明石 プレミアム 商品 券。 「神戸ときめき商品券」販売開始 大丸神戸店では早朝から長蛇の列

明石市のプレミアム付商品券事業の目的と概要|明石の不動産・事業用物件なら阪田不動産へ

明石 プレミアム 商品 券

そもそもプレミアム付商品券事業とは、消費税および地方消費税の増税への対策として設けられた施策です。 低所得者や子育て世帯に対して、消費に与える影響を緩和し、地域における消費の下支えをすることを目的としています。 明石市の場合は、明石商工会議所及び明石市商店街連合会が明石市プレミアム付商品券発行委員会を組織し、明石市プレミアム付商品券を発行するという仕組みを取っています。 この施策は、明石市オリジナルの施策ではなく、内閣府が推し進める国の施策です。 内閣府の公式ホームページでは、「確にゃん」というオリジナルのキャラを案内板とし、プレミアム商品券を購入できる人から、購入の流れ、使用方法などについての記載がされています。 明石市でも明石市プレミアム付商品券のオリジナルホームページが公開されていますので、ぜひ参考になさってください。 明石市のプレミアム付商品券事業について:商品券を利用するための条件 まず、プレミアム付商品券を購入できる人についてです。 あくまでも、消費税率の引上げによる負担が相対的に大きいと考えられる、住民税非課税の方と、学齢3歳未満の小さな乳幼児(2016年4月2日~2019年9月30日までに生まれたお子さまがいる世帯の方)のいる子育て世帯の方が対象です。 5,000円のお買い物ができる商品券1セットを4,000円で販売しており、5冊まで購入可能です。 25,000円で20,000円分の買い物ができるため、最大で5,000円お得になります。 購入可能な店舗は郵便局などで、販売期間は2019年10月1日から2020年2月21日まで、使用期間:2019年10月1日から2020年2月29日までです。 明石市プレミアム付商品券発行委員会で登録した取扱店舗でのみ利用可能となっており、取扱店舗はステッカー等を掲示しています。 なお、公共料金の支払いなどには使用ができません。 価格 指定なし ~1,000万円 ~1,500万円 ~2,000万円 ~2,500万円 ~3,000万円 ~3,500万円 ~4,000万円 ~4,500万円 ~5,000万円 ~6,000万円 ~7,000万円 ~8,000万円 ~9,000万円 ~10,000万円 上限なし 価格 指定なし ~500万円 ~1,000万円 ~1,500万円 ~2,000万円 ~2,500万円 ~3,000万円 ~3,500万円 ~4,000万円 ~4,500万円 ~5,000万円 ~6,000万円 ~7,000万円 ~8,000万円 ~9,000万円 ~10,000万円 上限なし 賃料 指定なし ~5万円 ~6万円 ~7万円 ~8万円 ~9万円 ~10万円 ~11万円 ~12万円 ~13万円 ~14万円 ~15万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 上限なし 賃料 事業用 指定なし ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円 ~50万円 ~60万円 ~70万円 ~80万円 ~90万円 ~100万円 ~150万円 ~200万円 ~300万円 ~400万円 上限なし 賃料 駐車場 指定なし ~0. 3万円 ~0. 5万円 ~0. 8万円 ~1万円 ~1. 5万円 ~2万円 ~2. 5万円 ~3万円 ~4万円 ~5万円 ~6万円 ~7万円 ~8万円 ~9万円 ~10万円 上限なし 面積• 指定なし• 20㎡~• 25㎡~• 30㎡~• 35㎡~• 40㎡~• 50㎡~• 60㎡~• 70㎡~• 80㎡~• 90㎡~• 100㎡~• 120㎡~• 150㎡~• 180㎡~• 200㎡~• 250㎡~• 300㎡~• 指定なし• 10坪~• 20坪~• 30坪~• 40坪~• 50坪~• 60坪~• 70坪~• 80坪~• 90坪~• 100坪~.

次の

神戸新聞NEXT|連載・特集|新型コロナウイルス| 生活情報 明石 |3割上乗せ商品券発行へ 明石市、苦境の商店街支援

明石 プレミアム 商品 券

欧米各国が、新型コロナショックに対して、大胆な経済対策を講じる中、我が国でも現金給付を求める声も強くありましたが、どうやら現金給付ではなく商品券の配布となるようです。 報道によれば、麻生太郎財務大臣は「現金を給付しても貯蓄に回ってしまうので、商品券の方が消費喚起効果が高い」とのご認識のようです。 要は、商品券は全額使うから消費喚起効果が大きいのに対して(使用期限が来れば紙くずになってしまうから)、現金は貯蓄できるので消費喚起効果は小さいということです。 個人的には、受け取った現金(の一部)を貯蓄に回す人がいたとしても、いずれ必要になれば消費に回すのですし、なんといっても現金給付は生活の安心安全を高める効果を持つので無問題だと思うのですが、それはひとまずわきに置いておきましょう。 果たして、商品券配布の方が現金給付よりも消費刺激効果は大きいのでしょうか?(結論を先取りして要約した図をここに載せておきます) 図 商品券配布と現金給付の政策効果の違いのイメージ(筆者作成) ここで、参考になるのが、1999年に実施された地域振興券とリーマンショック後の2009年に麻生太郎内閣で実施された定額給付金です。 なお、政策規模としては、地域振興券は、総事業費7千億円程度、1999年1月1日時点で15歳以下の児童が属する世帯の世帯主(児童 1 人につき2万円)、老齢福祉年金の受給者等1人2万円、一方、定額給付金は、総事業費2兆円程度、2009年2月1日時点で65歳以上及び18歳以下は1人2万円、それ以外は1万2千円でした。 いずれの政策に関しても、アンケート調査と計量分析により内閣府が政策効果を検証しています。 つまり、 どちらの政策もほぼ68%が貯蓄に回り、新たに消費を喚起したのは(たったの)32%でしかないのです。 要は、 商品券も現金給付も効果は同じなのです。 しかし、これらのアンケート調査では、需要の先食いなどが考慮されていないため、内閣府はのちに家計調査の個票データなどを用いて厳密な計量分析を行っています。 つまり、厳密な分析を行っても、やはり、 商品券も現金給付も効果は同じといえます。 このように、先行事例のエビデンスから評価すると、実は、 現金給付も商品券配布も消費喚起効果に違いはないのです。 とすると、自粛要請で仕事がなくなり、収入が途絶えた世帯もあることを考えると、納税や社会保険料納付に使えず、公共料金などの支払いにも当てられない商品券よりも現金給付の方が、生活の下支えに直結し、したがって、わたしたち国民の命を守ることになるため、こうした緊急時に際してはより望ましい政策と言えると思いますが、いかがでしょうか? 蛇足ながら付け加えますと、貯蓄に回らないのがベストな経済対策というのであれば、消費税減税もあり得る選択肢になってしまう気もしますが、そこんところはどうなんでしょうか? ===(補足)2020年3月25日 10時30分=== なお、与党公明党さんからは、「所得制限を設けない一人10万円の現金給付とプレミアム付き商品券」の発行が提案されているようです。 プレミアム付き商品券に関しましてはこれまでも何度も発行された実績がありまして、内閣府地方創生推進室から2017年4月に「」が公表されています。 これを読みますと、 事業を実施した全自治体のアンケートを集計したところ、商品券の使用総額が 9,511 億円、このうち、新規消費喚起額(=商品券使用額のうち「商品券があったから新たに消費」した額)が 3,391 億円となった。 ただ、公明党さんのご提案は現金給付+プレミアム付き商品券ですから、生活の下支えに加えて、消費喚起効果も狙っていることになります。 12 2002年4月(Journal of Public Economics vol.

次の

明石市のプレミアム付商品券事業の目的と概要|明石の不動産・事業用物件なら阪田不動産へ

明石 プレミアム 商品 券

新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言の解除後、徐々に動き始めた日本社会。 引き続き感染症対策が求められる一方、これから本格化する暑さを乗り切る夏バテ対策も必要になってきます。 諸説ありますが、半夏生は神聖なものを憚(はばか)り、穢(けが)れや不浄なものに接触しないよう心身ともに慎む物忌みの日とされ、全国各地でさまざまな風習が残っています。 そしてこれは、半夏生以降に田植えをしないという習慣をつくることによって、疲れた身体を癒す昔の人の知恵ともいわれています。 ちょうど田植えが終わり、梅雨明け前のこの時期、関西ではタコを食べる習慣が生まれました。 これは、稲の根がタコの足のように四方八方にしっかりと根付き、稲穂がタコの吸盤のように立派に実るよう願いを込めたものです。 また、タコには疲労回復、肝機能の強化、高血圧の改善、血液浄化作用(悪玉コレステロールの除去)、心機能の強化、視力改善などの効能があるとされるタウリンや、味覚障害の予防や血行促進作用があるとされる亜鉛が多く含まれているため、実質的に身体を癒す栄養源となります。 兵庫県明石市で漁獲されるマダコは、潮流が速い明石海峡で育つため、陸でも立って歩くといわれるほど筋肉質。 しかも好物の二枚貝やエビ、カニを食べているため、茹でると特徴的な小豆色になります。 絶妙な歯ごたえと旨みをもつ「明石だこ」は、年間1千トンの漁獲量を誇ってきましたが、ここ数年は不漁に悩まされています。 明石市はふるさと納税の応援プランに「明石だこの保護」を設け、その寄附金で産卵用たこつぼを追加投入するなどの対策を行っています。 感染症対策のため恒例の「明石半夏生たこまつり」の開催は見送りますが、梅雨から7月下旬にかけて旬を迎える「麦わらダコ」と呼ばれる明石だこが夏バテ予防に役立てるよう供給に努めています。 今後も感染拡大の防止、さまざまな市民生活のサポート、そして長期にわたって過酷な環境にある医療現場の体制の充実に向けた取り組みを続けます。 その一環として、5月からふるさと納税の緊急応援プランに「新型コロナウイルス感染症あかし支え合い基金」を設けています。 また、地域経済と家計の夏バテを抑止するために、市内商店街の約500店舗で使えるプレミアム率30%の「あかし3割おトク商品券」も販売します。

次の