コロナ 栃木。 「コロナに負けるな!繋がる栃木!」 宇都宮のデザイナーが飲食店応援プロジェクト

栃木県/栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況および検査状況について

コロナ 栃木

栃木県内の新型コロナウイルスの感染状況を分かりやすく伝えようと、県内の社会人や学生ら有志が22日までに、情報提供のウェブサイトを立ち上げた。 県が発表する情報を基に、グラフや表を使って、陽性と判明した感染者の人数や相談窓口への手順などを紹介している。 東京都の依頼で感染者に関するサイトを作成した一般社団法人「コード・フォー・ジャパン」(東京都)が、サイトの「設計図」を公開。 それを基に全国各地の有志らが、都道府県ごとのホームページを作成している。 本県のサイトはIT関連企業に勤める宇都宮市、石田祐介(いしだゆうすけ)さん(38)が3月下旬に立ち上げた。 石田さんが会員制交流サイト(SNS)で協力者を呼び掛け、現在は本県出身者を含む13人がボランティアで運営している。 プログラミングのほか、SNSでの情報発信や画像作成など分担して作業に当たっているという。 県が公表した資料の中から情報を抽出し、表計算ソフトに入力してウェブ上に反映する。 メンバーの宇都宮市、会社員遠藤栄進(えんどうえいしん)さん(29)は「手動で入力しているため、どうしてもタイムラグが出てしまう」と明かす。 より早い情報提供をできるよう、県にも協力を呼び掛けている。 現在は県内の感染動向を中心に掲載しているが、メンバーは今後、病床数や人工呼吸器の数など「県民にとって有益な情報を載せたい」と意気込んでいる。 ウェブサイトのURLは.

次の

新型コロナウイルス感染症|宇都宮市公式Webサイト

コロナ 栃木

県協力金を申請している皆様へ 県協力金につきましては、現在、申請書類の確認作業を行っており、確認できた申請から、順次、「交付決定通知書」を発出し、支払手続きを行っております。 多数の申請をいただいておりますことから、確認作業に時間を要していますが、できるだけ早く協力金が皆様の元に届くよう努めて参りますので、御理解を頂きますようお願い申し上げます。 また、個別に確認等が必要な申請につきましては、電話等で確認させて頂き、場合によっては修正や追加書類の提出等をお願いしますので、あわせて御協力をお願いいたします。 新着情報 新型コロナウイルス感染拡大防止協力金のインターネットからの受付を次の通り開始しました。 なお、特措法に基づく施設の使用制限の要請・協力依頼について、5月10日(日曜日)まで継続しておりますが、 協力金の支給条件は「2 支給対象の条件」のとおりこれまでと変更ございません。 5月7日 1 趣旨 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の要請・協力依頼に応じて休業に御協力頂いた事業者に対し協力金を支給します。 2 支給対象の条件• 休業期間 4月21日(火)から5月6日(水)まで全期間休業していること (ホテル又は旅館については、4月28日(火)から5月6日(水)までの休業)• 対象施設 対象施設ついてはを参照してください。 3 支給額 1事業者最大30万円 (1事業者当たり10万円。 事業所を賃借している場合は10万円を加算、複数事業所を賃借している場合はさらに10万円を加算) 4 受付期間 令和2(2020)年5月7日(木曜日)から同年6月30日(火曜日)まで 5 申請方法 本協力金の申請は、インターネット又は郵送にて受け付けます。 詳細は、下記サイトにてご確認ください。 申請書類は以下のとおりです。 受付センターのホームページからもダウンロードできます。 感染拡大防止協力金申請書(別紙1)• 誓約書(別紙2)• ・各県税事務所、県庁本館県民プラザ及び各県民相談室 ・ 県内商工会議所・商工会及び県中小企業団体中央会.

次の

栃木県

コロナ 栃木

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除されたことを受けて、県は26日、県境をまたぐ移動の自粛要請を31日で終えると決めた。 6月中旬からは県道路公社の有料道路を休日限定で無料化し、疲弊した観光地の振興を図る。 県は26日夕に対策本部会議を開き、外出自粛やイベント開催制限の緩和、観光振興策を決定した。 福田富一知事は記者会見で「社会経済活動が本格化するが、感染可能性がゼロになったわけではない」と述べ、感染対策の徹底を引き続き求めた。 県の外出自粛要請は31日で終了するが、緊急事態宣言が最後に解除されたばかりの5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)との往来については、6月18日までは感染対策に特に留意するよう求めた。 6月中旬からは、県道路公社が管理する四つの有料道路を土日・祝日に限って無料化する。 1人1泊最大5千円を割り引く県民対象の「一家族一旅行」策とセットで観光振興を進める。 イベント開催の規制は段階的に緩める。 人数の上限について、6月19日からは1千人、7月10日からは5千人に引き上げ、8月1日をめどに撤廃する。 部活動に関しては、おおむね6月末までの実施についてのマニュアルを配った。 マニュアルは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための方法を示した。 運動時のマスク着用は必要ないが、生徒の間隔を2メートル以上空ける。 生徒が密集したり、向かい合って発声や演奏をしたりする活動はしない。 大会や対外試合、演奏会、合宿には原則参加しない、としている。 活動可能な例として、サッカーなどで距離をとったパスやシュートの練習、テニスなどでシングルでのラリーの練習、野球などで間隔を空けたキャッチボールやバッティング、守備練習などが挙げられている。 文化部も個人の活動のほか、少人数グループでの練習を中心にする。 学校再開後の教育活動の指針も示され、感染リスクの低い活動から徐々に実施するなどとしている。 (津布楽洋一).

次の