インターネット 弁護士。 インターネット問題に強い弁護士紹介24時間無料電話相談

5分でわかる!良い弁護士の探し方選び方、悪い弁護士の見分け方

インターネット 弁護士

インターネット問題 世界中の人とコミュニケーションをはじめ、時と場所を問わずに商品の売買ができたり、ゲーム・動画などのエンターテイメントを楽しむことができたりするなど、私たちはインターネットによって多くの恩恵を受けています。 しかしその一方で、インターネットにまつわるトラブルや犯罪は年々多様化しており、利用をしている人もそうでない人も常にトラブルに巻き込まれる可能性があります。 インターネットトラブルの種類 インターネット上で起こっている様々なトラブルについて紹介します。 またそれは不特定多数の人へと即座に拡散されてしまうため、第三者への誹謗中傷やプライバシーの侵害などの問題が起こりやすくなっています。 最近ではリベンジポルノといって、復讐を目的に元交際相手の性的な写真をネット上でバラ撒くといったトラブルが起きています。 これまで、名誉毀損、わいせつ物頒布罪、ストーカー規制法違反、児童ポルノ禁止法違反などで対処を行ってきましたが、2014年リベンジポルノ防止法が制定されたことにより処罰されやすくなりました。 相手が特定できる状態で公表した場合は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に科されます。 「ノークレーム・ノーリターン」といった注意書きを理由に、商品の瑕疵担保責任を逃れようとするケースが多く見られますが、写真には故意に写されていないような明らかな損傷などがあった場合には、売り主の免責は認められないとして契約解除や損害賠償の請求ができます。 ワンクリック詐欺のような架空請求は、被害者が焦って連絡をしてしまうことで個人の特定をする手口です。 裁判所から督促が届くなどのことが起きない限り、無視することが大切です。 フィッシング詐欺はパスワードの変更をしたり口座の凍結をしたりするなど、早急な対応が必要となります。 違法行為であるという意識の低さから、一般ユーザーが悪意なく侵害しているケースが多いことが問題でもあります。 発覚した場合、著作権侵害として刑事告訴されたり、損害賠償の請求をされる可能性があります。 弁護士に依頼するメリット 問題のある書き込みや請求などに対して差止めや取り消しの請求を代行して行ってくれるなど、根本的な解決が期待できます。 場合によっては口座凍結の手続きも可能です。 また適切なアドバイスを受けることができ被害の拡大を防げるのはもちろんのこと、訴訟対応も可能なためいざという時にも頼りになります。 弁護士に依頼するデメリット インターネットに関するトラブルは年々手口が巧妙化してきているため、インターネットトラブルを専門とするようなパソコンリテラシーの高い知識のある弁護士を探す必要があります。 また依頼料がかかってきますので、被害額が安価な案件の場合はかえって金銭的な負担が大きくなる可能性もあります。

次の

ITに強い名古屋の弁護士を検索

インターネット 弁護士

市区町村を選択する• 大阪市 54• 堺市 2• 岸和田市 0• 豊中市 0• 池田市 0• 吹田市 1• 泉大津市 0• 高槻市 0• 貝塚市 0• 守口市 0• 枚方市 0• 茨木市 1• 八尾市 0• 泉佐野市 0• 富田林市 0• 寝屋川市 0• 河内長野市 0• 松原市 0• 大東市 0• 和泉市 0• 箕面市 1• 柏原市 0• 羽曳野市 0• 門真市 0• 摂津市 0• 高石市 0• 藤井寺市 0• 東大阪市 0• 泉南市 0• 四條畷市 0• 交野市 0• 大阪狭山市 0• 阪南市 0• 島本町 0• 豊能町 0• 能勢町 0• 忠岡町 0• 熊取町 0• 田尻町 0• 岬町 0• 太子町 0• 河南町 0• 千早赤阪村 0 エリアを絞り込む 大阪府 市区町村を選択する 得意分野で絞り込む インターネット 料金表・解決事例• 弁護士費用 掲載中 10• 解決事例 掲載中 2 対応体制• 全国へ出張対応可能 7• 当日相談可能 13• 女性スタッフ在籍中 9• 電話相談可能 15• 土曜日の相談可能 21• 24時間面談予約受付 9• 日曜・祝日の相談可能 21• 19時以降の相談可能 11• 24時間営業 0 費用・お支払い方法• 初回の面談相談料無料 19• 法テラス利用可能 4• 着手金0円プランあり 6• 分割払い対応可能 10• 後払い対応可能 7• 完全成功報酬プランあり 8• カード払い可能 4 弁護士の特徴 性別• 男性弁護士 22• 女性弁護士 4 年齢• 20代 0• 30代 1• 40代 0• 50代 1• 60代以上 0 弁護士歴• 3年以上 0• 5年以上 1• 10年以上 0• 15年以上 0• 20年以上 0• 30年以上 0.

次の

京都市|インターネット問題に強い京都市の弁護士を検索

インターネット 弁護士

インターネットに関するトラブルは、トラブル相手の顔が見えないこともあり、どうしても不安が大きくなる傾向があります。 不安になるのは、無視しておいて大丈夫なのか、対応が必要なのか、判断が付かないからです。 有名な架空請求やワンクリック詐欺などは、パソコン・スマートフォンのような機器や、インターネットに詳しくない人が騙されて請求に応じてしまうケースも少なくありません。 身に覚えがないので請求には応じなかったにしても、詳しくないことだけに、裁判・提訴・差押といった言葉で請求されると、すごく不安になってしまいます。 このページでは、インターネットでの金銭トラブル事例、誹謗中傷による権利侵害の弁護士相談について解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 インターネットの金銭トラブルは事例に詳しい弁護士に相談が必要 インターネットでの金銭トラブルは、次から次に新しい手口が出てきています。 新しい手口に対応するには、最新の事例に詳しい弁護士に相談する必要があります。 以下は、主なインターネット金銭トラブルの事例です。 架空請求・ワンクリック詐欺のインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 有料情報サイトの利用中やサイトを探している際に、何かしらのボタンをクリックしただけで「登録」となるなどして料金を請求される。 特にアダルトサイトでのトラブルが多く、家族にも相談できないケースが少なくありません。 オンラインゲームに関するインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 無料と思い子供に自分の携帯電話を使わせたら、高額な利用料金の請求がきた。 高校生の娘が無料オンラインゲームで知り合った人からいろいろ勧誘されている。 インターネット通販に関するトラブル弁護士無料相談の事例 会員登録を解約しようと、ホームページを見てみたが、解約手続きをする箇所が見つからず、解約できない。 共同購入型クーポンを購入した。 クーポンをキャンセルして払い戻したいが、できないと言われた。 インターネットオークションのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 落札した中古車に、納車後すぐに不具合がおきた。 購入時にはそのような情報はなかった。 落札したパソコン部品の不具合について、メーカーに問い合わせたら『正規ユーザーではないので対応しない』と言われた。 落札した携帯電話機が突然通話できなくなった。 通信料金に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 携帯電話事業者がパケット定額制を設けているにもかかわらず、パケット料金が高額で納得できないといった相談や、海外で利用したモバイルデータ通信の定額料金についてのトラブルなど。 フィッシング詐欺に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 金融機関やオンラインショップなどからのEメールを装い、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号、有効期限、ID、パスワードなどの個人情報を返信もしくは入力させてそれらの情報を入手し、金銭を詐取する行為。 インターネットでの誹謗中傷はITに強い弁護士に相談が必要 インターネットでの誹謗中傷が多発しています。 殺害予告などの明らかな犯罪行為であれば警察に届け出れば良いのですが、誹謗中傷の場合、中傷内容の真偽や被害実態が曖昧なため、警察では取り合ってくれないことが殆どです。 ホームページ、掲示板、ブログ、SNSなどインターネット上に書きこまれた誹謗中傷を削除するのは簡単ではありません。 管理者に誹謗中傷の削除を依頼しても、権利侵害に該当するかどうか管理者が判断できないことも多く、裁判所での手続きが必要だからです。 インターネットの誹謗中傷は、ほぼ全てが匿名で書き込まれていますので、個人を特定するための調査も必要です。 そのためには、ITに強い弁護士に相談する必要があるのです。 弁護士も人間ですので、得手不得手があります。 おじいちゃん弁護士に相談しても、インターネットに関する用語すら知らないこともあるのです。 もちろん、若ければ誰でも詳しいわけではありません。 インターネットでの誹謗中傷を弁護士相談で解決できるケース 弁護士に相談してトラブルを解決するには、誹謗中傷によって法的な権利が侵害されていることを証明する必要があります。 インターネットでの誹謗中傷に伴う権利侵害は大きく分けて5つです。 名誉毀損• プライバシーの侵害• 信用毀損罪• 業務妨害 それぞれの権利侵害の定義 名誉毀損 他人の名誉を傷つける行為。 損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。 侮辱罪 侮辱罪(ぶじょくざい)は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪行為。 プライバシーの侵害 プライバシーは、私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な保障と権利であり、これを侵害する行為。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪行為。 業務妨害 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害する行為。 そのような場合は、日本法規情報の弁護士紹介24時間無料電話相談がおすすめです。 日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。 弁護士、税理士、社労士など、約3000名の専門家が加盟・登録しているので、刑事事件に強い弁護士を簡単に見つけることができます。 24時間対応の無料電話窓口が設置されているので、気になっていることを簡単に確認できます。 法律系のサービスなので、一般的には知られていませんが、もの凄く大勢の人(当サイトからも毎月2000〜3000名)が利用しています。 インターネットトラブルは、対応が遅れると経済的に大きな損失に繋がる場合も少なくありません。 対応が分からず不安なままでいるよりも、電話して相談だけでもしてみることをおすすめします。 電話: 法テラスでインターネット問題の弁護士無料電話相談 収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。 法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。 法テラスの電話番号 電話:0570-078374 法テラスの業務時間 平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません).

次の