インスタ ストーリー 動画 投稿 できない。 インスタグラムのストーリー投稿方法から投稿内容の保存・削除、足跡機能までを詳しく解説

【今流行り?】インスタのストーリーで投稿を載せる方法

インスタ ストーリー 動画 投稿 できない

Instagramで投稿するとき、いつもと同じようにしているはずなのに、なぜか投稿できないことがあります。 本記事では、Instagramに投稿できないときの原因と対処法について解説します。 Instagramに画像・動画を投稿できないときの対処法• 投稿を削除・編集できない• 投稿のハッシュタグ・コメント・キャプションにまつわるトラブルへの対処法• 投稿予約ができないときの対処法• 新機能が追加されているはずなのに表示されないときは……• Instagram アプリのバージョンは最新か? アプリが最新のバージョンになっていないと、投稿時にエラーが発生してしまうことがあります。 アプリは最新のものを使う前提となっているので、特に手動更新している人は、まずバージョンをチェックしてください。 アップデートはApp StoreもしくはGoogle Playストアから簡単にできます。 通信環境の原因かも。 Wi-Fiや電波環境をチェック 電波状況が悪いとアップロードに時間がかかりすぎてエラーになるなど、投稿に失敗することがあります。 特にWi-Fiでつないでいる場合は、電波状況がほんの少し悪化しただけで通信速度が著しく低下することも。 電波状況が疑わしいときには、場所を移動して再投稿をしてみてください。 またWi-Fi以外でつないでいる場合は、通信制限がかかっている場合があります。 スマートフォンの「設定」から「Wi-Fi」の項目を確認してつないでみるか、通信量をチェックできるアプリを使って確認してみましょう。 「データ使用量の軽減」が適用されている? 通信速度が速く、大容量のデータも簡単に送受信できるスマートフォン。 しかし一定の通信量に達すると速度が落ちる契約もあるため、Instagramには「データ使用量を軽減」できる機能が備わっています。 もし軽減モードがオンになっていたら、オフに切り替えましょう。 確認・設定方法は次のようになります。 項目名をタップして変更。 データのサイズが大きすぎる Instagramでは、再生時間の長い動画や写真と動画を組み合わせた複数投稿など、大容量のデータをアップロードしようとするとエラーになる可能性あります。 エラーにしないためには、動画を短くする、一括投稿の動画数を減らす、1つずつ投稿するなど、工夫が必要です。 ハッシュタグを付けすぎていないか ハッシュタグは、30個を超えるとエラーになります。 ハッシュタグをたくさん付けて投稿しようとしたり、投稿の際にキャプションの内容が消えて真っ白になったりするときは、タグの数をチェックしください。 動画の場合:60秒以内になっているか? 先に説明したとおり、長すぎて重い動画はアップロードできないことがあります。 なるべく短く編集するようにしましょう。 60秒以上の動画は、アップロードできても60秒で切れるので注意してください。 動画の場合:動画に使われている音楽が著作権法違反になっていないか 動画で使っている音楽が著作権で保護されているものだと、アップロードできなかったり、できても公開が停止されたりする場合があります。 音声をオフにするか、フリー音源を使うなどの対策をしておくと安心です。 動画の音声をオフにして投稿する方法を紹介しておきます。 そんなときは、時間を置いてもう一度試してみるか、修正版のアップデート情報などをチェックしてみてください。 すべて試しても投稿できなければ、一度アプリを削除して再ダウンロードしてみる 上記すべての項目を確認しても原因が分からない、どうしても不具合が起きて投稿できないという場合は、アプリを削除してみましょう。 そして最新バージョンをインストールしてください。 その後App Storeから最新版をダウンロード。 Androidの場合:Google PlayストアでInstagramを検索し、「アンインストール」をタップして削除。 その後、改めてアプリをダウンロード。 どちらの場合も再インストールすると、最初にログインIDとパスワードを求められます。 忘れないように注意しましょう。 それでもできない場合は、次の可能性が考えられます。 タイムラグ 正常に処理されているのに画面が更新されていないため、編集・削除できていないように見えてしまっていることがあります。 この場合はInstagramを再起動するか、画面を再読込みしてみてください。 内部で正常な処理がされている場合は、画面更新で新たな内容が反映されるはずです。 もし反映されていなければ、別の原因を確認してみましょう。 通信環境が悪い 通信環境が悪くて編集・削除の途中でエラーが出ると、正常に処理できなくなってしまいます。 通信状態が悪い場所での編集・削除は行わず、良い状態になってから再度処理を実行してみましょう。 アプリ側の不具合 最新版のアプリでなければ正常に作動しない機能も多くあります。 昨日までできていた処理が急にできなくなった場合などは、アプリのバージョンを確認してみましょう。 最新版がリリースされていればアップデートを行ってください。 3.投稿のハッシュタグ・コメント・キャプションにまつわるトラブルへの対処法 キャプションで改行ができない、空白行をいれたのに反映されてない キャプション、コメント、プロフィールなど、文字入力する場面で改行ができない(改行ボタンが表示されない)ケースがあります。 こういった「改行ができない場合」は、別のアプリや音声入力を使うことで対応可能です。 また、Instagramでは文字が入力されていない行が削除されてしまいます。 しかし、文字量が多いキャプションなどが改行なしで書かれていると、とても読みにくいですよね。 読みやすくするためには、改行したいときに「・」などの記号をいれるか、サードパーティのアプリを使う方法が考えられます。 各場面での改行方法については以下の記事で解説していますので、ぜひご一読ください。 ハッシュタグが反映されていない まずはInstagram側でエラーが発生していないか、アプリは最新状態にアップデートできているかを確認してください。 そして、タグが30個を超えていないか、スペースや特殊文字などを使っていないか、#マークは半角になっているかなどの確認もしてみましょう。 最近ではNGワードのタグも存在するので、ルールだけでなく文言にも気をつけたいところです。 投稿後、タグが青色になっていればきちんとタグ付けできています。 コメントできない 投稿者がコメントできるユーザーや内容を制限している場合、コメントはできません。 どうしてもコメントができない場合はブロックされている、もしくは投稿者のアカウントがすでに削除・非公開になっている可能性もあります。 通信環境やスマートフォンの不具合、アプリが古いバージョンであるなども考えられます。 4.投稿予約ができないときの対処法 Instagram で投稿予約する方法 この投稿予約機能は、Instagramアプリ内に直接組み込まれているものではなく、他社の有料アプリ や などを利用する必要があります。 利用料は、HootSuiteの最安プランで月額2,200円ほど。 インストール後にアカウントを作成し、ソーシャルネットワークでInstagramを追加して紐付ければ使用できます。 Instagramアカウントを運用している企業ユーザーにとって、予約機能は運用面でのメリットが大きいと言えます。 一度気になるアプリを試してみてもいいでしょう。 公式の予約投稿機能が実装される予定あり Facebookは2019年9月に開催された国際放送会議の中で、「最長6ヶ月前から予約投稿できる公式機能をInstagramに実装される可能性がある」ことをしました。 現時点ではInstagramのフィードとIGTVのコンテンツのみを対象としていますが、ストーリーへの機能拡張が期待されるなど、今後も目が離せません。 できない場合の原因と対処法 投稿予約ができない、もしくはうまく作動しない場合は、設定するアプリ側に問題が発生している可能性があります。 そのほかにも、有料プランの期限切れや連携ミス、設定ミスなども考えられますので、トラブルの際には確認するようにしてください。 5.新機能が追加されているはずなのに表示されないときは…… 追加されたはずの新機能が表示されない場合は、まずアプリのバージョンを確かめてください。 古い場合は、最新版をアップデートすることで使えるようになるはずです。 それでも新機能が使えないという場合は、まだ実装の対象ユーザーになっていない可能性があります。 新機能は徐々に適用範囲が拡大されることも多いので、少し待ってみましょう。 6.まとめ Instagramに関する基本的なトラブルと、対処法をご紹介しました。 Instagramへの投稿でトラブルが起きた際には、ぜひ本記事を参考にしてください。 Instagramのストーリーに投稿できないときの対処法は、こちらを御覧ください。 ストーリーの投稿方法はこちらをどうぞ。

次の

【今流行り?】インスタのストーリーで投稿を載せる方法

インスタ ストーリー 動画 投稿 できない

ストーリーに投稿を載せる方法 まずは、ストーリーに載せたい投稿を選びましょう。 (この時は見てもらいたい投稿や、いいねが欲しい投稿を選ぶと良いでしょう) 載せたい投稿が決まったら、赤枠の中のアイコンをタップしましょう。 赤枠のアイコンをタップすると、メニューが開くので「ストーリーズに追加」をタップしましょう。 タップすると、ストーリーズの編集画面が開きます。 編集画面が開いたら好きなように加工してストーリーズに追加しましょう。 ちなみに、上記2種類のバージョンがあります。 これでストーリーズを追加すれば完了です。 フォロワーは先ほどのストーリーは以下のようになって見ることができます。 このストーリーを見たフォロワーはタップすると、その投稿に飛ぶことができます。 ストーリーについて簡単に以下で説明します。 ストーリーとは とは、写真や動画をスライドショーのようにシェアすることができる機能です。 15秒の短い動画をシェアすることが可能で、シェアした写真や動画は 24時間経つと削除されます。 ストーリーは普段のポスト(投稿)とは異なり、手軽に撮影してシェアすることができます。 そのため、多くのユーザーがこの機能を利用しています。 投稿は「過去」が多い感じがしますが、ストーリーはどちらかというと、「今」を届ける感じがします。 Twitterは文字でシェアするイメージですが、インスタグラムではそれを動画でシェアするイメージです。 ストーリーの見方とコメントの方法 次はストーリーの閲覧方法とコメントのやり方です。 ストーリーは撮影して投稿するだけじゃないんです。 見て楽しむのもストーリーの楽しみ方の一つです。 友達やフォローしている人のストーリーを見るのは楽しいですね。 また、ストーリーのコメントの方法も理解しておきましょう。 コメントすることは、ユーザー同士のコミュニケーションをより深めるものです。 ここでは、閲覧方法と同時にコメントの仕方も覚えておきましょう。 マスターできましたか?ここでしっかり閲覧方法とコメントをマスターしてください。 まとめ 以上がストーリーに投稿を載せる方法でした。 とても流行っているのでぜひ一度載せてみてください。 新しい投稿をしたときなどにストーリーで宣伝するのが良いかと思います。

次の

【インスタ】この投稿は足跡が残る?残らない?インスタ足跡機能まとめ

インスタ ストーリー 動画 投稿 できない

2018年8月9日 写真・動画コンテンツをメインとするインスタグラムを楽しむために大切なのは、やはり写真や動画を投稿すること! 誰かの素敵な投稿をみて癒されたり、目の保養になったり、ちょっと憧れたりするのも楽しいですが、自分の投稿に対して誰かに「いいね!」やコメントをもらうと嬉しくなります。 そこからユーザー同士のコミュニケーションが生まれることも! インスタに投稿するためには、 写真や動画をインスタのサーバーにアップロードする必要があります。 サーバーにアップロードされ、世界中のインスタユーザーに写真や動画が公開されるんですね。 しかし、 インスタに写真や動画をアップロードしようとするとエラーが出て途中で止まってしまったり、アプリが落ちてしまってアップロード(投稿)できないというトラブルが発生しているようです。 このアップロードできない現象の原因とは何でしょうか?そして何か対処法はあるのでしょうか?今回はアップロードエラーについての原因と対処法を解説します。 「投稿しています」のバー インスタに投稿しようとすると、投稿ボタンを押した後にストーリーの下・タイムラインの前にこの画像のようなバーが出てきます。 これは今上げた写真や動画をアップロード・投稿している途中経過を表すバーです。 下の水色の部分が青に変わり、一番右側まで行くと投稿完了になります。 インスタにいざ投稿しようとすると、 このバーの青いラインが途中で止まったり、アプリそのものが落ちてしまい勝手に投稿中止になってしまうということです。 インスタは写真・動画を投稿できないことには100%…いや、50%も楽しめないでしょう。 このトラブルをなるべく早く解決したいですよね。 インスタで複数枚アップロードできない原因と対処法 インスタで投稿、つまり写真・動画をアップロードできないときというのは「動画を投稿しようとしている」とき、または「写真や動画を複数枚アップロードしようとしている」ときが多いです。 写真1枚だけならあまり上記のエラーが出ないようですが、動画や複数枚のアップロードではエラーになる確率が高くなるのです。 オプション画面の「問題を報告」から運営に報告することをおすすめします。 そうすれば運営側がすぐに対処してくれるでしょう。 インスタで「接続が強くなったときに自動投稿」は信用できるのか? インスタで写真・動画をアップロード中に勝手に止まったとき「接続が強くなったときに自動投稿」と言った内容のメッセージが出てくることはありませんか? このメッセージが出てくる原因として考えられるのが、インターネット接続の不良です。 インターネット接続がありません スマホアプリの中ではインターネット接続なしで利用できるアプリもたくさんありますが、インスタはSNSです。 つまり、アプリ内で完結するようなものではなく、 インターネットを通じて全世界と繋がっているということ。 インターネット接続が「切れる」というほどじゃないけど、接続が悪くなると上記のようなメッセージが出ることがあります。 しかし「自動投稿と書いてあるから待っていれば良いだろう」と思って 待っていてもなかなか投稿されないということが多いようです。 ネット回線が安定したら投稿されることもあるでしょう。 でもなかなか投稿されないというときには、一旦アプリを落としてもう一度やり直した方が良いかもしれません。 インスタでアップロードできない容量はどれくらい? 前項でインスタにアップロードしようとしている写真・動画のファイルサイズが大きいと投稿できないと解説しました。 では、具体的に容量はどれくらいまでが良いのでしょうか? まず、容量に関して一番気をつけないといけないのが動画です。 静止画である写真よりも映像・動き・音などの情報量が多いため、その分容量も大きくなります。 インスタにアップデートできる動画の長さは60秒ですが、 アップロードできる最大サイズは4GBまでです。 60秒以内の動画であっても4GBを超えるサイズだとアップロードできません。 また、たとえ4GB以下であっても60秒の動画を2枚、3枚と複数アップロードすることもおすすめできません。 動画はかなり重いので、できれば1枚程度に抑えたいですね。 写真に関してはスマホで撮ったものなら1枚数KB〜数MB程度。 写真も4GBが最大なので、よっぽど多くの写真をアップロードしない限り大丈夫でしょう。 インスタストーリーも「アップロード中」のままアップロードできない! ここまでインスタのギャラリーへの投稿についてのトラブルを解説しました。 しかしインスタに写真や動画をアップロードする場所はまだありますよね。 …そう、ストーリーズです! ストーリーを投稿するときも一旦インスタのサーバーにアップロードします。 しかしギャラリーへの投稿同様 「アップロード中」のまま止まってしまうというトラブルも少なからずあるようです。 そんなときでも慌てずに、 原因はギャラリーに投稿できない原因と同じであることが多いので、前項で解説した対処法をひとつずつ試してみてくださいね!.

次の