママなどスリングの使用者と赤ちゃんがピッタリ寄り添うことができるので、親子ともに体への負担が少なく、赤ちゃんが心地よくリラックスして過ごせるというところでしょう。 スリングのタイプによっても、メリットはそれぞれ異なります。 以下、タイプ別のメリットを見ていくことにしましょう。 リングスリング ・子どもの成長に合わせてサイズ調整が可能なので長く使える ・パパなどほかの人と共有できる ・使い方が上手になるとおんぶもできる ・布にリングがついているだけなので洗濯しやすく清潔に使える バックルスリング ・一度サイズを調整すれば、バックルの開閉だけで抱っこができて簡単 ・パパなどほかの人と共有できる パウチ/リングなしスリング/チューブ式スリング ・調整不要でそのまま抱っこできるので使い方が簡単 ・リング等がないためかさばらなくて持ち運びに便利 ・形状がシンプルなので洗濯などのお手入れがラク スリングのデメリット スリングの主なデメリットは、特にリングスリングの場合は、使い始めに多少の練習が必要なところです。 ただし、しばらく練習をすれば、すぐに上手に使えるようになります。 スリングのタイプによってもデメリットはそれぞれ異なります。 以下、タイプ別のデメリットを見ていくことにしましょう。 リングスリング ・装着の仕方を習得するのに多少の時間と練習が必要 バックルスリング ・調整できる部分が少ないので、フィットしづらい ・「新生児の基本抱き」をするのがかなり難しい ・ポーチ部分の調整が難しく新生児の場合は沈み込みやすい パウチ/リングなしスリング/チューブ式スリング ・調整ができないので購入時のサイズ選びが難しい ・体格の違うパパなどと共有できない ・ポーチ部分の調整ができないため新生児の場合は沈み込みやすい どのタイプのスリングを使うにしても、ほとんどのママやパパは、今まできちんと赤ちゃんを抱っこした経験がないという人が多いはず。 まずは、素手で赤ちゃんを気持ちよく抱っこできるようになったうえで、スリングを使うようにするほうが、スムーズに抱っこができると思います。 いかがでしたか? スリングは使い方がちょっと難しいといったイメージを持っている人も多いかもしれませんが、練習でコツさえつかめば、素早く簡単に抱っこができるようになります。 動画等を見ながら、安全で正しい抱っこの仕方をマスターしてみてください。 スリングを上手に使えるようになると、育児もグンとラクになるはずですよ。 スリング使用画像・動画協力/北極しろくま堂 取材・文/土田奈々子.

次の

【徹底比較】スリングのおすすめ人気ランキング17選【お洒落なデザインにも注目】

スリング 新生児

スタイリッシュでおしゃれな印象のスリング。 キャリータイプの抱っこ紐に比べてデザイン性の高い商品が多いのが特徴です。 軽くて持ち運びにも便利なのですが、商品によって素材や長さ調整の方法が異なりどれを選べば良いか分からない人も多いと思います。 そこで、今回は新生児から使えるおすすめのスリング6選と、スリングの種類を紹介します。 これからスリングの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。 スリングのメリット まだ首の座っていない新生児期の赤ちゃんを抱っこするのは難しいものです。 特に、赤ちゃんの扱いに慣れていない人は「抱っこが怖い」と思ってしまうことも。 そんなときはスリングを使うと、しっかりとした布が赤ちゃんを包み込んでくれて、誰でも簡単に抱っこをすることができます。 また、 スリングは抱っこ紐に比べてシンプルな形状であるため、軽量で持ち運びが簡単というメリットも。 スリングの種類と特徴 スリングは、〝留め具〟の種類によって装着方法が大きく異なります。 それぞれの特徴をチェックして、ママが使いやすいと思うものを選びましょう。 「リングタイプ」のスリング 2つのリングが付いているスリングは、リングに通した布を引いたり緩めたりすることで長さを調整します。 比較的長さの幅が大きく、また簡単に調整できるので、 体格差の異なる人とシェアして使うことが多い人におすすめです。 長さの調整には少しコツがいるため、初めてスリングを使う人は装着方法の説明が日本語で分かりやすく書かれてある商品を選ぶと良いでしょう。 「ファスナータイプ」のスリング 肩ベルトなどに付いているファスナーを開け閉めすることでサイズを調整します。 リングタイプのスリングに比べると、装着時の安心感があります。 スリングに慣れていない人でも、ファスナータイプのスリングなら、テクニック要らずで使うことができます。 「チューブタイプ」のスリング 長さ調整器具の無い布だけで作られたスリングです。 長さの調整をすることができないので、自分の体格に合わせた商品を選ぶことが大切。 体格差の異なる人とはシェアして使うことができないので、少し注意が必要です。 長さ調整器具が付いているスリングに比べて 軽量でかさばらないので、旅行やお出掛けなどの持ち運びにも便利です。 新生児から使えるスリングのおすすめ6選 【1】キュット ミー! しじら織り 水色 — 北極しろくま堂 北極しろくま堂オリジナルのしじら織り生地を使っているスリングです。 保温性・通気性に優れているので、体温調節が上手にできない赤ちゃんにも最適。 使い方は、布の一方にある2つのリングで布の輪を作って使用します。 体型の違う人でもフィットさせることができるため、パパとママが兼用して使うことも可能です。 また、大きな肩パットの脇には中綿の差し込み口があります。 赤ちゃんが小さいうちは中綿を入れておくことで、初めてスリングを使用する人も安心して使うことができます。 また、赤ちゃんが大きくなったら中綿を取り外しコンパクトに収納することも可能。 対象年齢は生後2週間目以上。 【4】ベビースリング ワンカラー — Baba Slings バックルで長さ調整ができるBaba Slingsのスリングです。 アメリカの抱っこ紐安全基準ASTM F2907-15を取得しています。 バックルは強度のある大きいものと小さいセーフティバックルが付いています。 しっかりと赤ちゃんを守ることができる安全性の高さが特徴。 さらにママの肩部分には2. 5cmの柔らかいパットが入っているので、長時間の抱っこも疲れにくいのが魅力です。 また、熟練の手染め職人が一色一色染め上げる製法で作られており、手染め生地の味わい深さを感じることができます。 出産祝いなどのギフトにも最適。 スリングの外側には縦18cm、横12cmの蓋付きポケットがあるので、ちょっとしたベビーグッズを入れておくこともできます。 対象年齢は新生児以上。

次の