臭い玉 取り方 簡単。 喉の奥から白い粒が出てきた…臭い玉のとり方7選

あなたの口で猛威を振るう!誰にでもある悪臭の原因『臭い玉』を取る方法

臭い玉 取り方 簡単

みんな臭い玉をどうやって取っているんだろう。 自分でやってみても、うまく取れてない気がするしなぁ。 こんなお悩みを解決する記事です。 この記事を読めば、臭い玉の取り方がわかります。 今後、自分の臭い玉(+臭い玉による口臭)を気にして悩んだりすることがなくなるかと。 それではご覧ください!! 臭い玉の取り方【改造したジェットウォッシャーで取るのがベスト】 まず結論から。 改造したジェットウォッシャーで取るのがベストです。 これ以外の方法は、試すだけ時間の無駄だと思います。 ちなみに、私も臭い玉にずーっと悩んでいた一人です。 どれぐらい悩んでいたかというと、 を立ち上げてしまうほど(笑)。 ちなみに現在登録者は3,000人ほどいます(2020年5月現在)。 本当に本当にたくさんの方法をテストしてきました。 その経験から、自信を持っておすすめできます。 安全、簡単、低コスト。 何より自分の気が向いた時に、自分でできる方法です。 臭い玉は普通の方法で取るのが難しい 上の図は、臭い玉ができる場所と、隠れているイメージです。 ちなみにここは、扁桃腺と呼ばれる場所になります。 掃除する上での困ったポイントは以下の通り。 綿棒でかき出す 耳かきでかき出す シリンジで洗い流す 丸型洗浄瓶で洗い流す うがいをすると取れる ノドをングングする 舌で取り出す etc. 皆さんも試したことのある方法があったのではないでしょうか? そして、あまり上手くいかなかったのでは? こんなにもたくさんの方法があるのは、「これで間違いない!」っていう 決定打がなかった証拠でしょうね。 改造した「ジェットウォッシャー」で取るのがベスト! お伝えした通り、私は上のリストにある方法を ほぼ全てテストしました。 テストの様子は にありますので、興味があったらどうぞ。 ここまでやった人間は、世界でもおそらく私だけだと思います(笑)。 使用感や安全性をもとに、結果を採点したのが下の表です。 改造したジェットウォッシャーの圧勝でした。 私はこれを 「臭い玉洗浄マシン」と名付けました! とにかく、臭い玉を取る速さが他の方法とは比較になりません。 広い範囲を、短時間で洗浄することができます。 もちろん、扁桃腺の奥の奥まで水が届きます。 そして水を使うため安全です(比較的)。 扁桃腺の粘膜を傷つけずにすみます。 それでは、臭い玉洗浄マシン以外の方法はどうだったかというと、 ・・・正直、あまり試す価値はなかったと思います。 どの方法も取れることは取れるんですが、スピードが遅かったり手間だったり。 あとは粘膜を傷つけてしまうこともありました。 手間や時間がかかると、結局は続かないんですよね。 シリンジや丸型洗浄瓶でしたら、人によっては使ってみる価値があるかもしれません。 スピードが遅いので私は使いませんけど。 臭い玉洗浄マシンの作り方と使い方 繰り返しになりますが、数多くの方法を試した私がお勧めするベストの方法。 それが 「臭い玉洗浄マシン」です。 作り方はとても簡単で、市販のジェットウォッシャーのノズルを広げてやるだけ。 3分もあれば自分で作ることができます。 臭い玉の隠れている部分の状態は人それぞれです。 すでに炎症を起こしているなど、何らかの異常がある可能性もあります。 「臭い玉洗浄マシン」を使って違和感や痛みを感じた時は、それ以上使用しない方がいいと思います。 まとめ 今回は臭い玉の取り方をご紹介しました。 世界一臭い玉と向き合ってきた人間(笑)が、現段階でおすすめするベストの方法です。 週に一回ほど、歯磨きのように「臭い玉洗浄マシン」を使うことで、 臭い玉の悩みを大きく減らすことができると思います。 以上、この記事が参考になったら幸いです。 ちなみに、「臭い玉洗浄マシン」を作るのに必要な材料は次の3つです。 作り方の記事にもリンクがありますがこちらでも。

次の

臭い玉(膿腺)の場所が動画でよくわかる!膿栓動画がヤバ過ぎ…

臭い玉 取り方 簡単

膿栓がすぐ近くまで出てきてるか、自分で確認できる裏ワザ!? > > 膿栓がすぐ近くまで出てきてるか、自分で確認できる裏ワザ!? 『プ、フーーッ』 ども、キャンです。 膿栓が、とれる位置まで出てきているか、自分で確認する方法について書いてみました。 そう、ゴクリとね 飲みました? ツバを飲み込んでいる最中、 『ベロの付け根あたりからベロの先端くらいまで』と『上あごの裏側部分』がしっかりとくっついて、真空状態?になるとき がありますよね? (なんか僕の下手くそな文章で表現すると、かえって難しく聞こえますが、ツバをゴクっと飲んだとき、ベロ全体が、上あごの裏部分と、くっつきますよね。 そのことを言っているだけ) で、その、ぴったりとくっついている真空状態のときに、息を止めて、 ベロの付け根と上あごの間に勢いよく、空気を「プッ」と送り込むと同時に、鼻から「フーーッ」て息を出します。 音で表すと、なんとなく『プ、フーーッ』って感じです。 「プ」がベロの付け根と上あごの間に勢いよく、空気をだした音で、「フーーッ」が鼻から空気をだした音。 だから、連続して表現すると、『プ、フーーッ』って感じです。 同時というよりも、「プ」のほうが、先かな。 なんか、文章で書くと、難しそうな動きをしているように感じますが、やっている動きは、別に複雑ではありません。 「プッ」と空気を送りこんだら、鼻から空気をフーってだす。 そうすると、膿栓が顔をだしていたり、もう少しで出てきそうなくらい浅い位置にある場合、 喉の奥から、あの膿栓の独特のにおいがしてくるのを、フーッって鼻から空気をだしたときに、自分の鼻で確認できる はずです。 スポンサード リンク 『プ、フーーッ』、クセになってます 僕は、この方法で、膿栓が、近くまで出てきているか、毎日、確認しています。 というか、わざわざ確認しようとするわけではなく、なんとなくこの動きがクセになっていて、無意識のうちにやっていたりします。 で、膿栓がすぐ顔を出していたりしたら、「うわ、クセ!膿栓臭だ…」って、なったりします。 やってみたけど、やり方がよくわからないという人は、たぶん、膿栓がたまっていないのでは? 膿栓がたまっていたら、やり方がよくわからなくても、この動きをやろうとしているときに、喉の奥から、かすかでも、異臭を感じとれるはずです。 その、喉の奥からの異臭がまったくしないようなら、たぶん大丈夫です。 たまっている人は、この動きをやろうと、プフプフしていると、「あ、クセー、なるほど、こうやるんだ!」ってわかるはずです(笑) このプフプフ、膿栓の存在を知る前から、僕は、やっていました。 ツバ飲んだときに、なんか喉の奥が臭いなあ…と思い、気のせいかなあと思っていたけど、やっぱ、ツバ飲むと、またクサい。 なんだ、このクサさは? ツバを飲んだときに、たまにしてくる、この喉の奥からの異臭。 はっきりと正体をつきとめてやろうと、四苦八苦しながら、たどり着いた方法が、この『プ、フーーッ』って方法。 それ以来、ちょくちょくやるように。 風邪ひいて、治りかけくらいのとき、『プ、フーーッ』ってやると、「うわッ、超くせー…」ってなりました。 超濃縮された下水みたいなニオイが、喉の奥からしてきて、ブルーになったのを、今でも記憶しています。 なんで俺の喉から、下水みたいなニオイがしてくるんだ……って その後、この喉の奥からのニオイ、やべーと思い、ネットで調べたら、膿栓が原因とわかり、今日にいたります。 みなさんも、『プ、フーーッ』で、膿栓が近くにでてきているか、確認してみてくださいね。 そう、膿栓とったと思っても、また数日すれば、たまって、喉の奥からニオイしてくるんですよね、、、チョベリバ スポンサード リンク.

次の

臭い玉(膿腺)の場所が動画でよくわかる!膿栓動画がヤバ過ぎ…

臭い玉 取り方 簡単

臭い玉の正体とは 1-1 臭い玉の正体 臭い玉は「膿栓(のうせん)」と呼ばれるものです。 正体は、歯周病菌や大腸菌などさまざまな細菌や剥がれ落ちた粘膜、白血球の死骸、食べカスなどが混じり合ったものです。 臭い玉は「扁桃(へんとう=扁桃腺と呼ばれていた器官)」のくぼみに付着しており、飲み物や食べ物と一緒に飲み込んだり、咳をしたときに取れたりすることが多いですが、時間が経つと石灰化することもあります。 大きさは1ミリ程度の小さなものもあれば、数センチの豆粒程度になるものもあります。 1-2 どのような臭いなのか 「ニラやニンニクの臭い」「下水道の臭い」などと言われており、潰すとさらに悪臭を放ちます。 歯磨き直後に口臭がひどい場合は要注意であり、扁桃の周辺に臭い玉が付着している合図かもしれません。 臭い玉、すげー臭い。 それにしてもくさい。 ただし、中には臭い玉ができにくく、今まで見たことがないという方もいます。 また、下記のように悩んでいる方もいます。 歯磨きをしてもうがいをしてもブレスケアなどを使っても、なくならない喉の奥からくるこの異臭にもう心底参っています。 yahoo. 皆に臭いと思われてるんじゃないかって思う だけで落ち込んできます…。 yahoo. ・喉の奥にはさまっている違和感がある ・歯磨き後も口臭が気になる ・口を開けると乳白色の物が見える 2. 臭い玉が出来る原因とは 扁桃の表面には「陰窩(いんか)」または「腺窩(せんか)」と呼ばれる小さな穴がいくつもあります。 その穴から免疫物質を出し、喉に付着する細菌を退治してくれています。 死骸が陰窩に溜まるのが原因のひとつです。 特に、扁桃炎にかかると扁桃の周辺で菌が生死を繰り返すので、細菌や白血球の死骸が塊となって臭い玉ができやすくなります。 ただし、このように免疫機能が働いているからこそできるものなので、臭い玉自体は特に病気の心配はありません。 また、口呼吸をすると空気中のホコリやウイルス、細菌などを直接取り込んでしまい、扁桃に付着することが増えるため、膿栓ができる可能性が高くなります。 上記の図のように、扁桃の周辺に臭い玉ができます。 風邪をひいたときによく腫れる場所にあたります。 扁桃の表面には陰窩がいくつもありますので、そこに溜まるのです。 口を大きく開けたときに見えることもありますが、大きさや陰窩の奥の方に付着している場合などは、見えないこともあります。 確認したい方は、耳鼻いんこう科の内視鏡で検査することができます。 臭い玉を取る2つの方法 3-1 水で臭い玉を流し出す 臭い玉を取る方法として、水圧で取るという方法があります。 綿棒やピンセットで取る方法などもありますが、扁桃は非常に敏感ですので、傷つけてしまうおそれがあります。 また、うがいやシャワーなどの方法もありますが、ここでは、ノズルのある丸型洗浄ビンを使って口内奥に水を押し当てる方法を紹介します。 丸型洗浄ビンは、ノズルが曲がっていて口内の奥深くまで入りやすく、臭い玉に水を当てることができます。 自然に咳をして取れることもありますが、水を押し当てる方が効率的に取れるでしょう。 シリンジという注射器のような形をした水を出す製品もありますが、真っ直ぐ向いているので、水を押し当てるのが難しいです。 喉を傷つける恐れもあるので注意が必要です。 臭い玉の処置は耳鼻いんこう科が専門であり、主な治療方法は洗浄と吸引になります。 治療自体の費用は、保険診療の3割負担で120円程度になります。 その他の初診料などは別になり、一度除去しても自然にできるものなので、自分で簡単に取れる方法のほうが効率的です。 臭い玉を作らないようにする予防法 臭い玉ができないように予防する方法は主に5つあります。 4-1 鼻うがいをする 鼻うがいはホコリやウイルスを取り除く方法として、有効です。 鼻うがいで鼻から口に流すことにより、普段取れない臭い玉が取れることもあります。 また、鼻うがいだけでなく、定期的うがいをすることにより、臭い玉の原因にもなる食べカスやホコリなどを洗い流せます。 4-2 口内環境を清潔に保つ 口の中の細菌や汚れは、臭い玉の原因になります。 毎日の歯磨きを丁寧におこなうなどして、口内環境を清潔に保ちましょう。 4-3 鼻呼吸を意識する 口の中が乾燥すると、細菌が増殖しやすくなります。 また、空気中の細菌やウイルスなどを直接取り込みやすくなります。 できるだけ鼻呼吸を意識しましょう。 4-4 免疫力の低下を防ぐ 睡眠不足や不規則な生活などで免疫力が落ちると、細菌が増殖しやすくなります。 規則正しい生活を心がけ、免疫力の低下を防ぎましょう。 4-5 扁桃を切除してしまう 扁桃を切除すると、膿栓ができなくなります。 ただし、膿栓の予防だけが目的で扁桃の切除をおこなうケースはほとんどないようです。 扁桃はリンパ組織のひとつで、免疫機能にもかかわるため、安易な切除はおすすめできません。 まとめ 臭い玉は細菌や白血球の死骸です。 自然にできてしまうものであり、口臭の原因にもなります。 この記事で紹介した方法を試す際は、無理に取ろうとしたり粘膜を傷つけたりしないよう、注意しながらおこなってください。 また、定期的にうがいをすることは、臭い玉の予防になります。 QAサイトで、臭い玉の取り方について歯医者さんに質問している方がいますので、そちらも参考にしてください。 臭い玉を取り除いても、まだ口臭が気になる場合は、下記の口臭対策について書いた記事をご覧ください。

次の