ワイルド スピード ジェット ブレイク。 『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『F9(邦題:ワイルド・スピード/ジェットブレイク)』がヴェールを脱いだ!ミックステープ『ザ・ロード・トゥ・F9』がリリース決定!本日新曲の配信もスタートに!

死んだはずのハン復活!? シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』5月29日公開へ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ワイルド スピード ジェット ブレイク

全文は以下の通り: 私たちのファミリーである世界中の「ワイルド・スピード」ファンのみなさまへ 私たちのサーガの次のチャプターに対するみなさんの愛情と期待をしっかりと感じています。 そのため、みなさんにお知らせしなければならないのは非常につらいことではありますが、本作の公開日は延期となります。 今年5月に世界中の観客のみなさんに劇場へ足を運んでいただくのは不可能であることがはっきりとしたためです。 全世界での公開日を2021年の4月に変更いたします。 北米での劇場公開日は4月2日となります。 少しの間お待ちいただかなければならなくなり、みなさんをがっかりさせたことと思いますが、観客のみなさんの安全を第一に考えての今回の延期決定です。 この変更によって、全世界のファンのみなさんが私たちの新しいチャプターを一緒に楽しむことができることになりました。 来年の春にお会いしましょう。 たくさんの愛を込めて 「ワイルド・スピード」ファミリーより なり、「ワイルド・スピード」シリーズのファンは公開をとても楽しみにしていた。 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の。 また、主演のヴィン・ディーゼルはシリーズの今後に期待しており、について先日語っていた。 数日前には、と報じられていた。 『ブラック・ウィドウ』の公開日は依然変更になっていないが、公開延期となった作品は『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』だけではない。。 された。 IGNでは先日、について、映画業界の人々に話を聞いている。 また、としており、ゲーム業界では、に、となっている。

次の

映画【ワイルドスピード9】公開日・前売り・特典など最新情報!

ワイルド スピード ジェット ブレイク

人気シリーズ『ワイルド・スピード』第9作、 『 』の予告編映像が公開となった。 映像の最後には、死んだはずの人気キャラクター、 ハンがカムバックを果たしており、ファンの間で大きな話題となっている。 一体、なぜハンは復活するのか。 『ワイスピ』シリーズにおけるハンの運命を振り返りながら、ハンを演じたサン・カン、『ジェットブレイク』ジャスティン・リン監督の言葉を見てみよう。 『ワイスピ』ハンは死んでいたはず ハンは、『ワイルドスピード MAX』(2009)、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)、『ワイルドスピード EURO MISSION』(2013)で活躍した人気キャラクター。 ファミリーのメンバーとしてはシリーズ唯一のアジア系である。 天才的なドライビング・テクニックや、常にスナック菓子をつまむ飄々としたキャラクター性が人気を博した。 劇中では、ガル・ガドット演じるジゼルと恋に落ちる。 車内に取り残されたハンもそのまま死亡したものとして、『 』(2015)ではファミリー一同がハンの葬儀に参列する場面もある。 『ワイルドスピード EURO MISSION』では、その犯人がジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウであることが判明する。 ハンの死は、ファミリーにとって悲劇的な別れとなったはずだが、シリーズはその後少々意外な展開を迎える。 ハン殺害の実行犯であるはずのデッカード・ショウが、ファミリーに迎え入れらるのだ。 こうした姿勢に疑問を覚えたシリーズのファンは、ハッシュタグ「 JusticeForHan」を通じて、「ハンに正義を」と訴えてきた。 ハン、まさかの復活 そのハンが帰ってきたのだ。 復帰を伝える公式ティーザーイメージに掲げられた「 Justice is Coming」とは、ファンの声「Justice For Han」に応えるものである。 Justice is coming. Get your tickets for now — in theaters May 22! — F9 TheFastSaga 予告編映像が世界初解禁となった米マイアミ開催のワイルド・スピードのコンサート・イベント「The Road to F9」では、ハン役サン・カンとステージを共にしたドム役ヴィン・ディーゼルが「これがファミリーだ!」と宣言、サン・カンも「帰ってきたよ!」と叫んだ。 観客からは「ウェルカム・バック!」のコールが上がる一幕もあり、どこからか「Justice For Han! 」という声も響いた。 「感動的ですね。 ファミリー再会って感じ。 」サンはこのイベントで、米に語っている。 「僕の人生の中でも、前回の『ワイスピ』から欠けていた絆のように思います。 」 サン自身も、ハンを葬ったデッカード・ショウの仲間入りには疑問を抱いていたという。 」 奇しくも、ハンの復帰とジャスティン・リン監督の復帰は『ジェットブレイク』で同期することとなった。 「僕たちは、ハンが誰で、何者であるかを分かっています」とサンは語っている。 「僕たちも年を重ねた。 ハンも年を重ねました。 自分たちの私生活で学んだようなことが、スクリーンに活かせられていたら嬉しいです。 」予告編では、すっかり丸くなった雰囲気のハンに会えるが、その魅力も円熟したということか。 「僕自身、あのキャラクターには個人的な思い入れがあるんです。 」『ジェットブレイク』でハンを復帰させた ジャスティン・リン監督は、英に解説する。 「正直な所、僕たちがやり始めたころは、『ワイスピ』ファンのコミュニティも今ほどじゃなかった。 僕は、観客との繋がりは、どんなものでも守りたいと思っています。 たまに、続編があることを当たり前のように思う人もいるでしょう。 続編は勝手に作られるものだと。 でも僕は、なんとしても続編にこぎつけたいといつも考えています。 だって、ハンとの旅を続けたいから……。 All Rights Reserved… ここではジャスティン監督からも、「Justice For Han」に呼応するような思いが語られている。 「僕が(シリーズを)去った時、これは適切なことだと思いましたし、キャラクターたちを寝かしつけるような感じでした。 でも、僕にとってどうしても解せないことが、いくつか起こった。 だから、もし自分が戻るなら、どうしてそうなったのかを掘り下げたかったんです。 彼を復帰させて、今までのようにテーマを探求する。 それは、僕たちにかかっていると思います。 」 死んだと思われたハンの復活劇を目の当たりにして、ファンの間では「もう『ワイスピ』は何でもありだ」とする声も聞こえてくる。 しかしジャスティン監督は、「 この世界では、出来事には理由があるものだ」と語る。 「詳しい話はできませんが、 僕は彼の復帰を、決して軽く考えてはいません。 というか、大変なことでした。 ありがたいことに、このユニバースは本当に成熟してくれましたし、だからこそ僕たちも進化することができた。 先に進むごとに、自分たちを再定義することができるんです。 」 サン・カンからは、ハン復帰の理由について、ほんのりとヒントも明かされている。 全てはシリーズのテーマである「ファミリー」に紐付いているというのだ。 ハン復活という衝撃的なサプライズが待っていた『ジェットブレイク』初映像だが、まだまだお楽しみがありそうだ。 ジャスティン・リン監督は「 あの予告編には入っていないものが、まだまだ沢山ありますよ」と、楽しみな予告も残している。 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2020年5月29日(金)全国超拡大公開。

次の

ワイルド・スピード最新作『ジェットブレイク』5.29公開!予告編にあの人気キャラ登場

ワイルド スピード ジェット ブレイク

世界的人気を誇るカーアクション映画『 』シリーズの第9作、 『 』の全世界公開が約1年延期されることがわかった。 米ユニバーサル・ピクチャーズが公式に発表した。 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2020年5月22日に米国公開され、5月29日には日本公開を迎える予定だった。 今回の発表によると、 新たな米国公開日は2021年4月2日となり、全世界でも同じく4月に劇場公開されるとのこと。 日本公開日は調整中のため、追って告知される。 新型コロナウイルスの感染拡大により、映画業界には甚大な影響が生じているが、10ヶ月以上もの公開延期は、従来発表されてきた中でも最も大きな計画変更となる。 『ワイルド・スピード』米公式SNSでは、以下の声明が発表されている。 「私たちのファミリー、各地にいる『ワイルド・スピード』ファンのみなさんへ。 サーガの次回作に対する、みなさんの大きな愛情と期待を感じています。 そのため、映画の公開日を変更しなければならないことが非常に残念です。 世界中にいるすべてのファンのみなさんに、今年(2020年)5月に映画をご覧いただくことは不可能であることが判明しました。 世界的な公開時期を2021年4月に、北米での公開日は4月2日を変更いたします。 今しばらくお待ちいただくことへの失望は承知していますが、我々が最も考慮すべきことは全員の安全である、という理由による変更です。 これによって世界中のファミリーが、私たちの新たなる一章を、ともに体験できることになります。 来年の春にお会いしましょう。 大きな愛を込めて。 みなさまの『ワイルド・スピード』ファミリー」 — F9 TheFastSaga 2020年3月6日、米Deadlineでは、ユニバーサルは『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の公開を延期しない方針だと。 また主演・製作のヴィン・ディーゼルは、翌3月7日(現地時間)に米が掲載したインタビューで、「今こそ映画が必要な時だ」として、公開を延期しない意志を語っていたのである。 公開の延期は、世界的な情勢を鑑みて、おそらく急ピッチで決定されたものとみられる。 なお『ワイルド・スピード』は、いまやアメリカに次ぐ巨大映画市場となった中国で、とりわけ大きな支持を得ているシリーズだ。 前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)のオープニング世界興収は5億4,190万ドルと、ユニバーサル作品の歴代記録を打ち立てたが、そのうち1億8,500万ドルが中国での興収だったのである。 しかし2020年3月13日現在、新型コロナウイルスの問題により、中国の映画館は多数閉鎖されている。

次の