ツイキャス 変わった。 【ツイキャス】過去の放送を閲覧する方法

【ツイキャス】過去の放送を閲覧する方法

ツイキャス 変わった

Ritaは社会復帰をしてブロガーデビューした段階では、まだ自分に自信が無いに等しい状態でした。 と言うのも、元ニートのRitaにとっては会社勤めをしていれば自分よりも知識や能力が優れた人はたくさんいる訳で、ブロガーとして活動するにもフリーランスという世界は、獣や怪物といった化け物だらけの環境に何度も心が折れそうになったものです。 リアルでもネットでも、自分はいかに何も持ってなくてちっぽけな存在であるかを思い知らされてしまい、ニート時代の時よりも自信を喪失して何度も絶望しました。 それでもどうにか今までブロガーとして活動してこれたのは、SNSで繋がった人達の存在がRitaにとってはとても大きな存在であり、日々の活動の励みとなり心の支えになっていてくれたからでした。 ブロガーは意外と孤独 ブロガーとして活動している事を話すと、すごいね!って反応が返ってくる事もよくあるのですが、ブロガーの実態というものはそんなに華やかな世界でもないです。 Rita自身もブログを開設する前は、ブロガーってとてつもなくすごい人達であり、Ritaを含めて一般人と比較したら雲の上の存在の人達であると勝手に思い込んでた部分がありました。 しかしながら、実際にRita自身もブログを開設してブロガーとして活動するようになって思った事は、何となく思ってた世界とは違うなって事が正直な感想だったと思います。 ブログで生計を立ててる人達の事は確かに今でもすごいとは思っているのですが、ひとえにブロガーと言ってもピンからキリまである訳でして、ブログで稼げる稼げないは別として、実は誰でも簡単にブロガーになる事は出来てしまいます。 ブロガーになる為に必要な事はブログを開設する事だけです。 ブログを運営していく上で本当に難しい事は、ブログを継続していく事です。 なぜブログを継続していくのが難しいのかについては人によりけりではあるかと思いますが、単純に時間がないとか何を書いていいか分からないという理由は本質からズレているとRitaは考えています。 ブロガーにとって最大の天敵は孤独です。 基本的にブログを書いてる時は一人で作業をする事になるのですが、いくら一人が好きな人間とはいえ毎日部屋に籠って一人で作業をしていたら少しずつ苦痛を感じるようになります。 その苦痛を乗り越えて無事に記事を完成させたとしても、いざブログを更新してみたら思ってたよりも全然記事を読まれませんでしたという事は日常茶飯でして、何がダメだったのかを分析しながら一人で考え続けて、情報をリサーチしたりトレンドを追ったりしながらまた新しい記事を書きます。 ブロガーは記事を書くだけではなくずっとそんな事を繰り返しています。 ブログを更新してもまったく読んでもらえないという事は、必然的にブログの収益にも大きな影響が出てしまいます。 ブログ歴が長くなってくると、どうしても収益というものは切っても切れない存在になってしまい、無収入の状態が続いてしまうとモチベーションも下がる一方です。 収益を気にしてるうちはまだいくらでも持ち直せる可能性は残っているのですが、もしも収益をまったく気にしなくなってしまったら、最後はブロガーとしても一人の人間としても自分には価値がないのでは?と思うようになり自信を喪失していきます。 このようにして多くのブロガーは発信する事を辞めてしまい、ブログの世界から去って行く事になります。 それくらいブロガーにとって孤独とは常に廃業と隣り合わせであるとも言えるのかもしれません。 行き詰まったら発信の方法を変えてみる 実はRitaもこの記事を書いている今、ブログの更新がしばらく滞ってしまっている状態です。 もうかれこれ1ヶ月はブログを更新していなかったかもしれません。 その間Ritaはいったい何をしていたかというと、ブログとはまったく異なる発信の方法を模索し続けていました。 そしてブロガーのRitaが選んだ新しい発信の方法はツイキャスでした。 ブロガーなのにブログを書かずに何で動画を配信するの?って疑問に思った方も大勢いるとは思うのですが、なぜRitaがツイキャスを始めるに至ったのかその経緯を書いていこうと思います。 その1 孤独を払拭したかった 先ほどRitaはブロガーは孤独であると言いました。 孤独にも様々なタイプがあるのですが、主な孤独のタイプを挙げるとしたら以下の通りになります。 他人には理解されない事による承認欲求から来る孤独。 リアルに友達がいない又は極端に少ない事による環境から来る孤独。 クリスマスやバレンタイン等のイベントで恋人がいない事から来る季節限定の孤独。 一人暮らしによる精神面から来る物理的な孤独。 Ritaのケースでは主に承認欲求や環境による孤独が大半を占めていました。 仲が良かった友人達がみんな結婚して疎遠になってしまったRitaにとっては、自宅で作業をしながらも普通に生活してたら出会う事がなかった人達とツイキャスで繋がれた事は、精神的にも大きな支えになってくれました。 いつも仲良くしていただいてる主さん達の配信を視聴している時は、良い気晴らしにもなりそこまで孤独を感じる事はなくなりました。 その2 承認が自信へと変わる ツイキャスを始めてからとてもありがたい事に、Rita自身だけではなくブログにも興味を持って下さった主さんも結構いました。 このブログにはRitaの思いがたくさん書き込まれていますので、ブログを読んで感想をいただけるのはブロガーとしても一人の人間としても、Ritaの思いが誰かの心に伝わった事を実感出来てものすごく嬉しく思います。 それと同時に、ブログを読んでいただいてるという事実そのものがモチベーションにも繋がり、失いかけてた自信を取り戻すきっかけにもなってくれました。 一人で黙々と作業をしてても、自分自身の言葉がどのような形で読者さんに届いているのかはいまいち分からなかったりします。 そういった意味では、ツイキャスはリアルタイムでコミュニケーションが取れる分、誰かに認めてもらえる喜びも大きなものとなります。 その3 配信者として発信へ Ritaはツイキャスの配信を通していろんな人達と出会い、いろんな価値観や考えにも触れていく中で、自分自身成長出来た部分があったのではないかと思っています。 ツイキャスではいろんな人達と繋がる事が出来て、Ritaはけして孤独ではないと気付かせてもらいました。 Ritaにとってはリアルもネットも人との出会いや縁に差異は無いと思っています。 ネットで知り合って仲良くしていただいてる人達も大事な仲間だとRitaは思っています。 これからはRitaも配信者として、多くのリスナーさんや読者さん達と繋がっていけたらと思っています。 上手く出来なくても口下手でも別に構いません。 何よりも自分の意思で選んだ好きな事を楽しむのが一番大事だと思っています。 Ritaは自分らしく、等身大の自分のままで今後も配信を楽しんでいくつもりです。 最後に Ritaはブロガーとして活動していく中でたまたまツイキャスを知る事になった訳ですが、ブロガーはブログだけが発信方法である必要はないという考えに行き着きました。 自分を表現する場所は、人それぞれ好きな場所を選ぶのがベストだと思います。 まずは自分自身が楽しむという事を忘れないようにしたいものですね。 PS,ツイキャスで出会ったみんなへ いつも楽しく配信を視聴してます。 改めて文字に起こすと少しだけ照れくさい気持ちになるのですが、この場をお借りしてみんなにメッセージを送ります。 自分に自信が無くてずっと一人ぼっちで孤独だったRitaにとって、みんなと繋がれた事は今もこれからも人生の財産であり、みんなの存在は唯一無二の大きな心の支えです。 リアルでは変な人とか変わってる人とか言われて、なかなか周りに馴染めなくて人付き合いが下手なRitaだけど、こんなRitaをみんなは快く受け入れてくれて、今でもずっと仲良くしてくれる事に感謝しています。 これからもみんなと楽しい時間を過ごしていけたらと思っています。 みんな、本当にありがとう。 Thank you for my friends. —END—.

次の

ツイキャスの「フィルター」の使い方ともっと可愛く盛るための裏技|ライブ配信.net

ツイキャス 変わった

ツイキャスとは 差し入れの説明の前に、まずはツイキャスの基礎知識をおさらいしておきましょう。 ツイキャスは主に、ライブ動画を視聴したりライブ配信することを目的としています。 スマホやタブレットPC、PCからも配信・視聴可能で、誰でも無料で利用することができます。 そして、ただライブ配信を視聴するだけなら、ツイキャスのホームページにアクセスするだけで視聴は可能です。 配信者だけでなく、見てる人もコメントをつけることによってライブ配信に参加することが出来るのが特徴。 配信者や他のサポーター達とコミュニケーションを取ることで、より一層ツイキャスを楽しむことが出来ます。 差し入れって何? ツイキャスでは、見てる人から配信者に『差し入れ』と呼ばれるプレゼントをすることが出来ます。 差し入れできるアイテムは、期間限定のアイテムも含めて大体10種類ほどあります。 これらの差し入れアイテムをゲットする為には、ポイントが必要になってきます。 icon-check-circle 拍手 拍手をパチパチパチパチすること icon-check-circle クラッカー クラッカーを画面にポン!とすること icon-check-circle ケーキ 記念のイベントの時、ケーキを差し入れ icon-check-circle 花火 みんなで使って盛り上がろう icon-check-circle お茶 ほっと一息、お茶を差し入れ icon-check-circle チューチュースタンプ いろんな表情のネズミ・スタンプがある icon-check-circle しろくまスタンプ ちょっとだるそうな(?)しろくまスタンプを差し入れ icon-check-circle うさぎ・デコフレーム うさぎ系のデコ・フレームをセットしよう icon-check-circle ペッパー・デコフレーム ちょっと不思議なペッパー・ワールドのデコ・フレームがセットできる icon-check-circle コイン(コンテニューコイン) 配信時間を延長することができるアイテム 通常、配信可能な時間は30分だが、コイン5枚につき30分の延長が可能 最大4時間までOK 有効期限は3日間、使わないと自然に消滅 スポンサーリンク コインをゲットするには 上記のように配信者は、視聴者からコインを差し入れてもらいます。 では、視聴者側はどのようにコインを集めればいいのでしょうか? 視聴者がコインをゲットする為には、ポイントが必要です。 ログインすると1日に最大100ポイントは無料でゲットできます ちなみに1コインは50ポイントなので、最低でも1日2コインは獲得可能です。 もしそれ以上コインが欲しい場合は、有料で手に入れるしかありません。 ポイントは1ポイント1円で500円以上から購入可能になっております。 また差し入れを貰うと、配信者のレベルは少しずつあがっていきます。 そして配信者のレベルが上がると、サポーターはポイントを貰えます 貰える量は、どれだけ差し入れをしているかによって決まります なので差し入れをする前にサポーターになっておいた方がお得です。 見てる人(サポーター)も配信者も、お互い持ちつ持たれつの関係なのです。 このコインシステムは、リスナーの「お気に入りの配信者にもっと長く放送してほしい」という思いと、配信者側の「サポーターが欲しい、コインが欲しい」という思いがうまく結びついてます。 そしてこの両者がうまく結びついてこそ、ツイキャスは成り立っているのです。 有料のポイントを買うのは抵抗があるかもしれません。 しかし、毎日ログインするだけで無料のポイントは貰えますので、たくさんゲットして、どんどん差し入れをしましょう。

次の

RUNA(ルナ/ツイキャス)顔が変わった?傷跡も気になる!

ツイキャス 変わった

過去放送を閲覧する方法 過去に配信したライブを閲覧する為には、配信者がそのライブを保存していなければなりません。 録画されていないライブは、ライブ終了後に閲覧することは不可能です。 しかし配信者が録画保存し且つ公開しているライブであるならば、いつでも閲覧することが可能です。 PCで録画を見る方法 配信者のページへ行き、ライブ視聴画面から『ライブ履歴』をクリックします。 すると過去のライブ録画がたくさん出てきます。 サムネに『録画』というマークのついているライブは視聴可能です。 スマートフォンで録画を見る方法 icon-check-circle iPhoneの場合 見たい配信主のライブ視聴画面をひらきます。 次に画面の上の位置に表示されているアカウント名をタップしましょう。 すると、通知やサポーター・フォローについての画面が現れるので、その表示の一番上にあるアカウントIDをタップし、『ライブ履歴』へと移動します。 ライブ履歴が表示されたら、録画のマークが付いているライブをタップすると視聴することが可能です。 icon-check-circle Androidの場合 見たい配信主のライブの視聴画面へ行き、コメントが表示されている所の左にある、『プロフィール』を開きましょう。 すると、通知やサポーター・フォローの画面が表示されます。 その中の一番上にあるアカウントIDをタップし、そこから『ライブ履歴』へ移動しましょう。 表示されたライブ動画の中から、録画のマークのついているものをタップすると見ることが出来ます。 録画が視聴できない時は まれに公開されているにも関わらず録画を視聴できないケースがあります。 解決方法の一つとして、まずは今お使いのブラウザを変えて試してみましょう。 それでも視聴できない場合は、再生する際の動画プレイヤーが原因と考えられます。 その場合は、その動画プレイヤーを変更することで改善されます。 また、ツイキャスでは短時間に多数のアクセスが集中した場合、少しの間だけ録画の視聴が制限され閲覧できなくなります。 いつも視聴できているのに急に視聴できなくなった時は、少し時間をおいてから再度アクセスしてみましょう。 混んでいそうな時間帯は避けるのが無難ですね。 こまめに録画をチェックすることで見逃した過去のライブを見ることが出来ます。 生ライブの迫力には負けますが、ぜひ過去の放送もチェックしてみましょう。

次の